オールスターオートレース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オールスターオートレースとは、オートレースSG競走の1つである。毎年4月末〜5月初旬に行われ、この開催に出場する選手は、補欠選手も含め全てファン投票で選ばれる[1]

現在の優勝賞金は、1,300万円[1]

歴史[編集]

第1回大会は、1965年飯塚オートレース場で開催され、翌1966年船橋オートレース場で開催された第2回大会まではダートで行われた。1968年川口オートレース場で開催された第3回大会以降は舗装路で行われている。第3回大会以降、諸般の事情で開催を自粛していたが、1985年飯塚オートレース場で開催された第4回大会で復活を果たした。

第30回大会は、2011年4月27日から5月1日の予定だったが、東日本大震災の影響で5月18日から22日に順延となった[2]

第39回大会は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からオートレースのSGとしては史上初の無観客開催として行われる事になった。また、当初予定していた昼間開催からオールスターオートレース史上初のナイター開催に変更された。変更理由は、無観客のためナイター開催の方が売り上げ増が見込めるとJKAが判断した[3][4][注 1]。SGが当初の昼間開催からナイター開催に変更になったのは、2011年に伊勢崎オートレース場で行われたオートレースグランプリ以来である[6]

出場選手選抜方法[編集]

出場選手は、以下の優先順位に従い96名が選抜される。

  1. 前回優勝者
  2. ファン得票総数上位80名
  3. 上記選手を除いた主催施行者の推薦枠15名(各地区3名)

過去の優勝者[編集]

開催日 開催場 優勝者 年齢 競走タイム 競走車呼名 競走車車名 走路形態 距離
1 1965年5月25日 飯塚オートレース場 末安喜三郎 29 4.12 ホマレオー キョクトー ダート600m 7950m
2 1966年4月13日 船橋オートレース場 稲垣国光 46 3.91 イナビカリ66 トライアンフ ダート800m 8200m
3 1969年5月6日 川口オートレース場 広瀬登喜夫 28 3.51 ファンタム トライアンフ 舗装500m 5100m
4 1985年4月29日 飯塚オートレース場 飯塚将光 35 3.447 ホージョウ トライアンフ 舗装500m 5100m
5 1986年6月11日 浜松オートレース場 阿部光雄 37 3.459 シビア メグロ(二気筒) 舗装500m 5100m
6 1987年4月29日 山陽オートレース場 進藤敏彦 34 3.436 チャンピオン メグロ(二気筒) 舗装500m 5100m
7 1988年5月1日 伊勢崎オートレース場 篠崎実 39 3.433 エリーケイ メグロ(二気筒) 舗装500m 5100m
8 1989年5月31日 船橋オートレース場 飯塚将光(2) 39 3.420 ウィンザー フジ 舗装500m 5100m
9 1990年7月31日 川口オートレース場 鈴木辰己 37 3.412 ゲイリー フジ 舗装500m 5100m
10 1991年4月29日 飯塚オートレース場 小林啓二 40 3.727 シンプソン フジ 舗装500m 5100m
11 1992年5月27日 山陽オートレース場 福田茂 42 3.378 ユートピア フジ 舗装500m 5100m
12 1993年4月29日 伊勢崎オートレース場 岩田行雄 36 3.629 ミステリアス フジ 舗装500m 5100m
13 1994年4月29日 船橋オートレース場 島田信廣 44 3.382 ウォリアーズ セア 舗装500m 5100m
14 1995年5月24日 川口オートレース場 片平巧 29 3.395 Jキブロワイト セア 舗装500m 5100m
15 1996年6月12日 浜松オートレース場 片平巧(2) 30 3.353 ファンターズマ セア 舗装500m 5100m
16 1997年5月21日 飯塚オートレース場 高橋貢 25 3.389 ウルフ セア 舗装500m 5100m
17 1998年4月29日 山陽オートレース場 高橋貢(2) 26 3.370 ウルフ セア 舗装500m 5100m
18 1999年4月21日 伊勢崎オートレース場 高橋貢(3) 27 3.374 ウルフ セア 舗装500m 5100m
19 2000年5月31日 船橋オートレース場 池田政和 27 3.659 デルエンナビ セア 舗装500m 5100m
20 2001年5月31日 川口オートレース場 濱野淳 25 3.333 セオス セア 舗装500m 5100m
21 2002年5月22日 浜松オートレース場 伊藤信夫 29 3.348 テトム セア 舗装500m 5100m
22 2003年5月21日 飯塚オートレース場 久門徹 27 3.342 ロロノア・ゾロ セア 舗装500m 5100m
23 2004年4月29日 山陽オートレース場 浦田信輔 30 3.404 パンジャGT セア 舗装500m 5100m
24 2005年5月1日 伊勢崎オートレース場 久門徹(2) 29 3.382 キテツ セア 舗装500m 5100m
25 2006年4月30日 船橋オートレース場 浦田信輔(2) 32 3.386 パンジャA セア 舗装500m 5100m
26 2007年4月30日 川口オートレース場 荒尾聡 26 3.365 デフジャム セア 舗装500m 5100m
27 2008年4月29日 浜松オートレース場 有吉辰也 32 3.365 タツダンス セア 舗装500m 5100m
28 2009年4月29日 飯塚オートレース場 永井大介 32 3.375 ダビド・ビジャ セア 舗装500m 5100m
29 2010年4月29日 山陽オートレース場 高橋貢(4) 38 3.382 Fウルフ セア 舗装500m 5100m
30 2011年5月22日 川口オートレース場 高橋貢(5) 39 3.782 サイバーウルフ セア 舗装500m 5100m
31 2012年4月30日 伊勢崎オートレース場 永井大介(2) 35 3.383 ビズビム セア 舗装500m 5100m
32 2013年4月29日 飯塚オートレース場 永井大介(3) 36 3.386 ビズビム セア 舗装500m 5100m
33 2014年4月29日 川口オートレース場 中村雅人 33 3.392 Kモンソン セア 舗装500m 5100m
34 2015年4月29日 浜松オートレース場 浦田信輔(3) 41 3.388 パンジャA セア 舗装500m 5100m
35 2016年5月1日 飯塚オートレース場 青山周平 32 3.388 ハルク・73 セア 舗装500m 5100m
36 2017年5月3日 川口オートレース場 鈴木圭一郎 22 3.378 カルマ3K セア 舗装500m 5100m
37 2018年4月30日 飯塚オートレース場 佐藤貴也 33 3.418 スケートラブ セア 舗装500m 5100m
38 2019年5月1日 浜松オートレース場 荒尾聡(2) 38 3.724 デフジャム セア 舗装500m 5100m
39 2020年4月29日 飯塚オートレース場 荒尾聡(3) 39 3.351 デフジャムAK セア 舗装500m 5100m

