行方市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
なめがたし ウィキデータを編集
行方市
Kasumigaura Fureai Land 05.jpg
霞ヶ浦ふれあいランド・虹の塔
市庁舎位置
行方市旗 行方市章
行方市旗 行方市章
2005年平成17年)9月2日制定
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 茨城県
市町村コード 08233-3
法人番号 8000020082333 ウィキデータを編集
面積 222.48km2
総人口 30,994[編集]
推計人口、2022年7月1日)
人口密度 139人/km2
隣接自治体 鹿嶋市潮来市かすみがうら市鉾田市小美玉市
市の木 イチョウ(銀杏)
(2006年12月1日制定)
市の花 ヤマユリ(山百合)
(2006年12月1日制定)
市の鳥 シラサギ(白鷺)
(2006年12月1日制定)
行方市役所
市長 鈴木周也
所在地 311-3892
茨城県行方市麻生1561番地9
北緯35度59分26秒 東経140度29分21秒 / 北緯35.9905度 東経140.48903度 / 35.9905; 140.48903座標: 北緯35度59分26秒 東経140度29分21秒 / 北緯35.9905度 東経140.48903度 / 35.9905; 140.48903
Namegata City Hall Aso Building.jpg
外部リンク 公式ウェブサイト

行方市位置図

― 市 / ― 町・村

特記事項 市役所所在地については
麻生庁舎の情報を掲載
 表示 ウィキプロジェクト

行方市(なめがたし)は、茨城県南東部の鹿行地域に位置するである。

地理[編集]

霞ヶ浦(行方市手賀地区より)
北浦と鹿行大橋(行方市山田地区より)

東京都心から北東に約70km、県庁所在地水戸市から南に約40kmの位置にある。東の北浦、西の霞ヶ浦という2つの広い湖に挟まれた南北に長い市域を持ち、市の総面積222.48 km2のうち湖沼面積が55.98 km2を占める[1]。東と西の湖岸部分は低地、内陸部は「行方台地」といわれる標高30m前後の丘陵台地である。

隣接する自治体[編集]

陸地で接している自治体

湖沼上の境界で接している自治体[2]

歴史[編集]

年表[編集]

※(外部リンク)市制施行10周年特集 行方市も10歳になりました! (PDF)”. 公式ウェブサイト. 行方市 (2015年9月1日). 2018年2月25日閲覧。

行方市発足以前[編集]

行方市発足以後[編集]

行政区域変遷[編集]

  • 変遷の年表
行方市市域の変遷(年表)
月日 旧行方市市域に関連する行政区域変遷
1889年(明治22年) 4月1日 町村制施行に伴い、以下の町村がそれぞれ発足。[3]
  • 麻生町
    • 麻生町 ← 麻生村・粗毛村・富田村
    • 太田村 ← 根小屋村・矢幡村・石神村
    • 大和村 ← 白浜村・杉平村・籠田村・宇崎村・青沼村・小牧村・岡村・蔵川村・天掛村・四鹿村・板峰村・新宮村
    • 小高村 ← 橋門村・小高村・井貝村・南村・島並村
    • 行方村 ← 船子村・五町田村・於下村・行方村
  • 玉造町
    • 玉造町 ← 玉造村が単独で町制施行
    • 手賀村 ← 手賀村が単独で村制施行
    • 立花村 ← 羽生村・八木蒔村・沖洲村・浜村
    • 玉川村 ← 井上村・出沼村・藤井村・荒宿村
    • 現原村 ← 捻木村・若海村・芹沢村・谷島村
  • 北浦町
    • 武田村 ← 小貫村・次木村・両宿村・内宿村・長野江村・成田村・三和村
    • 津澄村 ← 繁晶村・吉川村・山田村・中根村
    • 要村 ← 南高岡村・北高岡村・小幡村・行戸村
1955年(昭和30年) 1月1日 玉造町・手賀村・立花村・玉川村・現原村が合併し玉造町が発足。
3月31日 麻生町・太田村・大和村・小高村・行方村が合併し、麻生町が発足。
4月1日 武田村・津澄村・要村が合併し、北浦村が発足。
1997年(平成9年) 10月1日 北浦村が町制施行し、北浦町となる。
2005年(平成17年) 9月2日 麻生町・玉造町・北浦町が合併し行方市が発足。
  • 変遷表
行方市市域の変遷表
1868年
以前
明治元年 - 明治22年 明治22年
4月1日
明治22年 - 昭和19年 昭和20年 - 昭和64年 平成元年 - 現在 現在
麻生村 麻生町 麻生町 昭和30年3月31日
麻生町
麻生町 平成17年9月2日
行方市
行方市
粗毛村
富田村
根小屋村 太田村 太田村
矢幡村
石神村
白浜村 大和村 大和村
杉平村
籠田村
宇崎村
青沼村
小牧村
岡村
蔵川村
天掛村
四鹿村
板峰村
新宮村
橋門村 小高村 小高村
小高村
井貝村
南村
島並村
船子村 行方村 行方村
五町田村
於下村
行方村
玉造村 玉造町 玉造町 昭和30年1月1日
玉造町
玉造町
手賀村 手賀村 手賀村
羽生村 立花村 立花村
八木蒔村
沖洲村
浜村
井上村 玉川村 玉川村
井沼村
藤井村
荒宿村
捻木村 現原村 現原村
若海村
芹沢村
谷島村
小貫村 武田村 武田村 昭和30年4月1日
北浦村
平成9年10月1日
町制
次気村
両宿村
内宿村
長野江村
成田村
帆津倉村 明治元年
三和村
金上村
穴瀬村
繁晶村 津澄村 津澄村
吉川村
山田村
中根村
南高岡村 要村 要村
高岡村 北高岡村
小幡村
行戸村

