チャリロト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社チャリ・ロト
Chariloto Co., Ltd.
種類 株式会社
略称 チャリロト
本社所在地 141-0022
東京都品川区東五反田2-14-18
新倉本社ビル2階[1]
設立 2006年(平成18年)12月13日
事業内容 公営競技の投票券発売
外部リンク http://www.chariloto.com
特記事項:「株式会社チャリロト」として設立
テンプレートを表示

チャリロトとは、株式会社チャリ・ロトによる競輪およびオートレース車券、及びこれを含む車券の販売サービスである。

企業としては当初、競輪では初、公営競技全体でも1962年以来46年ぶりに発売された重勝式投票券(複数レースにおける先着をまとめて予想する投票券)の取り扱いを行うために設立されたもので、その後競輪やオートレースの通常車券も販売するようになり現在に至る。

チャリロト[編集]

競輪重勝式のチャリロトはコンピュータが自動抽出する偶然性から宝くじ的傾向が強いが、チャリロト・セレクトなどはこれまでの車券と同じように自らの推理によって購入できる。

歴史[編集]

  • 2012年11月12日 - 豊橋・別府・熊本を「グループ開催」の『グループG』としてキャリーオーバーを共有化[4]
  • 2012年11月25日 - 奈良・千葉・玉野・高松を「グループ開催」の『グループC』としてキャリーオーバーを共有化[7]
  • 2012年11月27日 - 伊東温泉・静岡を「グループ開催」の『グループB』としてキャリーオーバーを共有化[10]

なお2017年4月現在、松戸競輪場についてはどのグループにも属していない(ただし『グループE』として扱われている)。

投票方法[編集]

チャリロトの購入は、WEBサイト上で会員登録する必要があり、チャリロト.comまたはDMM.comでしか購入できない。会員になるには、前提条件でチャリロト.comでは楽天銀行またはジャパンネット銀行の口座を、DMM.comでは電子マネーtoretaを持っている必要がある。パソコン(チャリロト.comは携帯電話も可)から購入手続きが可能。

現金投票[編集]

2011年12月より、競輪場および場外車券売場に設置されている「チャリロトプラザ」において、現金による入金・投票・払戻が可能となる(入出金の金額制限あり)。ただし現地で「チャリロトプラザ会員」に登録する必要がある。なお実施されているのは平塚競輪場、松戸競輪場、伊東温泉競輪場、松山競輪場、熊本競輪場、玉野競輪場[13]、川崎競輪場[14]、奈良競輪場[15]の8場と場外のサテライト石狩[16]サテライト横浜[17]、いわき平競輪場郡山場外[18]、松阪競輪場川越場外[19]で、自場以外やチャリロトKEIRINを含む全てのチャリロトに投票できる[20]

投票方式[編集]

