浦和競馬場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浦和競馬場
入場門
入場門
施設情報
所在地 埼玉県さいたま市南区大谷場1-8-42
座標 北緯35度51分28.1秒 東経139度40分13.4秒 / 北緯35.857806度 東経139.670389度 / 35.857806; 139.670389座標: 北緯35度51分28.1秒 東経139度40分13.4秒 / 北緯35.857806度 東経139.670389度 / 35.857806; 139.670389
開場 1947年10月5日
所有者 埼玉県浦和競馬組合
管理・運用者 埼玉県浦和競馬組合
収容能力 30,000人[1]
コース
周回 左回り
馬場 ダート(1周1200m)
テンプレートを表示
浦和競馬場付近の空中写真。1989年撮影。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

浦和競馬場(うらわけいばじょう Urawa Racecourse)は、埼玉県さいたま市南区に所在する地方競馬競馬場である。主催者は埼玉県浦和競馬組合(埼玉県とさいたま市で構成される一部事務組合)。SPAT4加盟競馬場。船橋競馬場大井競馬場川崎競馬場と共に南関東公営競馬を構成する。

本項では併設されている中央競馬場外勝馬投票券発売所であるウインズ浦和(浦和競馬場内)についても記述する。

歴史[編集]

戦前に存在した粕壁競馬場の移転という形で、1947年昭和22年)10月5日に、浦和市浦和記念公園内に設置された。初開催は1948年(昭和23年)4月19日。戦後の現行競馬法に基づいて、地方公共団体の主催として最初に開催された、地方競馬の競馬場である[1]

施設概要[編集]

コース概要[編集]

出典: [2][3]

  • 馬場:1周 1200m、左回り平坦
  • 直線(4コーナーからゴール板まで):200m(以前は220mだったが、1500mのポケット新設によりゴール板が手前に移設された。)
  • 距離設定:800m、1300m、1400m、1500m、1600m、1900m、2000m
    • 1500mは2007年12月の第9回開催より追加。
  • コース幅:16m(向正面)、24m(正面)
  • 最大出走頭数(フルゲート):1400m、1500m、2000mは12頭、それ以外は11頭である。

1600mのスタート地点(ポケット)は第3コーナー途中にある。通常スタート地点のポケットはある程度の直線が確保されるが、この1600mスタート地点のポケットは直線部がないに等しく、本コースに出るにはちょうど直角に曲がらなければならない。コースの幅も十分確保されているとは言えず、「枠1つ外に行くごとに半馬身の距離ハンデ」と形容されるほどに外枠は不利とされる。そのため、中央競馬所属を含む多くの騎手から「日本一難しいスタート地点」と評されている。場内の公認予想屋たちも「1600m戦での枠順の有利不利を無視した予想は無謀」と言うほどである。

第3コーナー付近では騎手が殉職する落馬事故が2000年以降に2件発生している(松井達也佐藤隆)。第4コーナー最終からゴールまでの直線が短くコースの幅が狭いことなどから、第3コーナーから最終(第4)コーナーでの位置取りがレース上極めて重要なポイントとなるため、競走馬の能力と同時に騎手のレース中の駆け引きや競走馬の操縦にも一際高い技術が要求される、浦和のコース形状も要因となっている。

コース内を一級河川藤右衛門川が第3コーナー(北西)から第2コーナー(南東)へと向正面に平行して流れており、コース上には橋が2か所存在する。前述の1600m戦も、第3コーナー過ぎの橋の上からスタートする。

2019年のJBC競走開催に向け、コース幅員の拡大とそれに伴う第3コーナーのスパイラルカーブ化が行われた[4]。これにより、平成30年度第12回開催より2000mの競走がフルゲート11頭から12頭に拡大される。

競馬場[編集]

