川口オートレース場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
川口オートレース場
Kawaguchi auto1.jpg
川口オートレース場正面
基本情報
所在地 埼玉県川口市青木5丁目21-1
座標 北緯35度49分2.8秒 東経139度43分30.1秒 / 北緯35.817444度 東経139.725028度 / 35.817444; 139.725028座標: 北緯35度49分2.8秒 東経139度43分30.1秒 / 北緯35.817444度 東経139.725028度 / 35.817444; 139.725028
電話投票 02#
開設 1952年(昭和27年)2月1日
所有者 川口市
施行者 川口市
重勝式投票 オッズパークLOTO
(管理施行者は伊勢崎市
公式サイト http://www.kawaguchiauto.jp/
実況
担当 堂前英男・吉原完
所属 株式会社VOICE TRUST(堂前・吉原)
ナイター競走
愛称 愛称なし
開催期間 5月から9月
テンプレートを表示

川口オートレース場 (かわぐちオートレースじょう) は、埼玉県川口市青木に所在するオートレース場

土地・施設所有および施行者は川口市(過去の施行者は後述)。

概要[編集]

1952年2月1日開設。

売り上げ、入場者数ともに全国5場のオートレース場中1位を誇り「オートのメッカ」と言われている。元SMAP森且行選手、MotoGP125ccクラス元世界チャンピオン青木治親選手、44年ぶり(2011年当時)の女子レーサー佐藤摩弥選手などが活躍している。

敷地の有効活用でバンク内に交通児童公園があり、レース非開催時は近隣小学校、幼稚園の交通指導に利用されている[1]

また、1979年より毎年8月に開催される川口市主催の「たたら祭り」のメイン会場として1983年(第5回)〜2018年(第40回)まで使用されていたが、耐震不足による一部施設の閉鎖(後述)に伴い、2019年(第41回)は同市のSKIPシティに変更されたが、2022年(第42回)より再び同場が「たたら祭り」の会場として使用される[2]

中継[編集]

CS・ケーブルテレビ(J:COM 川口・戸田)・インターネット配信・テレビ埼玉(グレードレース優勝戦、川口ナイトレース優勝戦)でレースを中継しており、司会・実況は、堂前英男吉原完が担当している[注 1][注 2]。また、堂前・吉原がスケジュールの都合等で出演出来ない際は代理として文化放送高橋将市や堂前・吉原と同じ事務所に所属している加奈山翔[注 3]が担当する事がある。過去に廣瀬善樹蘇武直人山形美房小林習之(大)、北嶋興安達光浩[注 4]二宮淳一野村達也松島茂も実況を担当していた。

アシスタントは、堀井七絵[3][注 5]。かつては甲斐佑里田中洋衣別府彩長原玲子日向リオ鳥谷部咲子[注 6]佐々木麻衣[注 7]がアシスタントを務めていた(一部、テレビ埼玉のレースダイジェスト番組「BACHプラザ」のオートレースレポーターを兼任していた)。

ロッカーリポートは、岩切奏恵[注 8]

解説は、板橋忍(9期、元船橋オートレース場所属)。

歴史[編集]

