川島正次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
川島 正次郎
かわしま しょうじろう
川島正次郞.jpg
生年月日 1890年7月10日
出生地 日本の旗 日本 千葉県東葛飾郡行徳町
(現・市川市
没年月日 (1970-11-09) 1970年11月9日(満80歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京都大田区
出身校 専修大学経済学科卒業
前職 専修大学総長
千葉工業大学理事長
所属政党 立憲政友会→)
(無所属→)
自由党→)
日本民主党→)
自由民主党
称号 従二位
勲一等旭日桐花大綬章

内閣 第2次池田第1次改造内閣
第2次池田第2次改造内閣
在任期間 1961年7月18日 - 1963年7月18日

日本の旗 第5代 自治庁長官
第13代 行政管理庁長官
内閣 第2次鳩山一郎内閣
在任期間 1955年3月19日 - 1955年11月22日

選挙区 千葉県第1区
当選回数 8回
在任期間 1952年10月2日 - 1970年11月9日

日本の旗 衆議院議員
選挙区 千葉県第1区
当選回数 6回
在任期間 1928年2月21日 - 1945年12月18日
テンプレートを表示

川島 正次郎(かわしま しょうじろう、1890年(明治23年)7月10日 - 1970年(昭和45年)11月9日)は日本政治家旧姓柳原栄典従二位勲一等旭日桐花大綬章

概要[編集]

国務大臣北海道開発庁長官、国務大臣行政管理庁長官、国務大臣自治庁長官、自民党幹事長自民党副総裁を歴任。

川島派(交友クラブ)領袖であり、長く自由民主党副総裁として、自民党のナンバー2に君臨した。

専修大学総長千葉工業大学理事長会長成田山奉賛会初代会長を歴任。

ナポレオン時代のフランスの政治家・ジョゼフ・フーシェに例えられ「江戸前フーシェ」や、「寝業師」、「道中師」、「おとぼけの正次郎」と渾名されたりもした。

来歴・人物[編集]

生い立ち[編集]

千葉県東葛飾郡行徳町(現・市川市)に、柳原謙次郎・コウ夫妻の三男として生まれた[1]。なお、東京府東京市日本橋区を出生地とする事もある。出生後すぐに母が死に、日本橋鼈甲屋を営む川島才次郎の養子へ入って、川島姓となった。

小さな時から美少年で知られ、正次郎を養子に欲しいという芝居小屋の主人まで現われたという。

久松小学校(尋常小学校4年、尋常高等小学校4年)を卒業した時、中学への進学を希望したものの、父親から「鼈甲屋を手伝え」と命じられたため、一年間見習いとして働いた。

正則英語学校を経て、旧制専修大学経済学科に学んだ。専修大学卒業後、内務省警保局に入省し、内務大臣後藤新平と知り合った。ここは選挙の際に情報を集める部署であり、川島は選挙の分析から次第に選挙そのものに関心を抱くようになった。東京日日新聞政治部記者に転じ、東京市長となった後藤新平の引きで、東京市商工課長となった。

政治家へ[編集]

1928年(昭和3年)の総選挙衆議院議員に初当選し、立憲政友会に属する。苦労して学校を卒業した川島には有力なコネもなく、政治の表舞台に出る機会に恵まれなかったが、政友会の先輩の前田米蔵から「政界では欲を出さずに、ナンバー2でいるのが大切だ」とアドバイスされたことを契機に、以後ナンバー2の座を目指すようになる。

川島は政界入りした当初は森恪と、森の死後は前田と行動をともにし、1939年(昭和14年)の政友会分裂に際しては前田とともに革新派(中島知久平総裁)に属した。1942年(昭和17年)の翼賛選挙では非推薦で当選し、1945年(昭和20年)には大日本政治会の情報部長を務めた。占領下では院内会派の無所属倶楽部に属したがまもなく公職追放。その間公刊され間もない『原敬日記』(乾元社全9巻)を熟読、党人派としての生き方を模索した。追放解除後の1952年(昭和27年)に政界復帰。

