吉野真治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
よしの しんじ
吉野 真治
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都八王子市
生年月日 (1978-07-25) 1978年7月25日(44歳)
血液型 O型
最終学歴 慶應義塾大学商学部
勤務局 テレビ朝日
部署 ビジネスソリューション本部 コンテンツ編成局 アナウンス部[1]
活動期間 2002年 -
ジャンル スポーツ
配偶者 既婚[2]
公式サイト プロフィール
出演番組・活動
出演中ワールドプロレスリング
グッド!モーニング
出演経歴やじうまプラス

吉野 真治(よしの しんじ、1978年7月25日 - )は、テレビ朝日アナウンサー

略歴・人物[編集]

東京都立八王子東高等学校を経て慶應義塾大学商学部を卒業後、2002年4月にテレビ朝日に入社。同期のアナウンサーに清水俊輔松尾由美子がいる。

3歳からサッカーを始め、高校時代はFC町田ユース(現:FC町田ゼルビアユース)でプレーしクラブユース全国大会に1年生ながら出場した[3]。またクラブユースの東京都選抜にも選出され元日本代表の永井雄一郎とツートップを組んだ経験がある[4]。しかし日本サッカー協会の規定により高校の部活と2重登録ができないため、学校ではHHP(八王子東プロレスリング)に所属しており、そこで実況を担当したことをきっかけで、『ワールドプロレスリング』があるテレビ朝日を志望した旨を東京スポーツ記者・柴田惣一のコラムで取材を受けた際に話している。慶應義塾大学進学後もソッカー(サッカー)部に所属し、選手兼主務として活躍した。

2011年に日本代表戦の実況を任されると、偶然にも実況を担当した試合で日本代表が勝つか引き分けるかの状況が続いた。このため、2013年6月4日に行われたブラジルW杯アジア最終予選オーストラリア戦の試合は日本の本大会出場がかかった試合ということもあり、実況担当に指名され[5]、結果引き分けで本大会出場を決めた[6]。その後実況を担当した試合でも日本代表は勝利し実況時の通算成績を6勝2分けとしたが[3]、続いて実況を担当したブラジルW杯本大会のコロンビア戦で日本代表は敗れ、吉野の実況時での日本代表の不敗記録が途切れた。

現在の担当番組[編集]

スポーツ
実況を担当した男子A代表
日付 試合名 対戦相手
2011年1月13日 AFCアジアカップ2011 グループリーグ第2戦 シリア
2011年1月25日 AFCアジアカップ2011 準決勝 韓国
2011年10月7日 キリンチャレンジカップ2011 ベトナム
2012年6月3日 2014FIFAワールドカップブラジル アジア最終予選 オマーン
2012年6月12日 2014FIFAワールドカップブラジル アジア最終予選 オーストラリア
2012年9月11日 2014FIFAワールドカップブラジル アジア最終予選 イラク
2013年6月4日 2014FIFAワールドカップブラジル アジア最終予選 オーストラリア
2014年6月7日[注 1] 国際親善試合 ザンビア
2014年6月25日[注 2] 2014FIFAワールドカップブラジル グループリーグ第3戦 コロンビア
2014年11月14日 キリンチャレンジカップ2014 ホンジュラス
2015年1月12日 AFCアジアカップ2015 グループリーグ第1戦 パレスチナ
2015年1月20日 AFCアジアカップ2015 グループリーグ第3戦 ヨルダン
2015年6月11日 キリンチャレンジカップ2015 イラク
2016年3月29日 2018FIFAワールドカップロシア アジア2次予選 シリア
実況を担当した女子A代表
日付 試合名 対戦相手
2013年6月29日 欧州遠征 ドイツ
2013年9月22日 国際親善試合 ナイジェリア
2014年5月16日 AFC女子アジアカップ2014 グループリーグ第2戦 ベトナム
2014年5月22日 AFC女子アジアカップ2014 準決勝 中国
2014年9月13日 なでしこジャパン WORLD MACTH ガーナ

過去の担当番組[編集]

報道・情報
スポーツ担当 金曜日(2013年9月30日 - 2015年9月25日)
サブキャスター(2015年9月28日 - 2021年10月1日)
  • 池上彰が伝える2020五輪開催地決定スペシャル(2013年9月8日) - スタジオ進行
スポーツ
バラエティ

映画[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 現地時間6月6日 レイモンド・ジェームス・スタジアム(アメリカ/タンパ
  2. ^ 現地時間6月24日 アレーナ・パンタナール(ブラジル/クイアバ

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]