  • 1950年(昭和25年)12月15日 - 社団法人埼玉県小型自動車競走会設立
  • 1952年(昭和27年)2月1日 - 川口オートレース場開設(ダート走路800M/周)
  • 1955年(昭和30年)1月15日 - 川口市営オートレースの初開催
  • 1965年(昭和40年)3月23日 - 第1回日本選手権オートレース開催 (優勝 広瀬登喜夫
  • 1967年(昭和42年)7月16日 - ダート走路さよならレース開催
  • 1967年(昭和42年)10月29日 - 新川口オートレース場開場 (走路舗装化)
  • 1970年(昭和45年) - 八百長レースに関与したとして所属選手1人が逮捕される[6]
  • 1973年(昭和48年)5月30日 - 四輪車レースの廃止
  • 1976年(昭和51年)3月31日 - 開設24周年記念グランプリレース開催 (第1回)
  • 1977年(昭和52年)7月26日 - 第1回キューポラ杯争奪戦開催
  • 1983年(昭和58年)12月 - トータリゼータシステムの導入(機械式車券発売)
  • 1987年(昭和62年)3月31日 - 第1回スーパースター王座決定戦開催 (優勝 桝崎正)
  • 1989年(平成元年)4月1日 - 発走合図システム装置導入
  • 1991年(平成3年)9月 - 電話投票開始
  • 1993年(平成5年)1月1日 - アストロビジョン (大型映像機) 導入
  • 1998年(平成10年)4月11日 - 8車8枠制導入
  • 2000年(平成12年)8月13日 - 全レース連勝単式発売
  • 2003年(平成15年)4月27日 - 3連単3連複ワイドの発売開始
  • 2008年(平成20年) - 「まがたま杯」廃止、「川口記念」新設
  • 2011年(平成23年)4月 - 重勝式車券をオッズパークより発売
  • 2011年(平成23年)9月22日 - 第1・第5特別観覧席にICカード投票システム「eスマート倶楽部」導入
  • 2012年(平成24年)6月9日 - 控除率を従来の25%から30%へ引き上げ
  • 2013年(平成25年)4月 - 本場開催時の入場料100円を全面無料化[7]
  • 2014年(平成26年)4月25日 - 重勝式『モトロトBIG』の的中により6億円の配当。金額は公営競技史上第2位
  • 2015年(平成27年)9月5日 - 消音効果を高めた新型マフラー、移動式照明車8台により、初のナイター競走試行開催[8]
  • 2015年(平成27年)12月8日 - 第1特別観覧席をリニューアル「ホールショット」オープン[9]、キャッシュレス投票システム「スターカード」導入
  • 2016年(平成28年)4月1日 - 船橋オートレース場(同年3月31日閉鎖)より、32名がLG移籍[10]
  • 2016年(平成28年)4月27日 - ナイター競走常時開催に伴い、固定LEDナイター照明塔(4基)新設、既設の照明設備をLEDへ更新[11]
  • 2016年(平成28年)6月13日 - 第5特別観覧席をリニューアル
  • 2020年(令和2年)1月6日 - 2号館・5号館閉鎖[注 9]
  • 2020年(令和2年)1月9日 - 川口オートレース場運用変更[12]
  • 2020年(令和2年)8月6日 - 無観客のナイター競走「川口ナイトレース」の開催を発表[13][注 10]
  • 2020年(令和2年)10月16日 - 「川口ナイトレース」試行開催[14]
  • 2021年(令和3年)3月16日 - 1号館2階発売所リニューアル[15]
  • 2021年(令和3年)5月2日 - オフィシャルグッズストア(第8投票所)オープン[16]

場内施設[編集]

  • 競走路1周 - 500m[17] (幅員30m)
  • 収容人数 - 27,000人[17]
  • 無料駐車場収容台数 - 950台[18]
  • 年間売上額(概数) - 195億円(2017年度) 580億円(1991年度)
  • 1日当たり平均入場者数(概数) - 5,500人(2017年度) 18,000人(1991年度)

川口オートレース場の特徴[編集]

  • 整備場への出入口が他場と異なり、2コーナー奥にある。
  • 食堂や売店が多く、食べ物が非常に充実している。
  • 託児施設「ハッピーランド」常設、女性専用の休憩所「レディースルーム」が設けられている。

2号館・5号館の耐震不足、閉鎖[編集]