2010年7月4日現在、チャリロトとしての投票方式は4種類存在する。

チャリロト
1日に行われるレースのうち最終競走から数えて連続する7競走の勝者を予想する「七重勝単勝式」。発売は1口200円単位。買い目はコンピュータが7レース分の1着番号を無作為に選ぶクイックピック方式のため自分で指定することはできないが、購入決定前にコンピュータが出した買い目を全て変更する(キャンセル)ことができる。キャンセルした場合は買い目がすべて変更され、一部を残してキャンセルすることはできない。1日の投票申込回数は全競輪場をあわせて99回までで、投票とキャンセルの合計回数は全競輪場をあわせて1日10回[21]までに制限されており、これを超えると当日は投票(他の車券や他のチャリロト形式もコールセンターに連絡しない限り投票できなくなる)もキャンセルもできない。キャリーオーバー(繰越)制を採用しており払戻金の上限額は最大12億円[22]となる。的中確率は競輪選手9人×7レースなので9の7乗で=4782969分の1である。競輪の出走表作成において4番、6番、8番には1位になりづらい得点の低い者を配置する競輪場が多く自動発番にてこれらの番号が入っていた場合に的中の期待値は下がる。また1回に付き最大数万票程度しか購入されていないので実際の当選は200回に1回程度である。
なお2012年4月からの「Dokanto!」発売により、「Dokanto!」の対象レースではチャリロトは発売されていない。また、6レース制のガールズ競輪(オールガールズシリーズ)および6レース制のミッドナイト競輪開催時もチャリロトは発売されていない。
チャリロトセレクト
1日に行われるレースのうち最終競走から数えて連続する7競走の勝者を予想する「七重勝単勝式」。発売は1口100円単位。買い目は自分で好きな番号を指定する選択方式で、キャリーオーバー制を採用しており払戻金の上限額は最大6億円となる。的中確率はチャリロトと同じ4782969分の1である。なお、toto BIGの的中確率も4782969分の1である(チャリロトは9の7乗・toto BIGは3の14乗)。ただし、A級3班のチャレンジレース、ガールズ競輪およびミッドナイト競輪が対象になった場合は7車立てのため当選確率は良くなる。
なお6レース制のガールズ競輪(オールガールズシリーズ)および6レース制のミッドナイト競輪開催時はチャリロトセレクトは発売されていない。
チャリロト5(ファイブ)
1日に行われるレースのうち最終競走から数えて連続する5競走の勝者を予想する「五重勝単勝式」。発売は1口100円単位。買い目は自分で好きな番号を指定する選択方式で、キャリーオーバー制を採用しており払戻金の上限額は最大6億円となる。的中確率は9の5乗で59049分の1である。ただし、A級3班のチャレンジレース、ガールズ競輪およびミッドナイト競輪が対象になった場合は7車立てのため当選確率は良くなる。
チャリロト3(スリー)
1日に行われるレースのうち最終競走から数えて連続する3競走の勝者を予想する「三重勝単勝式」。発売は1口100円単位。買い目は自分で好きな番号を指定する選択方式。キャリーオーバー制は採用しておらず、全投票者が不的中だった場合は全員に購入金額の70%にあたる1口100円につき70円が払い戻される(投票券の特払扱いと同じ)。的中確率は9の3乗で729分の1。ただし、A級3班のチャレンジレース、ガールズ競輪および小倉競輪、玉野競輪、奈良競輪での通常のミッドナイト競輪(施行者がチャリロト3発売している場合も含む)が対象になった場合は7車立てのため当選確率は良くなる。

過去の投票方式[編集]

チャリロトリターン(2008年12月20日 - 2010年7月2日
1日に行われるレースのうち最終競走から数えて連続する6競走の勝者を予想する「6重勝単勝式」が基本。発売は1口100円単位。買い目は自分で好きな番号を指定する選択方式。この方式はキャリーオーバー制は採用しない替わりに、全投票者の中で6競走を全て的中した者がいない場合は、6競走のうち5競走を的中(連続でなくてもよい)した者が払戻の対象となる。しかし全投票者に5レース的中者もいない場合は全員に購入金額の70%にあたる1口100円につき70円が払い戻される(投票券の特払扱いと同じ)。
なお5レース的中による払い戻しの場合、的中者多数の場合は、まず的中車券の目ごとに配当金を均等分割し、さらに同じ目の的中車券を購入した者の間で均等分割する方法により、5Rまでの的中人数が少ない組み合わせでの予想を行った投票者が有利になる形で払戻金が分配された。

グループ開催[編集]

2012年8月より「グループ開催」として、一部の競輪場においてキャリーオーバーを共有する。数場が一つの『グループ』となり、今後は『グループ』の中から1日1場を対象として発売し『グループ』内においてキャリーオーバーが共有される。なお『グループA』導入時に新規の発売となった川崎競輪場では、以前からあった平塚競輪場のキャリーオーバーがそのままスライドされ、他の導入時には『グループG』は豊橋競輪場、『グループC』は奈良競輪場、『グループB』は伊東温泉競輪場のキャリーオーバーがそのままスライドされた。[23]

