スーパースター王座決定戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スーパースター王座決定戦(スーパースターおうざけっていせん)とはオートレースSG競走の1つである。

概要[編集]

当競走は川口オートレース場で開催されることが主に多いが、1991年の第5回は伊勢崎オートレース場2009年の第24回は船橋オートレース場で開催された。

スーパースター王座決定戦及びそのトライアルが行われる開催節はラ・ピスタ新橋カップ スーパースターフェスタの呼び名のもと、全国からトップクラスのオートレース選手が集結し、オートレース界年末のお祭りとなる。

競艇賞金王決定戦競走競輪KEIRINグランプリと同じく年末の大一番の存在であり、この競走で優勝すればその年のオートレース界の年間チャンピオンに君臨する事となる。現在の優勝賞金は、3000万円。

歴史[編集]

  • 第1回は1987年3月31日に開催され、第8回(1994年)までは8選手が出場する単発式レース(一発勝負)で行われた。出場選手は各オートレース場(伊勢崎、船橋、川口、浜松、山陽、飯塚)ランキング第1位選手と、日本選手権並びにオールスターの各優勝者。
  • 第9回の1995年の開催より、スーパーグレード(略称:SG)の導入に伴い、出場選手数を倍の16名に拡大。これにより、トライアル戦(1回限りの予選で、1~4着までが決定戦に進出)を経て当レースが行われるという形に変わった。
  • 2001年の第15回大会より、SG優勝戦ポイントを導入し、上記6オートレース場ランキング第1位選手の出場枠は廃止。SGの優勝者及びポイント上位の8選手が出場する単発式レース(一発勝負)に再度改められた。
  • 2004年プレミアムカップオートレースが新設され、従前のSG優勝戦ポイントに加え、このレースの優勝戦もポイントの対象となった。加えて、上記6オートレース場ランキング第1位選手の出場枠も復活させ、再び16名に出場枠を拡大。これに伴い、第19回(2004年12月)から、開催時期がこれまでの年始から年末となって再びトライアル戦が行われるようになった。トライアル戦出場選手16名が3回に分けてトライアル戦を行い、その成績によりスーパースター王座決定戦に出場する選手を決定。4日目の第11レースには順位決定戦が行われ、最終日の第11レースにスーパースター王座決定戦が行われるという形が取られた。
  • 2016年の第31回大会より、船橋オートレース場の廃止に伴って、オートレース場ランキング第1位選手の出場枠は従前の6から5に変更。また、トライアル戦を従前の3回から4回に増やしたため、決定戦前日までの全ての開催日にトライアル戦が行われることになった。
  • 大会最多優勝者でもある島田信廣の5連覇(1990年~1994年)は2016年12月31日現在、同一SG連続優勝記録ともなっている。

公営競技グランドチャンピオン戦の『大トリ』大会[編集]

  • 2008年からスーパースター王座決定戦は12月31日最終11レースに開催されることが決定した。これにより毎年12月30日に行なわれてきた競輪界のビッグレース「KEIRINグランプリ」よりも1日後に組まれることにより、オートレース界のみならず公営競技のグランドチャンピオンを決する大会(レース)の『大トリ』を務めることになった。[1]
  • なお、業界最高峰の大会ではないが、2014年からは競艇のプレミアムGI賞金女王決定戦競走(16時30分発走)が、当大会の後にレースが行われるようになったが、2016年は当大会の発走が17時00分となり再び大トリを務めることになった。

トライアル戦出場選手選考方法[編集]

スーパースター王座決定戦のトライアル戦出場選手は、以下の順で計16名(補欠3名)が選考される。

※2015年まで

  1. その年のSG競走優勝者(最大4名)
  2. 各場競走成績1位(計5名)
  3. SG競走およびプレミアムカップの優勝戦獲得ポイント上位者
※SG競走優勝戦では完走またはプレミアムカップ優勝戦では3着以内に入れば、それぞれ順位に応じたポイントが獲得できる。

過去のスーパースター王座決定戦優勝者[編集]

