ニュース シブ5時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NHKニュース > NHKのテレビのニュース・報道番組 > ニュース シブ5時
シブ5時
ジャンル 帯番組 / 報道番組情報番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
ニュース シブ5時
放送時間 平日 16:50 - 18:10(80分)
放送期間 2015年3月30日 -
出演者 松尾剛
寺門亜衣子
外部リンク 公式サイト
4時も!シブ5時
放送時間 平日 16:00 - 16:50(50分)
放送期間 2017年4月3日 -
ニュース シブ5時 デビュー(パイロット版)
放送時間 水曜 16:50 - 18:10(80分)
放送期間 2015年2月11日(1回)

特記事項:
大相撲本場所・高校野球開催期間中は休止。
テンプレートを表示

ニュース シブ5時』(ニュース シブごじ)は、NHK総合テレビジョン2015年3月30日に放送を開始した、平日月曜日から金曜日)夕方生放送報道情報番組である。後述のとおり2017年4月3日からはコンプレックス編成の『シブ5時』シリーズとなり、『ニュース シブ5時』はその第2部に当たる。当頁では、その2017年4月3日から開始の第1部の番組『4時も!シブ5時』についても触れる。

概要[編集]

『ニュース シブ5時』[編集]

2006年春から17時台に放送されてきた『ゆうどき[1]とこれに続く平日18時の全国ニュースを統合し、更には2003年秋から放送された『お元気ですか日本列島』の流れを汲む平日14時台の『情報まるごと』を廃止・吸収する形で、新しいニュース番組としてスタートする。

今日の「知りたい」に、「いち早く、まっすぐにこたえる」をコンセプトに、放送時間である夕方の時間帯に「一日がひと目でわかる」よう、コンパクトにまとめて伝える手法をとり、その日の主だったニュースをこの番組の軸として、放送時間内に入ってくる最新のニュースも素早く伝える[2]。また、起きたばかりの事件や事故に加え、注目されるニュースは生中継を行う[2]。主な企画はその日の出来事を一覧にして伝えたり、解説、トレンド企画など[3]

番組名「シブ5時」は、NHK放送センター東京都谷区にあることと、「夕方5時」に由来している[4]。なお、鈴木雅之菊池桃子のデュエット曲「渋谷で5時」との関係性は不明。

名前が似ていることから「鈴木雅之や菊池桃子をゲスト出演させないのか?」という視聴者の声を受けて2015年4月17日放送分に鈴木がゲスト出演し、同曲にも触れたほか、鈴木は「シブ5時」のタイトルを聞いた際に「パクられた」と感じたと発言した[5]。なお菊池のスタジオ出演はなかった。本人の話によれば長らく鈴木と顔合わせをしていなかったことから出演を嫌がり、代わりにVTRのみの出演となっていた。

NHKは新年度編成計画発表の席で「民放もニュースが放送されている時間だが、いち早く知りたいニュースをお届けする番組にしたい。(これまでの)『ゆうどき』をよりパワーアップしたい。女性の視聴者も意識したい」と説明[4]

番組開始に先駆けて、2015年2月11日水曜日祝日)の16:50 - 18:10に事前番組パイロット版として『ニュース シブ5時 デビュー』(ニュース シブごじ デビュー)が先行して本放送と同形式で生放送された[6]

通常のニュース番組での男性キャスターはスーツ・ネクタイだが、本番組ではカジュアルな衣装となっている。ちなみに、当番組が初の試みではなく『おはよう日本』の土日祝日版および『おはよう北海道土曜プラス』『ウィークエンド関西』で既に実施されている。

4月20日放送分から左上の時刻表示(カスタムフォント)がニューロダンベースに(カスタムフォントは関東のみ)、5月25日放送分からニュースや特集で右上に表示される「見出しテロップ」にアニメーションが付いたり、17時30分からのニュースをニュースリーダーの高瀬耕造が担当するなど、小規模なリニューアルがなされている。

2016年3月29日放送分よりスタジオセットがリニューアルされ、従来よりスタジオがかなり広くなった。また、大型のワイドモニターが設置された(スタジオは『おはよう日本』・『ニュースウオッチ9』と共用している)。

