第190回国会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第190回国会(だい190かいこっかい)とは、2016年(平成28年)1月4日召集された通常国会である。会期は同年6月1日までの150日間であった。

各党・会派の議席数[編集]

主な審議議案[編集]

今国会の動き[編集]

召集前[編集]

2015年[編集]

  • 9月27日 - 第189回国会が閉会。
  • 10月21日 - 民主党・維新の党・共産党・社民党・生活の党の野党5党が憲法53条の規定に基づき臨時国会の召集を要求[3]。政府は臨時国会を召集せず閉会中審査を行うことで代えることとした[4]。臨時国会が召集されないのは10年ぶり[5]
  • 12月9日 - 維新の党を除名・離党した議員らが「おおさか維新の会」・「改革結集の会」を結成[6]
  • 12月15日 - 「平成二十八年一月四日に、国会の常会を東京に召集する詔書」が公布[7]
  • 12月21日 - 次世代の党が党名を「日本のこころを大切にする党」に変更[8]

会期中[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

  • 3月1日 - 衆議院本会議で平成28年度予算(一般会計予算・特別会計予算・政府関係機関予算)が可決。憲法の規定により年度内の成立が確実に[18]
  • 3月17日 - 国の重要施設・外国公館・原子力事業所などの上空で小型無人機(ドローン)を飛行させることを禁止するドローン規制法が成立[19]
  • 3月24日
  • 3月25日 - 「改革結集の会」が衆議院事務局に解散届を提出し、解散[23]
  • 3月28日 - 前日に民主党・維新の党が合流して「民進党」が結成されたことに伴い、衆議院会派「民主・維新・無所属クラブ」が会派名を「民進党・無所属クラブ」に変更すると衆議院事務局に届け出た[24]
  • 3月29日
    • 参議院本会議で平成28年度予算が可決され、成立。一般会計予算の規模は、96兆7218億円で過去最大となった[25][26]
    • 軽減税率の導入・法人実効税率の段階的引き下げ・3世代同居をする世帯への税制優遇などを定める税制改正関連法が成立[27][28]
    • 介護休業を3回まで分割して取得したり、給付金の額を休業前賃金の67%に引き上げたりすることを定める改正雇用保険法・改正育児・介護休業法が成立[29]
  • 3月30日 - 特定秘密保護法に基づく制度の運用を監視する両院の情報監視審査会がそれぞれの議長に年次報告書を提出[30][31]

4月[編集]

5月[編集]

  • 5月2日
  • 5月11日 - 物質・材料研究機構理化学研究所産業技術総合研究所の3つを特定国立研究開発法人とし、担当大臣による法人の長の解任・役職員の給与を自由に定めることを可能にするなどの独立行政法人通則法の特例を定める特定国立研究開発法人による研究開発等の促進に関する特別措置法が成立[48]
  • 5月17日 - 平成28年(2016年)熊本地震の被災地の復旧・復興に充てるための総額7780億円の補正予算が全会一致で成立。使途を定めずに必要に応じて橋や道路などのインフラの復旧などに充てることができる予備費7000億円が主な柱[49][50]
  • 5月20日 - 衆議院議員の定数の0増10減をした上で一票の格差を2倍未満とするため選挙区の区割りの見直しを行い、2020年の国勢調査に基づいてアダムズ方式を導入することなどを定める衆院選挙制度改革法(前述の自民党・公明党案)が成立[51][52]
  • 5月24日
    • 裁判員制度対象事件などでの取調べの録画録音(可視化)の義務付け、薬物・銃器犯罪や経済犯罪などでの司法取引の導入および通信傍受の対象に組織的に行われる窃盗や詐欺などの追加などを定める刑事司法改革関連法が成立[53][54]
    • 本邦外出身者に対する不当な差別的言動(ヘイトスピーチ)の解消に向けた取組の推進を図るため、基本理念および国や地方公共団体の責務について定めるとともに、国や地方公共団体による相談体制の整備・教育の充実・啓発活動などを定めるヘイトスピーチ解消法が成立[55][56]
  • 5月25日 - 仮想通貨交換所のマウントゴックスが破産した問題を受けて、仮想通貨に財産的価値を認めるとともに、仮想通貨交換業者について金融庁(内閣総理大臣)の登録制とし立入検査や行政処分を可能とするなどの規制を設ける改正資金決済法などが成立[57][58]
  • 5月27日
    • 平成28年(2016年)熊本地震の被災者に義援金として都道府県や市区町村が交付する金銭やその交付を受ける権利の差押えを禁止するとともに、交付を受ける権利を担保に供することなどを禁止する平成二十八年熊本地震災害関連義援金に係る差押禁止等に関する法律が成立。施行前に交付されたり交付を受ける権利を取得したりした義援金についても、施行前に差押え等がされたものを除いて、適用される[59][60]
    • 酒類の過度な安売りを禁止するため、財務大臣が酒類の公正な取引の基準を定め、これに酒類製造業者や酒類販売業者が従わない場合には名称の公表や命令がなされ、命令にも従わない場合には刑事罰を科したり免許や許可の取消しをすることとするとともに、酒類販売管理者に定期的に研修を受けさせることを義務付けることなどを定める改正酒税法などが成立[61][62]
    • 児童相談所に他の児童福祉司を指導教育する児童福祉司および児童心理司弁護士の配置・特別区でも児童相談所の設置を可能に・自立援助ホームに入所できる上限を大学に在学中であることなどを条件に22歳まで引き上げることなどを定める改正児童福祉法などが成立[63][64]
  • 5月31日 - 衆議院本会議で、民進党・共産党・社民党・生活の党の野党4党がアベノミクスの失敗や安全保障関連法の制定などを理由として提出していた、安倍内閣不信任決議案が賛成少数で否決[65][66]