人口[編集]

Population distribution of Namegata, Ibaraki, Japan.svg
行方市と全国の年齢別人口分布(2005年) 行方市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 行方市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

行方市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

市内に住んでいる人口のうち、3人に1人は65歳以上、8人に1人は80歳以上である。2022年4月1日には過疎地域に指定された。

行政・司法[編集]

上空より見た行方市麻生地区

市長[編集]

2005年10月2日
当落 得票数 候補者 党派 市長歴
15,703 坂本俊彦 無所属
10,400 横山忠市 無所属
  • 伊藤孝一(2代、2009年10月2日 - 2013年10月1日)
    • 旧北浦町の最後の町長であった。
2009年9月13日
当落 得票数 候補者 党派 市長歴
12,221 伊藤孝一 無所属
12,187 坂本俊彦 無所属
2013年9月8日
当落 得票数 候補者 党派 市長歴
12,044 鈴木周也 無所属
10,191 伊藤孝一 無所属

市役所庁舎[編集]

行方市は本所機能を分散させた分庁舎方式を採用する。各庁舎はそれぞれ旧町の町役場である。

  • 麻生庁舎
    〒311-3892 茨城県行方市麻生1561番地9
  • 北浦庁舎
    〒311-1792 茨城県行方市山田2564番地10
  • 玉造庁舎
    〒311-3512 茨城県行方市玉造甲404番地

新庁舎建設[編集]

北浦庁舎と玉造庁舎は耐震化できておらず、土浦協同病院なめがた地域医療センターの元救命救急センターに改修・一部増築して市役所庁舎を集約する計画であり、2025年度の供用開始を目指している[4]

エリア放送[編集]

行方市は、地上一般放送局の免許を取得しなめがたエリアテレビとしてエリア放送を実施している。ワンセグのみではなくフルセグとしても放送している。[5]

裁判所[編集]

議会[編集]

市議会[編集]

県議会[編集]

2018年(平成30年)の県議選から、潮来市選挙区と統合し、定数1の選挙区として実施。

衆議院[編集]

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 重複
額賀福志郎 77 自由民主党 110,831票
藤田幸久 71 立憲民主党 61,103票

経済[編集]

産業[編集]

漁業

霞ヶ浦ではの養殖が盛んである。

  • 白浜漁港
  • 麻生漁港
  • 小高漁港
  • 五町田漁港
  • 荒宿漁港
  • 手賀漁港
  • 高須漁港

農業

さつまいも畑(行方市井貝地区)

上記の農産物が県銘柄産地に指定されている。

畜産業

商業[編集]

