那須塩原市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なすしおばらし
那須塩原市
Motoyu Onsen 01.JPG
Flag of Nasushiobara, Tochigi.svg
那須塩原市旗
那須塩原市章.svg
那須塩原市章
2005年1月1日制定
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 栃木県
団体コード 09213-4
面積 592.74km2
総人口 116,646
推計人口、2016年6月1日)
人口密度 197人/km2
隣接自治体 大田原市矢板市日光市
那須郡那須町塩谷郡塩谷町
福島県南会津郡南会津町下郷町
西白河郡西郷村
市の木 マツ
市の花 ヤシオツツジ
那須塩原市役所
所在地 325-8501
栃木県那須塩原市共墾社108番地2
北緯36度57分42.2秒東経140度2分45.8秒
Nasushiobara city hall.JPG
外部リンク 那須塩原市

那須塩原市位置図

― 市 / ― 町

 表示 ウィキプロジェクト
那須塩原市中心市街の黒磯市街と黒磯地区に立地するブリヂストン工場群。ブリヂストンテストコースの画像はこちら
白河市側から見た那須岳那須高原(2007/07)
高原山那須岳の間に位置する大佐飛山地
木の葉状の那須野が原扇状地東北本線国道4号より南側を望む。

那須塩原市(なすしおばらし)は、栃木県の最北部に位置する人口約11万7千人の。人口約11万8千人の佐野市に僅差で次いで県内人口第6位で、県北部最大の都市である。日本有数の温泉地を擁する高原観光都市である。市内を流れる那須疏水は、日本三大疏水の一つに数えられている。生乳の生産が盛んであり、市町村別の生産量は、本州で第1位、全国的にも第4位である。


目次

地理[編集]

位置[編集]

東京から北に約150km、県都宇都宮から約50km、東京-仙台のほぼ中間(双方から新幹線で70分~80分程度)に位置し、広大な那須野が原北西一帯を占めている。 西側に高原山、北側に大佐飛山地那須岳に連なる山岳部があり、北東に那珂川、南西に箒川が南東方向に流れ、その中央には、南西から北東に東北新幹線宇都宮線東北本線)、東北自動車道国道4号の幹線交通網が縦貫する。

市街[編集]

西那須野駅のある西那須野地区は、塩原温泉大田原市への玄関口となっており、日本有数のリゾート那須高原への玄関口となっている黒磯とともに県北地域の交通の要衝となっている。 広域の合併により発足した市であるため、市街地が西那須野駅周辺、黒磯駅周辺のほか、大原間地区(那須塩原駅周辺)及び塩原古町地区等に分かれた多核分散都市となっている。 黒磯駅西那須野駅周辺には古くからの中心的市街地が形成され西那須野駅と黒磯駅の中間にある那須塩原駅周辺は新幹線の開業と共に西側に新市街地が形成されつつあり、将来的に新市役所の建設が計画されている。


地形[編集]

北西部の山岳部が市域の概ね半分を占め、残り半分は那珂川蛇尾川箒川などの河川により形成された緩やかな傾斜の平地が広がる複合扇状地である。山岳部には塩原温泉郷板室温泉、三斗小屋温泉(同市の飛地)等の豊富な温泉がある。

別荘地[編集]

隣接している自治体[編集]

歴史[編集]

本市は扇状地上に立地し江戸時代以前は「手にすくう水も無し」とうたわれた那須野が原が広がり不毛の台地であった。江戸時代には大田原藩による大田原用水(後の蟇沼用水)や、山口堀(後の旧木ノ俣用水)など、飲料水灌漑に用いるための用水路が開削・拡張されたが、規模が小さく那須野が原台地を潤すほどにはいたらなかった。しかし明治時代に入って、会津と東京の物資輸送を担う大運河構想を発端として那須疏水が整備されると那須野が原の開拓が急速に進展した。この名残として黒磯地区、西那須野地区、塩原地区には今でも那須野が原の地に入植したか或いは農場を拝領した明治の宰相、要人の名を冠した地名が多く残る。

