船橋オートレース場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
船橋オートレース場
船橋オートレース場全景.jpg
船橋オートレース場全景
基本情報
所在地 千葉県船橋市浜町2-4-1
座標 北緯35度40分50秒 東経139度59分21.9秒 / 北緯35.68056度 東経139.989417度 / 35.68056; 139.989417座標: 北緯35度40分50秒 東経139度59分21.9秒 / 北緯35.68056度 東経139.989417度 / 35.68056; 139.989417
電話投票 01#
開設 1950年昭和25年)10月29日
1968年(昭和43年)1月11日 現在地へ移転
閉場 2016年平成28年)3月21日(本場最終開催)
2016年(平成28年)3月30日(場外発売)
所有者 株式会社よみうりランド
民間委託 日本写真判定
施行者 千葉県・船橋市
重勝式投票 オッズパークLOTO
(管理施行者は伊勢崎市
公式サイト http://www.funabashi-auto.jp/
実況
担当 吉原完二宮淳一、最終節では堂前英男
所属 オフィス・ケイ・ステーション
テンプレートを表示

船橋オートレース場(ふなばしオートレースじょう)は、千葉県船橋市浜町にかつて存在したオートレース場2016年3月31日をもって廃止された。施行者は千葉県および船橋市。施設所有は株式会社よみうりランド、土地所有は三井不動産株式会社[1]

実況は基本的に吉原完二宮淳一堂前英男文化放送高橋将市、かつては奥野国英も担当していた。

概要[編集]

国内のオートレース場で最も歴史が長く、「オートレース発祥の地」と呼ばれた。1950年昭和25年)10月29日船橋競馬場の内馬場に全国初のオートレース専用走路として1周800メートルのダートコースを設け開場。その後、1967年(昭和42年)7月、閉鎖となった船橋サーキット跡地に1周500メートルの舗装走路が完成。1968年(昭和43年)1月11日、現在地へ移転。移転の際、船橋サーキットのグランドスタンドを流用したため、オートレース場としては珍しくバックストレッチ側にもスタンドのある珍しい配置であった。

2009年平成21年)12月31日、例年川口オートレース場で開催されるスーパースター王座決定戦が、当地で一度だけ開催された。

2011年(平成23年)4月以降の開催より、伊勢崎市の管理施行により重勝式車券(ランダム方式4連勝勝2連勝単式とセレクト方式5重勝単勝式)がオッズパーク(インターネット限定)で発売開始。尚、当場を対象とした発売は伊勢崎市の指定を受けた日のみとなり、5月7日から11日まで開催されたGI黒潮杯が初指定であった。

場内施設など[編集]

  • 敷地面積:115,703m2(約35,000坪)
  • 競走路1周:500m(幅員:30m)
  • 収容人数:21,714人
  • 第一駐車場収容台数:658台(13,230m2)、第二駐車場800台
  • 近年の年間平均入場者数は4,500人(最大時13,000人)
  • 人員:399人(2002年度)

歴史[編集]

創設から移転まで[編集]

オートレースの創設にあたり千葉県が開催することを表明した際、船橋市と市川市が場の誘致に名乗りを上げたが、当時建設中だった船橋競馬場の馬場内にオートレース専用の走路も併設することで競馬場所有者(現在の株式会社よみうりランド)と船橋市が合意し、1950年(昭和25年)8月に競馬場が開設された直後の同年10月29日に初開催となる『第1回船橋オートレース』が行われている[2]。初日には高松宮宣仁親王が来場し、テープカットを行った。来場者数は午後二時の段階で25000人を超え観客柵からはみ出すほどの盛況となった[3]

しかし併設による競馬とオートレースとの開催日振り分けで互いに開催日数が制限され、競走車の騒音が競走馬に影響を与えていた。当初競馬場内での開催は5年ほどの暫定措置として承認されていたため、次第に競馬場外への移転を迫られることになる[4]

