深山計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みやま はかる
深山 計
プロフィール
出身地 日本の旗兵庫県
生年月日 (1954-02-18) 1954年2月18日
没年月日 (2018-11-01) 2018年11月1日(64歳没)
最終学歴 関西学院大学
所属事務所 ライツ
職歴 中国放送ニッポン放送
活動期間 1976年 - 1989年(中国放送)
1989年 - 2002年(ニッポン放送)
2002年 - 2018年(フリー)
ジャンル スポーツ
出演番組・活動
出演中 大阪国際女子マラソン名古屋ウィメンズマラソン実況中継
出演経歴 ニッポン放送ショウアップナイター

深山 計(みやま はかる、1954年2月18日 - 2018年11月1日)は、兵庫県出身のフリーアナウンサー

経歴[編集]

関西学院大学卒業後の1976年中国放送(RCC)に技術担当職員として入社し、同社のアナウンサー不足に伴いアナウンス部に異動となる。1984年1986年には日本シリーズで実況を担当し、広島東洋カープの日本一達成の瞬間(1984年)を伝えている。1989年ニッポン放送へ移籍し、ニッポン放送ショウアップナイターマラソン中継を担当。同年のパリ駅伝では悪天候でモニターに何ひとつ映像が来ない中、自ら歩測して作ったコースの地図とストップウォッチだけを頼りに、推測しながら実況をこなした[1]1996年アトランタオリンピックでは、ジャパンコンソーシアムの一員として、開会式・女子マラソン・水泳・陸上・バレーボール・レスリング等の実況を担当した。独特の特徴として、ニッポン放送移籍後は、放送中にアナウンサーを呼びかける場合に、アナウンサーの呼称なしで紹介する、唯一のスポーツアナウンサーであった(古巣の中国放送への広島東洋カープのビジターゲームの裏送りでは、呼称をつけることがあった)。

2002年にニッポン放送を退社するとともに、スポーツマネージメント会社「ライツ」の取締役に就任。スポーツアナウンサーとして活躍するかたわら、スポーツをテーマにしたシンポジウムやトークショーなどの司会・コーディネーターも務めていた。

2018年11月1日21時11分、直腸がんのため東京都品川区の病院で死去[2][3]。64歳没。

担当番組[編集]

中国放送時代
ニッポン放送時代
フリー時代

脚注[編集]

  1. ^ 伝説のパリ駅伝実況 松本秀夫の「やぎメール」(2004年12月8日)より
  2. ^ 元ニッポン放送アナウンサー深山計死去 日刊スポーツ2018年11月6日閲覧
  3. ^ 深山計さん死去…元ニッポン放送アナウンサー 64歳、直腸がんで - サンケイスポーツ 2018年11月7日
  4. ^ RCCラジオ週刊番組表 - 中国放送、1980年6月1日発行

外部リンク[編集]