黒磯地区、西那須野地区の市街地は日本鉄道東北本線)の開業と同時に明治以降に形成された比較的新しい市街地である。明治以前より扇状地の扇端部で水利の良い大田原市奥州街道などが通り政治・交通の要衝であったが、那須野が原の開拓や東北本線国道4号東北自動車道東北新幹線など主要交通網の整備により、当市は交通・物流面における県北の拠点になりつつある。

沿革[編集]

2005年(平成17)1月1日 - 黒磯市那須郡西那須野町、同郡塩原町[1]の新設合併により発足。

市の名称「那須塩原」は合併当時に新幹線の駅名にも使われており、全国的観光地で著名な「那須」と「塩原」を用いることで地理的にイメージしやすい事から選定された[2]。なお、那須高原などの観光資源を抱える隣接の那須町が混同防止のため“那須”の名称を使わないよう求めていたが、協議会側は「那須の地名は那須町だけのものではない」とし、投票で決定した。また同時に市章を制定した。[3]

旧黒磯市
1955年(昭和30)1月 - 黒磯町、鍋掛村東那須野村高林村の1町3村が合併
1970年(昭和45)11月 - 市制施行
旧西那須野町
1955年(昭和30)2月 - 西那須野町狩野村が合併
合併前は、県内の町として最大の人口を擁していた。
旧塩原町
1956年(昭和31)9月 - 塩原町と箒根村が合併

人口[編集]

Demography09213.svg
那須塩原市と全国の年齢別人口分布(2005年) 那須塩原市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 那須塩原市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
那須塩原市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 69,009人
1975年 77,121人
1980年 85,436人
1985年 91,376人
1990年 97,771人
1995年 105,127人
2000年 110,828人
2005年 115,032人
2010年 117,706人
総務省統計局 国勢調査より

行政[編集]

那須塩原市長[編集]

氏名 就任 退任 出身校 職歴 備考
1 栗川仁 2005年(平成17年)2月14日[4] 2011年(平成23年)12月4日 栃木県立那須農業高等学校 農業 在任中死去[5][6]、合併前の黒磯市長
2 阿久津憲二 2012年(平成24年)1月23日[7] 2016年(平成28年)1月21日 栃木県立黒磯高等学校 栃木県議会議長
3 君島寛 2016年(平成28年)1月22日 現職 日本大学法学部 那須塩原市副市長
※2005年1月1日の新市発足から市長選挙までの間、旧塩原町長の平山喜助が市長職務執行者を務めた。

国行政施設[編集]

那須塩原市にある国関連行政施設は以下のとおり。

  • 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 畜産草地研究所
  • 林野庁 関東森林管理局 塩那森林管理署
    • 那須森林事務所
    • 中塩原森林事務所

県行政施設[編集]

那須塩原市にある栃木県庁関連施設は以下のとおり。

  • 北那須水道事務所
  • 那須農業振興事務所那須広域ダム管理支所
  • 今市発電管理事務所板室管理支所
  • 畜産酪農研究センター
  • 県北家畜保健衛生所

市行政施設[編集]

那須塩原市役所および市行政施設は以下のとおり。

  • 那須塩原市役所本庁
  • 西那須野支所
  • 塩原支所
  • 箒根出張所
  • 西那須野保健センター
  • 黒磯保健センター
  • 塩原堆肥センター
  • 子育て相談センター
  • 青少年センター
  • 勤労青少年ホーム
  • 健康長寿センター
  • シニアセンター
  • 地域活動支援センター ふれあいの森
  • 那須塩原クリーンセンター
  • 那須塩原市一般廃棄物最終処分場
  • 那須塩原市水防センター
  • 那須塩原市消費生活センター
  • 那須塩原市農業公社
  • 那須塩原市文化振興公社
  • 塩原水処理センター
  • 北那須浄化センター(大田原市と合同)
  • 黒磯那須公設地方卸売市場事務組合

