特別番組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

特別番組(とくべつばんぐみ)は、テレビラジオ放送において通常、毎日・毎週のように放送されるレギュラー番組とは異なり、単発的な意味合いを持つテレビ番組ラジオ番組のこと。スペシャルやSPなどと表現されている。

概要[編集]

特別番組は、テレビでは春と秋の改編期の時期と年末年始の時期に多く放送される。ラジオでは、野球中継がない日(特にAM局)や祝祭日(特にFM局)、年末年始の時期に放送されることがある。

JFN系列局では日曜日の19:00 - 20:00もしくは20:00 - 21:00の1時間をレギュラーの特別番組枠(サンデースペシャル)として設けることが多い(通常は『SMOOTH STYLE』、『LIFE IS BEAUTIFUL』、『スポーツキャッチ!』を放送する局がほとんど)。

基本的に特別番組の枠はレギュラー番組と同じく改編期または年末年始に設置されることが多いが、レギュラー番組が視聴率低迷や不祥事などで打ち切られた際に、改編期までのつなぎ番組として急遽設けられることもある。

また、特定の特別番組の枠内で定期的に放送される番組も多い。

これまで長時間の特別番組は1990年代まで日本テレビ系列『24時間テレビ「愛は地球を救う」』・『スーパークイズスペシャル』、フジテレビ系列『FNSの日』、TBS系列『オールスター感謝祭(5時間半)』、テレビ東京系列『新春ワイド時代劇』など数える程しかなかった。しかし、2000年頃から特番の長時間化(3時間から5時間)が目立ち、フジテレビのように途中でニュースを挟んだ2部構成を行なっている(TBS系列『オールスター感謝祭』では21時前後か21時過ぎにニュースが総合司会陣のアナウンス後に挿入)。また、改編期以外(11月や2月など)でも特別番組を組むケースも見られる。

レギュラーの特別番組枠[編集]

NHK[編集]

日本テレビ系[編集]

テレビ朝日系[編集]

TBS系[編集]

テレビ東京系[編集]

フジテレビ系[編集]

※金曜プレステージと土曜プレミアムでは2〜3日間連続の合同企画ドラマなどを放送することもある。

特別番組の様々な種類[編集]

ほか

関連項目[編集]