1955年(昭和30年)、第2次鳩山内閣自治庁長官行政管理庁長官に任命され、当選9回目にしてようやく初入閣を果たす。鳩山内閣では保守合同を推進し、自民党の創設にも大きく関わった。1956年(昭和31年)には小選挙区制導入を狙う鳩山一郎首相の意を受けて、小選挙区法案(ハトマンダー)を提出するが、これは内務省時代以来、選挙制度に関する研究を続けてきた川島だからこそ出来た仕事だった。小選挙区法案は廃案となるが、川島はその仕事振りから自民党内でも一目おかれるようになった。

ナンバー2への道[編集]

鳩山内閣退陣後は岸信介政権の樹立に動き、岸内閣の下で自民党幹事長に就いている。川島は1960年(昭和35年)安保闘争を前にして動揺する党内の混乱をよく押さえて、とにかく新安保条約の成立まで岸政権を守り抜いた。当時川島幹事長は小沢佐重喜を安保特別委員会委員長として強行採決の段取りを進めた。

1960年(昭和35年)の岸内閣総辞職後、党人派から大野伴睦石井光次郎自由民主党総裁選挙に名乗りを上げ、官僚派からは池田勇人が名乗りをあげていた。その頃、川島は岸派内で一定の勢力を有し、川島系といわれる川島に同調する議員10人ほどを連れて、大野支持に向かう様子をにおわせていた。川島は大野に対して「党人派が二分されると官僚派の池田に勝てないので、党人派は石井一本にまとめたほうがいい」と進言して、大野に総裁選を辞退させた。すると、手のひらを返したように川島は「大野を支援しようと思ったが、大野が辞退したので池田を支持する」と表明して池田支持に乗り換え、その功績もあり池田政権末期に、初代自民党副総裁だった大野が亡くなったのに伴い後任に就任した。池田が病いで退陣する際には、後継者に佐藤栄作を指名させるのに功績があり、佐藤政権でも自民党副総裁に任命された、佐藤政権の下で川島は終生自民党副総裁の地位を維持し、常に与党ナンバー2の地位を保ち続けた。また1962年(昭和37年)10月岸派が解散すると、岸が派閥を福田赳夫に譲ることに反発し、翌11月川島派「交友クラブ」として分派した。

川島の派閥運営の特徴として経済合理性が挙げられる。「資金集めが大変だから」という理由で、加入希望者が続出したにもかかわらず川島は自派を20名程度までしか増やさなかった。派閥成員17人ぐらいで大臣ポスト1つの割合で閣僚ポストを割り振るのが当時の人事慣行で、20人程度を擁していれば確実に大臣ポストを1つ確保できる上、派内の議員たちに効率よく満遍なく大臣ポストをまわせることを川島は知っていたのである。川島は自派の結束を固め、常にキャスティング・ボートを握る位置を確保することで、ナンバー2の座(自民党副総裁)を維持することが出来た。

1968年(昭和43年)にアメリカ合衆国連邦政府沖縄返還を決定させたのが川島である事が、近年機密解除されたアメリカ国立公文書記録管理局の公文書により明らかになっている[2]

1970年(昭和45年)秋、「佐藤栄作は次期首相の座を大蔵官僚出身の福田赳夫に譲ろうとしている」という情報をキャッチすると、川島は「岸・池田・佐藤と官僚出身者による内閣が続き、人心は官僚出身者に飽いている」として福田のライバルだった田中角栄を支持し、田中が勢力を拡大するための時間を稼ぐために、1970年の自民党総裁選では福田への禅譲[3]を考えていた佐藤を、川島副総裁、田中幹事長という立場で、総裁選に出馬させ佐藤政権の延命を図り、佐藤の機嫌を取りたい中間派を水面下で佐藤出馬支持にとりまとめた。結果として佐藤は三木武夫との、一騎討ちに勝ち4選したが、政権末期の約一年間に、求心力が急速に低下し事実上「禅譲」が不可能になった。(川島は)党人派政治家として田中に総理総裁への道を開いた[4]

総裁選から9日後の11月9日大田区山王の自宅にて、持病である気管支喘息の発作により急逝した。享年80。日本武道館にて自民党葬が行われた[5]

インフラ整備との関わり[編集]

池田内閣では1964年東京オリンピック担当大臣としてオリンピック事業整備を進め、東海道新幹線首都高速道路などのインフラストラクチャーを構築しながら、高度経済成長の仕組みを作り上げ、池田の「所得倍増論」実現を推進したのも、この仕組みを作った川島の功績によるものであった。

