佐藤摩弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 摩弥 (さとう まや、1992年5月16日 - )は、日本の女子オートレース選手川口所属)。愛称はサトマヤ埼玉県さいたま市出身。 オートレース転向前は、モトクロスライダーとして活躍した。

略歴[編集]

モトクロス
  • 2005年 - KIDSモトクロス中学生クラスチャンピオン、レディースクラスチャンピオン
  • 2007年 - 全日本モトクロス女子選手権シリーズランキング11位(クラブヤマハレーシングチーム鷹)
  • 2008年 - 全日本モトクロス女子選手権シリーズランキング7位(クラブヤマハレーシングチーム鷹)
  • 2009年 - 全日本モトクロス女子選手権シリーズランキング7位(クラブヤマハレーシングチーム鷹)
オートレース
  • 2010年6月 - 埼玉県立鳩ヶ谷高等学校を中退し、オートレース第31期選手養成所入所試験に合格(坂井宏朱とともに、女子合格者2人のうちの1人)[1]
  • 2011年7月11日 - 9ヶ月間にわたるオートレース選手養成所での訓練を経て、川口オートレース場でデビューし2着。これにより、実に44年ぶりにオートレースに出場した女性選手となった[2][3]。師匠は吉田幸司。
  • 2011年7月12日 - 第4レースで1着となり、デビュー2戦目で初勝利を挙げた[4][5]
  • 2012年7月26日 - 蓼科テディベア美術館とスポンサー契約[6][7]
  • 2012年9月26日 - 山陽オートレース場で開催された「GII・若獅子杯争奪戦」でデビュー初優出を果たすが8着[8]
  • 2012年12月11日 - 飯塚オートレース場で開催された「第31期新人王決定戦」(普通開催、第11レース)で2回目の優出。残り2周で青山周平に抜かれたものの2着に粘った[9]
  • 2013年3月18日 - 川口オートレース場で開催された普通開催にて、オートレース史上初の女子選手初優勝の快挙を成し遂げる[10][11][12]
  • 2014年2月6日 - 川口オートレース場で開催された4地区対抗戦(普通開催)にて通算2度目の優勝[13][14]
  • 2016年5月29日 - 川口オートレース場で開催された「スポーツニッポン新聞社杯 GII川口記念」(優勝賞金150万円)にて、スタート直後に先手を奪い、最終周回で猛追する中村雅人黒岩明を振り切って8周回を逃げ切り、2年3ヶ月ぶり通算3度目の優勝。佐藤自身、女子選手史上初となるグレードレース制覇となった[15][16][17]
  • 2016年7月29日 - JKAより「平成28年度後期適用ランク」が発表され「順位:44」・「ランク:S44」となり自身初のS級に昇格となった[18][19][20]
  • 2017年7月29日 - 飯塚オートレース場で開催された「チャリロト杯 GI第60回ダイヤモンドレース」の4日目・第5レース・一般戦Aにて、勝利し通算100勝達成した[21][22][23]
  • 2018年2月9日 - 「第13回さいたま輝き荻野吟子賞」(さわやかチャレンジ部門)を受賞[24][25][26]
  • 2018年10月16日 - 川口オートレース場で開催された「創刊70周年記念 デイリースポーツ杯」(普通開催)にて、0mハンデから逃げる穴見和正を捲り切り2年5ヶ月ぶりの優勝。益春菜が持つ女子選手最多優勝記録4回(当時)に並んだ[27][28][29][30]
  • 2018年11月4日 - 川口オートレース場で開催された「オッズパーク杯 SG第50回日本選手権オートレース」において、佐藤自身、女子選手初のSG優勝戦進出を果たすも[31]、優勝戦は8着に終わる[32]
