川口オートレース場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
川口オートレース場
Kawaguchi auto1.jpg
川口オートレース場正面
基本情報
所在地 埼玉県川口市青木5-21-1
座標 北緯35度49分2.8秒
東経139度43分30.1秒
座標: 北緯35度49分2.8秒 東経139度43分30.1秒
電話投票 02#
開設 1952年(昭和27年)2月1日
所有者 川口市
施行者 川口市
重勝式投票 オッズパークLOTO
(管理施行者は伊勢崎市
公式サイト http://www.kawaguchiauto.jp/
実況
担当 堂前英男・吉原完
所属 オフィス・ケイ・ステーション
テンプレートを表示

川口オートレース場 (かわぐちオートレースじょう) は、埼玉県川口市青木に所在するオートレース場

土地・施設所有および施行者は川口市(過去の施行者は後述)。

概要[編集]

売り上げ、入場者数ともに全国5場のオートレース場中1位を誇り「オートのメッカ」と言われている。元SMAP森且行選手、MotoGP125ccクラス元世界チャンピオン青木治親選手、44年ぶりの女子レーサー佐藤摩弥選手らが活躍している。

CS・インターネット配信(グレードレース優勝戦のみテレビ埼玉で中継あり)でレースを中継しており、レース実況は堂前英男吉原完野村達也文化放送松島茂が担当することもあった。過去に廣瀬善樹蘇武直人山形美房小林習之(大)、北嶋興も実況を担当していた。

アシスタントは鳥谷部咲子、かつては甲斐佑里田中洋衣別府彩長原玲子日向リオもアシスタントを務めていた。(一部テレビ埼玉バッハプラザオートレポーター兼任)

敷地の有効活用でバンク内に交通児童公園があり、レース非開催時は近隣小学校、幼稚園の交通指導に利用されている[1]

また、毎年8月に川口市主催のたたら祭りが川口オートレース場を中心に開催される。

歴史[編集]

  • 1950年(昭和25年)12月15日 - 社団法人埼玉県小型自動車競走会設立
  • 1952年(昭和27年)2月1日 - 川口オートレース場開設(ダート走路800M/周)
  • 1955年(昭和30年)1月15日 - 川口市営オートレースの初開催
  • 1965年(昭和40年)3月23日 - 第1回日本選手権オートレース開催 (優勝 広瀬登喜夫
  • 1967年(昭和42年)7月16日 - ダート走路さよならレース開催
  • 1967年(昭和42年)10月29日 - 新川口オートレース場開場 (走路舗装化)
  • 1973年(昭和48年)5月30日 - 四輪車レースの廃止
  • 1976年(昭和51年)3月31日 - 開設24周年記念グランプリレース開催 (第1回)
  • 1977年(昭和52年)7月26日 - 第1回キューポラ杯争奪戦開催
  • 1983年(昭和58年)12月 - トータリゼータシステムの導入(機械式車券発売)
  • 1987年(昭和62年)3月31日 - 第1回スーパースター王座決定戦開催 (優勝 桝崎正)
  • 1989年(平成元年)4月1日 - 発走合図システム装置導入
  • 1991年(平成3年)9月 - 電話投票開始
  • 1993年(平成5年)1月1日 - アストロビジョン (大型映像機) 導入
  • 1998年(平成10年)4月11日 - 8車8枠制導入
  • 2000年(平成12年)8月13日 - 全レース連勝単式発売
  • 2003年(平成15年)4月27日 - 3連単3連複ワイドの発売開始
  • 2008年(平成20年) - 「まがたま杯」廃止、「川口記念」新設
  • 2011年(平成23年)4月 - 重勝式車券をオッズパークより発売
  • 2011年(平成23年)9月22日 - 第1・第5特別観覧席にICカード投票システム「eスマート倶楽部」導入
  • 2012年(平成24年)6月9日 - 控除率を従来の25%から30%へ引き上げ
  • 2013年(平成25年)4月 - 本場開催時の入場料100円を全面無料化[2]
  • 2014年(平成26年)4月25日 - 重勝式『モトロトBIG』の的中により6億円の配当。金額は公営競技史上第2位
  • 2015年(平成27年)9月5日 - 消音効果を高めた新型マフラー、移動式照明車8台により初のナイター競走開催[3]
  • 2015年(平成27年)12月8日 - 第1特別観覧席をリニューアル「ホールショット」オープン[4]、キャッシュレス投票システム「スターカード」導入
  • 2016年(平成28年)4月1日 - 船橋オートレース場より32名がLG移籍[5]
  • 2016年(平成28年)4月27日 - 固定LEDナイター照明塔(4基)新設、既設の照明設備をLEDへ更新[6]
  • 2016年(平成28年)6月13日 - 第5特別観覧席をリニューアル

場内施設[編集]

  • 競走路1周 - 500m[7] (幅員30m)
  • 収容人数 - 44,000人[7]
  • 無料駐車場収容台数 - 1,180台[7]
  • 年間売上額(概数) - 183億円(2015年度) 580億円(1991年度)
  • 1日当たり平均入場者数(概数) - 6,200人(2015年度) 18,000人(1991年度)

川口オートレース場の特徴[編集]