主なチェーン店は次の通りである。

金融機関[編集]

地域[編集]

教育[編集]

  • 行方市立行方小学校
  • 行方市立麻生小学校
  • 行方市立大和第一小学校
  • 行方市立大和第二小学校
  • 行方市立大和第三小学校
  • 行方市立北浦小学校
  • 行方市立小高小学校
  • 行方市立太田小学校
  • 行方市立小貫小学校
  • 行方市立三和小学校
  • 行方市立玉造小学校
  • 行方市立玉造西小学校
  • 行方市立玉川小学校
  • 行方市立現原小学校
  • 行方市立手賀小学校
  • 行方市立羽生小学校

なお、すべての小中学校で生徒数の減少が加速しており、半数以上の学校の生徒数は100名未満、さらに一部では複式学級が実施されている。 加えて校舎の老朽化も深刻化、問題となっている。

これを受け市は、市立の小中学校を統廃合し、一定の生徒数を確保できる新学校を作る計画を打ち出している。早いものは2012年(平成24年)に統廃合が始まっている。最終的には小学校が4校、中学校が3校に集約される予定。

しかし子供の減少という根本的な解決には至っておらず、今なお子供の数は減り続けているため、早急な対応が求められている。

ただし、中学校では清真学園中学校(鹿嶋市にある私立学校)、高等学校では近隣市にある高校や高専に進学するという選択肢もあり、そのような学生も少なくない。

交通[編集]

鉄道[編集]

かつて玉造地区に鹿島鉄道鉾田線が通っていたが、2007年3月31日をもって廃止された。現在は鉄道の代わりとして、バス路線が運行されている。(後述)
玉造町駅は、廃線後駅舎、ホームは取り壊されたものの、引き継ぎ「玉造駅」として、主要バス停留所の機能を果たしている。

バス[編集]

高速バス あそう号
通学急行バス(新鉾田駅)
かしてつバス

行方市内で運行されているバス路線は、都心方面と鉾田市を結ぶ高速バス「あそう号」や、近隣の主要駅などを結ぶ路線バス・広域バスが運行されている。
乗合タクシーを除き、関鉄グリーンバス関東鉄道池田交通(神宮あやめ白帆ラインのみ)が運行を担当。なお、「あそう号」は、鉾田駅~佐原駅間の一部停留所のみで途中乗降が可能。
交通系ICカード(Suica・PASMOなど)も、「神宮あやめ白帆ライン」の池田交通運行便を除いて、利用可能となっている。

系統 主要経由地 行き先 運行会社
高速 あそう号 新鉾田駅・北浦複合団地・北浦庁舎入口・麻生庁舎・牛堀・潮来駅水郷佐原あやめパーク佐原駅 東京駅 関鉄グリーンバス
鉾田駅
急行 通学急行バス 鉾田駅・北浦庁舎入口 麻生庁舎
新鉾田駅
路線 かしてつバス(鹿島鉄道代替バス) 玉里駅小川駅・玉造駅・上山・坂戸・鉾田駅 石岡駅
新鉾田駅
路線 霞ヶ浦広域バス 玉造庁舎前・道の駅たまつくり・霞ヶ浦庁舎前・深谷・土浦協同病院・桜橋 土浦駅
玉造駅
路線 潮来・行方広域バス「鹿行北浦ライン」 水郷潮来BT・潮来駅・延方駅・レイクエコー(白浜少年自然の家・なめがたファーマーズヴィレッジ)・麻生庁舎 道の駅いたこ
あそう温泉「白帆の湯」
路線 鹿行広域バス「神宮あやめ白帆ライン」 あそう温泉「白帆の湯」・潮来駅・水郷潮来BT・延方駅・鹿島神宮駅・小山記念病院 チェリオ・イオン鹿嶋店 関東鉄道・池田交通
麻生庁舎

過去の運行路線[編集]

コミュニティバス 「行方ふれあい号

  • 2009年度をもって廃止されたが、デマンド型乗合タクシー「行方ふれあい号」として運行復活。ただし、行方市内の住民で行方市内での乗降に限定。かつ、事前予約が必要。[10]