回数 開催日 開催場 優勝者 年齢(当時) 競走タイム 競走車呼名 競走車車名
第1回 1987年3月31日 川口オートレース場 桝崎正 37 3.978 タック トライアンフ
第2回 1988年2月2日 川口オートレース場 且元滋紀 39 3.400 プリンス トライアンフ
第3回 1989年2月1日 川口オートレース場 田代祐一 29 3.794 ナンバーワン トライアンフ
第4回 1990年1月30日 川口オートレース場 島田信廣 40 3.431 ウォリアーズ フジ
第5回 1991年1月27日 伊勢崎オートレース場 島田信廣(2) 41 3.388 ウォリアーズ フジ
第6回 1992年3月4日 川口オートレース場 島田信廣(3) 42 3.349 ウォリアーズ フジ
第7回 1993年2月1日 川口オートレース場 島田信廣(4) 43 3.396 ウォリアーズ フジ
第8回 1994年3月9日 川口オートレース場 島田信廣(5) 44 3.678 ウォリアーズ セア
第9回 1995年1月31日 川口オートレース場 片平巧 29 3.384 キブロワイト セア
第10回 1996年3月6日 川口オートレース場 片平巧(2) 30 3.361 キブロワイト セア
第11回 1997年1月29日 川口オートレース場 片平巧(3) 31 3.335 キブロワイト セア
第12回 1998年3月4日 川口オートレース場 片平巧(4) 32 3.364 キブロワイト セア
第13回 1999年1月27日 川口オートレース場 高橋貢 27 3.322 ウルフ セア
第14回 2000年3月21日 川口オートレース場 池田政和 27 3.324 カイザー セア
第15回 2001年1月31日 川口オートレース場 片平巧(5) 35 3.325 キブロワイト7 セア
第16回 2002年1月30日 川口オートレース場 池田政和(2) 28 3.296 マンティス セア
第17回 2003年1月27日 川口オートレース場 岡部聡 37 3.539 ラルフ・ワン セア
第18回 2004年2月3日 川口オートレース場 池田政和(3) 31 3.331 カイザー セア
第19回 2004年12月26日 川口オートレース場 高橋貢(2) 33 3.337 Fニーナ セア
第20回 2005年12月25日 川口オートレース場 池田政和(4) 32 3.335 ミオン セア
第21回 2006年12月24日 川口オートレース場 田中茂 30 3.308 S・アーロン セア
第22回 2007年12月24日 川口オートレース場 山田真弘 35 3.327 ナノ・111 セア
第23回 2008年12月31日 川口オートレース場 永井大介 32 3.335 ダビド・ビジャ セア
第24回 2009年12月31日 船橋オートレース場 高橋貢(3) 38 3.318 Fウルフ セア
第25回 2010年12月31日 川口オートレース場 中村雅人 29 3.327 モンソン セア
第26回 2011年12月31日 川口オートレース場 浦田信輔 38 3.333 パンジャA セア
第27回 2012年12月31日 川口オートレース場 高橋貢(4) 41 3.327 サイバームーン セア
第28回 2013年12月31日 川口オートレース場 中村雅人(2) 32 3.368 Kモンソン セア
第29回[2] 2014年12月31日 川口オートレース場 永井大介(2) 38 3.355 シーザー セア
第30回 2015年12月31日 川口オートレース場 青山周平 32 3.335 ハルク・73 セア
第31回 2016年12月31日 川口オートレース場 鈴木圭一郎 22 3.349 カルマ3K セア

エピソード[編集]

  • 1991年の第5回大会及び2016年の第31回大会は、発走時刻が日没のため、ナイター開催同様に照明が灯された中で行われた。
  • 過去に大会連覇を果たしたのは島田信廣(5連覇)と片平巧(4連覇)の2人。島田は1995年の当レースに敗れて6連覇を逃し、片平は、苦手の湿走路で行われた1999年の当レースのトライアル(予選)で敗れて5連覇を逃した。
  • 2015年12月にサテライト大阪内にオートレースの専用場外ブースが設けられたことから、1955年に廃止された甲子園オートレース以来となる、関西地区でのオートレース専用施設での車券発売が実現したことを受け、サンケイスポーツの大阪版で、2015年の当レースを含む、大晦日の全レースの出走表が掲載された。これ以前は、関西地域が発売エリアであっても、どのスポーツ紙も、オートレースの出走表を掲載したことはなかった。

脚注[編集]

  1. ^ 2008年は12月27日から5日間連続で競艇を除く公営競技のグランドチャンピオンを決する大会(レース)(27日の中山大障害から始まり28日の有馬記念、29日の東京大賞典、30日のKEIRINグランプリと来て31日の本レース)が行われたことになる(なお競艇のグランプリに相当する「賞金王決定戦競走」は毎年12月23日前後に決勝レースを行なう)。
  2. ^ SG第29回スーパースター王座決定戦(川口)優勝戦速報アップしました。

関連項目[編集]