警察[編集]

栃木県警察所管の那須塩原市内の警察署

  • 那須塩原警察署

消防[編集]

那須地区消防組合及び所轄分署は以下のとおり。

  • 那須地区消防本部
  • 黒磯消防署
    • 所轄分署 - 板室分署
  • 西那須野消防署
    • 所轄分署 - 塩原分署

議会[編集]

市議会[編集]

議員構成
  • 定数:26名
  • 議長:中村芳隆
  • 副議長:鈴木紀
議員会派(2015年10月28日時点)
  • TEAM那須塩原:9名
  • 五峰クラブ:5名
  • 公明クラブ:4名
  • 志絆の会:3名
  • 敬清会:2名
  • 無会派(日本共産党):1名
常任委員会

常設される常任委員会と構成人数は以下のとおり。

  • 総務企画常任委員会:9名
  • 福祉教育常任委員会:9名
  • 建設経済常任委員会:8名
  • 予算常任委員会:26名
特別委員会

特別委員会と構成人数は以下のとおり。

  • 議会活性化検討特別委員会:11名
  • 放射能対策検討特別委員会:11名
  • 庁舎建設検討特別委員会:8名
その他
  • 議会運営委員会:8名
  • 議員全員協議会
  • 産業廃棄物対策協議会幹部会:8名

栃木県議会(那須塩原市・那須町選出)[編集]

  • 定数:4名
  • 任期:2015年(平成27年)4月30日~2019年(平成31年)4月29日
議員名 会派名 備考
齋藤 剛郎 とちぎ自民党議員会
相馬 政二 静和
関谷 暢之 とちぎ自民党議員会
阿部 寿一 とちぎ自民党議員会

衆議院[編集]

選挙区 議員名 党派名 当選回数 備考
栃木県第3区(那須塩原市、大田原市那須烏山市那須郡 簗和生 自由民主党 2 選挙区
  • 歴代栃木第3区選出議員
選挙名 当選者 党派 出身校 職歴
第41回衆議院議員総選挙 1996年 渡辺喜美 自由民主党 早稲田大学政治経済学部、中央大学法学部 議員秘書
第42回衆議院議員総選挙 2000年 渡辺喜美 自由民主党 早稲田大学政治経済学部、中央大学法学部 議員秘書
第43回衆議院議員総選挙 2003年 渡辺喜美 自由民主党 早稲田大学政治経済学部、中央大学法学部 議員秘書
第44回衆議院議員総選挙 2005年 渡辺喜美 自由民主党 早稲田大学政治経済学部、中央大学法学部 議員秘書
第45回衆議院議員総選挙 2009年 渡辺喜美 みんなの党 早稲田大学政治経済学部、中央大学法学部 議員秘書
第46回衆議院議員総選挙 2012年 渡辺喜美 みんなの党 早稲田大学政治経済学部、中央大学法学部 議員秘書
第47回衆議院議員総選挙 2014年 簗和生 自由民主党 慶應義塾大学商学部、東京大学大学院 議員秘書

経済[編集]

観光[編集]

温泉
  • 塩原温泉郷
  • 板室温泉
  • 三斗小屋温泉

農業[編集]

イオンスーパーセンター那須塩原店
酪農
那須野が原扇状地の扇頂部分近辺に多くの牧場があり、生乳の生産が北海道に次いで多い栃木県の主生産地となっている。その生産量は本州の市町村で第1位、全国的にも第4位となっている。
農業
那須疏水により灌漑され国道4号宇都宮線が通る那須野が原扇状地の扇央部分周辺には水田地帯が広がり、県内でもの生産が盛んな地域である。
  • 八郎ヶ原放牧場
農協
那須野農業協同組合(JAなすの)

工業[編集]