  • 2017年3月27日、川口市は昭和56年5月31日以前の旧耐震基準で建てられた大規模建築物の耐震診断結果を公表し、2号館・5号館が震度6以上の大規模地震で「倒壊・崩壊の危険性が高い」という結果になり、川口市は2019年度中に建物の利用を停止する予定を決定した[19][20][21][22]
  • 2018年7月12日より、場外発売日に限り、閉鎖されることとなった[23]
  • 2019年2月26日、「川口市議会 平成31年3月定例会一般質問」にて稲川和成議員より、「川口オートレース場の施設整備について (1)耐震性のない2号館・5号館の取り扱いについて・(2)具体的なスケジュールについて」の質問に対し、市担当者の回答は以下の通り[24][25]
    • (1)耐震性のない2号館・5号館の取り扱いについて
      • 2号館及び5号館の取り扱いについては、まずはレースの早期再開と来場者の安全確保を優先した必要最小限の措置を講じていくこととした。具体的な措置としては、レースの実施に不可欠な審判カメラ棟を確保。また、2号館については、利用しているスタッフ、機材等の移転を実施するとともに、建物の一部を取り壊して新審判棟を整備する予定。さらに、2号館のその他の部分及び5号館については、塀で囲い、立ち入りを禁止とし、来場者の安全確保に努める。
    • (2)具体的なスケジュールについて
      • 具体的なスケジュールは、2号館及び5号館は2020年(令和2年)1月5日のニューイヤーカップ終了以降、入場ができなくなる。また、2020年(令和2年)4月以降のレース開催に支障がないよう、電気の切回し工事、走路内審判カメラ棟の新築、2号館の一部と5号館の安全対策工事などを適宜実施して参る予定。さらに並行して、新審判棟建設のため、2号館の一部を解体し、2022年(令和4年)2月頃の完成を目指す。
  • 2021年3月、川口市は5号館の解体などを計画していると埼玉建設新聞が報じた。約4000席以上を有するスタンド席を取り壊し、緩やかな勾配のある観覧広場として整備する見通し。設計を2022年3月までに仕上げ、その後工事に移っていく。解体後に関しては観覧広場(2000~3000㎡)、管理事務所(S造平屋、床面積300~500㎡)、防音壁(約15m)などの整備を想定している[26]
  • 2022年1月13日、「令和3年度1月 川口市公営競技事業運営協議会専門委員会」にて川口オート側より施設整備について説明。内容は以下の通り[27]
    • 現在工事中の審判棟は、2022年9月末に完成予定。
    • 5号館は、改修実施設計が2021年度中に終わり、2022年7月から解体・防音壁設置・観覧広場建設(椅子がなくなりフラットに)・照明灯設置で、2025年12月末に完成予定。
    • 5号館改修工事に伴う立入禁止区域は、5号館後方、ちびっこランド、自転車置き場、北門も閉鎖予定(正門のみの利用となる)。ただし、駐車場は残す。

交通[編集]

※本場開催日には埼玉高速鉄道線内の利用者に対する往復割引あり[28]
  • 無料送迎バス
    • 西川口駅東口 武蔵野銀行前専用バス停より、西川100 オートレース場行で約25分(本場開催時10〜25分間隔で運行) 。国際興業バスにより本場開催、場外発売ともに運行
    • 南鳩ヶ谷駅ロータリーより約10分(1時間1〜2本)。川口オートレース場所有マイクロバスにより場外発売・開催日ともに運行していたがマイクロバス故障のため2022年7月28日をもって当面の間、運行休止[29]
※SGや特別開催時は、運行時間が異なる
※2020年1月9日より川口オート運用変更に伴い、無料送迎バスの乗り場がこれまでの北門バス発着所から正門第1駐車場に変更[30]
  • 一般路線バス
    • 西川05 西川口駅東口 - オートレース場前 - 南鳩ヶ谷駅入口 - 市立高校循環
    • 西川01 西川口駅東口 - オートレース場裏 - 鳩ヶ谷公団住宅
    • 西川04 西川口駅東口 - オートレース場裏 - 東川口駅南口
    • 西川04-2 西川口駅東口 - オートレース場裏 - 鳩ヶ谷車庫
    • 川05 川口駅東口 - オートレース場裏 - 蕨駅東口
    • 川05-2 川口駅東口 - オートレース場裏 - 上青木5丁目
以上の系統で、オートレース場前(正門付近)・オートレース場裏(西門付近)停留所で下車。すべて国際興業バスによる運行

場外車券売場[編集]

エピソード[編集]

