片山千恵子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かたやま ちえこ
片山 千恵子
プロフィール
愛称 ちえぞう[1]、千恵ちゃん、ちー坊(一部の雑誌が表記)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県川崎市
生年月日 (1984-07-24) 1984年7月24日(32歳)
最終学歴 上智大学外国語学部
イスパニア語学科卒業[2]
勤務局 NHK放送センター
部署 東京アナウンス室
職歴 金沢→東京アナウンス室
活動期間 2008年 -
ジャンル バラエティー
配偶者 あり[3]
家族 西川鯉之亟(父)
公式サイト NHK
出演番組・活動
現在 本文参照
過去 本文参照
その他 日本舞踊西川流師範。福澤諭吉玄孫。金沢局で地上デジタル放送推進大使

片山 千恵子(かたやま ちえこ、1984年7月24日 - )は、NHKアナウンサー

人物[編集]

玉川学園高等部を経て上智大学に進学。

同大学卒業後2008年入局。2012年春の異動で東京に移った。金沢では2009年秋から地上デジタル放送推進大使を務め、珠洲市での先行完全地デジ化PRなどの任務にあたった[4]

2012年に東京本局へ異動した後は主に情報番組への出演が多いが、自身が日本舞踊家であることから、担当番組の『サキどり↑』で西川流舞踊を披露したり[5]、古典芸能に関係する番組に出演する機会も多い。

人物像[編集]

慶應義塾の創始者・福澤諭吉は母方の先祖にあたる[6]。片山本人によれば「自分が何代目かは分からないが母方の先祖です。周囲から(1万円札と見比べて)似ていると言われます」という[7]。『スポーツ報知』では「福沢諭吉の玄孫」と報じられていた[8]

東映の大御所俳優としてその名を知られた片岡千恵蔵と名前が似通っていることから、NHK内部では『ちえぞう』という愛称で呼ばれている[1]

麺類が特に好き。好きな音楽は、ゴスペル・長唄・カーペンターズ。好きな映画は、『ラブ・アクチュアリー』・『RENT』・『ヘアスプレー』。

父親が名古屋市出身の為、根っから中日ドラゴンズの大ファン。なお、中日の元選手・元監督である高木守道大叔父にあたる[6]

2016年4月に大学の先輩にあたる一般男性と婚姻届を提出[3]、同年10月22日に都内ホテルで挙式・披露宴を行った[9]

2017年6月15日に放送された「所さん!大変ですよ」で、番組の終わりに、「今回の放送をもちまして、産休に入らせていただきます。」と報告した。

現在の担当番組[編集]

過去の担当番組[編集]

※全国デビュー番組。2008年組ではトップバッター。

同期のアナウンサー[編集]

※同期アナウンサーが少ないため、項目があるアナウンサーのみ掲載。

関連項目[編集]

  • 高木守道 - 元・中日ドラゴンズ内野手、監督。片山の大叔母(父方の祖母の妹)が高木守道の妻にあたる。

脚注[編集]

  1. ^ a b NHKウイークリー『ステラ』2016年6月3日号「アナウンサーコラム ここだけの話=片山千恵子」参照
  2. ^ 上智大学平成19 年度外国語学部卒業論文
  3. ^ a b NHK片山千恵子アナ、結婚していた! お相手は上智大の先輩 zakzak by夕刊フジ 2016年5月28日付
  4. ^ なお片山本人の誕生日がアナログ放送終了の日と同じであることから、それを金沢局の公式サイトで「まさに運命」と述べていた。
  5. ^ 2014年8月31日放送 NHK総合 サキどり↑ テレビでた蔵
  6. ^ a b NHK片山千恵子アナが妊娠6カ月、先祖は福沢諭吉”. 日刊スポーツ (2017年4月15日). 2017年4月15日閲覧。
  7. ^ 諭吉の子孫!NHK片山アナ全国デビュー デイリースポーツ 2012年3月31日
  8. ^ NHK新キャスターに福沢諭吉のやしゃご…元ミスソフィア・片山千恵子アナ スポーツ報知 2012年2月1日付(Internet Archive)
  9. ^ NHK「サキどり↑」ナビゲーター片山千恵子アナが22日挙式! スポーツ報知 2016年10月17日6時0分
  10. ^ 石川県域のみの放送。
  11. ^ 特別ゲストに仲代達矢
  12. ^ 9月11日はアメリカ同時多発テロから10年、および東日本大震災から半年の関連報道のため、森本健成阿部渉渡邊佐和子の各アナウンサーが出演した。

外部リンク[編集]