ジャパンブリーディングファームズカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
JBCデーの装飾(2005年名古屋競馬場時)

ジャパンブリーディングファームズカップJapan Breeding farms' Cup)とは日本のJBC実行委員会が中心となって開催する地方競馬の持ち回り開催の統一グレード競走デーである。略称はJBC。ただし、JBC実行委員会では告知・宣伝など一貫して「JBC」を用いており、「ジャパンブリーディングファームズカップ」の名称が使われることはない。この名称は「JBC」の略号を使い続けるための名目的なものである(事情は後述)。

概要[編集]

1984年から開催されているアメリカブリーダーズカップを参考に生産者が企画・運営するダート競馬の祭典として、2001年に創設。複数の統一JpnI競走が原則として同一日(2006年の第6回のみ2日間)に施行される。

当初はジャパンブリーダーズカップ(略称JBC)という名称で開催する予定だった(競走名はジャパンブリーダーズカップ・クラシックとジャパンブリーダーズカップ・スプリント)が、アメリカのブリーダーズカップ協会からクレームが来たため、ジャパンブリーダーズカップは使うことができなくなった。その結果、JBCの名称およびロゴは変更せずJBCの意味するものをジャパンブリーディングファームズカップとした。それぞれの競走はJBCクラシックとJBCスプリントが正式名称となった。以後、従来は略称であったJBCを告知・宣伝などで用いている。

基本的にはアメリカのブリーダーズカップと同じく全国の地方競馬場を毎年持ち回り開催とする方針で、2001年の第1回は大井競馬場で開催された。

JBCスプリントの施行距離は基本的にダート1200m、JBCクラシックの施行距離は基本的にダート2000mで施行されるが、持ち回り開催が故に競馬場の形態により基本コースが合わず、基本距離から前後して開催する場合もある(詳しくは下記の表を参照)。2006年の第6回ではJBCスプリントにおいて、距離が1600mとなることから名称をJBCマイルとした。

2005年の第5回(名古屋競馬場)、2006年の第6回(川崎競馬場)はフサイチの冠名の競走馬を多数保有してきた関口房朗が代表を務める株式会社FDOが協賛した。第5回は「フサイチネットJBC」として開催されている[1]

賞金は当年の主催者、日本中央競馬会(JRA)、社団法人ジャパンブリーダーズカップ協会(JBC協会)の3者が拠出している[1]。また「生産牧場賞」と「種牡馬登録者賞」があり、JBC協会から賞金の5パーセントに相当する額が該当者に支給される[2]2010年の第10回は優勝馬の騎手にチャンピオンリングが贈呈された[3]

創設時よりJBCスプリントJBCクラシックのJpnI競走が施行されているが、2011年(第11回)よりダート牝馬路線の重賞競走としてJBCレディスクラシック(3歳以上牝馬限定、施行距離は基本ダート1800m、1着賞金4000万円以上)が新設された[4]。ダートグレード競走としての格付けは新設から2012年まで付与されず[注 1]2013年よりJpnIに新規格付けされ、日本の競馬では初めて同日に3つのJpnI競走が施行される。

開催競馬場は、前年(2014年の開催なら2013年)に開かれるJBC実行委員会で決定する[5][6][7]

2018年の第18回は開催地として、JRAの京都競馬場が選ばれた。JRAの競馬場での開催は初のことで、理由として「JBCの魅力をより広く、多くのファンに伝えるため、訴求力の高いJRAの競馬場で実施を要請するべき」としており、全国公営競馬主催者協議会がJBC実行委員会に提案、JBC実行委員会も「JBCの発展に寄与する提案」と判断しJRAに要請した結果、JRAも「ダートグレード競走の魅力を知っていただく契機になる」と要請を受諾し主催した[8][9]。なお、2018年については「農林水産大臣賞典」ではなく、「農林水産省賞典」として行われていた[10]

開催の経緯[編集]

米国ブリーダーズカップ創設の背景[編集]

北米では1970年代から1980年代にかけてサラブレッド市場が拡大期に入り、生後数ヶ月の幼駒や数回出走しただけの2歳馬が高値で取引されたり、将来の繁殖馬候補としてシンジケートが組まれるなど、生産者だけのマネーゲームの様相を呈していた。その一方で、各競馬場は入場者数や発売額が伸び悩み、大衆の支持を失いつつあった。このことは生産者にも危機感として現れることとなった。競馬は直接・間接的に関与している大衆の支持(興行収入=賭けとしての参加)によって支えられているものであり、その大衆から見放されてしまえば、どんなに高価な馬であっても、その必要がなくなってしまうからである。「沈滞した競馬を救うために生産者も何かをしなければならない」という発想が、生産者自ら発案し主導するレースである「ブリーダーズカップ」創設の原点となった[11]