製造業
ブリヂストン栃木工場・那須工場及びその関連企業の工場が多数立地する。
コダマ樹脂工業栃木工場
ミツヤ送風機製作所那須事業所

工業団地[編集]

  • 井口工業団地
  • 関谷工業団地
  • 四区工業団地
  • 上郷屋工業団地
  • 赤田工業団地
  • 下厚崎工業団地
  • 下厚崎第2工業団地
  • 東那須産業団地

食料品[編集]

カゴメ研究開発本部、那須工場
小岩井乳業那須工場
ローマイヤ
那須グリコ乳業那須グリコ

商業[編集]

西那須野地区の国道4号沿いは日本のモータリゼーションの始まりの頃より多くの自動車販社が立地し県北地域の自動車販売の中心的存在となっている。乗用車のほか、トラック・バス、外国車の販社が多数立地する。
一方で、県北地域最大級となる大型ショッピングモール等の建設も相次いでいる。那須塩原駅にほど近い島方地区にはイオングループのショッピングセンター「イオンスーパーセンター那須塩原店」(現在のザ・ビッグエクストラ那須塩原店)、豊浦地区の国道4号線沿線には、トステム系列のホームセンターを中心とした「スーパービバホーム那須塩原SC」、塩野崎地区の東那須産業団地には県内2番目となるアウトレットモール「那須ガーデンアウトレット」が、それぞれ2008年7月にオープンされた。
かつて市内にあったラパーク長崎屋黒磯店が2009年4月をもって閉店したが、跡地に「MEGAドン・キホーテ黒磯店」として同年5月にリニューアルオープンした。市内では初の深夜営業を行う大型店である。
大規模商業施設

金融機関[編集]

那須塩原市に本店・支店・出張所等の窓口を置く金融機関一覧は以下のとおり(2016年9月現在)。

都市銀行
ゆうちょ銀行
地方銀行
塩原支店、黒磯支店、西那須野支店、三島出張所、南郷屋出張所、黒磯西出張所、那須塩原駅前出張所
第二地方銀行
黒磯支店、西那須野支店、黒磯西支店、三島支店
黒磯支店
信用金庫
黒磯支店、西那須野支店、東那須野支店
西那須野支店、黒磯支店
農協・JAバンク
本店、西那須野支店、塩原支店、黒磯支店、高林支店、東那須野支店、厚崎出張所、鍋掛出張所

観光[編集]

本市の都市形態は、高原観光都市である。

姉妹都市・提携都市[編集]

日本[編集]

ひたちなか市茨城県
1990年11月黒磯市が那珂湊市と姉妹都市提携、那珂湊市の合併によるひたちなか市発足、1995年11月に、那須塩原市発足に伴い2006年3月24日に改めて提携。
新座市埼玉県
2000年11月西那須野町が友好姉妹都市提携、那須塩原市発足に伴い2005年11月1日に改めて提携。
滑川市富山県
1996年4月西那須野町が姉妹都市提携、那須塩原市発足に伴い2006年3月24日に改めて提携。

海外[編集]

リンツ市オーストリア共和国
2016年6月姉妹都市提携。

地域[編集]

町名一覧[編集]

黒磯地区[編集]

  • 阿波町
  • 安藤町
  • 春日町
  • 上厚崎
  • 北栄町
  • 共墾社
  • 共墾社一丁目
  • 清住町
  • 黒磯
  • 黒磯幸町
  • 小結
  • 材木町
  • 埼玉
  • 桜町
  • 下厚崎
  • 新朝日
  • 新町
  • 新緑町
  • 末広町
  • 住吉町
  • 大黒町
  • 高砂町
  • 中央町
  • 東栄一-二丁目
  • 豊浦
  • 豊浦北町
  • 豊浦町
  • 豊浦中町
  • 豊浦南町
  • 豊住町
  • 鳥野目
  • 並木町
  • 錦町
  • 西新町
  • 橋本町
  • 原町
  • 東豊浦
  • 東原
  • 東大和町
  • 本郷町
  • 本町
  • 松浦町
  • 美原町
  • 宮町
  • 弥生町
  • 豊町
  • 若草町
  • 若葉町
  • 渡辺

