トレーニングセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

トレーニングセンターとは、競馬において、競走馬の管理・調教を行うために各競馬施行体が建設した施設群のことである。省略して「トレセン」と呼称されることもある。日本国外の同様の施設は「調教場」とも呼ばれる。

一般にトレーニングセンター内には競走馬を管理するための厩舎と調教用の施設、および調整ルームが存在する。また、調教師騎手などの住居区画が存在する場合もある。

調教用設備[編集]

中央競馬のトレーニングセンターはコース・ダートコース・ウッドチップコース坂路コース・ポリトラック(全天候型)など数種類のコースを備えている。

その他競走馬調教用のプール、軽めの運動やウォーミングアップを行うための馬場(角馬場)などがある。

また、美浦トレーニングセンターにはウォーターレッドミルや競走馬をリラックスさせるための森林馬道などの施設が設置されている。

中央競馬には東西計2箇所存在し、競走馬については茨城県稲敷郡美浦村美浦トレーニングセンターの厩舎に所属するものを「関東馬」、滋賀県栗東市栗東トレーニングセンターの厩舎に所属するものを「関西馬」と通称する。

地方競馬[編集]

地方競馬でも競馬場の周辺環境の変化や競走馬の収容能力の問題などから、競馬場とは別にトレーニングセンターを設置している所がある。また、門別競馬場は元々トレーニングセンターであった施設を拡張改造して競馬場とした。

これらは基本的に競走馬の鍛練の為の施設であるが、一部には競走馬のトレーニング施設の他にも、センター敷地内の一部区域に一般客に向けた場外馬券売場を設置していたり、グラウンドなどが併設されトレセン地区以外を広く一般に開放しているものもある。

かつて存在した高崎競馬場新潟県営競馬も専用のトレーニングセンターを持っていた。

なお、高崎競馬場の境町トレーニングセンター跡地については、現在も競走馬の育成・調教の為の民間施設として使用されている。また、南関東公営競馬の認定厩舎制度(『外厩』とも呼ばれ、通常の競馬場やトレーニングセンターではなく、民間の施設で調教して、レース当日に直接競馬場へ向かうことができる制度)で指定されており、大井競馬場の一部厩舎の所属馬の内の何頭かがここで調教されて南関東地区の地方競馬に出走している。

南関東地区における認定厩舎はその後徐々に拡大し、2014年8月現在では、以下の調教場が認定されている。

日本国外の競馬[編集]

日本国外では調教師や馬主が個人所有する調教場も多い。一方で日本と同様に統括機関が運営する調教場も存在する。

主な調教施設[編集]

※括弧内は所在地と所有者を表示。