JBCの創設[編集]

ブリーダーズカップ創設時の北米と全く同様には至っていなかったものの、日本の生産者もまた危機感を抱えていた。日本では競走馬の供給先として中央競馬のほかに地方競馬があるが、一時期には多くの地方競馬が経営不振に陥り、存廃が議論されるようになった。また、賞金の減額によって馬の価格が低下したり、売れ残りが発生する現状は既に生産者にも打撃を与えており、生産者として抱いている競馬の現状に対する危機感や、自ら立ち上がるべきという決意は、北米とも共通するものがある[11]

生産者の発案・主導によるレースを創設し、競馬を幅広い層にアピールし大衆の娯楽、スポーツとしての支持を集めるという思想に基き、とくに地方競馬の窮状を打開することによって日本競馬全体の発展を図る意味合いから、主に地方競馬で行われているダート競走において「チャンピオンデー」を設けることとして計画が進められ、ダートの選手権距離である2000mで行う「JBCクラシック」、優秀馬の生産に不可欠な要素であるスピード能力を問うため1200mで行う「JBCスプリント」の2競走が、2001年に創設された[11]

競馬は、その主役である「馬」という存在により、単にスポーツと賭け事というくくりを超え、様々に幅広い関わりを受け入れてきました。馬と人間のパートナーシップという長い歴史背景と、馬という生き物自体が備える人間の心を捉えて離さない魅力は、競馬に特別の趣きを与え、例えばそれは、競馬が美術や文学のモチーフでさえある理由のひとつとなっているかもしれません。

同時に、馬が主役であることは、競馬がその背後に生産という産業的な広がりを持っていることを意味します。この生産との密接な結びつき、これが競馬をより多面的なものとしている大きな要因でしょう。

競馬において、競走と生産は理想の競走馬の追求という目的を共有することでその関係を成立させています。競走にとっての生産はそうした馬の供給源であり、生産にとっての競走は、その追求の成果を確認する場であるとともに、さらなる理想へ向けての生産資源を選定する場となっています。そして、この共通の価値観に基づく選定、例えば「チャンピオンの決定」と表現されるでしょうか、これが両者にとって最大の支持者たる大衆に訴えかけ、その共感を得ることができる最大の魅力となっているのです。

競走と生産、そして大衆の支持の良好な関係、これが競馬の発展を生んでいると言えるでしょう。

— JBC特設サイト2014【JBCについて】[11]

開催競馬場の変遷[編集]

  • 走路はすべてダートコース。
  • 2003年の第3回JBCスプリントは大井競馬場のスタンド改修工事に伴い、ゴール板が10m手前に移動したため。
  • 2006年の第6回は2日間開催とし11月2日にナイター(スパーキングナイター)で「JBCマイル」、3日は昼間開催で「JBCクラシック」を開催。
施行日 共催団体 競馬場 開催形態 JBC
クラシック
施行距離
JBC
スプリント
施行距離
JBC
レディス
クラシック
施行距離
1 2001年10月31日 JBC実行委員会
特別区競馬組合
大井 ナイター 2000m 1200m  
2 2002年11月4日 JBC実行委員会
岩手県競馬組合
盛岡 昼間開催 2000m 1200m
3 2003年11月3日 JBC実行委員会
特別区競馬組合
大井 薄暮開催 2000m 1190m
4 2004年11月3日 JBC実行委員会
特別区競馬組合
大井 ナイター 2000m 1200m
5 2005年11月3日 JBC実行委員会
愛知県競馬組合
冠協賛:フサイチネット
名古屋 昼間開催 1900m 1400m
6 2006年11月2・3日 JBC実行委員会
神奈川県川崎競馬組合
冠協賛:フサイチネット
川崎 ナイター
昼間開催
2100m 1600m
(JBCマイル)
7 2007年10月31日 JBC実行委員会
特別区競馬組合
大井 ナイター 2000m 1200m
8 2008年11月3日 JBC実行委員会
兵庫県競馬組合
園田 昼間開催 1870m 1400m
9 2009年11月3日 JBC実行委員会
愛知県競馬組合
名古屋 昼間開催 1900m 1400m
10 2010年11月3日 JBC実行委員会
千葉県競馬組合
船橋 昼間開催 1800m 1000m
11 2011年11月3日 JBC実行委員会
特別区競馬組合
大井 ナイター 2000m 1200m 1800m
12 2012年11月5日 JBC実行委員会
神奈川県川崎競馬組合
川崎 ナイター 2100m 1400m 1600m
13 2013年11月4日 JBC実行委員会
石川県競馬事業局
金沢 昼間開催 2100m 1400m 1500m
14 2014年11月3日 JBC実行委員会
岩手県競馬組合
盛岡 昼間開催 2000m 1200m 1800m
15 2015年11月3日 JBC実行委員会
特別区競馬組合
大井[12] 昼間開催 2000m 1200m 1800m
16 2016年11月3日 JBC実行委員会
神奈川県川崎競馬組合
川崎[13] 昼間開催 2100m 1400m 1600m
17 2017年11月3日[14] JBC実行委員会
特別区競馬組合
大井[15] 薄暮開催 2000m 1200m 1800m
18 2018年11月4日[16] JBC実行委員会
日本中央競馬会
京都 昼間開催 1900m 1200m 1800m
19 2019年11月4日[17] JBC実行委員会
埼玉県浦和競馬組合
浦和 昼間開催 2000m 1400m 1400m