鹿行北浦ライン(再編前)

  • 2009年3月31日までは、鹿島大野駅~レイクエコー間も運行されていたが、翌4月1日より、現在の運行区間に変更。[11]

鹿行広域バス(再編前)

  • 2009年3月31日までは、「神宮・あやめライン(チェリオ・イオン~潮来駅間)」と「白帆・あやめライン(麻生庁舎~延方駅間)」の2路線に分かれていたが、翌4月1日より、再編に伴い、「神宮あやめ白帆ライン」へ統合。
    区間により運行ルートの変更と、新たに、あそう温泉「白帆の湯」に停留所を設けた。[12]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・イベント・グルメ[編集]

全般[編集]

  • 行方市商工会が開発した行方バーガーというご当地グルメがある。ナマズを使った珍しいハンバーガーである。
  • 主要道路の市境付近には、日本語・英語・中国語・韓国語で「ようこそ行方市へ」「またお越しください」と書かれた看板が立っている。

旧麻生町[編集]

大麻神社祭礼の田町の山車
  • あそう温泉白帆の湯 - 浴場からは霞ヶ浦、筑波山富士山を望むことができる。
  • 天王崎公園 - かつては湖水浴場として賑わう。
  • サンセットフェスタIN天王崎 - 毎年8月に霞ヶ浦湖半の天王崎公園で、市内外の団体や個人から寄付を受けて開催されるイベントである。夕方からステージ上でのイベントが開催され、夜には湖上花火大会が開催される。打ち上げ数は毎年約5000発で、1万人前後が訪れる。
  • 畑家住宅 - 麻生藩家老屋敷。市指定文化財。
  • 麻生陣屋跡 - 現・麻生小学校敷地。
  • どぶろく祭 - 春日神社の祭礼。どぶろくが振る舞われる。
  • 馬出し祭 - 八坂神社の祭礼。
  • 大麻神社祭礼 - 麻生市街地の祭礼。佐原型山車5台が曳き廻される。
  • イルミネーションフェスティバル - 12月中旬頃から1月上旬頃までの17時から22時までメイン会場の麻生公民館と近くの商店街で開催される。約15万個の電球が使用されている。公民館にある約10mのヒマラヤスギにハート型のイルミネーションが飾られている。大晦日に限り、日没から日の出近くまで点灯されている。
  • なめがたファーマーズヴィレッジ(農業テーマパーク)[13]

旧北浦町[編集]

旧玉造町[編集]

霞ヶ浦ふれあいランド・水の科学館

地域にゆかりのある著名人[編集]

行方市の場合、地域出身者の出生地や出身地について、資料に「旧麻生町の生まれ」「旧玉造町出身」などとあっても、これがただちに現在地名の「行方市麻生」や「行方市玉造」に対応するとは限らない。それと言うのも、その資料が省略してしまっている本当の場所、すなわち、レベルの詳細な地域名が現在住所に反映されている可能性が多分にあるがゆえに、特定できないからである。実例を挙げれば、出久根達郎は「行方郡北浦町」の生まれであると多くの資料で確かめられるが、だからと言って現在地名「行方市北浦」と比定するのは間違いであって、行方市の公式ウェブサイト上にある「旧北浦町成田地区出身[17]」という資料に基づき、現在地名「行方市成田」こそ比定されるべき場所である。一方で、永作博美は「行方郡麻生町」の生まれとされているが、市の公式ウェブサイトに「旧麻生町麻生地区出身[17]」とあることから、旧麻生町内の他のどこでもなく現在地名「行方市麻生」と比定できる。このような特定に不可欠な資料が確認できないものについては、本項では「現在の行方市旧○○町内」などと表記した。

名誉市民[編集]

行方市名誉市民条例2005年(平成17年)9月2日に施行されているが、選定者はまだいない。

出身著名人[編集]

江戸時代以前の生まれ
明治生まれ
大正生まれ
昭和生まれ
平成生まれ
生年不詳
  • 奈良崎正明(ならざき まさあき) - 旧麻生町大和地区(現在の行方市旧大和地区)の生まれ[17]歌手[17]。※なめがた大使(2012年 - )。※写真から昭和生まれと推定。