東那須野地区[編集]

  • 大原間
  • 大原間西一-二丁目
  • 鹿野崎
  • 上大塚新田
  • 上郷屋
  • 上中野
  • 唐杉
  • 木曽畑中
  • 北弥六
  • 北和田
  • 沓掛
  • 沓掛一-二丁目
  • 笹沼
  • 佐野
  • 三本木
  • 塩野崎
  • 塩野崎新田
  • 島方
  • 下中野
  • 中内
  • 沼野田和
  • 波立
  • 東小屋
  • 方京一-三丁目
  • 前弥六
  • 前弥六南町
  • 無栗屋
  • 山中新田

高林地区[編集]

  • 青木
  • 板室
  • 亀山
  • 木綿畑
  • 鴫内
  • 高林
  • 洞島
  • 戸田
  • 西岩崎
  • 細竹
  • 箕輪
  • 百村
  • 箭坪
  • 油井
  • 湯宮

鍋掛地区[編集]

  • 越堀
  • 寺子
  • 鍋掛
  • 野間

西那須野地区[編集]

  • 東町
  • あたご町
  • 一区町
  • 扇町
  • 上赤田
  • 北赤田
  • 北二つ室
  • 五軒町
  • 三区町
  • 下永田1-8丁目
  • 千本松
  • 永田町
  • 二区町
  • 西赤田
  • 西朝日町
  • 西幸町
  • 西栄町
  • 西原町
  • 西大和
  • 東赤田
  • 二つ室
  • 緑1-2丁目
  • 南赤田
  • 南町
  • 四区町

狩野地区[編集]

  • 井口
  • 石林
  • 新南
  • 関根
  • 高柳
  • 太夫塚1-6丁目
  • 槻沢
  • 西遅沢
  • 西富山
  • 西三島1-7丁目
  • 東遅沢
  • 東関根
  • 東三島1-6丁目
  • 三島1-5丁目
  • 南郷屋1-5丁目

塩原地区[編集]

  • 上塩原
  • 塩原
  • 中塩原
  • 湯本塩原

箒根地区[編集]

  • 宇都野
  • 遅野沢
  • 折戸
  • 金沢
  • 上大貫
  • 上横林
  • 下大貫
  • 下田野
  • 関谷
  • 高阿津
  • 接骨木
  • 蟇沼
  • 横林

教育[編集]

大学[編集]

短期大学・専修学校[編集]

  • 那須看護専門学校
  • アジア農村指導者養成専門学校
  • 黒磯准看護学院

教育訓練施設[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

  • 那須塩原市立黒磯中学校
  • 那須塩原市立黒磯北中学校
  • 那須塩原市立厚崎中学校
  • 那須塩原市立日新中学校
  • 那須塩原市立東那須野中学校
  • 那須塩原市立高林中学校

小学校[編集]

  • 那須塩原市立青木小学校
  • 那須塩原市立稲村小学校
  • 那須塩原市立大貫小学校
  • 那須塩原市立大原間小学校
  • 那須塩原市立大山小学校
  • 那須塩原市立共英小学校
  • 那須塩原市立黒磯小学校
  • 那須塩原市立埼玉小学校
  • 那須塩原市立塩原小学校
  • 那須塩原市立関谷小学校
  • 那須塩原市立高林小学校
  • 那須塩原市立槻沢小学校
  • 那須塩原市立豊浦小学校
  • 那須塩原市立鍋掛小学校
  • 那須塩原市立西小学校
  • 那須塩原市立波立小学校
  • 那須塩原市立東小学校
  • 那須塩原市立東原小学校
  • 那須塩原市立三島小学校
  • 那須塩原市立南小学校
  • 那須塩原市立横林小学校