6月[編集]

  • 6月1日
    • 海外での犯罪行為により、死亡した日本国民の遺族に国外犯罪被害弔慰金(200万円)を支給すること・重度の障害が残った日本国民に国外犯罪被害障害見舞金(100万円)を支給することなどについて定める国外犯罪被害弔慰金等の支給に関する法律が成立[67][68]
    • 2015年(平成27年)12月16日に女性の再婚禁止期間のうち100日を超える部分について最高裁判所違憲判決があったことを受けて、女性の再婚禁止期間を6月から100日までに短縮すること・離婚時に妊娠していないか離婚後に出産した場合には再婚禁止期間を適用しないことなどを定める改正民法が成立[69][70]
    • 会期末。衆議院で閉会中審査の手続がとられた。

常任委員長[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 会派名及び会派別所属議員数 衆議院
  2. ^ 会派別所属議員数一覧 参議院
  3. ^ “臨時国会の召集要求は本気!? 与野党相乗りで海外視察ラッシュ…年明けまで政治休戦?”. 産経ニュース. (2015年10月29日). http://www.sankei.com/politics/news/151029/plt1510290009-n1.html 2016年3月20日閲覧。 
  4. ^ “臨時国会見送りで与野党攻防、閉会中審査へ”. 産経ニュース. (2015年11月30日). http://www.sankei.com/politics/news/151129/plt1511290030-n1.html 2016年3月20日閲覧。 
  5. ^ “臨時国会召集見送りへ 政府・与党、野党要求に応じず”. 朝日新聞デジタル. (2015年11月12日). http://www.asahi.com/articles/ASHCC5JQMHCCUTFK00M.html 2016年3月20日閲覧。 
  6. ^ “おおさか維新が会派結成=小沢鋭氏らは「改革結集の会」-衆院”. 時事ドットコム. (2015年12月9日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201512/2015120900067 2016年3月20日閲覧。 
  7. ^ 2015年(平成27年)12月15日、官報特別号外第32号
  8. ^ “次世代の党が党名を一新 「日本のこころを大切にする党」に”. 産経ニュース. (2015年12月21日). http://www.sankei.com/politics/news/151221/plt1512210010-n1.html 2016年3月20日閲覧。 
  9. ^ “天皇陛下、国会開会式で議員にお言葉”. 日本経済新聞. (2016年1月4日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO95718590U6A100C1CR0000/ 2016年3月20日閲覧。 
  10. ^ “開会式に共産党が初出席 天皇陛下にも一礼”. 毎日新聞. (2016年1月4日). http://mainichi.jp/articles/20160105/k00/00m/010/013000c 2016年3月20日閲覧。 
  11. ^ 第百九十回国会における安倍内閣総理大臣施政方針演説”. 首相官邸. 2016年3月20日閲覧。
  12. ^ “首相が施政方針演説 「未来へ挑戦する国会」と強調”. 朝日新聞デジタル. (2016年1月22日). http://www.asahi.com/articles/ASJ1P6JRPJ1PUTFK014.html 2016年3月20日閲覧。 
  13. ^ “甘利経済再生相が閣僚辞任 2度の現金授受認める”. 朝日新聞デジタル. (2016年1月28日). http://www.asahi.com/articles/ASJ1X5TSBJ1XUTFK011.html 2016年3月20日閲覧。 
  14. ^ “18歳、転居3カ月未満でも投票可能 改正公選法成立へ”. 朝日新聞デジタル. (2016年1月20日). http://www.asahi.com/articles/ASJ1N5G06J1NUTFK008.html 2016年3月20日閲覧。 
  15. ^ “経済再生相 交代の石原氏 異例の「演説やり直し」”. 東京新聞. (2016年2月3日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201602/CK2016020302000124.html 2016年3月20日閲覧。 
  16. ^ ““育休不倫”自民党・宮崎謙介議員が辞職”. 日テレNEWS24. (2016年2月16日). http://www.news24.jp/articles/2016/02/16/04322537.html 2016年3月20日閲覧。 
  17. ^ “野党5党、安保法廃止へ法案共同提出 参院選に向け協力”. 朝日新聞デジタル. (2016年2月19日). http://www.asahi.com/articles/ASJ2M31X5J2MUTFK003.html 2016年3月20日閲覧。 
  18. ^ “来年度予算案が衆院通過 年度内成立確実に”. 日テレNEWS24. (2016年3月1日). http://www.news24.jp/articles/2016/03/01/04323713.html 2016年3月20日閲覧。 
  19. ^ “ドローン規制法が成立 官邸や原発上空、無断飛行禁止”. 朝日新聞デジタル. (2016年3月17日). http://www.asahi.com/articles/ASJ3K5CTZJ3KULFA01H.html 2016年3月20日閲覧。 