  • 入場料は競馬開催時は100円、場外発売時は無料。
  • 駐車場完備。本場開催および地方競馬場外発売時は無料。土日のJRA場外発売時は有料(後述)。
  • 入場門は正門(西門)と北門がある。南浦和駅発着の無料送迎バスは正門にて発着。北門には隣接して駐車場があるが、本場開催中は関係者・馬主優先となるため、収容台数は少ない(駐輪場は一般使用可)。
  • 2号、3号の2棟のスタンドがある。以前はゴール前の位置に1号スタンドがあったが、老朽化(1959年竣工)のため2009年に解体され、跡地には業務用棟が建ち、その際に空いたスペースには芝生エリアが設けられた(イベント使用時以外は立ち入り自由)。1968年に竣工された旧2号スタンドについても最終的に1階(馬場側自由席と投票所)と5階(馬主席)以外は使用されなかった。2017年6月に埼玉県浦和競馬組合は2号スタンド建て替えを計画し、2017年度に本体工事を発注する。規模は地下1階、地上4階建て延べ約4300㎡[5]。2018年1月から建設工事が始まり、旧スタンドは同年春頃までに取り壊された。新スタンドは2019年7月26日に完成[6][7]。2019年9月2日に運用を開始する[8]
  • 指定席は2号スタンド2,3階指定席と2階ボックス席、3号スタンド4,5階指定席がある[9]

南関東競馬場外発売日[編集]

ナイター競走の場外発売は他場に先駆けて行われており、とくに大井競馬場開催では年間を通じて浦和競馬場開催時に匹敵するか、それを上回る来場者がある。

場外発売日は曜日によってスタンドの利用箇所が制限される。また一部売店は休業する[10]。 場外発売日には、従来の駐車場のほかにスタンド前、北門駐車場や内馬場内南側(ゴールより)の一部区画も一般駐車場として使用されるため、駐車場の収容能力や利便性が大幅に上がる。

なお、内馬場内駐車場は原則として大井競馬・川崎競馬のナイター場外のみ利用可能であり、昼間開催(船橋競馬の通年、大井競馬・川崎競馬の冬季昼間開催時)は利用できない(ただし、多くの来客が見込める重賞レース日や祝日の場合は利用出来る場合がある)。

また、雨天日や雨上がりなどで水たまりができる場合、閉鎖されることが多い。 土日開催日は一部の駐車場は閉鎖される。

ウインズ浦和[編集]

2012年2月19日より日本中央競馬会からの委託によりJRAの勝馬投票券の発売が開始されている。発売所名称はウインズ浦和(浦和競馬場内)

発売日は日曜日、祝日、GI競走施行週の土曜日ならびに1月5日(中山金杯京都金杯開催日)および12月28日(ホープフルステークス開催日)となる。GI競走の金曜日発売ならびにGI競走のない週の土曜日および代替(続行)競馬開催日の発売・払戻は行わない。

発売エリアは次のとおり。

  • 2号スタンド1階(ただし、GIレベルの大きいレースがない場合、2号スタンド内の自動投票券発売機および窓口が閉鎖される場合がある。スタンド利用は可能)
  • 3号スタンド1階~5階
  • 第7投票所 ※地方競馬場外発売の場合は中央競馬の馬券購入は不可

※地方競馬の場外発売と重複する場合(主に大井競馬の日曜ナイター開催)は、原則として第7投票所で地方競馬を発売することとし、中央競馬の発売と発売場所を区分する。そのため、地方競馬開催日は第7投票所で中央競馬の馬券購入・払い戻しはできない。
なお、地方競馬がナイター開催の場合、開場~地方競馬馬券発売・払い戻し開始までは休憩所として開放されるので利用自体は可能(ただしモニターは稼動しない)。また、第7投票所内にある軽食堂も開場時間から営業している。
変更される場合もあるので浦和競馬の公式HPで確認されることが望ましい。

指定席は、正門指定席券売場にて、原則として開門時刻の20分前から先着順に発売する。

駐車場・・・有料(1,000円)。スタンド前、第2駐車場、北門前駐車場が利用できる。
なお、大井競馬のナイターなど、ナイター地方競馬が同時開催される場合、地方競馬馬券発売・払い戻し開始時間前後より無料で利用できる(2012年現在、大井競馬の日曜ナイターの場合、15時40分頃から無料となる)。