郵便[編集]

郵便番号は以下が該当する。5集配局が集配を担当する。

郵便局[編集]

  • 高林郵便局(07039)
  • 関谷郵便局(07041)
  • 西那須野郵便局(07045)
  • 黒磯郵便局(07051)
  • 塩原郵便局(07052)
  • 板室温泉郵便局(07079)
  • 越堀郵便局(07096)
  • 東那須野郵便局(07099)
  • 西那須野狩野郵便局(07203)
  • 百村郵便局(07209)
  • 黒磯青木郵便局(07234)
  • 黒磯豊浦郵便局(07285)
  • 西那須野駅前郵便局(07287)
  • 黒磯中央町郵便局(07300)
  • 西那須野下永田郵便局(07312)
  • 中塩原簡易郵便局(07716)
  • 黒磯東原簡易郵便局(07723)
  • 黒磯鍋掛簡易郵便局(07739)
  • 黒磯上厚崎簡易郵便局(07742)
  • 上大貫簡易郵便局(07744)

電話番号[編集]

旧黒磯市地域が黒磯MA、旧西那須野町・塩原町地域が大田原MAの管轄となる。市外局番はいずれのMAも「0287」。収容局は以下の7ビルが該当し、市内局番は以下の通り。

  • 黒磯局(黒磯MA):60,62-64
  • 東那須野局(黒磯MA):65,67
  • 栃木高林局(黒磯MA):68
  • 板室局(黒磯MA):69
  • 西那須野2局(大田原MA):36-39
  • 塩原2局(大田原MA):31,32
  • 関谷局(大田原MA):34,35

下記地域は黒磯市外の収容局が管轄となる。

  • 黒田原局(黒磯MA):寺子の一部地域が該当。
  • 伊王野2局(黒磯MA):寺子の一部地域が該当。

病院[編集]

国際医療福祉大学病院

文化[編集]

寺社仏閣[編集]

別荘地[編集]

那須塩原は別荘地としても有名である。
歴史的に有名な別荘としては、以下のようなものがある。
  • 松方別邸 松方正義(元内閣総理大臣兼大蔵大臣)の別邸
  • 旧青木家那須別邸 青木周蔵(元外務大臣)の別邸
  • 乃木別邸
  • 細川男爵別邸

温泉地[編集]

会館・ホール[編集]

  • 那須塩原市黒磯文化会館
  • 那須野が原ハーモニーホール
  • 那須塩原市三島ホール

スポーツ施設[編集]

  • くろいそ運動場
  • 那珂川河畔運動公園
  • 青木サッカー場
  • にしなすの運動公園
  • 三島体育センター
  • 塩原運動公園
  • 関谷南公園
  • 塩原B&G海洋センター
  • 那珂川河畔公園プール
  • 那須野が原公園ファミリープール(県営)

図書館[編集]

那須塩原市図書館
  • 西那須野図書館
    • 狩野分室
    • 南分室
    • 西分室
    • 三島分室
    • 大山分室
    • 太夫塚分室
  • 黒磯図書館
    • 厚崎分室
    • とようら分室
    • 鍋掛分室
    • 東那須野分室
    • 高林分室
    • 稲村分室
  • サービスポイント
  • 塩原図書館
    • もみじ分室
私立図書館

博物館・美術館等[編集]

  • 那須野が原博物館
  • 田園空間博物館
  • 鶏声磯ヶ谷美術館(九谷焼を展示)
  • 木の葉化石園
  • 塩原もの語り館
  • 森の発電おはなし館
  • 癒やしの空間美術館

郷土館[編集]

  • 関谷郷土資料館
  • 黒磯郷土館
  • 日新の館

文化財[編集]