  • 2018年12月31日 - 川口オートレース場で開催された「ラ・ピスタ新橋PRESENT スーパースターフェスタ2018」の第11レース『スーパースターシリーズ戦「平尾昌晃杯」』(GII格、優勝賞金150万円)優勝戦にて、コンマ01のトップスタートを決めて逃げ、8周回を独走。10周戦の第12レース「スーパースター王座決定戦」をしのぐ上がり3秒339(100m平均)の自己最速タイムで女子選手最多通算5度目の優勝。女子選手によるスーパースターシリーズ戦優勝は2015年の益春菜以来3年ぶり[33][34][35][36][37][38]
  • 2019年2月18日 - JKAより「2019年度前期適用ランク」発表され「平成28年度後期適用ランク」以来のS級昇格。「順位:23」・「ランク:S23」は、佐藤自身、女子選手最上位(当時)となった[39]
  • 2019年7月24日 - JKAより「2019年度後期適用ランク」が発表され「順位:33」・「ランク:S33」となり引き続きS級となった[40]
  • 2019年11月4日 - 「オッズパーク杯 SG第51回日本選手権オートレース」終了後、「第34回SGスーパースター王座決定戦」のトライアル戦に出場する16選手が発表され、佐藤自身、女子選手初となるトライアル戦出場選手に選出される[41][42]
  • 2019年12月30日 - 同月27日から川口オートレース場で開催された「ラ・ピスタ新橋PRESENT スーパースターフェスタ2019」内の「第34回SGスーパースター王座決定戦」のトライアル戦に初出場し、開催2日目(28日)に歴史的初勝利を含む[43]トライアル戦の4走を8着、1着、4着、5着とし平均ポイント5.00、8番目で女子選手史上初の「スーパースター王座決定戦」に進出する歴史的快挙を果たす[44][45]
  • 2019年12月31日 - 川口オートレース場で開催された「ラ・ピスタ新橋PRESENT スーパースターフェスタ2019」の第12レース「第34回SGスーパースター王座決定戦」に出場し、7枠からスタートで2番手に飛び出したものの「ドドド(不整振動)が来ていて、前に付いていけなかった」と、道中で後退し6着で終わる[46][47][48][49]
  • 2020年2月2日 - 伊勢崎オートレース場で開催された公営競技界初の試み「ネット限定 オッズパーク杯伊勢崎オートアフター6ナイター」の第7レース優勝戦にて1年1ヶ月3日ぶり通算6度目の優勝し、アフター6ナイター初代覇者に[50][51]
  • 2020年2月13日 - JKAより「2020年度前期適用ランク」が発表され引き続きS級となり、「順位:14」・「ランク:S14」は、佐藤自身、女子選手最上位(当時)となった[52]
  • 2020年2月26日 - 山陽オートレース場で開催された「日刊スポーツ創刊70周年 GII第30回若獅子杯争奪戦」の第12レース優勝戦にて、1枠から1周1コーナーを先取りし8周回を逃げ切り、競走タイム3秒337(100m平均)の自己ベストを更新し若獅子杯初制覇。通算7度目の優勝、2016年5月「GII川口記念」以来、2度目のグレードレース制覇となった[53][54][55]
  • 2020年3月31日 - テレビ埼玉の公営競技レースダイジェスト番組「BACHプラザ」内にて、その年の埼玉県内各公営競技で最も活躍した選手をファン投票で選出する「バッハプラザ賞」の「令和元年 バッハプラザ賞 オートレース部門」を受賞[56]
  • 2020年4月1日 - オートレース公式携帯サイト「オートレースモバイル」運営の株式会社サイバードとスポンサー契約[注 1][57][58]
  • 2020年4月19日 - 伊勢崎オートレース場で開催された「第44回 群馬テレビ杯」(普通開催)の第12レース優勝戦にて、通算8度目の優勝[59][60]
  • 2020年4月28日 - 飯塚オートレース場で開催された「オッズパーク杯 SG第39回オールスターオートレース」の第10レース準決勝戦にて、2着となり自身3度目のSG優勝戦進出、オールスターオートレースでの女子選手の優勝戦進出は史上初の快挙[61]