J-PLACEとしての扱い[編集]

後に、地方競馬共同トータリゼータシステムを利用し地方競馬施設でJRA主催競走を場外発売する「J-PLACE」が他の競馬場で行われるようになったが、浦和競馬場でのJRAの馬券発売は引き続きJRAのシステムにて行われている。

別の「J-PLACE」で発売された馬券について、浦和競馬場で払戻を受けることは可能である(WINS浦和として運用する日曜日を含む、浦和競馬本場開催日、並びに原則として南関東の他の競馬場の場外発売実施日のみ)。ただし所定の払戻機を利用する必要がある。[11]

発売する馬券の種類[編集]

○…発売 ×…発売なし

単勝 複勝 枠番連複 枠番連単 馬番連複 馬番連単 ワイド 3連複 3連単
浦和競馬
ウインズ ×

おもな競走[編集]

ダートグレード競走[編集]

重賞競走[編集]

準重賞競走[編集]

騎手招待競走[編集]

JRA2歳認定競走[編集]

2011年度までは新馬戦・未勝利戦のJRA認定競走が実施されていた。ただし認定競走の指定が外れる2012年からも未勝利戦は「選抜戦」として残り1着賞金も維持されている。
  • JRA認定2歳新馬(認定初出走:1着2,000,000円)
  • JRA認定2歳選抜馬(認定未勝利:1着1,500,000円)
2012年以降は新馬戦・未勝利戦のJRA認定競走はなくなったが、代わりに「(誕生系の名称)特別」という認定競走が実施されている。1着賞金は250万円。

所属する人物[編集]

地方競馬としては現在は南関東のブロックに属しているが、開設当初は現在廃止となっている北関東の宇都宮競馬場足利競馬場高崎競馬場古河競馬場などとも人馬の交流が行われていた。昭和20年代には調教師や馬丁(現在でいう厩務員)が馬を曳き、徒歩で北関東の各競馬場まで遠征していた。

人材についても、浦和の厩舎関係者については、高崎競馬場の名調教師であった塩野七郎の一門の系譜を汲む人物が多く存在する。ちなみに、南関東では大井の的場文男なども塩野の孫弟子にあたり、中央競馬に転じた内田博幸も塩野の曾孫弟子である。

宇都宮競馬場廃止後、事実上のフリー騎手となっていた内田利雄2012年4月12日より小嶋一郎厩舎の所属となった(現在は藤原智行厩舎に所属)。[13]

名古屋競馬所属の吉本隆記が厩務員を経て、2012年6月1日付で騎手免許再取得をした。[14][15]

所属騎手[編集]

引退騎手[編集]


所属調教師[編集]

所属競走馬[編集]

中央地方指定交流競走(現在のダートグレード競走)のスタート以来、浦和競馬場の交流重賞では地元馬の勝利が長らくなかったが、2018年のテレ玉杯オーバルスプリントで地元のノブワイルドが優勝した。なお、同馬の馬主は前田亘輝である。他の競馬場においては1998年にエフテーサッチが船橋競馬場マリーンカップに、2014年にジャジャウマナラシが園田競馬場兵庫ジュニアグランプリに、2017年に元JRAブルドッグボス盛岡競馬場クラスターカップに勝っている。なお、一時期南関東の重賞競走を勝てる馬もなかなか出ないことがあったが、近年は2012年から2019年まで8年連続で南関東リーディングトレーナーとなっている小久保智厩舎などから多くの重賞勝ち馬が出ている。

野田トレーニングセンター[編集]

調教などを行う厩舎は1969年まで浦和競馬場とその周辺にあったが、周辺が宅地化し、臭気などの苦情から1974年に浦和市上野田(現:緑区上野田)の野田トレーニングセンター地図)に集約移転された。

