アトランタオリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アトランタオリンピック
第26回オリンピック競技大会
Games of the XXVI Olympiad
JO Atlanta 1996 - Stade.jpg
開催都市 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アトランタ
参加国・地域数 197
参加人数 10,320人(男子6,797人、女子3,523人)
競技種目数 26競技271種目
開会式 1996年7月19日
閉会式 1996年8月4日
開会宣言 ビル・クリントン大統領
選手宣誓 テレサ・エドワーズ
審判宣誓 ホビー・ビリングスレー
最終聖火ランナー モハメド・アリ
主競技場 オリンピックスタジアム
テンプレートを表示

アトランタオリンピックは、1996年7月19日から8月4日までアメリカアトランタで行われた第26回夏季オリンピックで、近代オリンピック開催100周年記念大会である。

史上初の車椅子使用選手出場のオリンピックとなった(この選手は1992年にはバルセロナパラリンピックに出場)。

大会開催までの経緯[編集]

1990年9月18日に東京新高輪プリンスホテルで行われたIOC総会で、アテネベオグラードマンチェスターメルボルントロントを破り、アトランタは開催地に選ばれた。

1996年夏季オリンピック 開催地投票
都市 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目
アトランタ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 19 20 26 34 51
アテネ ギリシャの旗 ギリシャ 23 23 26 30 35
トロント カナダの旗 カナダ 14 17 18 22
メルボルン オーストラリアの旗 オーストラリア 12 21 16
マンチェスター イギリスの旗 イギリス 11 5
ベオグラード ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア 7

近代オリンピック百周年にあたるこの大会の開催地は、第一回大会開催地のアテネでの開催が一部では有力視されていたが、結局決戦投票でアトランタに決定した。これに対して、五輪最大のスポンサーであるコカ・コーラ社の本社がアトランタにあることが決定の背景にあったのではないかという疑念の声も上がったが、実際にはアテネ以外の都市に投票した委員の票の多くが、回を追うごとにアトランタへと流れていったことがわかる。アテネは7年後に行われたIOC総会で2004年の夏季オリンピックの開催地に選ばれている。

メイン会場の「オリンピックスタジアム」は、この大会終了後に陸上競技場から野球場に改修してアトランタ・ブレーブスの本拠地として使用する計画のもとに建築された。そのためスタジアムに敷設された屋根の形状がアリーナの形とは必ずしも一致しないという特徴があった。「オリンピックスタジアム」は改修工事の後、1997年4月に「ターナー・フィールド」として再オープンした[1]

大会マスコット[編集]

  • イジー - 架空の生物。CGを使用してデザインされた。名前の由来は"What is it?"(訳:これは何でしょう?)から。当初は名前も"WHATIZIT"(ワティジット)だったが、発音しづらいことから短縮して"Izzy"(イジー)と呼ばれるようになった。

ハイライト[編集]

大会は7月19日に開会式が行われた。7日目の27日にオリンピック公園で爆破事件が発生し、2名が死亡、111名の負傷が出るミュンヘンオリンピック事件以来の大惨事となった。

開会式[編集]

エンターテイメント性が色濃く打ち出された。一方で式は長時間となった。

聖火台への聖火の点火者は秘密にされていたが、当日はパーキンソン病に患うモハメド・アリが震える手で点火した。

閉会式[編集]

大会ハイライト[編集]

マイケル・ジョンソンが男子陸上200mを19秒32の世界記録(当時)で制した。

日本勢は田村亮子柔道決勝で北朝鮮のケー・スンヒの柔道着を左前に着けるという奇策の前に敗れ、バルセロナに続き銀。また、ヨットでは女子470級で重由美子木下アリーシア組が日本ヨット界史上初のオリンピックメダルを獲得した。自転車競技では十文字貴信が1000mタイムトライアルで銅メダルを獲得した。陸上女子マラソンでは有森裕子が前回のバルセロナオリンピックに続いてメダルを獲得した。また男子サッカーは1次リーグでブラジルを破る(マイアミの奇跡)など2勝1敗としたが、リーグ敗退となった。

競技会場[編集]

実施競技[編集]


各国・地域の獲得メダル数[編集]

国・地域
1 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国(開催国) 44 32 25 101
2 ロシア ロシア 26 21 16 63
3 ドイツ ドイツ 20 18 27 65
4 中国 中国 16 22 12 50
5 フランス フランス 15 7 15 37
6 イタリア イタリア 13 10 12 35
7 オーストラリア オーストラリア 9 9 23 41
8 キューバ キューバ 9 8 8 25
9 ウクライナ ウクライナ 9 2 12 23
10 韓国 韓国 7 15 5 27

参考

国・地域
23 日本 日本 3 6 5 14
  • 金メダル:男子2個、女子1個
  • 銀メダル:男子3個、女子3個
  • 銅メダル:男子2個、女子3個

主なメダリスト[編集]

公式テーマ曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ターナーは地元の実業家でCNN創業者テッド・ターナーを記念しての命名。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]