  20. ^ “TPP特別委員会設置 衆院本会議で議決”. NHKニュース. (2016年3月24日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160324/k10010454741000.html 2016年3月30日閲覧。 
  21. ^ “TPP審議の特別委員会を設置へ”. 日本テレビ系(NNN). (2016年3月24日). http://www.news24.jp/articles/2016/03/24/04325579.html 2016年5月24日閲覧。 
  22. ^ “戦没者遺骨収集推進法が成立=「国の責務」初めて明記”. 時事ドットコム. (2016年3月24日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016032400848&g=soc 2016年5月24日閲覧。 
  23. ^ “改革結集の会、衆院事務局に解散届”. 日本経済新聞. (2016年3月25日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS25H3J_V20C16A3PP8000/ 2016年3月30日閲覧。 
  24. ^ “民進党が衆院会派名変更 村岡氏ら4人加わる”. 産経ニュース. (2016年3月28日). http://www.sankei.com/politics/news/160328/plt1603280054-n1.html 2016年3月30日閲覧。 
  25. ^ “平成28年度予算 参院本会議で可決・成立”. NHKニュース. (2016年3月29日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160329/k10010460541000.html 2016年3月30日閲覧。 
  26. ^ “一般会計“過去最大”2016年度予算成立”. 日本テレビ系(NNN). (2016年3月29日). http://www.news24.jp/articles/2016/03/29/04325978.html 2016年5月24日閲覧。 
  27. ^ “税制改正関連法成立 軽減税率導入など盛り込む”. NHKニュース. (2016年3月29日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160329/k10010460561000.html 2016年3月30日閲覧。 
  28. ^ “税制改正関連法も成立”. 産経新聞. (2016年3月29日). http://www.sankei.com/economy/news/160329/ecn1603290049-n1.html 2016年3月30日閲覧。 
  29. ^ “改正雇用保険法:成立 介護休業、分割可能に”. 毎日新聞. (2016年3月29日). http://mainichi.jp/articles/20160330/k00/00m/010/064000c 2016年4月6日閲覧。 
  30. ^ 平成27年年次報告書 (PDF)”. 衆議院. 2016年4月1日閲覧。
  31. ^ 平成27年年次報告書 本文 (PDF)”. 参議院. 2016年4月1日閲覧。
  32. ^ a b “改正公選法:成立 駅・商業施設に投票所 今夏参院選から”. 毎日新聞. (2016年4月6日). http://mainichi.jp/senkyo/articles/20160406/dde/001/010/075000c 2016年4月6日閲覧。 
  33. ^ “成年後見人確保へ新法成立=認知症高齢者増に対応”. 時事ドットコム. (2016年4月8日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016040800055&g=soc 2016年4月18日閲覧。 
  34. ^ “成年後見:促進法が成立、近く施行”. 毎日新聞. (2016年4月8日). http://mainichi.jp/articles/20160408/k00/00e/010/198000c 2016年4月18日閲覧。 
  35. ^ 地域再生法の一部を改正する法律案(概要) (PDF)”. 内閣官房. 2016年4月24日閲覧。
  36. ^ “企業版ふるさと納税導入=改正地域再生法成立”. 時事ドットコム. (2016年4月14日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016041400056&g=pol 2016年4月24日閲覧。 
  37. ^ “改正サイバーセキュリティ基本法が成立”. NHKニュース. (2016年4月15日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160415/k10010481211000.html 2016年4月15日閲覧。 
  38. ^ “改正サイバー基本法が成立=監視対象、独法にも拡大”. 時事ドットコム. (2016年4月15日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016041500688&g=pol 2016年4月21日閲覧。 
  39. ^ “【熊本地震】地震後初の衆院本会議で黙祷 大島議長「痛恨に耐えない」”. 産経ニュース. (2016年4月19日). http://www.sankei.com/affairs/news/160419/afr1604190046-n1.html 2016年4月25日閲覧。 