  • 毎年8月に川口市主催のたたら祭りメイン会場としてオートレース場が使用され、花火も打ち上げられている。直下で見られるため、たいへん迫力がある。このたたら祭りではオートレース選手が多数イベントへ参加する。原付による模擬オートレース(2006年の原付レースでは青木治親のみ1000ccのバイクに乗車)、選手によるゲーム大会、チャリティーオークション、模擬ナイター競走などは、オートファンのみならず市民の評価も高い。
  • 1997年(平成9年)7月6日、森且行選手のデビュー戦へ女性客が殺到し、この日の川口オートレース場は、3万5千人ものファンが押し寄せた。
  • 長らく施行者は埼玉県および川口市であったが、2007年3月末を最後に埼玉県が県営オートレース事業から撤退。翌年度より川口市の単独開催となった[32]
  • 2006年4月から2008年3月まで川口オートレース場のイメージキャラクターをGacktが務めていた。場内のポスターやプレゼントとして配布されるクオカード、無料配布されるレース日程表などに写真が使用されていた他、2005年11月6日に開催されたSG第37回日本選手権オートレースでは優勝戦の試走先導およびプレゼンターとして登場。表彰式では優勝した岡部聡選手に優勝杯とは別のカップとシャンパンを渡した[33][34]
  • 2016年4月、「川口オートレースイメージガール」がデビュー。初代をグラビアアイドルの菜乃花が2020年3月まで務めていた[35][36][37][注 11]
  • 2017年7月15日、「GI 第41回キューポラ杯」開催3日目の午後5時25分頃、競走会地区(選手ロッカー内)で火災が発生。施設関係者が119番通報し、8R以降は公正安全なレースの実施が不可能と判断され、中止となった。火元は選手ロッカー内のタイヤ研磨室のダクト(換気口)付近で、5R終了後あたりから、ボヤが立ちこめ、煙が徐々にロッカー全域に広がった。午後8時25分に鎮火した[38][39][40]
  • 2018年2月、パチンコメーカーの高尾より、「パチンコCRオートレース〜スピードスター★森且行!〜」[41]がパチンコホールに登場。オートレースと初めてタイアップしたパチンコ機であり、川口オートレース場を舞台に、演出では森且行をメインに女子選手も含め総勢36名が出演する[42][43]
  • 2020年4月7日、「川口オートレースイメージガール」の2代目をタレント・グラビアアイドルの平嶋夏海に決定した事を発表した[44][45]。同年6月28日、「GII川口記念」開催最終日のCS放送内でお披露目され、大型二輪免許を有しているのを生かし、第5R・第11R・第12Rで試走先導を行い、第12R優勝戦ではゴールチェッカーを振る大役を務めた[46]
  • 2021年10月30日、「2021年度川口市営第8回第1節」の初日・第9レースで、佐藤正人(川口・22期)が1周回4コーナーにおいて落車し、後続車と接触。川口市内の病院に救急搬送され必要な処置が施されたが、右側胸部外傷により同日18時32分に死去(殉職)した[47]。51歳没。佐藤の殉職から約1か月の同年12月3日、「川口ナイトレース」の2日目・第5レースで、黒岩明(川口・26期)が6周回1コーナーにおいて他車と接触して落車。川口市内の病院に救急搬送され必要な処置が施されたが、重症頭部外傷により同日23時22分に死去(殉職)した[48]。45歳没。約1か月という短期間のうちに同レース場で殉職事故が続けて起こる事態となった[49]
  • 2022年5月13日、浜松オート(G1開場記念ゴールデンレース)の場外発売中に停電が発生。停電の影響で浜松オート第11レース・第12レースの場外発売を中止とした[50]。同月14日、前日の停電復旧作業のため浜松オートの場外発売・払戻しの中止を発表[51]。同月15日、停電復旧作業のため浜松オートの場外発売・払戻し並びに同月16日から開催予定だった本場開催の中止を発表[52]。同月18日、電気設備の復旧の目処が立ち同月25日から開催の「G2 川口記念」は予定通り開催されることを発表[53]。停電の原因は、場内の変電器が老朽化していたためだった[54]

テーマソング[編集]

ぶっちぎりの青春」 - 作詞・茜まさお、 作曲・平尾昌晃、 編曲・飛沢宏元、 歌・ささきいさお。バックコーラスで広瀬登喜夫(引退)、阿部光雄(引退)、荒井充(引退)、清水右也(引退)の各選手が参加。