1955年(昭和30年)より船橋市もレース場の所在自治体としての開催権を得て、千葉県と共に施行者として交互に開催するようになったが、船橋オートレースの運営団体である当時の千葉県小型自動車競走会には創設時の経緯から市川市の関係者[注釈 1]も多数いたことから、1958年(昭和33年)の年明けから市川市内への移転が本格的に検討されたものの、当時の船橋市は財政赤字を抱えていたため開催権を返上することになる市川市への移転を拒否した。またオートレース場の移転に関する手続き自体も定まっていなかった[注釈 2]こともあり、移転に関する動きはしばらく停滞する[4]

しかし1962年(昭和37年)の小型自動車競走法改正で移転について明文化[5]され、1965年(昭和40年)4月には当時の通産省省令によりダート走路の使用不可が発表されたことから競馬場外への移転が不可避な状況になった。この頃競馬場の近隣に船橋サーキットを開設していた朝日土地興業株式会社[注釈 3]から、サーキットの経営不振により同地へのオートレース移転引き受けの申し出があり、各関係団体との協議の結果、同地へ移転し朝日土地興業が土地を所有したまま、よみうりランドが場内の施設を造成し所有する形態でも、開催日数の増加により収益が見込めたことから移転の方針で固まる[6]。その際同地に隣接する船橋飛行場を挟んだ東側に若松団地の造成を計画していた当時の日本住宅公団が騒音悪化の恐れから反対を表明したが、まだ団地が建設前であったことから互いに騒音対策を施すことで公団側も譲歩[7]し、こうしてオートレース場の移転が決定した[4]

1967年(昭和42年)7月のサーキット閉鎖から走路の工事に着手し、年内に完成させ1968年(昭和43年)1月に移転した。1969年(昭和44年)には東側に騒音対策を目的として防音壁を兼ねたスタンドを完成させ、サーキット時代から流用されていた海側スタンドも1974年(昭和49年)から2回に分けて改築し1977年(昭和52年)に完成した[7]

1969年(昭和44年)には、八百長事件で現役選手3人が逮捕。さらに翌年には黒い霧事件も発生し、レースそのものに疑惑の目が向けられるようになった[8]

平成以降[編集]

船橋オートレース場の車券売上額は、1990年(平成2年)度に約744億円、入場者数は1992年(平成4年)度に約113万6000人と過去最高を記録したが、以降、公営競技全体の売上が右肩下がりで落ち込む中、船橋オートレースも例外なく厳しい収支が続き(2013年(平成25年)度は売上額約103億円、入場者数約15万4000人)に減少[9]、船橋市営は1997年(平成9年)度、千葉県営は1998年(平成10年)度より収支が単年度赤字となって以降、累積赤字が拡大。2006年(平成18年)度より開催運営をオートレース場では初となる民間企業による包括委託を行い黒字転換を図った[10]2008年(平成20年)12月山側第2スタンド2階を改装し、『サテライト船橋』を開設。当初委託先企業は当場にトータリゼータシステムを納入していた日本トーターであったが2014年(平成26年)3月末をもって撤退。同年4月より委託先は日本写真判定へ変更された。

オートレース場東側で営業していたららぽーとスキードームSSAWSの解体後、2006年(平成18年)4月24日にスウェーデンの大型家具店イケアが開業。2007年(平成19年)1月に不動産会社4社により総戸数1211戸、さらに2008年(平成20年)2月に総戸数684戸の高層大型マンションである「ワンダーベイシティサザン」が相次いで完成したことにより、マンション購入者によるオートレース特有の排気音による騒音問題が再燃[11][12][13]。しかし、開催経費削減の一環により船橋オートレース開催日の減少(平成27年度開催日62日)、整備日・練習日のマンション自治会への事前連絡、エンジン調整時の空ぶかしや、朝・夕練習走行の時間制限等、あらゆる対策が取られた。また、消音効果を高めた新型マフラーの全場導入[14]により、この問題は収束へ向かう。近年は隣接マンションや若松団地の学区である船橋市立若松小学校より社会科の校外授業としてオートレース場見学の受け入れ[15][16]、マンション自治会主催の祭りに船橋オート新人選手による縁日屋台を出すなど、両者の関係は良好であった。

廃止の経緯[編集]

