大熊英司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おおくま えいじ
大熊 英司
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都板橋区[1]
生年月日 (1963-09-05) 1963年9月5日(56歳)[1]
血液型 A型[1]
最終学歴 一橋大学経済学部
所属事務所 シグマ・セブン
職歴 テレビ朝日アナウンサー
(1987年 - 2020年6月)
フリーアナウンサー
(2020年7月 - )
活動期間 1987年 -
ジャンル バラエティ・報道・情報など
公式サイト シグマ・セブン公式
出演番組・活動
出演経歴さんまのナンでもダービー
やじうまワイド
『ぷっ』すま
ANN NEWS

大熊 英司(おおくま えいじ、1963年9月5日[1] - )は、日本フリーアナウンサーナレーターシグマ・セブン所属。元テレビ朝日アナウンサー

略歴[編集]

東京都板橋区出身[1]。後に愛知県名古屋市に転居[1]名古屋市立城山中学校[要出典]名古屋市立菊里高等学校から一橋大学経済学部を卒業後、1987年に入社[2][3]。同期は渡辺由佳[3]。就職活動に当たっては日本銀行にも内定を得ていたが、アナウンサーの道に進むことにしたため辞退。

学生時代は吹奏楽部やイージー・リスニング楽団に所属し、フルート[4] を演奏。

入社時からニュース、スポーツなどジャンルに関係なく多くの番組に出演。1993年からの『さんまのナンでもダービー』をはじめ、バラエティ番組の司会も受け持っていたが、実際にはスポーツ実況が好きで、「五輪で実況アナウンスを務める」という夢を長年抱いていた。その夢は2006年トリノオリンピックの際に叶えた。またテレビ朝日がボクシング中継(『エキサイトボクシング』)を行っていた当時、大熊がメイン実況アナウンサーを務めており、ヨネクラボクシングジムが生んだ世界王者である大橋秀行(元WBAWBC世界ストロー級王者)、川島郭志(元WBC世界スーパーフライ級王者)の世界タイトルマッチを全て実況している[5]

2006年4月から2020年3月まで長年にわたって土日の朝・昼の『ANNニュース』を担当していた(日曜は「サンデーLIVE!!」開始以降、同番組が全米オープンゴルフ中継や年末年始での休止を除き昼のみ担当していた)。

定年まで残り3年だったが、『ANNニュース』の卒業をきっかけに、早期退職制度を利用して2020年6月30日付で31年3ヶ月在職したテレビ朝日を退職[3]7月1日より声優・ナレーター事務所のシグマ・セブンに所属し、フリーアナウンサーとしての活動の他、ナレーターとしても活動の幅を広げていく予定[6]

人物・エピソード[編集]

  • 甘い物が大好物(特にアイスクリーム)。
  • 名字が「大」なので、に愛着があり、自宅には大量の熊のぬいぐるみが置いてあると言う。
  • 愛称は熊の助。名づけ親は草彅剛。『『ぷっ』すま』のショートコントで突発的に出した名前から。今では気に入っているとのこと[7]。ちなみに、熊の助と呼ばれたのは人生で初めてだとつづっている(それまでの愛称は「くまさん」など)。
  • 好みの女性のタイプは相武紗季
  • 好きな言葉は「明日は明日の風が吹く」[3]
  • 独身(未婚)。『『ぷっ』すま』では稀にいじられていた。
  • キャラ☆キング』のDVD発売記念イベントに登場した際、「さっきニュースを読んだのですが、『(WBCで)日本が韓国に“大敗”した』と読んじゃいまして…。こんな風に落ち込むことがあっても元気になれるDVDです」と自虐した[8]
テレビ朝日退社・フリー転向に関するエピソード
  • 早期退職制度があったことから、テレビ朝日からの退社は1年前から検討していた。「今後、長く仕事を続けていくために助走を長く取った方が良いのかなと思った。新しいことを早めに始めた形です」と語る[9]
  • テレビ朝日退社の理由の一つとして、ナレーターの世界を探求したいとの思いがあった。テレビ朝日の朗読劇イベントに参加する中でナレーター界の第一人者である槇大輔から度々アドバイスを受け、その深い技術に感銘を受けていた。退社後はその槇が立ち上げ時のメンバーであるシグマ・セブンに所属している[9]
  • テレビ朝日からの退社は円満退社であり、所属最終日の6月30日に行われたテレビ朝日の定例社長会見で、社長の亀山慶二は「長きにわたり、いろいろな主要な番組を担当してもらいました。本当にご苦労さまでした」と大熊をねぎらうコメントを出している[10]
  • バラエティ番組『『ぷっ』すま』では約17年間という長期にわたってサブMCを担当。番組が最終回を迎えるあたり、番組サイト内の大熊によるブログでは、これで終わりのような気がしない、番組MCの草彅剛ユースケ・サンタマリアや番組スタッフとまた一緒に仕事ができるんじゃないか、といった思いが綴られていた。そのため、大熊のフリー転向の報道が出た際には、新たに草彅とユースケがMCを務めているAmazonプライム・ビデオの番組である『なぎスケ!』への出演がネットユーザーを中心に期待されていた[11]
  • 『『ぷっ』すま』での縁もあり、同番組にたまに出演していたお笑いタレント・江頭2:50YouTubeチャンネル『エガちゃんねる』へのサプライズゲスト出演がフリー転向後の初仕事となった。フリーになることが決まってから最初に依頼が来た仕事だったといい、また、フリー初日の7月1日は奇しくも江頭の誕生日と同日であり、当日中に出演動画が投稿された。動画内では『『ぷっ』すま』MCの草彅とユースケの2人からのビデオメッセージも流され、直接の対面はしていないものの『『ぷっ』すま』共演者4名による4ショットが2年以上ぶりに実現した[6]
  • 草彅との直接の共演及び再会は、7月5日配信のABEMA7.2 新しい別の窓』「ななにー!お久しぶりです!」のゲスト出演で実現した[12][13]