アンダーカード[編集]

JBC当日は注目を集めるために、JBCの他にも重賞が組まれる。[要出典]以下は主なアンダーカードとして行われた競走を挙げる。

  • 距離欄に記載があるものを除き、走路はすべてダートコース。
  • 出走資格はすべてサラブレッド系
競馬場 競走名 距離 出走資格
1 大井 武蔵野オープン オープン特別 1600m 3歳以上
2 盛岡 第3回オパールカップ 重賞 芝1700m 3歳・地方全国交流
3 大井 '03TCKディスタフ 準重賞 1800m 3歳以上牝馬・地方全国交流
4 大井 第1回TCKディスタフ 重賞G3 1800m 3歳以上牝馬・地方全国交流
5 名古屋 第44回ゴールドウィング賞 重賞SPI 1600m 2歳
6 川崎 第17回ロジータ記念 重賞G2 2100m 3歳牝馬
第6回ローレル賞 重賞G3 1600m 2歳牝馬
7 大井 第4回TCKディスタフ 重賞SIII 1800m 3歳以上牝馬・地方全国交流
8 園田 第47回楠賞 重賞1 1700m 3歳
第5回兵庫クイーンカップ 重賞1 1700m 3歳以上牝馬・北陸・東海・近畿・中国地区交流
9 名古屋 第48回ゴールドウィング賞 重賞SPI 1600m 2歳
10 船橋 第56回平和賞 重賞SIII 1600m 2歳・地方全国交流
12 川崎 第12回ローレル賞 重賞SIII 1600m 2歳牝馬・地方全国交流
13 金沢 第1回百万石ジュニアカップ 重賞 1500m 2歳
14 盛岡 第46回不来方賞 重賞 2000m 3歳
秋嶺賞 オープン特別 芝1700m 3歳以上
16 川崎 第16回ローレル賞 重賞SIII 1600m 2歳牝馬・地方全国交流

JBCの前哨戦[編集]

JBCの前哨戦は大きくトライアル競走である「Road to JBC」とJBC指定競走の2本立てで構成され、出走馬は上記JBC3レースの出走権をかけて争う。

Road to JBC(トライアル競走)[編集]

以下に示した競走の当該年度優勝馬には、表記の競走に対する優先出走権が与えられる(対象競走および競走条件は2015年時点のもの)[18]

競走 格付け 競馬場 距離 優先出走権付与対象競走
日本テレビ盃 JpnII 船橋 1800m JBCクラシック
東京盃 JpnII 大井 1200m JBCスプリント
レディスプレリュード JpnII 大井 1800m JBCレディスクラシック
マイルチャンピオンシップ南部杯 JpnI 盛岡 1600m JBCクラシックまたはJBCスプリント

※コースはすべてダート。

JBC指定競走[編集]

地方競馬各地区の有力馬を選定するための指標となる競走として指定されており、優勝馬への優先出走権はないものの、選定にあたってその成績が重要視される(対象競走および競走条件は2015年時点のもの)[18]