2014年(平成26年)8月、施行者である千葉県および船橋市が「売上減少状況が続く中で、施設改修費用を捻出するのは困難」という理由から、2016年(平成28年)3月31日をもって廃止する意向が報道され[17]、同月12日に施行者側が正式に廃止の方針を発表[10]、オートレースを統括するJKAも廃止について公表した[18]。また、ワンダーベイシティサザンの住民による船橋オートレース場への騒音による損害賠償請求[11][13]や船橋市への苦情[12]による影響もあった。

選手会船橋支部長の永井大介は「選手会から相応の支援金を捻出するなど、何とか存続させたいと頑張っているときに廃止決定なんて、とても納得できるものではありません」と怒りを露わにし[19]、全日本オートレース選手会を中心に存続を求める署名活動を全国で行った[20]。こうして集められた12万名の署名は船橋市および千葉県へ提出された[21]。また2015年(平成27年)4月26日第18回統一地方選挙)に実施された船橋市議会議員選挙に現役オートレース選手の梅内幹雄が当選[22]、議会でオートレース場の存続を訴えたが、両施行者の方針を転換させるまでには至らず、JKAは2016年(平成28年)1月8日に船橋オートレース場の廃止に関する対応などを公表した[23]。全日本オートレース選手会、同船橋支部は同年1月24日にJKAの方針を受け入れることを表明し[24]、これを受けて両施行者は同年2月2日、正式に廃止を発表した[25]。同年3月21日プレミアムカップ最終日が最後の船橋オートレース開催となるが、存続派ファンの反発は燻り続けており、表彰式では森田健作知事や松戸徹市長へ「必要な投資がされなかったからだ!」、「存続しろ!」、「帰れ!」等の罵声や怒号が飛んだ[26]

同月30日に伊勢崎オートレース場で開催されていたGIIレジェンドカップの場外発売をもって車券販売の営業を終了、翌31日、65年5ヶ月の歴史に幕を閉じた。

廃止に伴う措置[編集]

場外車券販売施設として『オートレース船橋』を2016年(平成28年)4月8日に開設した[27]。また、船橋オートレース場にLG(ロッカーグランド)登録していた選手は、自主引退選手を除き、2016年(平成28年)4月1日付で山陽オートレース場以外の4場へ移籍が決定した[23]

廃止後の経過[編集]

株式会社よみうりランドの平成28年度3月期の決算報道[28]によると、オートレース場明け渡しによる解決金として三井不動産より50億円が支払われ、施設の減損損失や解体工事に伴う特別損失を計上、この発表で施設の解体が決定的となった。2016年7月解体工事開始、工期は2017年3月末まで。

2017年7月21日付の日本経済新聞の記事によると、三井不動産は船橋オートレース場跡地を含めた、6カ所で大型物流施設を開業すると発表し、「三井不動産ロジスティクスパーク船橋Ⅰ」(MFLP船橋Ⅰ)として、2016年10月に竣工した[29][30]。総投資額は約1,000億円。既にある施設と同一敷地内に設けて約2万平方メートルの緑地を整備するほか、カフェテリアや託児所が入る別棟も作る予定としている[29]

また、2020年12月には、三井不動産がオートレース場跡地の一部を活用し、スケートリンクを開設することが同年11月22日に報じられ、「アイスパーク船橋」として、2020年12月13日にオープンした。船橋市内ではかつて夏見総合運動公園に冬季限定の屋外リンクが開設されていたが、暖冬や入場者の減少により2008年に閉鎖されていたため、12年ぶりの開設となった[31][32]

交通アクセス[編集]

