第176回国会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第176回国会(だい176かいこっかい)は、2010年平成22年)10月1日に召集された臨時国会である。会期は12月3日までの64日間であった。

概要[編集]

民主党代表選挙で、現職の菅直人候補(内閣総理大臣)が小沢一郎候補を下して再選され、内閣改造を行ったことを受けて本格的な菅政権下で論戦が行われた国会である。

先の尖閣諸島中国漁船衝突事件の発生とそれに伴う日本政府の措置、対応や平成22年度補正予算案などが論戦の対象となったが、郵政改革法案といった菅政権における重要法案の提出や、朝鮮王室儀軌などの文化財大韓民国への引き渡しを定めた日韓図書協定の承認などは見送られ、本国会における法案成立率は37.8%と過去10年間で最低(日本国憲法下の国会の中でも最低)を記録した[1]

各党・会派の議席数[編集]

衆議院[編集]

計480、2010年(平成22年)9月30日時点

参議院[編集]

計242、2010年(平成22年)9月30日時点

(参考) 与野党別[編集]

院別 与党 野党等 各派に属さない 欠員 過半数 全議員の2/3
衆議院 311 162 4 3 240 320
参議院 109 128 5 122 162

今国会の動き[編集]

召集前[編集]

会期中[編集]

10月[編集]

11月[編集]

  • 15日 - 衆議院本会議にて仙谷由人官房長官、馬淵澄夫国土交通大臣に対する不信任決議案を否決。
  • 16日 - 衆議院本会議にて平成22年度補正予算案が民主・社民などの賛成多数で可決・参院へ送付。
  • 22日 - 柳田稔法務大臣が辞任(仙谷由人官房長官が後任に指名される)
  • 26日
    • 「北朝鮮による韓国・大延坪島砲撃に関する決議案」が衆参両院それぞれで提出され、いずれも全会一致で議決。
    • 「2022年ワールドカップサッカー大会招致に関する決議案」が衆議院に提出されて全会一致で議決。
    • 平成22年度補正予算が成立(参議院で否決されたが、衆議院優越の原則により成立)
    • 参議院本会議にて仙谷由人官房長官に対する問責決議案を可決。
  • 27日 - 参議院本会議にて馬淵澄夫国土交通大臣に対する問責決議案を可決。
  • 29日 - 第1回帝国議会開会日(1890年)。国会開設120周年の記念式典が参議院本会議場で天皇皇后・秋篠宮夫妻の臨席のもと行われた。

12月[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 産経新聞2010年12月4日号朝刊第5面、2010/12/7閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]