CDは場内グッズ売店で販売されている。場内では選手紹介(試走)時にカラオケバージョンで流れる。また以前は4レース・9レース発売開始後のそれぞれ試走タイム発表後に歌入りで流れていた。CS放送では以前、優勝戦終了後に優勝選手が行うウイニングランのBGMとしてカラオケバージョンが流れていた。

2017年2月22日、「ぶっちぎりの青春」のリメイク盤「ぶっちぎりの青春☆NOW」が発売された。ささきいさおが歌唱するオリジナル音源に、永井大介(25期)、若井友和(25期)、佐藤摩弥(31期)、片野利沙(32期)の4名がコーラスとして参加している[55]

2005年11月6日のSG第37回日本選手権オートレース優勝戦で、Gackt作曲によるファンファーレ『Sanctuary -幻想の彼方に-』が導入された。後に船橋オートレース場で開催されたSG第25回オールスターオートレース優勝戦や、川口で開催されたGI第30回キューポラ杯争奪戦、浜松オートレース場で2006年11月5日に行われたSG第38回日本選手権オートレースの優勝戦、SG第13回オートレースグランプリ優勝戦でも使用。CS放送でも右下にテロップが表示されるなど、ファンに認知されつつある。川口で開催されるSG競走の優勝戦では必ず流れる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 開催期間中の全レースの実況を堂前、吉原のどちらかが担当するが、稀に開催期間中「前半・堂前、後半・吉原」、又は「前半・吉原、後半・堂前」という変則的な場合もある。また、SG開催期間中、司会と実況を分業し「司会・堂前、実況・吉原」、「司会・吉原、実況・堂前」を日替わりで交代しながら行う場合もある。
  2. ^ 吉原は、土曜日にグリーンチャンネル中央競馬中継午後の中継キャスターを担当していることから、その際は堂前などが代理で担当している。
  3. ^ 2018年9月10日、オートレース初実況
  4. ^ 2017年11月16日 - 2018年1月
  5. ^ 2020年4月より
  6. ^ 2020年1月5日をもって、CS放送アシスタントを卒業[4]
  7. ^ 2021年6月28日~30日
  8. ^ 2020年10月より[5]
  9. ^ 2020年1月6日から4月20日の間、建物の一部解体工事及び安全対策工事が実施された。
  10. ^ 7車8R制、車券販売はインターネット投票のみ(専用場外での発売あり)、発走予定時刻1R18時52分頃から最終8R21時50分頃。開催日は、2020年10月から2021年2月末までの4日間5開催、計20日間。
  11. ^ 2020年1月6日~4月20日の間、2号館の一部解体工事及び2号館・5号館の安全対策工事を実施。その期間本場開催が行われないため、実際の活動は2020年1月までだった

出典[編集]