成田空港問題[編集]

東京国際空港に代わる新たな国際空港開設においては、運輸省=官僚派・建設省=党人派・千葉県の間を取り持つべく、建設地の選定に先立ち国務大臣であった川島が主導して綾部健太郎運輸相・河野一郎建設相・友納武人千葉県知事との4者協議を1963年7月4日に行った。このときは浦安案を推す綾部と木更津案を推す河野が激しく対立し口論となった。

後に運輸省側から富里案が出てきたときには「富里だって?1500戸の農家をどうやって移転させるのだ。羽田と管制塔を一緒にして浦安沖に作ったほうが有利だ」と内陸空港に否定的であり、東京湾の埋め立てによる空港建設を主張していた[6]

1965年11月18日に政府は富里での新空港建設を内定するが、地元では大規模な反対運動が展開された。川島は引き続き羽田を縮小し沖合を埋め立てる木更津案を主張していたが、1966年6月17日に、現在の成田国際空港が位置する成田市三里塚に建設地を移す自民党政調会交通部会の斡旋案や、木更津が不適とする中村寅太運輸相の報告を受けて、その経過を友納武人千葉県知事に伝える役割を担った[7]。その翌週に三里塚案が地元住民の知るところとなり、三里塚闘争に発展する(→成田空港問題)。

なお、石原慎太郎石井紘基が、橋本登美三郎の証言を根拠に、新東京国際空港の建設地が一時富里になったのは、当初茨城県利根川沿いが候補地であったところ、3選を狙う佐藤栄作が川島から総裁選での協力を得るために取引の対価として川島の選挙区に移されたからだと主張している[8][9]。しかし、佐藤が3選を果たした総裁選はこれより3年後の1968年11月であるうえ(その間に別の総裁選が行われている)、1963年12月11日には既に運輸省航空審議会が富里を最有力候補として挙げていることなどから、この主張は時系列の整合が取れない。また、川島はもともと東京湾埋立による新空港建設を支持しており[10]、富里内定直後に千葉県副知事であった川上紀一が川島に問い合わせたところ、川島が「閣議協の内定は、自分は全く知らない。けしからぬことである」と語り、事前の相談を受けていない千葉県について「(運輸大臣との)会見を断ったのは当然である」と述べたとする証言[11]とも矛盾する。更に、川島の選挙区である千葉県第1区には、富里も成田も含まれていない。

教育者、文化人として[編集]

川島は教育界の発展にも貢献している。母校・専修大学の総長となって、専修大学の発展に尽くしたという側面も持っている(専修大学松戸高等学校の創立は地元出身の彼の主導による)。また、千葉工業大学の理事長も務めた。さらに中央学院大学設立に当たっては、設立後学校法人中央学院理事長に就任した甥の平山善司[12]の要請により、我孫子市の土地のとりまとめを行ったのも、川島によるものである。また日本プロレスリングコミッショナーを始め、日本学生卓球連盟会長、日本ボウリング協議会総裁、日本消防協会会長、江戸消防記念会名誉会長、江戸火消防存会会長、畠山みどりの後援会長など教育、スポーツ、文化、芸能の振興にも尽力し各分野の要職を務めた。プロレス界には今でも「川島が務めていた頃のコミッショナーはお飾りではなかった」と評価する声がある。1965年に勲一等旭日大綬章を受章、没した際に従二位に叙し勲一等旭日桐花大綬章を追贈された。

千葉県政界の重鎮[編集]

地元の千葉県では、県議会の長老で戦時中に行動をともにした川口爲之助を担いで初代民選県知事に押したてて追放中ながらもその腹心となった。後に参議院議員も務めた川口からその人脈を引き継いで地元の有力議員として千葉県選出の国会議員や地方議員のまとめ役としても辣腕をふるった。松本清県議(マツモトキヨシ創業者)の松戸市長擁立を仕掛けたのは川島であると言われている。

死後[編集]

唯一の子供であった川島正孝(まさたか)を11歳で亡くしているため選挙地盤を親族から継ぐものは無く、直系の県議だった染谷誠が国政転進で受け継ぐことになった。また派閥は、後藤新平を通じて盟友となった椎名悦三郎が継承した。政治的基盤は平山秀善が受け継いだ。