地域にゆかりのある異邦人等[編集]

  • 藤代範雄(ふじしろ のりお) - グラフィックデザイナー[17]。行方市玉造沖洲地区(かつての行方郡立花村沖須)でデザイン事務所を経営[17]。なめがた大使を務める(2012年 - )[17]。※写真から昭和生まれと推定。「なめがた大使」10名の行方市による解説で唯一「出身」と書かれていないため、地域出身者ではないと思われる。

大使[編集]

行方市は、2011年(平成23年)9月2日、地域の宣伝や情報発信等を担う「なめがた大使」を、地域にゆかりのある著名人に委嘱した[17]。このとき委嘱されたのは、小林光恵作家)、出久根達郎小説家)、永作博美俳優)、塙雲峰(書道家)、塙敏(ハンドボール指導者)、箕輪光博(林政学者)の6名であった[17]。先の6名に加えて、明くる2012年(平成24年)9月2日には、小澤英明サッカー選手)、小牧幹(画家)、奈良崎正明(歌手)、藤代範雄(グラフィックデザイナー)の4名が委嘱された[17]

その他[編集]

  • 日本の情報収集衛星(IGS) のデータ受信局のひとつが市内にある(旧北浦町)。
  • 旧麻生町と旧玉造町の市外局番は0299[注釈 4]であるが、旧北浦町だけは隣接する鉾田市と同じ0291である。
  • 行方市の 郵便物は、鉾田郵便局を経由して旧町ごとに玉造(旧玉造町)・北浦(旧北浦町)・麻生(旧麻生町)の各郵便局が集配している。

姉妹都市・提携都市[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、関鉄グリーンバスによるバス停名は「玉造駅」。
  2. ^ ラッキョウを軟白栽培したもので「エシャレット」は日本独自の商品名である。フランス料理などに使用される本物のエシャロットとは別物
  3. ^ 2011年3月11日から2012年4月25日にかけての期間は、東日本大震災の影響で通行止めであったが、現在は新橋が開通している。
  4. ^ ただし、旧麻生町は潮来MA、旧玉造町は石岡MAである。

出典[編集]

  1. ^ 1-1 位置及び面積 | 行方市公式ホームページ - 2021年7月26日閲覧。
  2. ^ 30市町村区域図(霞ヶ浦・北浦境界入) 茨城県、2018年10月16日閲覧。
  3. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 8 茨城県』、角川書店、1983年 ISBN 4040010809より
  4. ^ 茨城・行方市新庁舎計画 医療センター一部改修 25年度供用開始へ”. 茨城新聞. 2022年5月8日閲覧。
  5. ^ エリア放送一覧 電波技術協会
  6. ^ 行方市議会議員一般選挙情報(平成31年4月21日執行)”. 行方市. 2019年5月13日閲覧。
  7. ^ a b 議会議員の紹介 | 行方市公式ホームページ”. www.city.namegata.ibaraki.jp. 2021年5月30日閲覧。
  8. ^ 県議会議員名簿 | 茨城県議会”. www.pref.ibaraki.jp. 2021年11月7日閲覧。
  9. ^ 【茨城新聞】茨城県議の藤島正孝さん死去 76歳 6期目、議長など歴任”. ibarakinews.jp. 2021年11月7日閲覧。
  10. ^ 行方市役所ホームページ 2021年5月18日閲覧。
  11. ^ 鹿行北浦ラインチラシ 2021年5月18日閲覧。
  12. ^ 鹿行広域ラインチラシ 2021年5月18日閲覧。
  13. ^ なめがたファーマーズヴィレッジ(2018年10月16日閲覧)。
  14. ^ 大場家住宅(主屋1棟、表門1棟、通用門1棟、敷地2485.29㎡、附家相図等2枚)”. 茨城県教育委員会. 2020年11月1日閲覧。
  15. ^ 三昧塚古墳(市指定史跡)”. 行方市. 2020年11月1日閲覧。
  16. ^ 茨城県三昧塚古墳出土品”. 茨城県教育委員会. 2020年11月1日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 行方市役所 政策秘書課. “なめがた大使”. 公式ウェブサイト. 行方市. 2018年2月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]