  1. ^ 児童交通公園の利用 ”. 川口オートレースオフィシャルサイト. 川口市公営競技事務所. 2021年12月15日閲覧。
  2. ^ 新着情報”. たたら祭りホームページ. たたら祭り実行委員会 (2022年6月7日). 2022年6月9日閲覧。
  3. ^ 堀井 七絵 Horii Nanae @_sevenpictures_”. Twitter (2020年4月22日). 2020年4月23日閲覧。
  4. ^ トヤ部咲コ @sakkotoyako”. Twitter (2019年12月30日). 2019年12月30日閲覧。
  5. ^ 堀井 七絵 Horii Nanae @_sevenpictures_”. Twitter (2020年10月13日). 2020年10月16日閲覧。
  6. ^ 暴力団員を逮捕 八百長オートレース『朝日新聞』1970年(昭和45年)11月7日夕刊 3版 11面
  7. ^ オートレースは全場で入場料が無料となりました オートレースオフィシャルサイト
  8. ^ 川口オートレース 初のナイターレース開催 オートレースオフィシャルサイト
  9. ^ 川口オートレース ホールショット 川口オートレース ホールショット 第5特別観覧席紹介サイト
  10. ^ 船橋LG選手の移籍先について オートレースオフィシャルサイト
  11. ^ 川口オートレース、夜間常時開催へ 排気音を抑え消灯も”. 朝日新聞 (2016年5月6日). 2020年10月16日閲覧。
  12. ^ 【重要】令和2年1月9日~ 川口オート運用変更について”. 川口オートレースオフィシャルサイト. 川口市公営競技事務所 (2020年2月5日). 2021年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月28日閲覧。
  13. ^ 川口、伊勢崎オートで新ナイターレース開催”. 日刊スポーツ (2020年8月6日). 2020年10月16日閲覧。
  14. ^ 「川口ナイトレース」(7車立・8R制)について”. オートレース オフィシャルサイト (2020年10月16日). 2020年10月16日閲覧。
  15. ^ 1号館2階発売所 リニューアルのお知らせ”. 川口オートレース オフィシャルサイト. 川口市公営競技事務所 (2021年3月16日). 2021年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月28日閲覧。
  16. ^ 【5/2~】オフィシャルグッズストアオープン!”. 川口オートレース オフィシャルサイト. 川口市公営競技事務所 (2021年5月1日). 2021年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月28日閲覧。
  17. ^ a b 川口オートレースオフィシャルサイト レース場ガイド”. 川口オートレースオフィシャルサイト. 2020年3月17日閲覧。
  18. ^ 無料駐車場案内図”. 川口オートレースオフィシャルサイト. 2021年9月2日閲覧。
  19. ^ 「要緊急安全確認大規模建築物」の耐震診断結果の公表”. 川口市ホームページ. 2019年8月18日閲覧。
  20. ^ 耐震診断の結果について 耐震診断結果(PDFファイル)”. 川口市ホームページ. 2019年8月18日閲覧。
  21. ^ 耐震診断結果公表 28棟震度、6強以上で「倒壊危険性高い」”. 日本経済新聞 (2017年3月28日). 2019年8月18日閲覧。
  22. ^ 埼玉)オートレース場、耐震診断で「危険性高い」 川口”. 朝日新聞 (2017年4月20日). 2019年8月18日閲覧。
  23. ^ 場外発売日における一部窓口閉鎖のお知らせ”. 川口オートレースオフィシャルサイト (2018年6月20日). 2019年8月18日閲覧。
  24. ^ 平成31年度一般質問 10 川口オートレース場の施設整備について”. 川口市議会議員稲川和成 公式サイト (2019年5月18日). 2019年8月18日閲覧。
  25. ^ 工事に伴う場外発売の変更について”. 川口オートレース オフィシャルサイト. 川口市公営競技事務所 (2019年8月4日). 2019年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月28日閲覧。
  26. ^ “川口市がオートレース場5号館を23年度以降に解体”. 埼玉建設新聞 (日本工業新聞社). (2021年3月4日). https://www.nikoukei.co.jp/news/detail/430517 2022年1月11日閲覧。 
  27. ^ 令和3年度1月 川口市公営競技事業運営協議会専門委員会”. おぎのあずさオフィシャルブログ「等身大で、ありのままで」Powered by Ameba. アメーバブログ (2022年1月13日). 2022年1月14日閲覧。
  28. ^ SR往復割引乗車券 埼玉高速鉄道
  29. ^ 【2022.07.28より】南鳩ヶ谷駅↔川口オートレース 無料バス運行休止のお知らせ”. 川口オートレース オフィシャルサイト. 川口市公営競技事務所 (2022年7月28日). 2022年7月28日閲覧。
