高橋将市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たかはし まさいち
高橋 将市
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 長野県大町市
生年月日 (1976-04-16) 1976年4月16日(41歳)
血液型 B型
最終学歴 早稲田大学
勤務局 文化放送
部署 放送事業局 報道スポーツ センター
活動期間 2000年~
ジャンル スポーツ
公式サイト 文化放送
出演番組・活動
現在 『高橋まさいちセットアップ
過去 北京オリンピック中継』

高橋 将市(たかはし まさいち、1976年4月16日 - )は文化放送アナウンサー

来歴[編集]

長野県大町市出身。長野県大町高等学校を経て、早稲田大学卒業。大学在籍中はアナウンス研究会に所属し、先輩にはフジテレビアナウンサーの福永一茂、同期にニッポン放送アアアナウンサーの洗川雄司がいる。

2000年、文化放送に入社。文化放送としては、高橋の採用以降、新卒のアナウンサーを14年間採用していなかった[1]。また、2007年春に槇嶋範彦新潟テレビ21から移籍するまで、男性アナウンサーの採用を見送っていた。

入社当時からスポーツアナウンサーとして活動。かつて文化放送ではライオンズ以外の球団に担当アナウンサーをつけていたが、入社初期は読売ジャイアンツ担当、その後千葉ロッテマリーンズの担当アナウンサーだった。

また、競馬競艇など公営競技の実況も担当する。オートレースは正式な中継ではないが、2012年6月7日放送のセットアップ川口オートレース場を取材した際に、レースの模様を実況したことがある(2012年5月29日第12レース)。また2013年6月16日には伊勢崎オートレース場でCSテレビ中継(群馬テレビ制作)の司会・実況を担当した。

担当番組[編集]

過去の担当番組[編集]

エピソード[編集]

  • プロレスファン、特にプロレスリング・ノアファンである。文化放送の自身のページでは「ジャイアント馬場の最後の試合のチケットを持っていたが、就職活動で間に合わなかった」と書いている。このほかボクシングなど格闘技全般に造詣が深い。
  • 北京オリンピックの女子サッカー実況の際に2点目なのにハットトリックと実況したが、これはディレクターを担当していたニッポン放送の松本秀夫アナのミスによるものであったと松本アナが自身のブログで謝罪している[2]

実況の特徴[編集]

  • 大きな声が特徴で、競馬評論家の阿部幸太郎によると、競馬中継の際の実況の声が3つ隣のラジオ日本のブースまで届き、ラジオ日本のマイクに乗ってしまったという[3]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]