2017年4月、『4時も!シブ5時』の開始に伴い本編もリニューアル、スタジオや番組内のコーナーに関しては最小限にとどめられ、テロップ類のリニューアルが中心となった。このリニューアルに伴い『4時も!シブ5時』『ニュース シブ5時』共通の番組テーマソングがMrs. GREEN APPLEによって製作された(曲名は『SwitCh』)。

2017年10月から18時のニュースは二か国語放送に変更。従来のモノラル放送は18:00までとなった[7]

『ゆうどき』は2014年度のみ金曜日をNHK大阪放送局発としたが、当番組では再び全曜日東京発であり、2015年度の大阪発は『NEWS WEB』に移行した。

当番組のエンディングでは、寺門亜衣子より後座番組である地域情報番組への振りで締めることが恒例。

『4時も!シブ5時』[編集]

生放送が行われるCT-450スタジオ

2017年4月3日から当番組の開始時刻を16:00に前倒しとして、16:50までは新番組『4時も!シブ5時』を編成。16:50 - 18:10の本編と合わせてコンプレックス編成として放送される。これまで15・16時台は再放送・アンコール枠だったが、13時台から3時間にわたって生放送される『ごごナマ』や、18:10 - 19:00の『首都圏ネットワーク』などといった地域情報番組、さらに19:00 - 19:30(土・日・祝日も含む)の『NHKニュース7』を含め、延べ6時間30分の生放送ゾーンを作ることで、突発的な災害・事件にも素早く対応できる編成を目指すとしている[8]

このリニューアルに伴い、16時から5分間放送されていた『NHKニュース』(定時スポットニュース)はこの番組の「インデックスニュース」として統合・内包されたほか、番組ロゴが刷新される(『4時も!シブ5時』と『ニュース シブ5時』でロゴのデザインが異なる、ロゴは電灯のスイッチを意識したデザインとなっている)。また、『4時も!シブ5時』では、当番組の17時台の前番組『ゆうどき』や2017年3月17日に終了した『スタジオパークからこんにちは』で使われていたNHKスタジオパーク内のCT-450スタジオから生放送される。

月 - 木曜日に限り前座番組『ごごナマ』のエンディングでは、MCの船越英一郎から『4時も!シブ5時』への振りコメントで締めることがあり、これにジョン・カビラが反応するという演出がされることがある(当番組の出演者が番組冒頭で『ごごナマ』の内容に触れることもある)。『4時もシブ5時』の冒頭では本編のスタジオに繋ぎ両スタジオの出演者同士でクロストークを行うことがある。こちらのエンディングでは廣瀬智美より本編への振りで締められることもある。

同年6月に入り、オープニングCGが流れなくなりバックのテーマソングがインストゥルメンタル版に変更されている。

2017年7月31日から本編と同じカスタムフォントを使用するようになった。

視聴率[編集]

パイロット版の視聴率は4.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。以下略)となり、同時間帯のテレビ東京を除く民放各局の裏番組(報道番組)に苦戦した[9]

本編レギュラー放送の視聴率は開始以来2 - 4%台で推移し[10][11][12]、 時間帯順位は3・4位程度である[13]。一方、2016年8月22日放送分で17.2%を記録し、時間帯1位に輝いた[14]

放送時間・タイムテーブル[編集]

料理コーナーの生放送or収録現場
時刻 放送内容
16:50
  • ニュース
  • ニュース解説
  • SoLTルーム解説
  • 特集
  • シブ5時ワールド
  • 全国気象情報
17:30ころ
  • ニュース
  • 特集
  • 5時カメ!
17:57
  • 各地の放送局から気象情報
    (各拠点局から当該エリア向け予報。東京からは関東甲信越向け)
18:00
  • ニュース

番組タイトル・放送時間の変遷[編集]