  • A - 川崎、平塚、小田原、松山
  • B - いわき平、千葉、伊東、静岡
  • C - 奈良、玉野、高松、高知、広島
  • E - 松戸[24]
  • G - 豊橋、小倉、別府、熊本、松阪

なおキャリーオーバー制度のないチャリロト3は対象外となり、川崎・小田原・静岡・高松・高知・松阪の開催ではチャリロト3の発売を行っていない[25]

ルール[編集]

  • チケット発売後、レースが中止・延期となった場合は購入金額の返還が可能。
  • 選手の欠場があった場合、該当車番が含まれているチケット分のみ購入金額の返還が可能。
  • チャリロト不成立となった場合、購入金額の返還が可能。

チャリロトの的中配当実績[編集]

日付 競輪場 配当 備考
2008年6月5日 平塚 79,698,600円
2009年2月4日 伊東温泉 31,396,640円
2009年9月15日 大津びわこ 31,590,300円
2010年10月21日 平塚 905,987,400円 公営競技史上最高配当
2010年11月4日 松戸 97,252,340円
2011年1月27日 小倉 400,291,940円
2011年2月3日 千葉 72,286,800円
2012年12月31日 伊東温泉 524,627,700円
2014年1月3日 熊本 274,072,040円
2014年1月23日 玉野 496,350,000円
2014年7月21日 松戸 102,363,740円
2014年11月5日 平塚 350,144,540円

※当選金には宝くじやBIGと違い別途税金が掛かるので確定申告などが必要となる。

発売終了時における取り扱いについて[編集]

大津びわこ競輪場2011年3月11日から3日間予定されていた開催をもって本場開催が廃止されたが、最終開催では終了した時点でキャリーオーバーが発生していた場合には全額を主催者の収益とするが、最終開催日において「チャリロト」「チャリロト・セレクト」「チャリロト5」で全レース的中者がいない場合は一つのレースを外した目の購入者全員を繰り上げ的中とする特別措置が実施されることになった。なお、この措置におけるルールは、廃止された「チャリロト・リターン」を準拠としている。[26]

しかし2011年東北地方太平洋沖地震の影響で最終開催を初日で打ち切ったため、初日を最終開催日として上記の措置を実施し、一つのレースを外した目の購入者がいなかった「チャリロト・セレクト」に限って、キャリーオーバーの残額36,750円が大津市の収入となった。[27]

2012年からは各場でグループ開催方式に移行するさい、それまでのキャリーオーバーについては最終日を定めて同様の特別措置を行なうことが相次いで発表されている。

  • 熊本競輪場 - 2012年10月31日
    • 的中者が出ず、チャリロトの残額208万6650円、チャリロトセレクトの残額78万0675円、チャリロト5の残額1350円が、熊本市の収入となった[28]
  • 別府競輪場 - 2012年11月5日
    • 的中者の出なかったチャリロトの残額475万6050円、チャリロトセレクトの残額3700円が、別府市の収入となった[29]
  • 千葉競輪場 - 2012年11月7日
    • 的中者が出ず、チャリロトの残額2058万4650円、チャリロトセレクトの残額4275円、チャリロト5の残額3600円が、千葉市の収入となった[30]
  • 玉野競輪場 - 2012年11月18日[31]
    • 的中者の出なかったチャリロトの残額134万7750円が、玉野市の収入となった。
  • 小倉競輪場 - 2013年2月28日[32]
    • 的中者の出なかったチャリロトの残額5188万3050円が、北九州市の収入となった[33]

チャリロトKEIRIN[編集]

通常の7賭式を チャリロトのサイトより購入するサービス。基本的にはチャリロトKEIRINでの販売を行っている競輪場の車券のみしか購入できない(ただし最近は販売対象外の競輪場の車券も購入できるケースが増加している)が、前日前売りでの全レース購入や購入金額の上限なしという独自のサービスが受けられる。