このトレーニングセンターは、1967年埼玉国体(清新国体)馬術競技のため「野田馬術競技場」として造成され、国民体育大会終了後は浦和競馬のトレーニングセンターとして使用することを想定して、2倍以上に敷地が拡張整備された。当初はその後に競馬場自体も騒音問題から厩舎と共に移転し、跡地に県営球場などの移転先とする構想もあったが、実現には至らなかった。なお、トレーニングセンターが先に移転し、後から競馬場自体も移転することになった事例には名古屋競馬場がある(1977年厩舎移転、2016年競馬場の移転発表)。競馬場周辺のかつての厩舎跡地は住宅地や競馬場の駐車場などに転用されている。競走馬は馬運車で浦和競馬場まで運ばれる。

コースは厩舎棟区画の北側にあり、1周1050メートル。土地形状の都合から極めてコーナーのきついコースで、コーナーでは馬を全力で走らせることが難しく、このことが浦和所属馬の強化の妨げになっていると言われる。また移転後の1980年、近隣に東北自動車道が開通し、渋滞発生が多発する浦和本線料金所からも近くなったことで、センター周辺の大気条件が設置当初と比較して悪化し、競走馬への影響を心配する声もある。

場内放送[編集]

周辺住民の要望もあり、屋外の場内放送はやや小さめの音量で行われている。

着順確定のときにファンファーレが鳴る。(場外発売をしている競馬場などの一部にも流れている)浦和競馬に慣れていない馬は、これを聞いてイレ込んでしまうこともある。

後述の『ホットステージウラワケイバ』は場内放送でも流される。

2011年第1回開催より、場内放送(ITV)のマスターが一新され、「場内テレビ(ITV)のHD化」となった。これに伴い、パドックや馬場入場の際に「浦和○R」という表示が画面の左上に、馬体重表などもHDに対応するようになった(オッズ・払戻画面は4:3のまま・SPAT4のCM・レースコースCGは両横に帯がついている)。対応当初は、インターネット配信サイト、場外向けにはこれまで通り4:3での配信となっていた(2012年6月よりSPAT4、2014年4月より全てのインターネット配信サイトで16:9配信に変更された)。

2012年10月29日からの船橋競馬場外発売より、場内放送のオッズの画面が一新されて、各掛式ごとの人気順・高配当順、無投票の組番などの情報も取り入れられている。レース実況時以外は画面左に各種オッズ、右側に場内映像という「逆コの字型」画面になっている。 11月4日からの川崎開催では、川崎競馬場内も浦和同様のオッズ画面となった。

広報活動[編集]

  • テレビ埼玉の公営競技情報番組『BACHプラザ』で重賞競走のレース展望及び映像や開催当日の結果を放送している、以前は当日に行われたレースのダイジェストや翌日開催のレース展望が放送されていたが、都合により2008年〜2010年度は番組のスポンサー提供とレース情報の案内を休止していた。2011年度よりスポンサーに復帰。
  • 2010年3月31日より今までの南関東4競馬場ホームページとは別に、浦和競馬場独自のホームページを開設した。
  • CityFMさいたまにおいて広報番組『ウラワケイバ天国』(2011年4月開始)・『ホットステージウラワケイバ』が放送されている。

経営状況[編集]

かつて低迷期の平成13年度には累積25億円の赤字だったこともあるが、平成21年度決算において黒字化に転じ[16]、平成23年度には埼玉県とさいたま市に1億5千万円の配当を実施、平成25年度は2億8千万円、平成26年度は3億円、平成27年度は3億2500万円、平成28年度は3億5千万円と毎年度配当額が増加している[17]

周辺環境[編集]

開設当初は田畑の中の競馬場であったが、現在は住宅密集地の真っ只中という立地条件になっており、メインスタンドからフェンス越しに民家が見える。とくに向正面(バックストレッチ)のフェンスと民家敷地の間には歩行者と自転車が通れる程度のかなり細い未舗装砂利道(北寄り一部区間は側溝蓋コンクリートブロックが敷かれている。この区間は自転車同士はもちろん、歩行者同士でもどうにかすれ違えるほどの幅しかない)があるだけで、フェンスと民家の敷地とは10メートルも離れていない家が多くある。

その他[編集]

