フランスギャロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フランスギャロ (France Galop) は、フランスにおける競馬統括機関のひとつ。統括対象はフランスの駈歩競走 (平地競走および障害競走)。パリ地区における駈歩競走の競馬施行体でもある。

概要[編集]

フランスギャロは1995年5月3日に4つの異なる組織の合併により設立された。役割は競走馬の品種改良を促進することである。1901年の法律により農業・食料・漁業・農村省英語版経済・財政・産業省の二重監督下に置かれている。[1]

フランスギャロは6つの競馬場 (ロンシャン競馬場オートゥイユ競馬場サンクルー競馬場シャンティイ競馬場ドーヴィル競馬場メゾンラフィット競馬場) において競走を主催し、その中の3つの場所 (シャンティー、ドーヴィル、メゾンラフィット) にあるトレーニングセンターも管理している[1]。 それに加えアンギャン競馬場フランス語版で障害競走を開催[2]している[1]

沿革[編集]

  • 1833年11月11日 - フランス馬種改良奨励協会 (Société d'encouragement pour l'amélioration des races de chevaux en France) が設立[3][4]
  • 1863年 - フランス障害競走協会 (Société des Steeple-chases de France) が設立[3]
  • 1885年 - フランススポーツ協会 (Société de Sport de France) が設立[3]
  • 1887年 - スポーツ奨励協会 (Société Sportive d’Encouragement) が設立[3]
  • 1992年 - 馬種改良奨励協会と障害競走協会が合併しフランス平地障害競走協会 (Société d'Encouragement et des Steeple-Chases de France) が設立[3]
  • 1993年 - 再編に向けて平地障害競走協会、スポーツ奨励協会、フランススポーツ協会が参加するGIEギャロ協会 (GIE Galop) が設立[4]
  • 1995年5月3日 - GIEギャロ協会の参加協会が合併しフランスギャロが設立[3][4]

組織[編集]

フランスギャロは50人の委員会[5]、12人の理事会、450人の従業員で構成される[1]

歴代会長[編集]

氏名 就任時期 備考
1 ジャン=リュック・ラガルデール (Jean-Luc Lagardère) 1995-2003[4] 在任のまま死去
2 エドゥアール・ド・ロトシルト (Edouard Etienne de Rothschild) 2004 - 2011[4][6]
3 ベルトラン・ベランギエ (Bertrand Belinguier) 2011 - [6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 競馬組織” (英語). French Horse Industry. 2013年3月10日閲覧。
  2. ^ アンギャン競馬場では繋駕速歩競走のひとつであるトロット競走も行われている。
  3. ^ a b c d e f AC. Grison (2012年7月). “フランスギャロ” (フランス語). フランス馬・馬術研究所. 2013年3月10日閲覧。
  4. ^ a b c d e 競走の歴史 (PDF)” (フランス語). フランスギャロ (2011年3月29日). 2013年3月10日閲覧。
  5. ^ フランスギャロの現会長、次期会長選への立候補を示唆(フランス)[その他]” (日本語). ジャパン・スタッドブック・インターナショナル. 2013年3月10日閲覧。
  6. ^ a b Scott Burton (2011年11月20日). “Belinguier elected new France Galop president” (英語). レーシングポスト. http://www.racingpost.com/news/horse-racing/edouard-de-rothschild-betrand-belinguier-france-belinguier-elected-new-france-galop-president/964975/#newsArchiveTabs=last7DaysNews 2013年3月10日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]