  • 整備場への出入口が他場と異なり、2コーナー奥にある。
  • 食堂や売店が多く、食べ物が非常に充実している。
  • 託児施設「ハッピーランド」常設、女性専用の休憩所「レディースルーム」が設けられている。

エピソード[編集]

  • 毎年8月上旬、川口市主催のたたら祭りメイン会場としてオートレース場が使用され、花火も打ち上げられる。直下で見られるため、たいへん迫力がある。このたたら祭りではオートレース選手が多数イベントへ参加する。原付による模擬オートレース(2006年の原付レースでは青木治親のみ1000ccのバイクに乗車)、選手によるゲーム大会、チャリティーオークション、模擬ナイター競走などは、オートファンのみならず市民の評価も高い。
  • 1997年(平成9年)7月6日、森且行選手のデビュー戦へ女性客が殺到し、この日の川口オートレース場は、3万5千人ものファンが押し寄せた。
  • 長らく施行者は埼玉県および川口市であったが、2007年3月末を最後に埼玉県が県内公営競技施行から全面撤退。翌年度より川口市の単独開催となった[8]
  • Gacktが川口オートレース場のイメージキャラクターになっていた。場内のポスターやプレゼントとして配布されるクオ・カード、無料配布されるレース日程表などに写真が使用されてた他、2005年11月6日に開催されたSG第37回日本選手権オートレースでは優勝戦の試走先導およびプレゼンターとして登場、表彰式では優勝した岡部聡選手に優勝杯とは別のカップとシャンパンを渡した。
  • グラビアアイドル菜乃花が2016年4月より、川口オートレースイメージガールへ就任した。[9]

場外車券売場[編集]

交通[編集]

  • JR東日本京浜東北線西川口駅下車。東口より新オートレース通りを直進。西門まで徒歩20分
  • 埼玉高速鉄道南鳩ヶ谷駅下車。正門まで徒歩14分
  • 無料送迎バス
    • 西川口駅東口 武蔵野銀行前専用バス停より、西川100 オートレース場行で約10分(8~10分間隔で運行) 国際興業バスにより本場開催、場外発売ともに運行
    • 南鳩ヶ谷駅ロータリーより約10分(1時間2本)川口オートレース場所有マイクロバスにより場外発売・開催日ともに運行
※無料送迎バスは全便オートレース場北門前バスのりば発着
  • 一般路線バス
    • 西川05 西川口駅東口 - オートレース場前 - 南鳩ヶ谷駅入口 - 市立高校循環
    • 西川01 西川口駅東口 - オートレース場裏 - 鳩ヶ谷公団住宅
    • 西川04 西川口駅東口 - オートレース場裏 - 東川口駅南口
    • 西川04-2 西川口駅東口 - オートレース場裏 - 鳩ヶ谷車庫
    • 川05 川口駅東口 - オートレース場裏 - 蕨駅東口
    • 川05-2 川口駅東口 - オートレース場裏 - 上青木5丁目
以上の系統で、オートレース場前(正門付近)・オートレース場裏(西門付近)停留所で下車。すべて国際興業バスによる運行。

テーマソング[編集]

ぶっちぎりの青春」 - 作詞・茜まさお、 作曲・平尾昌晃、 編曲・飛沢宏元、 歌・ささきいさお。バックコーラスで広瀬登喜夫(引退)、阿部光雄(引退)、荒井充(引退)、清水右也の各選手が参加。

CDは場内グッズ売店で販売されている。場内では選手紹介(試走)時にカラオケバージョンで流れる(また以前は4レース・9レース発売開始後のそれぞれ試走タイム発表後)に歌入りで流れていた。CS放送では優勝戦終了後に優勝選手が行うウイニングランのBGMとして、カラオケバージョンが流される。

2005年11月6日のSG第37回日本選手権オートレース優勝戦でGackt作曲によるファンファーレ『Sanctuary -幻想の彼方に-』が導入された。後に船橋オートレース場で開催されたSG第25回オールスターオートレース優勝戦や、川口で開催されたGI第30回キューポラ杯争奪戦、浜松オートレース場で2006年11月5日に行われたSG第38回日本選手権オートレースの優勝戦、SG第13回オートレースグランプリ優勝戦でも使用。CS放送でも右下にテロップが流れるなど、ファンに認知されつつある。川口では、SG競走、キューポラ杯争奪戦の優勝戦で使用している(SGでは必ず流れる)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 児童交通公園の利用 Kawaguchi Autorace official website
  2. ^ オートレースは全場で入場料が無料となりました - |オートレース AutoRace Official Website
  3. ^ 川口オートレース 初のナイターレース開催 Kawaguchi Autorace official website
  4. ^ 川口オートレース ホールショット Kawaguchi Autorace official website
  5. ^ 船橋LG選手の移籍先について |オートレース AutoRace Official Website
  6. ^ ナイター開催のおしらせ Kawaguchi Autorace official website
  7. ^ a b c レース場ガイド Kawaguchi Autorace official website
  8. ^ 川口市の財政状況 川口市ホームページ
  9. ^ 菜乃花が川口オートのイメージガールに就任 - 予想王TV@SANSPO.COM
  10. ^ SR往復割引乗車券 埼玉高速鉄道

外部リンク[編集]