高瀬耕造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たかせ こうぞう
高瀬 耕造
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 兵庫県加古川市
生年月日 (1975-12-26) 1975年12月26日(41歳)
最終学歴 早稲田大学商学部卒業
勤務局 NHK放送センター
部署 東京アナウンス室
職歴 新潟[1]広島[1]→東京アナウンス室[1]
活動期間 1999年 -
ジャンル 報道
配偶者 川野美咲
出演番組・活動
現在 本文参照
過去 本文参照

高瀬 耕造(たかせ こうぞう、1975年12月26日 - )は、NHKアナウンサー兵庫県加古川市出身。

人物[編集]

兵庫県立加古川東高等学校時代はレイザーラモンHGと同級生だった[2]。また小学校・中学時代の同級生に将棋棋士久保利明がいる[3]早稲田大学商学部卒業後、1999年入局[1]。初任地であったNHK新潟局に赴任していた頃に、現在の妻である川野美咲(当時テレビ新潟アナウンサー)と知り合い結婚[2]

大学時代はグリークラブに所属していたため[1]、現在の特技は男声合唱であるという[4]

マンゴーが大好物。

2012年12月7日に発生したM7.4の三陸沖での地震では津波警報が発令されたことによる緊急報道を担当し、「東日本大震災を思い出してください」、「命を守るために一刻も早く逃げてください!」と強い調子で避難の呼びかけをした[5]

ニホンモニター調べによる、2014年1 - 6月期のテレビ番組出演本数ランキングにおいて、総本数が452本でタレント・アナウンサーを合わせたランキングで1位となった[6]

現在の担当番組[編集]

過去の担当番組[編集]

新潟局時代
広島局時代
  • ふるさと発スペシャル「ちゅうごく人口減少社会」キャスター(2006年4月 - 2007年3月)
東京アナウンス室異動後
  • NHKニュースおはよう日本 キャスター(4:30〜5:55)
  • 月刊とれたてマイビデオ(2009年4月 - 2010年3月)
  • NHK週刊ニュース(2009年10月31日放送分、畠山智之アナの代理)
  • 国会中継(2010年度)(ディレクター兼務)
  • NHKスペシャル シリーズ 日米安保50年 第4回 「日本の未来をどう守るのか」サブキャスター(2010年12月11日)
  • NHKニュース7(土・日)(サブキャスター)(2011年4月[7] - 2012年4月1日)
  • 第46回衆議院議員総選挙(選挙速報)(サブキャスター)(2012年12月16日)
  • 第23回参議院議員通常選挙(選挙速報)(サブキャスター)(2013年7月21日 - 7月22日)
  • NHKスペシャル 「台風連続襲来 “記録的豪雨”はなぜ?」キャスター(2013年10月26日)
  • NHKスペシャル 「特定秘密保護法を問う〜“施行”まで4か月〜」[8]キャスター(2014年8月1日)
  • 第47回衆議院議員総選挙(選挙速報)(サブキャスター)(2014年12月14日)
  • NHKスペシャル 「緊急報告 列島大水害」キャスター(2015年9月12日)
  • BS1スペシャル「アトミック・ガールズ~米秘密都市 英雄と呼ばれた女たち~」ナレーション(2015年12月12日)
  • NEXT 未来のために「社員たちの原発事故/東京電力 復興本社」ナレーション(2016年1月14日)
  • NHKスペシャル 「欧州緊迫 ベルギー連続テロ事件」キャスター(2016年3月26日)
  • 正午ニュース キャスター(月曜〜金曜(祝日除く))(2012年4月2日 - 2016年4月1日)
※午前11時、午後1時、午後6時(大相撲中継期間中)のニュースも担当。
※18:00~18:09のニュースはニュースリーダー
  • 報道特別番組 “世界へのメッセージ”を読み解く キャスター (2016年5月27日)
  • 第24回参議院議員通常選挙(選挙速報)(サブキャスター)(2016年7月10日 - 7月11日)
  • 東京都知事選挙(開票速報)(メインキャスター)(2016年7月31日)
  • その他、政局、災害等緊急報道対応
  • NHKニュース7(メインキャスター)(土曜・日曜・祝日)(2016年4月9日 - 2017年4月2日)
  • NHKニュース(午後8時45分:土曜・日曜)(2011年4月 - 2012年4月1日・2016年4月9日 - 2017年3月26日)
    • 関東甲信越ローカル枠(午後8時55分~9時)のニュース・気象情報も兼務
    • 武田真一の休みで、平日も担当した事もあった。
  • 平日はNHK各放送局の若手アナウンサーを対象に、選挙報道やニュースの伝え方などの研修を担当していた[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 想像力と見識を持ったアナウンサーに 「きっかけはグリークラブでの"一言"から」”. 日本放送協会. 2015年3月2日閲覧。
  2. ^ a b 半年で452番組 日本一TV出演多い高瀬耕造アナって? - 日刊ゲンダイ・2014年7月17日
  3. ^ ニュース シブ5時 2016年1月27日放送回 - gooテレビ番組
  4. ^ なお、2015年12月18日の「ニュース シブ5時」(当時ニュースリーダーとして出演)にて「学生時代グリークラブだったということで“このコーナーで一曲披露しろ”という圧力を掛けられていますが、私はニュース担当ですのでそれは無理です」と真顔で顔色ひとつ変えずギャグ(発言中に目線を原稿に落とすシーンがあり、アドリブではないことが推測される)を言って笑いを誘ったことがある。
    しかもその後「かわりに、寺門亜衣子さんが歌います」と後輩の寺門アナに転嫁してしまった。
  5. ^ 想像力と見識を持ったアナウンサーに 「決して逃げない、ひるまない、揺るがない」”. 日本放送協会. 2015年4月2日閲覧。
  6. ^ 2014上半期で最もテレビに出たタレントは男性・バナナマン設楽統、女性・大久保佳代子 - リアルライブ・2014年7月16日
  7. ^ 平成23年度 番組キャスター(抜粋)
  8. ^ NHKスペシャル 特定秘密保護法を問う~“施行”まで4か月~ - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  9. ^ … 平日の過ごし方 高瀬耕造 - ニュース7ブログ・2016年5月25日

外部リンク[編集]