政治語録[編集]

  • 「政界一寸先は闇」
  • 「要は勝つこと。負けた後に文句を言っても何の解決策にもなりませんよ」(大野下ろしに成功した直後のコメント)
  • 「やはり野に置け蓮華草」(荒舩清十郎が深谷駅問題で運輸大臣を辞任した際のコメント)
  • 「70年代は自共対決の時代になる」

脚注[編集]

  1. ^ 『第十六版 人事興信録 上』(昭和26年)の72頁には“千葉縣行徳町”出身とある。
  2. ^ 最晩年に、日米関係をめぐる提言「七〇年代日本外交の展開」1969年(昭和44年)の<第2回日米関係民間会議>より(『沖縄以後の日米関係』に所収、サイマル出版会、1970年(昭和45年))、「太平洋新時代と日米関係 一九七〇年代を迎えて」(『現代日本の外交』の一章、鹿島出版会、1970年(昭和45年))、「七〇年代の展望 <安保>もう十年続く」(『毎日新聞』シリーズインタビュー「政権」より、同社で1970年(昭和45年)刊) を残している。
  3. ^ 岸信介は弟の佐藤に4選目への不出馬を促し、福田への禅譲を提言した、福田もそれを期待していた。一方で福田は、佐藤政権延長には反対できない立場なのを(川島・田中は)見抜いていた。
  4. ^ 余話だが評論家大宅壮一の生前最後の記事『サンデー毎日』連載の時事評論の末尾で、10月に佐藤4期目が決定した際の川島の動きを辛口批評した。奇しくも川島が没した約2週間後の11月22日に病没している。『無思想の思想』(文藝春秋)ほかに所収。なお門下生の草柳大蔵『実力者の条件』(文藝春秋)にも川島論がある。
  5. ^ 追悼出版に『川島正次郎』(林政春、花園通信社、1971年(昭和46年))、『川島正次郎 川島正次郎先生追想録編集委員会編』(交友クラブ編・非売品、1971年(昭和46年)11月)、『政界一寸先は闇  ある川島担当記者の手記』(小畑伸一、黄帆社、1972年(昭和47年)2月)がある。
  6. ^ 東京新聞千葉市局/大坪景章 編『ドキュメント成田空港』東京新聞出版局、1978年、18頁
  7. ^ 成田空港問題シンポジウム記録集編集委員会『成田空港問題シンポジウム記録集 資料編』1995年、143頁。
  8. ^ 石原慎太郎 『国家なる幻影〈上〉 わが政治への反回想』文春文庫、2001年。
  9. ^ 石井紘基『日本が自滅する日: 「官制経済体制」が国民のお金を食い尽くす!』PHP研究所、2002年。
  10. ^ 東京新聞千葉市局/大坪景章 編『ドキュメント成田空港』東京新聞出版局、1978年、19頁
  11. ^ >成田空港問題シンポジウム記録集編集委員会『成田空港問題シンポジウム記録集 資料編』1995年、19頁。
  12. ^ 姉・千代の子息。後に我孫子市から県議選に出馬した平山秀善は、平山善司の次男である。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


議会
先代:
村上勇
日本の旗 衆議院人事委員長
1953年 - 1954年
次代:
受田新吉
公職
先代:
小沢佐重喜
西田隆男
日本の旗 行政管理庁長官
第22代:1961年 - 1963年
第13代:1955年
次代:
山村新治郎
河野一郎
先代:
小沢佐重喜
日本の旗 北海道開発庁長官
第20代:1961年 - 1962年
次代:
佐藤栄作
先代:
西田隆男
日本の旗 自治庁長官
第5代:1955年
次代:
太田正孝
党職
先代:
川島正次郎
大野伴睦
自由民主党副総裁
第4代:1967年 - 1970年
第3代:1964年 - 1966年
次代:
椎名悦三郎
川島正次郎
先代:
結成
交友クラブ会長
初代:1962年 - 1970年
次代:
椎名悦三郎
先代:
福田赳夫
三木武夫
自由民主党幹事長
第5代:1959年 - 1960年
第3代:1957年 - 1959年
次代:
益谷秀次
福田赳夫