エピソード[編集]

  • 第3回の優勝戦において、人気の中心だった高沢健治が他選手よりも1周以上遅れてゴールしたことが原因となり、ファン約150名ほどが暴動を起こし、現金などを強奪。挙句には川口オートレース場のスタンドなどの施設に放火する事件が発生した。この騒擾事件を重くみて、暫くの間、当大会の開催を自粛することになった。
  • 第13回大会の優勝戦は、1着入線の田代祐一が1周回1〜2コーナーで4番の片平巧に内側から接触・押圧して失格となったため、2着入線の島田信廣が繰上げで優勝したが、島田はこの優勝をもって、史上初のグランドスラマー(現在は未公認記録)となった。もしも田代が到達順位通りに優勝を決めていれば、田代が最初のグランドスラマーとして名を刻まれていた。
  • 第39回大会初日(4月25日)の第12レース「スターセクション」にて、1回目の発走で佐藤摩弥に対しフライングの告知灯が灯ったが発走合図機に不具合があった事がわかり、一旦、選手を控え室に戻し15分ほど発走合図機が正常に作動されるかどうか確認。しかし、機器は直らず、20時51分、最終的に発走合図機不具合のためレースは不成立となった。第12レースは全ての車券が返還された。佐藤のフライングは無効となり2日目以降も賞典出場の権利は残った[7][8][9]
  • 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からSG初の無観客開催、ナイター開催に変更された第39回大会の5日間の総売り上げは、有観客で開催された前回大会の16億5817万5200円には及ばなかったものの、目標の9億5000万円を大きく上回る14億1609万4600円となった[10]

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から本場・場外での車券販売は行わず、電話投票・インターネット投票のみで車券販売が行われた[5]

出典[編集]

  1. ^ a b 電子BOOK(オートレース辞典) ビッグレース”. オートレースオフィシャルサイト. 2020年4月24日閲覧。
  2. ^ 5月の開催日程が決定しました”. オートレース オフィシャルサイト インフォメーション (2011年4月12日). 2020年4月17日閲覧。
  3. ^ 飯塚SG第39回オールスター・オートレース 史上初の ナイター開催!(無観客)”. オートレース オフィシャルサイト ニュース (2020年4月16日). 2020年4月17日閲覧。
  4. ^ 飯塚オートSG第39回オールスターをナイターに変更”. 日刊スポーツ (2020年4月16日). 2020年4月17日閲覧。
  5. ^ 【重要】当面のオートレース開催について”. オートレース オフィシャルサイト ニュース (2020年3月10日). 2020年4月17日閲覧。
  6. ^ 7月の開催日程と23年度SGレース等の日程が決定しました”. オートレース オフィシャルサイト インフォメーション (2011年6月2日). 2020年4月17日閲覧。
  7. ^ 競走不成立について(お詫び)”. 飯塚オート 最新情報 (2020年4月25日). 2020年4月25日閲覧。
  8. ^ 4月25日発走合図機の不具合の原因について”. 飯塚オート 最新情報 (2020年4月26日). 2020年4月27日閲覧。
  9. ^ 前代未聞!発走合図機故障で12R不成立/飯塚SG”. 日刊スポーツ (2020年4月25日). 2020年4月25日閲覧。
  10. ^ 無観客も総売上は目標を大きく超え14億円/飯塚SG”. 日刊スポーツ (2020年4月29日). 2020年8月16日閲覧。