  • 2020年4月29日 - 飯塚オートレース場で開催された「オッズパーク杯 SG第39回オールスターオートレース」の第12レース優勝戦にて、スタートで一気に先頭を奪ったものの道中で荒尾聡らの追い上げを許して4着となった[62]
  • 2020年6月18日 - 川口オートレース場で開催された普通開催の1日目・第9レース予選にて、勝利し通算200勝達成した[63][64]
  • 2020年7月22日 - JKAより「2020年度後期適用ランク」が発表され引き続きS級となり、「順位:10」・「ランク:S10」は、佐藤自身、女子選手最上位となった。女子選手の全国ランクベスト10入りは史上初の快挙[65]

選手データ(オートレース)[編集]

  • プロフィール(2020年現在)
    • 選手登録 2011年7月8日
    • 身長 151.1cm
    • 体重 48.4kg
    • 血液型 B型
  • 戦歴
    • 通算優勝回数:8回(女子選手最多)
    • グレードレース(SG,GI,GII)優勝回数:2回
    • GII優勝回数:2回
  • 受賞歴
    • オートレース選手表彰
      • 特別賞:4回(平成23年【2011年】[66]、平成24年【2012年】[67]、平成26年【2014年】[68]、平成28年【2016年】[69]
      • 平尾昌晃賞:2回(平成30年【2018年】[70]、2019年[71]
    • 日刊スポーツ新聞社制定「オートレース年間三賞」
      • 女子特別賞:2回(第31回[72]、第32回[73]

グレードレース戦歴[編集]

  • SG戦歴
    • SG優勝回数: 0回
      • 優勝戦出走: 3回
  • GI戦歴
    • GI優勝回数: 0回
      • 優勝戦出走: 8回[74]
  • GII戦歴
    • GII優勝回数:2回

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 契約期間は2020年4月1日 - 2021年3月31日

出典[編集]

  1. ^ 第31期選手候補生 第2次試験合格者の発表についてオートレースオフィシャルHP
  2. ^ レース結果|川口オート|ネットスタジアム”. オートレースオフィシャル (2011年7月11日). 2019年1月5日閲覧。
  3. ^ 「44年ぶりの女性オートレーサー 佐藤摩弥選手(31期・川口) デビュー戦は惜しくも2着!」”. オートレースオフィシャル (2011年7月11日). 2019年1月5日閲覧。
  4. ^ レース結果 - オートレース ネットスタジアム
  5. ^ 19歳摩弥ちゃん逃げ切り初勝利/川口”. 日刊スポーツ (2011年7月13日). 2019年1月5日閲覧。
  6. ^ 佐藤摩弥選手スポンサー契約について”. オートレースオフィシャル (2012年7月26日). 2019年1月5日閲覧。
  7. ^ オートレーサー佐藤摩弥が蓼科テディベア美術館とスポンサー契約”. YouTube 東スポ@チャンネル (2012年7月27日). 2019年1月5日閲覧。
  8. ^ レース結果|山陽オート|ネットスタジアム”. オートレースオフィシャル (2012年9月26日). 2019年1月5日閲覧。
  9. ^ レース結果|飯塚オート|ネットスタジアム”. オートレースオフィシャル (2012年12月11日). 2019年1月5日閲覧。
  10. ^ レース結果|川口オート|ネットスタジアム”. オートレースオフィシャル (2013年3月18日). 2019年1月4日閲覧。
  11. ^ 佐藤摩弥選手がオート史上初の女子レーサー初優勝の快挙を達成しました!”. オートレースオフィシャル (2013年3月18日). 2019年1月4日閲覧。
  12. ^ サトマヤが女子史上初V/川口 - 日刊スポーツ 2013年3月18日付
  13. ^ レース結果|川口オート|ネットスタジアム”. オートレースオフィシャル (2014年2月6日). 2019年1月4日閲覧。