期間 番組タイトル 放送時間
第1部 第2部 第1部 第2部
2015.3.30 2017.3.30 - ニュース シブ5時 - 16:50 - 18:10(80分)
2017.4.3 現在 4時も!シブ5時 16:00 - 16:50(50分)
本編休止の場合
  • 祝日や大相撲本場所期間中は休止し、従前通りに18時台に10分間のニュースを放送。この場合は土・日と同じように定時の『NHKニュース』扱いとなる。また大相撲期間中は祝日を除いて17時台にも3分程度のニュースを放送する(新聞発表・EPGでは17:00 - 17:03を目安としており、取り組みの合間を縫って放送)。
  • 高校野球期間中は試合日程によるが、18時以降も試合が続く場合は大相撲期間中に準じる。
  • 2017年11月10日は、『2017年NHK杯国際フィギュアスケート競技大会』中継のため休止。
  • 重大ニュース発生時に報道特別番組に変更され、休止または短縮となる事例もある[16]
    • この場合も当番組のMC陣は報道特番に出演しない。
    • 18時台に特設ニュース(内閣総理大臣東京都知事などの記者会見や災害発生時)を放送の場合は17:57で放送を終了。18:00からはニュースセンターから『NHKニュース』として放送。後続番組『首都圏ネットワーク』に関しては時間短縮もしくは全面休止する(その場合は18:45より代替で『首都圏ニュース』を放送)。
  • 国会中継延長の場合、放送時間は短縮される。稀なケースではあるが延長が長引いて17時台が全て休止となった場合でも18時からの10分間のニュースは当番組のキャスターが担当する。
本編の放送時間が変更されるケース(国会中継によるケースを除く)
  • 2016年1月26日は、「全豪オープンテニス2016 錦織圭×ジョコビッチ(セルビア)」放送のため、16:30 - 17:15の短縮版で放送。
  • 2016年8月24日は、リオデジャネイロオリンピック日本選手団の帰国会見を生中継するため、15:55 - 18:10の拡大版で放送。
  • 2016年11月1日は、築地市場移転問題に伴う小池百合子東京都知事の会見を生中継するため、16:25 - 18:10の拡大版で放送。
  • 2016年12月16日は、日ロ首脳会談開催のため、16:30 - 18:10の拡大版で放送。
  • 2017年10月16日から、2017年10月19日までは、一部地域では、第48回衆議院議員総選挙政見放送のため、16:50 - 17:05、及び、17:45 - 18:10の短縮版で放送。
『4時も!シブ5時』休止の場合

出演者[編集]

特記なしはNHK放送センター所属アナウンサー。

メインキャスター
  • 松尾剛(主にニュース・番組進行担当) - 2017年4月以後は『4時も!シブ5時』のインデックスニュースのキャスターも兼務。
  • 寺門亜衣子(主にニュース解説聞き手・番組進行担当)
    • 大相撲中継などで長期休止している期間中、松尾・寺門はラジオ第1の定時ニュースや『NHKジャーナル』のニュースを読むことがある。
気象キャスター
リポーター
ニュースリーダー
17時台中盤のニュースはスタジオ出演。
12時・13時のニュース、『NHKニュース7』ニュースリーダー(2017年4月より)を兼務。大相撲期間中などに当番組が休止となる際は18時のニュースも担当。
記者・解説委員(日替わり)
Solt(ソーシャル・リスニング・チーム)ステーション
  • 山下和彦(NHKネット報道部デスク)
  • 足立義則(NHK報道局・SoLTデスク)
各コーナー出演者
4時も!シブ5時(2017年4月以後)
MC
プレゼンター

また、ディレクターの品川明由実が不定期ながら番組出演している[21]

パイロット版(2015年2月11日放送)[編集]

メインキャスター
  • 松尾剛
  • 寺門亜衣子
「5時の渋谷から生中継」リポーター
生中継リポーター
Solt(ソーシャル・リスニング・チーム)ステーション
  • 足立義則(NHK報道局・ニュースデスク)
ニュースのソムリエ
気象キャスター
VTRナレーション
ニュースリーダー(ニュースパート影読み)
  • 高瀬耕造

過去の主な出演者[編集]

  • 臥雲義尚(遊軍プロジェクト長、開始 - 2015年12月 NHK退職により降板)
  • 塚本堅一(開始 - 2016年1月7日 不祥事により降板)
  • 白鳥哲也(2016年1月25日 - 3月11日 異動により降板)
  • 高瀬耕造(ニュースリーダー 開始 - 2016年4月1日)
  • 平野有海 (気象予報士 開始 - 2017年3月31日 NHKニュース7に異動)