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

テレビ朝日時代[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 大熊英司(おおくまえいじ)のプロフィール・画像・出演スケジュール【スタスケ】(0000221964)”. ザテレビジョン. 2020年6月21日閲覧。
  2. ^ アナウンサーズ テレビ朝日”. テレビ朝日. テレビ朝日. 2020年6月21日閲覧。
  3. ^ a b c d “テレ朝・大熊英司アナが56歳で退社…今後はフリーとして活動 06年4月から「ANNニュース」“週末の昼の顔”として活躍”. スポーツ報知. (2020年6月21日). https://hochi.news/articles/20200620-OHT1T50312.html 2020年6月21日閲覧。 
  4. ^ 『『ぷっ』すま』出演が縁で、村松フルート製作所の季刊誌『季刊ムラマツ』Vol.142(2019年冬号)の「私とフルート」のコーナーに掲載されている。
  5. ^ プロボクサー小堀佑介、最後の金屏風 ~大助・佑介~編”. エビ☆ログ(角海老宝石ボクシングジム公式ブログ). 角海老宝石ボクシングジム (2010年1月30日). 2020年6月21日閲覧。
  6. ^ a b “テレ朝退社の大熊アナ、黒覆面&黒タイツでフリー初仕事!ぷっすま縁で「エガちゃんねる」登場”. Sponichi Annex. (2020年7月1日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/07/01/kiji/20200701s00041000305000c.html 2020年7月2日閲覧。 
  7. ^ 「ぷっ」すま公式HP内のブログ・熊の助日記、2006年12月19日『熊の助』より
  8. ^ ハマカーン、チェリー☆パイら『キャラ☆キング』オリジナルキャラがライブを披露 - TV LIFE 2009年3月9日(2009年3月10日時点のアーカイブ
  9. ^ a b “大熊英司アナ 笑顔で踏み出した再出発の第一歩”. Sponichi Annex. (2020年7月3日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/07/03/kiji/20200702s00041000350000c.html 2020年7月3日閲覧。 
  10. ^ “テレ朝社長が退社大熊アナへ「本当にご苦労さま」”. 日刊スポーツ. (2020年6月30日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202006300000436.html 2020年7月3日閲覧。 
  11. ^ “草なぎ剛とユースケ・サンタマリア、自由奔放な2人が『なぎスケ!』で生み出す“許し笑い合える空間””. Real Sound. (2020年6月29日). https://realsound.jp/2020/06/post-576547.html 2020年7月3日閲覧。 
  12. ^ “草なぎ剛:「『ぷっ』すま」以来初! アベマ番組で大熊英司アナと共演”. まんたんウェブ. (2020年7月3日). https://mantan-web.jp/article/20200703dog00m200028000c.html 2020年7月3日閲覧。 
  13. ^ “草なぎに協力するも「邪魔」と言われ…大熊アナが『ぷっすま』エピソード明かす”. ABEMA TIMES. (2020年7月5日). https://times.abema.tv/posts/7061257 2020年7月5日閲覧。 

外部リンク[編集]