  14. ^ 【川口優勝戦】佐藤摩弥2度目V「とてもうれしい」”. スポーツニッポン (2014年2月7日). 2019年1月4日閲覧。
  15. ^ a b レース結果|川口オート|ネットスタジアム”. オートレースオフィシャル (2016年5月29日). 2018年7月1日閲覧。
  16. ^ a b 【川口記念】摩弥が女子初グレードレース制覇「うれしい、のひと言」”. スポーツニッポン (2016年5月30日). 2018年7月1日閲覧。
  17. ^ a b スポーツニッポン新聞社杯 GⅡ川口記念 佐藤摩弥選手が女子レーサー史上初となるグレードレース制覇!”. YouTube 川口オートレース公式チャンネル (2016年9月23日). 2018年10月18日閲覧。
  18. ^ 平成28年度後期適用ランク決定! ~青山周平選手 2度目の全国No.1!~”. オートレースオフィシャル (2016年7月29日). 2019年1月5日閲覧。
  19. ^ 佐藤摩弥初S級昇格 オート16年度後期適用ランク”. 日刊スポーツ (2016年7月30日). 2018年7月1日閲覧。
  20. ^ 全選手ランク表 平成28年度後期 川口|インフォメーション”. オートレースオフィシャル (2016年7月23日). 2018年7月1日閲覧。
  21. ^ レース結果|飯塚オート|ネットスタジアム”. オートレースオフィシャル (2017年7月29日). 2019年2月18日閲覧。
  22. ^ ダイヤモンド”. アメーバブログ オートレーサー佐藤摩弥オフィシャルブログ【Maya Cheer up!】 (2017年8月1日). 2019年2月5日閲覧。
  23. ^ 100勝”. アメーバブログ オートレーサー佐藤摩弥オフィシャルブログ【Maya Cheer up!】 (2017年8月2日). 2019年2月5日閲覧。
  24. ^ 佐藤摩弥選手 さいたま輝き荻野吟子賞 受賞について”. 川口オートレースオフィシャルサイト お知らせ (2018年2月8日). 2019年8月18日閲覧。
  25. ^ 佐藤摩弥が「さいたま輝き荻野吟子賞」を受賞”. サンケイスポーツ ZBAT!オート (2018年2月9日). 2019年8月18日閲覧。
  26. ^ 「荻野吟子賞」を受賞した佐藤摩弥選手(川口・31期)のインタビュー”. YouTube autofficial (2018年2月9日). 2019年8月18日閲覧。
  27. ^ レース結果|川口オート|ネットスタジアム”. オートレースオフィシャル (2018年10月16日). 2018年10月18日閲覧。
  28. ^ 佐藤摩弥選手(31期・川口)が 女子最多優勝に並ぶ通算4回目の優勝を飾りました”. オートレースオフィシャル (2018年10月16日). 2018年10月18日閲覧。
  29. ^ 【オート】佐藤摩弥が2年5カ月ぶりの優勝 川口で1番人気に応えて女子最多記録タイ”. デイリースポーツ (2018年10月16日). 2018年10月18日閲覧。
  30. ^ 佐藤摩弥選手が約2年5ヶ月ぶりV! 「創刊70周年記念 デイリースポーツ杯」優勝戦”. YouTube 川口オートレース公式チャンネル (2018年10月16日). 2018年10月18日閲覧。
  31. ^ 佐藤摩弥が女子レーサー史上初のSG優勝戦進出”. サンケイスポーツ (2018年11月3日). 2018年11月4日閲覧。
  32. ^ 佐藤摩弥、初のSGファイナルで健闘も8着/川口”. 日刊スポーツ (2018年11月4日). 2018年11月4日閲覧。
  33. ^ レース結果|川口オート|ネットスタジアム”. オートレースオフィシャル (2018年12月31日). 2018年12月31日閲覧。
  34. ^ 佐藤摩弥選手(31期・川口)が 女子最多優勝記録更新!通算5回目の優勝を飾りました”. オートレースオフィシャル (2018年12月31日). 2019年1月1日閲覧。