なおチャリロトKEIRINにおける通常車券については伊東市伊東温泉競輪場)が管理施行者扱いとなっている[34]

チャリロトオートレース[編集]

2014年6月18日よりオートレースの通常賭式もチャリロトのサイトより購入できるサービスが開始された。基本的にはチャリロトKEIRINと同じサービスとなっているが、オートレースの重勝式については取り扱っていない[35]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ DMM×チャリロトの運営について
  2. ^ 【グループ開催】でのチャリロト、チャリロト・セレクト、チャリロト5の重勝式車券発売が始まります
  3. ^ 【グループ開催・Aグループ】に松山競輪場の参加が決定しました!
  4. ^ 【グループ開催】Gグループでのチャリロト、チャリロト・セレクト、チャリロト5の重勝式車券発売が始まります!
  5. ^ 【グループ開催・Gグループ】に小倉競輪場の参加が決定しました!
  6. ^ 【重要】2017年4月より広島競輪と松阪競輪がチャリロト(重勝式車券)発売場に追加されます
  7. ^ 【グループ開催・Cグループ】に参加する競輪場が決定しました!
  8. ^ 【グループ開催・Cグループ】に高知競輪場の参加が決定しました!
  9. ^ 【広島競輪】チャリロト(重勝式車券)発売開始
  10. ^ 【グループ開催・Bグループ】に静岡競輪場の参加が決定しました!
  11. ^ 【グループ開催・Bグループ】に千葉競輪場の参加が決定しました!
  12. ^ 【グループ開催・Bグループ】にいわき平競輪場の参加が決定しました!
  13. ^ 『玉野競輪場』内にチャリロトプラザOPEN!!
  14. ^ 川崎競輪場内に『チャリロトプラザ川崎(西スタンド店・バックスタンド店)』が2店舗同時OPEN!
  15. ^ 奈良競輪場内に『チャリロトプラザ奈良』がオープンいたします!
  16. ^ 【サテライト石狩】にチャリロトプラザがオープン!!
  17. ^ 【サテライト横浜】にチャリロトプラザがオープン!!
  18. ^ 郡山場外車券売場に『チャリロトプラザ郡山』がOPEN!
  19. ^ 三重県・川越場外車券売場に『チャリロトプラザ川越』がOPEN!
  20. ^ チャリロトプラザで新サービス始まります!
  21. ^ 2011年4月1日より。それまでは1日300回までだった。(出典:チャリロトのキャンセル回数の上限についてお知らせ - チャリロト公式サイト 2011年3月29日)
  22. ^ 上限12億円は200円単位での発売によるもので、他方式における100円単位で上限6億円の投票券と事実上同額である。
  23. ^ グループ開催とは - チャリロト
  24. ^ 2016年07月チャリロトカレンダー - e-SHINBUN(イー新聞)
  25. ^ 【グループ開催】でのチャリロト、チャリロト・セレクト、チャリロト5の重勝式車券発売が始まります
  26. ^ 【大津びわこ競輪】競輪事業廃止に伴う重勝式車券(チャリロト)の発売停止について(お知らせ)
  27. ^ 【大津びわこ競輪】重勝式車券のキャリーオーバー金についてのお知らせ
  28. ^ 熊本競輪の単独開催最終日の的中について
  29. ^ 別府競輪の単独開催最終日の的中について
  30. ^ 千葉競輪の単独開催最終日の的中について
  31. ^ 【玉野競輪】共同開催による重勝式車券発売に伴う重勝式車券(チャリロト)の発売停止について(お知らせ)
  32. ^ 【小倉競輪】共同開催による重勝式車券発売に伴う重勝式車券(チャリロト)の発売停止について(お知らせ)
  33. ^ 小倉競輪の単独開催最終日の的中について
  34. ^ 函館競輪場事業概要・平成26年度 15p (PDF) - 函館市競輪事業部
  35. ^ 6月18日よりオートレース車券販売開始のお知らせ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]