  30. ^ 無料バスのりば変更のお知らせ”. 川口オートレース オフィシャルサイト. 川口市公営競技事務所 (2019年12月25日). 2020年1月9日閲覧。
  31. ^ “場外車券売り場「サテライト大和」来年3月末終了 売り上げ低迷で”. 河北新報 (株式会社河北新報社). (2022年9月22日). https://kahoku.news/articles/20220921khn000046.html 2022年9月23日閲覧。 
  32. ^ 川口市の財政状況(PDFファイル) - ウェイバックマシン 川口市ホームページ
  33. ^ 日本選手権5日目Gackt降臨 写真アップ!!”. オートレースオフィシャルサイト インフォメーション. 2020年5月28日閲覧。
  34. ^ 日本選手権の優勝戦はGacktさん一色でした~”. オートレースオフィシャルサイト インフォメーション. 2020年5月28日閲覧。
  35. ^ 菜乃花が川口オートのイメージガールに就任”. サンケイスポーツ (2016年4月8日). 2020年1月5日閲覧。
  36. ^ 菜乃花 @nnk_77”. Twitter (2019年12月27日). 2020年1月5日閲覧。
  37. ^ 菜乃花 @nnk_77”. Twitter (2020年4月1日). 2020年4月1日閲覧。
  38. ^ 7/15の川口オート火災に伴う開催中止について”. オートレースオフィシャルサイト. 公益財団法人JKA (2017年7月15日). 2019年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月28日閲覧。
  39. ^ 川口オートで火災発生…ケガ人ゼロも8R以降が中止に”. スポーツニッポン (2017年7月16日). 2019年8月19日閲覧。
  40. ^ 【オート】川口オートが火災で8R以降を中止”. デイリースポーツ (2017年7月15日). 2019年8月19日閲覧。
  41. ^ パチンコCRオートレース〜スピードスター★森且行!〜 高尾
  42. ^ 「パチンコCRオートレース~スピードスター★森且行!~」記者発表会 川口オートレースFacebook
  43. ^ オートレースが待望のパチンコ化! 森且行選手がプレス発表会に出席 YouTube川口オートレース公式チャンネル
  44. ^ 平嶋夏海 @nacchan_h0528”. Twitter (2020年4月7日). 2020年4月8日閲覧。
  45. ^ 平嶋夏海、バイクの魅力どんどん知って 川口オート場「2代目イメージガール」就任”. デイリースポーツ (2020年4月13日). 2020年4月13日閲覧。
  46. ^ 平嶋夏海 @nacchan_h0528”. Twitter (2020年6月28日). 2020年6月28日閲覧。
  47. ^ 佐藤正人選手(川口・22期)の殉職について”. オートレースオフィシャルサイト. 公益財団法人JKA (2021年10月30日). 2021年1月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月28日閲覧。
  48. ^ 黒岩 明選手(川口・26期)の殉職について”. オートレースオフィシャルサイト. 公益財団法人JKA (2021年12月4日). 2021年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月28日閲覧。
  49. ^ “川口オートで選手が落車、死亡…10月にも死亡事故あったばかり”. 読売新聞 (読売新聞社). (2021年12月4日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20211204-OYT1T50145/ 2021年12月5日閲覧。 
  50. ^ 【5月13日】川口オートレース場での場外発売中止に関するお知らせ”. 川口オートレース オフィシャルサイト. 川口市公営競技事務所 (2022年5月13日). 2022年5月17日閲覧。
  51. ^ 【5月14日】川口オートレース場での場外発売・払戻中止に関するお知らせ”. 川口オートレース オフィシャルサイト. 川口市公営競技事務所 (2022年5月14日). 2022年5月17日閲覧。
  52. ^ 【5月15日~20日】川口オートレース場での場外発売・本場開催・払戻中止について”. 川口オートレース オフィシャルサイト. 川口市公営競技事務所 (2022年5月15日). 2022年5月17日閲覧。
  53. ^ 川口オートレース場開催再開のお知らせ【GⅡ川口記念5/25~29】”. 川口オートレース オフィシャルサイト. 川口市公営競技事務所 (2022年5月18日). 2022年5月18日閲覧。
  54. ^ “停電発生…川口オートで復旧作業、レース中止 原因は変電器の老朽化 G2川口記念レースまでの復旧目指す”. 埼玉新聞 (株式会社埼玉新聞社). (2022年5月17日). https://www.saitama-np.co.jp/news/2022/05/17/07_.html 2022年5月17日閲覧。 
  55. ^ オートレーステーマソング「ぶっちぎりの青春☆NOW」が発売されます! オートレースオフィシャルサイト インフォメーション


外部リンク[編集]