  35. ^ 佐藤摩弥が鮮やかにSSシリーズ優勝戦V/川口”. オートレースオフィシャル (2018年12月31日). 2019年1月1日閲覧。
  36. ^ 【オート】佐藤摩弥が女子最多優勝 SSシリーズを制して通算V5”. デイリースポーツ (2018年12月31日). 2018年12月31日閲覧。
  37. ^ 【SSシリーズ】女子レーサー佐藤摩弥が押し切り優勝”. サンケイスポーツ (2018年12月31日). 2018年12月31日閲覧。
  38. ^ 佐藤摩弥選手が女子レーサー最多優勝記録更新! 「スーパースターシリーズ 平尾昌晃杯」優勝戦&表彰式”. YouTube 川口オートレース公式チャンネル (2018年12月31日). 2018年12月31日閲覧。
  39. ^ 平成31年度前期適用ランク決定! ~鈴木圭一郎選手 5期連続5度目の全国No.1!~”. オートレースオフィシャル (2019年2月18日). 2019年2月18日閲覧。
  40. ^ 2019年度後期適用ランク決定! ~鈴木圭一郎選手 歴代1位となる6期連続で6度目の全国No.1!~”. オートレースオフィシャル (2019年7月24日). 2019年7月24日閲覧。
  41. ^ 【出場選手16名決定!】スーパースターへの道 2019 アップしました”. オートレースオフィシャル (2019年11月4日). 2019年11月4日閲覧。
  42. ^ 「SS王座決定戦トライアル」出場選手が決定!”. サンケイスポーツ ZBAT!オート (2019年11月4日). 2019年11月4日閲覧。
  43. ^ 佐藤摩弥選手がSSトライアル戦初勝利!! SG第34回スーパースター王座決定戦 SSトライアル戦(12月28日)11R”. Youtube 川口オートレース公式チャンネル (2019年12月28日). 2019年12月31日閲覧。
  44. ^ サトマヤが快挙、女子初の王座決定戦進出/川口”. オートレースオフィシャルサイト (2019年12月30日). 2019年12月31日閲覧。
  45. ^ 【オート】佐藤摩弥が女子初のSS王座決定戦進出 初制覇の快挙へ「攻める気持ちで」”. デイリースポーツ (2019年12月30日). 2019年12月31日閲覧。
  46. ^ レース結果|川口オート|ネットスタジア”. オートレースオフィシャルサイト ネットスタジアム (2019年12月31日). 2019年12月31日閲覧。
  47. ^ 佐藤摩弥6着、女子初SG制覇ならず/川口”. オートレースオフィシャルサイト (2019年12月31日). 2019年12月31日閲覧。
  48. ^ 【オート】佐藤摩弥はSS王座決定戦で6着 「スタートは思い切り行けた」”. デイリースポーツ (2019年12月31日). 2019年12月31日閲覧。
  49. ^ 【SS王座決定戦】青山周平が逃げ切り2度目のV”. サンケイスポーツ (2019年12月31日). 2019年12月31日閲覧。
  50. ^ レース結果|伊勢崎オート|ネットスタジアム”. オートレースオフィシャル ネットスタジア (2020年2月2日). 2020年2月3日閲覧。
  51. ^ 【アフター6ナイター 初代王者は佐藤摩弥選手(川口)】”. 伊勢崎オートレース Facebook (2020年2月2日). 2020年2月3日閲覧。
  52. ^ 2020年度前期適用ランク決定! ~青山周平選手が3年半ぶり3回目の全国No.1!~”. オートレースオフィシャル (2020年2月13日). 2020年2月13日閲覧。
  53. ^ a b レース結果|山陽オート|ネットスタジアム”. オートレースオフィシャル ネットスタジア (2020年2月26日). 2020年2月26日閲覧。