競走 競馬場 距離 ノミネート対象競走
東京記念 大井 2400m JBCクラシック
オータムカップ 笠松 1900m
珊瑚冠賞 高知 1900m
アフター5スター賞 大井 1200m JBCスプリント
道営スプリント 門別 1200m
青藍賞 水沢 1600m JBCクラシックまたはJBCスプリント
姫山菊花賞 園田 1700m
ビューチフル・ドリーマーカップ 水沢 1900m JBCレディスクラシック
秋桜賞 名古屋 1400m

※コースはすべてダート。

2007年の開催における騒動[編集]

  • 2007年3月12日大井競馬場の現役外国馬の導入決定に反発する形でJBC実行委員会は2007年に予定されていた大井のJBC関連の支援中止を決定、JBC関連の名称・ロゴの使用を認めないという態度を取っていると報道された[19]。その後4月19日に開催されたJBC特別委員会において、従前どおり第7回JBCとして実施することになった[20]
  • さらに8月に発生した馬インフルエンザの影響でダービーグランプリ日本テレビ盃がダートグレードの格付け取消により優先出走権が消滅したほか、青藍賞(水沢競馬場)、オータムカップ(笠松競馬場)が当初の交流範囲で実施されなかったため指定競走として取り扱わないことになった[21]

脚注[編集]

  1. ^ 日本グレード格付け管理委員会の取り決めで、同条件かそれに準じるオープン特別の重賞格上げを除き、原則2年間はグレード格付けをせず「(新設)重賞」と表記して施行するとしている。2011年大井)は南関東公営競馬のローカルグレード「S1」のみ格付け。2012年川崎)は南関東グレードも格付けせず「重賞」と表記。

出典[編集]

  1. ^ a b 第5回JBCに『フサイチネット』の協賛が決定(keiba.go.jp、2005年10月12日
  2. ^ JBC実施要綱(2009年)
  3. ^ 『JBCチャンピオンリング』について(船橋ケイバ公式サイト 2010年10月5日
  4. ^ 「JBCレディスクラシック」を新設へ - 地方競馬情報サイト 2010年12月7日
  5. ^ 第14回JBCは盛岡競馬場で開催(2013年2月12日) - 地方競馬全国協会、2014年9月3日閲覧
  6. ^ 第13回JBCは金沢競馬場で開催(2012年2月10日) - 地方競馬全国協会、2014年9月3日閲覧
  7. ^ 第11回JBC競走の開催競馬場が決定!(2010年2月9日) - 地方競馬全国協会、2014年9月3日閲覧
  8. ^ 2018年のJBCは京都競馬場で開催 JRAの競馬場での開催は初,スポーツ報知,2017年3月6日
  9. ^ 平成30年のJBC競走の実施競馬場等について - 日本中央競馬会 2017年3月6日
  10. ^ 2018年度競馬番組等について - 日本中央競馬会(JRAニュース)2017年11月14日
  11. ^ a b c d JBC特設サイト2014 - 地方競馬全国協会、2014年7月22日閲覧
  12. ^ 南関競馬の15年度開催日程発表 6・15から船橋で初ナイター実施 - スポニチアネックス、2014年11月27日閲覧
  13. ^ 第16回(2016年)JBCは川崎競馬場で開催 地方競馬全国協会 - 2015年3月2日閲覧
  14. ^ 2017年のJBC開催日が11月3日(金・祝)に決定!地方競馬全国協会、2016年10月17日閲覧
  15. ^ “ダート競馬の祭典”第17回JBCは大井競馬場で開催 - 地方競馬全国協会、2016年3月7日閲覧
  16. ^ 2018年度開催日割および重賞競走について日本中央競馬会、2017年10月16日閲覧
  17. ^ 第19回(2019年)JBC競走は初の浦和競馬場開催!浦和競馬、2018年3月19日、同日閲覧
  18. ^ a b ダート頂上決戦 JBC2015への道 Road to JBC、JBC指定競走”. 地方競馬情報サイト. 地方競馬全国協会 (2015年8月26日). 2015年9月14日閲覧。
  19. ^ 外国馬導入で大井のJBCへの支援中止”. Sponichi Annex. スポーツニッポン (2007年3月12日). 2007年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月16日閲覧。
  20. ^ 第7回JBC競走について - 地方競馬全国協会、2014年9月3日閲覧
  21. ^ JBC出走馬選定要領の取扱い変更について - 地方競馬全国協会、2014年9月3日閲覧

外部リンク[編集]