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2013年度までは『ゆうどきネットワーク』。
  2. ^ a b 27年度改定の新番組 (PDF)”. 日本放送協会 (2015年1月21日). 2015年1月22日閲覧。
  3. ^ 平成27年度 国内放送番組 編成計画 (PDF)”. 日本放送協会 (2015年1月21日). 2015年1月22日閲覧。
  4. ^ a b “[NHK]夕方に新ニュース番組「シブ5時」 女性にアピール”. マイナビニュース. (2015年1月21日). http://news.mynavi.jp/news/2015/01/21/399/ 2015年1月22日閲覧。 
  5. ^ ニュース シブ5時 2015年4月17日放送回 goo
  6. ^ nhk_henseiのツイート (565269060838256640)
  7. ^ 全国向けに限ってはローカル枠前の17:57まで。
  8. ^ “NHK、4月から平日午後に3時間の生番組 MCに船越英一郎&美保純ら”. ORICON STYLE. オリコン. (2017年2月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2086037/full/ 2017年2月15日閲覧。 
  9. ^ NHK夕方ニュース参戦!パイロット版放送の本気度 文化通信 2015年2月16日
  10. ^ 寺門亜衣子アナの毒舌に批判も…NHK「ニュース シブ5時」の誤算 ZAKZAK 2015年5月8日
  11. ^ 大相撲ファン、中継ないときはTVを見ていない!? 高視聴率も他局に影響なし(7/11~17) 産経ニュース 2016年7月23日
  12. ^ 井ノ原快彦 VS国分太一、山口達也 VS 伊野尾慧……ジャニタレ「裏番組」視聴率バトル,日刊サイゾー,2017年5月31日
  13. ^ テレビ“午後ナマ戦争”勃発!~NHK新番組の可能性は・・・?~,鈴木祐司,2017年2月17日
  14. ^ 【週間視聴率トップ30】8/22~28 「24時間テレビ」瞬間最高35% 産経ニュース 2016年8月31日
  15. ^ 前番組『ゆうどき』の途中(2013年度)より全国フルネット。
  16. ^ 後座番組『首都圏ネットワーク』も同様だが、こちらは通常通り放送もしくは時間短縮で放送するためほとんど休止しない。
  17. ^ 2017年6月5日に16:45 - 16:50の放送を予定していたが、国会中継が16:59まで延長したため、16:59 - 18:10に本編のみしか放送されなかった。
  18. ^ 4時も!シブ5時 2017年4月18日放送回,goo
  19. ^ ニュース シブ5時 2017年4月18日放送回,goo
  20. ^ 不在時は望月啓太が担当する。
  21. ^ 出演者別:品川明由実(1ページ目) - gooテレビ番組(関東版)
  22. ^ 水戸局移動後は茨城県内の後続番組『茨城ニュース いば6』キャスターを担当。

外部リンク[編集]

NHK総合 平日16:00 - 16:50枠(大相撲期間、高校野球期間、祝日除く)
前番組 番組名 次番組
NHKニュース・気象情報
※平日16:00 - 16:05
グレートネイチャー10min.
月曜 16:05 - 16:15
土曜時代劇(再放送)
※月曜16:15 - 16:50
世界ふれあい街歩き
ちょっとお散歩

火曜16:05 - 16:20
ダーウィンが来た! 〜生きもの新伝説〜(再放送)
※火曜16:20 - 16:50
ミニ番組
水曜16:05 - 16:20
探検バクモン(再放送)
※水曜16:20 - 16:50
○○!投稿DO画(再放送)
木曜16:05 - 16:20
超絶 凄ワザ!(再放送)
※木曜16:20 - 16:50
歴史秘話ヒストリア(再放送)
金曜 16:05 - 16:50
4時も!シブ5時
(2017.4.3 - )
-
NHK総合 平日16:50 - 18:10枠(大相撲期間、高校野球期間、祝日除く)
超絶 凄ワザ!(再放送)
月曜 16:30 - 16:55
【金曜 16:20 - 16:50枠に移動して継続】
探検バクモン(再放送)
火曜 16:30 - 16:55
【5分繰り上げて継続】
セレクション
水曜 16:50 - 16:55
シリーズ世界遺産100
木曜 16:50 - 16:55
ファミリーヒストリー(再放送)
金曜 16:05 - 16:55
【14:05 - 14:55枠に移動して継続】
ゆうどき
※月曜 - 木曜 16:55 - 18:00
ゆうどき 関西発
※金曜 16:55 - 18:00
NHKニュース
※平日 18:00 - 18:10
(全曜日、年末年始期間は18:05まで)
【土・日曜、祝日、大相撲、高校野球、年末年始期間のみ継続】
ニュース シブ5時
(2015.3.30 - )
-