  54. ^ 日刊スポーツ創刊70周年 G2 第30回若獅子杯争奪戦の優勝戦速報をUPしました”. オートレースオフィシャル (2020年2月26日). 2020年2月26日閲覧。
  55. ^ a b Vの佐藤摩弥「今できる最高の走りができた」/山陽”. 日刊スポーツ (2020年2月26日). 2020年2月26日閲覧。
  56. ^ バッハプラザ賞”. アメーバブログ オートレーサー佐藤摩弥オフィシャルブログ【Maya Cheer up!】 (2020年3月31日). 2020年4月8日閲覧。
  57. ^ 佐藤摩弥選手(川口31期) 公式スポンサー契約のお知らせ”. オートレースモバイル. 2020年4月1日閲覧。
  58. ^ オートレースモバイル”. アメーバブログ オートレーサー佐藤摩弥オフィシャルブログ【Maya Cheer up!】 (2020年4月1日). 2020年4月1日閲覧。
  59. ^ レース結果|伊勢崎オート|ネットスタジアム”. オートレースオフィシャルサイト ネットスタジアム (2020年4月19日). 2020年4月20日閲覧。
  60. ^ 第44回群馬テレビ杯 優勝選手”. 伊勢崎オート ニュース (2020年4月19日). 2020年4月20日閲覧。
  61. ^ サトマヤが女子初のSGウイナーを狙う/飯塚SG”. 日刊スポーツ (2020年4月28日). 2020年4月28日閲覧。
  62. ^ 佐藤摩弥は女子初のSG優勝を逃して4着/飯塚SG”. 日刊スポーツ (2020年4月29日). 2020年4月29日閲覧。
  63. ^ レース結果|川口オート|ネットスタジア”. オートレースオフィシャルサイト ネットスタジア (2020年6月18日). 2020年6月18日閲覧。
  64. ^ 【オート】佐藤摩弥が通算200勝 「300勝にペースアップしたい」”. デイリースポーツ (2020年6月18日). 2020年6月18日閲覧。
  65. ^ 2020年度後期適用ランク決定! ~青山周平選手が2期連続4度目の全国No.1!~”. オートレースオフィシャルサイト ニュース (2020年7月22日). 2020年7月22日閲覧。
  66. ^ 平成23年表彰選手発表!MVPは浦田信輔選手!”. オートレースオフィシャルサイト インフォメーション (2012年1月13日). 2020年4月30日閲覧。
  67. ^ 平成24年表彰選手発表!MVPは高橋 貢選手!”. オートレースオフィシャルサイト インフォメーション (2013年1月15日). 2020年4月30日閲覧。
  68. ^ 平成26年表彰選手発表!MVPは2年連続、永井大介選手!”. オートレースオフィシャルサイト インフォメーション (2015年1月19日). 2020年4月30日閲覧。
  69. ^ 平成28年オートレース選手表彰は、22歳の鈴木圭一郎選手(浜松・32期)が堂々の初MVP!”. オートレースオフィシャルサイト インフォメーション (2017年1月27日). 2020年4月30日閲覧。
  70. ^ 平成30年オートレース選手表彰は鈴木圭一郎選手(浜松・32期)が3年連続MVP!!”. オートレースオフィシャルサイト ニュース (2019年2月4日). 2020年4月30日閲覧。
  71. ^ 2019年オートレース選手表彰は青山周平選手(伊勢崎・31期)が初MVP!!”. オートレースオフィシャルサイト ニュース (2020年1月22日). 2020年4月30日閲覧。
  72. ^ 佐藤摩弥「SG優勝目標に」女子特別賞/オート三賞”. 日刊スポーツ (2019年1月17日). 2019年1月22日閲覧。
  73. ^ 日刊スポーツ オートレース部 @nikkan_autorace”. Twitter (2020年1月16日). 2020年1月23日閲覧。
  74. ^ 佐藤摩弥が再び偉業に王手!S速攻で今度こそ/山陽”. 日刊スポーツ (2019年9月24日). 2019年9月24日閲覧。


外部リンク[編集]