いずれも開催当時のもの。

参考資料[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 当時の浮谷竹次郎市川市長や川島正次郎衆議院議員など。
  2. ^ 同時期に柳井オートレース場山陽への移転手続きが停滞している。
  3. ^ 船橋ヘルスセンターを含む一帯の土地を所有していたデベロッパー1970年(昭和45年)に三井不動産株式会社が吸収合併するにあたり系列子会社や自社で土地を所有するようになった。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ よみうりランド有価証券報告書・第91期 p.30 (PDF)
  2. ^ 『オートレース二十年史』p.34
  3. ^ 「オートレースも超満員」『日本経済新聞』昭和25年10月30日2面
  4. ^ a b c 『オートレース二十年史』pp.251-265.
  5. ^ 小型自動車競走法第6条
  6. ^ 『オートレース二十年史』p.258
  7. ^ a b 『オートレース三十年史』pp.237-241.
  8. ^ 背後に第三の男? オートの八百長事件 少なすぎる配当金『朝日新聞』昭和44年(1969年)11月25日朝刊、12版、15面
  9. ^ “オートレース発祥の地「船橋オート廃止決定」のショック…ガラガラのスタンド、苦境の公営競技、消えゆく“昭和の遺物””. 産経新聞社. (2015年1月10日). http://www.sankei.com/premium/news/150110/prm1501100007-n2.html 2015年1月10日閲覧。 
  10. ^ a b 船橋オートレース事業について - 千葉県HP・2014年8月13日
  11. ^ a b 損害賠償等請求事件 東京地裁 平17(ワ)18969号。
  12. ^ a b 請願陳情文書表(平成20年第3回定例会)”. 船橋市議会 (2008年). 2021年5月8日閲覧。
  13. ^ a b 平成23年度消費者契約法(実体法部分)の運用状況に関する調査結果報告』消費者庁、2012年6月、65頁。2021年5月8日閲覧。
  14. ^ 新型マフラーの導入について(平成21年4月開催~)AutoRace(公益財団法人JKA)2009年3月1日
  15. ^ 船橋オート|トピックス 若松小学校 社会科見学 船橋オート2014年6月6日
  16. ^ 船橋オート|トピックス 【若松小の2年生からお礼の手紙がきました】船橋オート2014年10月18日
  17. ^ 船橋オートレースが廃止へ 売り上げ減少などが影響 スポーツニッポン 2014年8月4日閲覧
  18. ^ 船橋オートレースの事業について - AutoRace公式HP・2014年8月12日
  19. ^ “【オート】船橋オート廃止へ”. デイリースポーツ社. (2014年8月4日). http://www.daily.co.jp/newsflash/horse/2014/08/04/0007206520.shtml 2015年7月19日閲覧。 
  20. ^ “船橋オート存続へ署名活動 永井、青山ら現役選手が自ら街頭立ち”. 報知新聞社. (2014年8月19日). http://www.hochi.co.jp/gamble/auto/20140818-OHT1T50199.html 2015年7月19日閲覧。 
  21. ^ “永井 船橋オート存続訴え市役所に12万人の署名提出”. スポーツニッポン新聞社. (2014年12月10日). http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2014/12/10/kiji/K20141210009433070.html 2015年7月19日閲覧。 
  22. ^ 現役オートレーサー梅内氏、初当選「レース場廃止撤回もとめていく」 - SANSPO.COM・2015年4月27日
  23. ^ a b 今後のオートレース事業について - AutoRace(公益財団法人JKA)・2016年1月8日
  24. ^ 船橋オートレース場存続運動について - 一般社団法人全日本オートレース選手会
  25. ^ 船橋オートレース事業の廃止について - 船橋オート・2016年2月2日
  26. ^ 「忘れない船橋オート」 閉場を惜しむ1万2700人 - 東京新聞千葉版2016年3月22日
  27. ^ オートレース場外車券売場「オートレース船橋」4月8日(金)オープン! Auto Race公式 2016年3月7日
  28. ^ よみランド、今期純利益28%増 船橋オート閉鎖で特別益- 日本経済新聞2016年6月1日
  29. ^ a b 三井不動産、6カ所に大型物流施設 1000億円投資、競争激化”. 日本経済新聞 (2017年7月21日). 2021年5月8日閲覧。
  30. ^ 三井不動産ロジスティクスパーク船橋ⅠにMFLP ICT LABO開設”. 三井不動産株式会社 (2017年9月12日). 2021年5月8日閲覧。
  31. ^ 南船橋に12年ぶりスケートリンク復活 2面の独立リンク設置、12月開業へ”. 船橋経済新聞 (2020年11月1日). 2020年11月2日閲覧。
  32. ^ 12年ぶり、船橋にスケート場 来月13日オープン”. 東京新聞 (2020年11月22日). 2021年3月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]