国指定
  • 逆杉
  • 高木会館
  • 深鉢形土器
  • 百村の百堂念仏舞
  • 旧青木家那須別邸
県指定
  • 旧塩原御用邸新御座所
  • 絹本著色羅刹天
  • 温泉神社石幢
  • 大山記念館洋館
  • 塩原平家獅子舞
  • 乃木希典那須野旧宅
  • 関谷の城鍬舞
  • 上大貫の城鍬舞
市指定

公園[編集]

  • 国立公園
    • 日光国立公園 那須地域・塩原地域
  • 県立公園
    • 那須野が原公園 プール、展望塔(サンサンタワー)、アスレチック、サイクリング等。
  • 市立公園
    • 黒磯公園 桜の名所。カタクリの群生地。
    • 那珂川河畔公園 大池を中心とする日本庭園や石のステージ、自由広場など。
    • 鳥野目河川公園 オートキャンプ場。
    • 東那須野公園 スイセンやアジサイをはじめ多くの花木。頂上から那須連山が一望。
    • 烏ヶ森公園 桜、つつじ、あじさいなどの名所。日本庭園、フランス庭園、全国県木園。
    • 乃木公園 乃木神社や旧乃木別邸に隣接。静沼。
    • 大山公園 大山厳公爵の墓所。モミジ並木。
    • 八汐第一公園 温泉街の東側に位置。
    • 八汐第二公園 温泉街の東側に位置。
    • 今井公園 温泉街の北西側。
    • 戸田水辺公園
    • 那須開墾社第二農場歴史公園

映画館[編集]

フォーラム那須塩原

その他[編集]

  • 田舎ランド鴫内
  • とちぎ明治の森記念館(道の駅 明治の森・黒磯)
  • 湯の香しおばら(道の駅)

メディア[編集]

テレビは関東広域圏になり、在京キー局のほかローカル局としてとちぎテレビも放送されている。

交通[編集]

鉄道路線[編集]

廃線[編集]

バス路線[編集]

道路[編集]

高速道路
一般国道
国道4号
国道400号
国道461号
有料道路
日塩有料道路(日塩もみじライン)

観光・レジャー[編集]

名所・旧跡・観光スポット[編集]

もみじ谷

レジャー[編集]

祭事・催事[編集]

  • 巻狩祭り(10月)
  • 西那須野ふれあいまつり(7月)
  • 西那須野花市(1月)
  • コスコテ in 塩原温泉郷
  • 塩原八幡宮例大祭
  • 塩原温泉まつり
  • 塩原温泉古式湯まつり

名物・グルメ[編集]

  • ソース焼きそば(塩原)
  • とて焼き(塩原)
  • 塩原温泉まんじゅう
  • 高原大根

出身有名人・関連有名人[編集]

那須塩原市出身者[編集]

歴史人物
  • 星忠治(陸軍航空第53振武特別攻撃隊隊員)
  • 渡辺綱蔵(陸軍航空第431振武特別攻撃隊隊員)
政治
  • 菊地恒八郎(栃木県議会議長)旧黒磯町
  • 稲川時(栃木県議会議長)旧黒磯町
  • 平山正二(栃木県議会議長)旧西那須野町
  • 石塚政紀(栃木県議会副議長)旧黒磯町
  • 郡司征夫(栃木県議会議長)旧西那須野町
  • 阿久津憲二(栃木県議会議長、第2代那須塩原市長)
  • 渡辺喜美(参議院議員、元衆議院議員)旧西那須野町出身
学芸
報道
芸能
スポーツ
架空の人物

那須塩原市ゆかりの人物[編集]