  • 2008年12月23日の第1競走で3頭立ての競走が行われた[18][19]。これは本来6頭立てで行われる予定だったが、3頭が出走を取り消したことによるものである。出馬投票の時点で5頭以上が出走登録をしたため、レースが成立した。
  • マスコットキャラクターは2019年のJBC開催に伴い制作された「ウラワール」。それ以前は競馬場としてのキャラクターは存在せず、代わりに県のマスコットコバトン(パカパカコバトン)を使用していた。
  • 浦和競馬場の正門前駐車場では過去にプロレスの興行が行われたこともある。特にプロレスリング・ノアの創設者である三沢光晴1981年8月21日全日本プロレスの興行でデビュー戦を行った会場として知られている[20]

アクセス[編集]

  • 南浦和駅東口から競馬場正門(浦和競馬場バス停)までバス(国際興業バス)で約5分、徒歩だと15分。
    • 競馬開催日および場外発売日には浦和競馬ファンバスのりばより無料送迎バス運行
  • 浦和駅から競馬場北門まで徒歩15分。

放送体制[編集]

スカパー!南関東地方競馬チャンネル (Ch.120、Ch.678) では全レースを放送している(Ch.120は標準画質からHD放送への移行にともない、2014年5月31日にて放送終了。詳細は南関東地方競馬中継を参照)。

2012年4月からはダートグレード競走を、同年10月からは重賞競走をグリーンチャンネルで放送している(詳細はグリーンチャンネル地方競馬中継を参照)。

2017年4月26日からテレビ埼玉の第2チャンネル(032ch)にて「ファンタスティックダート 浦和競馬中継」の番組タイトルでメインレースを中心とした2時間枠で放送する。2017年度は重賞開催日の水曜を中心に13回放送する[21]。2018年度より開催全日程で中継を行うことになった。

脚注[編集]

  1. ^ a b 浦和競馬ナビ”. 埼玉県浦和競馬組合(浦和競馬). 2015年9月1日閲覧。
  2. ^ 浦和競馬ナビ(コース・パドック)”. 埼玉県浦和競馬組合(浦和競馬). 2015年9月1日閲覧。
  3. ^ 浦和競馬場のコース情報|地方競馬の競馬場案内”. オッズパーク. 2015年9月24日閲覧。
  4. ^ 浦和競馬場走路の改修工事及び表層砂の全面入替について” (2018年11月16日). 2019年1月13日閲覧。
  5. ^ 浦和競馬場2号スタンドを建替え/建設費26億余、今年度発注 建設通信新聞Digital 2017年6月16日
  6. ^ 浦和競馬場が開場70周年「ダートの祭典」開催に期待 産経新聞2018年11月6日
  7. ^ 浦和競馬場に新スタンド完成 9月2日運用開始 11月の「JBC競走」へ準備着々 産経新聞2019年8月30日
  8. ^ 2号スタンドのオープンについて 浦和競馬 2019年8月15日
  9. ^ 指定席ガイド浦和競馬(公式サイト)
  10. ^ 指定席ガイド浦和競馬(公式サイト)
  11. ^ 浦和競馬場におけるJ-PLACE券の取扱について
  12. ^ 平成30年度 開催日程及び重賞競走日程について南関東公営競馬、2017年11月14日閲覧
  13. ^ 内田利雄騎手の移籍について 浦和競馬場HP 2012年4月12日
  14. ^ 平成24年度第1回免許試験新規合格者発表 KEIBA.GO.JP 2012年5月21日
  15. ^ なおその後佐賀競馬へと移籍している。https://news.sp.netkeiba.com/?pid=tarekomi_view&no=9832
  16. ^ 浦和競馬じわり復活 危機乗り越え「収益率は大井並み」 朝日新聞デジタル 2016年1月17日
  17. ^ 平成26年度決算概要 埼玉県ホームページ
  18. ^ 浦和で3頭立て競馬、3頭が取り消し(日刊スポーツ、2008年12月24日)
  19. ^ 競走成績
  20. ^ 三沢光晴 プロレスリング・ノア
  21. ^ テレ玉第2チャンネルで浦和競馬生中継をスタート! テレ玉 News Release 2017年4月12日

外部リンク[編集]