歴史人物
  • 矢板武(那須開墾社社長、下野銀行頭取)矢板農場経営
  • 印南丈作(那須開墾社社長)
政治
  • 大山巌(従一位大勲位功一級公爵、元帥陸軍大将、大警視、陸軍大臣、陸軍参謀総長、文部大臣、内大臣、元老、貴族院議員)加治屋開墾場、大山農場を設営。大山小学校の校名の由来。
  • 乃木希典(正二位勲一等功一級伯爵、陸軍大将)
  • 松方正義(従一位大勲位公爵、元内閣総理大臣兼大蔵大臣)千本松農場。
  • 青木周蔵(勲一等子爵、元外務大臣)青木小学校の校名の由来。
  • 鍋島直大(佐賀藩主、式部長官、侯爵)鍋島農場
  • 戸田氏共(大垣藩主、式部長官、伯爵)戸田農場
  • 毛利元敏(長府藩主、豊浦藩知事、子爵)毛利農場
  • 細川潤次郎(貴族院副議長、男爵)細川農場
  • 佐野常民(大蔵卿、伯爵)佐野農場
  • 佐々木高行(参議兼工部卿、侯爵)佐々木農場
  • 渡辺千秋(宮内大臣、北海道庁長官、伯爵)渡辺農場
  • 千坂高雅(石川・岡山県令、貴族院議員)千坂農場
  • 三島通庸(内務官僚、栃木県令、警視総監、正三位勲二等子爵)肇耕社・三島農場を設立し、那須疏水開削に関わる。三島小学校の校名の由来。
  • 西郷従道(海軍大臣、侯爵)加治屋開墾場、西郷農場。
  • 渡辺美智雄(元副総理、元外相、元蔵相、元農水相、元通産相、元衆議院議員、元税理士)旧西那須野町に地元事務所
学芸
報道
芸能
  • 高木美保(タレント)東京都出身であるが、1998年、那須塩原市に移住した。
  • 織本順吉(俳優、ナレーター)兵庫県出身であるが、那須塩原市関谷に移住した。
  • 坂上二郎お笑い芸人)2005年6月4日には、お笑い芸人の育成学校『那須お笑い学校』を開校、名誉校長に就任した。
スポーツ
架空の人物

那須塩原市に所縁のある作品[編集]

小説[編集]

  • 続続金色夜叉 - 尾崎紅葉の作品。「車は馳せ、景は移り、境は転じ、客は改まれど、貫一は易らざる其の悒鬱を抱きて、遣る方無き五時間の独に倦み憊れつゝ、始て西那須野の駅に下車せり。直に西北に向ひて、今尚茫々たる古の那須野原に入れば、天は濶く、地は遐に、唯平蕪の迷ひ、断雲の飛ぶのみにして、三里の坦途、一帯の重巒、塩原は其処ぞと見えて、行くほどに跡は窮らず、漸く千本松を過ぎ、進みて関谷村に到れば、人家の尽る処に淙々の響有りて、これに架かれるを入勝橋と為す。」とあるように、主人公・間貫一は西那須野駅から塩原に向かう。

楽曲[編集]

映画、ドラマ[編集]

那須塩原で撮影が行われた作品[編集]

アニメ[編集]

漫画[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「塩原」の地名は、塩の道食塩泉からではなく、「シボんだ所」が由来であるという。 「第14回 山間に多い塩地名 ― 塩原(しおばら)」 (日本歴史地名大系ジャーナル)
  2. ^ “第6回会議資料” (PDF) (プレスリリース), 黒磯市・西那須野町・塩原町合併協議会, (2003年7月25日), http://www2.city.nasushiobara.lg.jp/gappei/web/progress/pdf/pro06_1.pdf 2010年5月14日閲覧。 
  3. ^ 図典 日本の市町村章 p69
  4. ^ 『全国市町村要覧』平成23年版、第一法規, p. 129
  5. ^ 栗川仁那須塩原市長が急逝 合併初代、2期目 下野新聞朝刊 1面 2011年12月5日
  6. ^ 栗川・那須塩原市長が急死 67歳 読売新聞 2011年12月5日
  7. ^ 『全国市町村要覧』平成24年版、第一法規, p. 129
  8. ^ 「329-31xx」地域は元・東那須野郵便局管轄。2006年に東那須野郵便局の無集配局化に伴って黒磯郵便局へ移管。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]