  40. ^ ““国境近い離島を無人にせず”運賃低減など求める法律成立”. NHKニュース. (2016年4月20日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160420/k10010490031000.html 2016年4月24日閲覧。 
  41. ^ “北神氏が繰り上げ当選 衆院比例近畿”. 朝日新聞デジタル. (2016年4月20日). http://www.asahi.com/articles/ASJ4N5JLSJ4NUTFK026.html 2016年4月24日閲覧。 
  42. ^ “衆院選挙制度見直し法案 衆院本会議で審議入り”. NHKニュース. (2016年4月22日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160422/k10010494311000.html 2016年4月24日閲覧。 
  43. ^ “「一票の格差」是正、論戦 衆院選改革法案、審議入り”. 朝日新聞デジタル. (2016年4月23日). http://www.asahi.com/articles/DA3S12324138.html 2016年4月24日閲覧。 
  44. ^ “新国立整備にtotoの10%まで…改正法成立”. 読売オンライン. (2016年5月2日). http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2020/20160502-OYT1T50114.html 2016年5月5日閲覧。 
  45. ^ “toto充当割合引き上げ…整備財源法成立”. 毎日新聞. (2016年5月2日). http://mainichi.jp/articles/20160503/k00/00m/050/053000c 2016年5月5日閲覧。 
  46. ^ “児童扶養手当:大幅増 2人目以降、最大で倍 改正法成立”. 毎日新聞. (2016年5月2日). http://mainichi.jp/articles/20160502/k00/00e/040/129000c 2016年5月14日閲覧。 
  47. ^ “児童扶養手当、2人目以降が最大で倍増へ 改正法成立”. 朝日新聞. (2016年5月2日). http://www.asahi.com/articles/ASJ523T3GJ52UTFK001.html 2016年5月14日閲覧。 
  48. ^ “人材確保へ、高額報酬の支払い可能に 理研など3機関”. 朝日新聞. (2016年5月12日). http://www.asahi.com/articles/ASJ5C64YJJ5CULBJ00M.html 2016年5月15日閲覧。 
  49. ^ “景気への悪影響を回避=補正予算、追加対策の声も”. 時事ドットコム. (2016年5月17日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016051700784&g=eco 2016年5月24日閲覧。 
  50. ^ “熊本地震:安倍首相「住まい確保に全力」 補正予算成立”. 毎日新聞. (2016年5月17日). http://mainichi.jp/articles/20160518/k00/00m/010/056000c 2016年5月24日閲覧。 
  51. ^ “衆院選「違憲状態」是正へ 定数減・区割り見直し 改革法成立”. 朝日新聞デジタル. (2016年5月21日). http://www.asahi.com/articles/DA3S12368237.html 2016年5月31日閲覧。 
  52. ^ “【衆院選挙制度改革】選挙区を「0増6減」、関連法成立”. 産経ニュース. (2016年5月20日). http://www.sankei.com/politics/news/160520/plt1605200009-n1.html 2016年5月31日閲覧。 
  53. ^ “刑事司法改革:可視化法、今国会で成立へ”. 毎日新聞. (2016年5月19日). http://mainichi.jp/articles/20160519/k00/00e/040/272000c 2016年5月31日閲覧。 
  54. ^ “取り調べ可視化、刑事司法改革関連法が成立”. 読売オンライン. (2016年5月24日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160524-OYT1T50053.html 2016年5月31日閲覧。 
  55. ^ “対ヘイトスピーチ法成立 取り調べ可視化法も”. 朝日新聞デジタル. (2016年5月24日). http://www.asahi.com/articles/ASJ5S2RZ6J5SULFA002.html 2016年6月4日閲覧。 
  56. ^ “ヘイトスピーチ法が成立 「教育や啓発」国の責務と規定 「不当な差別的言動は許されない」”. 産経ニュース. (2016年5月24日). http://www.sankei.com/politics/news/160524/plt1605240020-n1.html 2016年6月4日閲覧。 
  57. ^ “仮想通貨業者に規制=改正法が成立”. 時事ドットコム. (2016年5月25日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016052500045&g=eco 2016年6月4日閲覧。 
  58. ^ “ビットコイン、テロ組織の悪用阻止 サミット前に規制法成立”. 産経ニュース. (2016年5月25日). http://www.sankei.com/economy/news/160525/ecn1605250061-n1.html 2016年6月4日閲覧。 
  59. ^ “義援金保全法が成立”. 時事ドットコム. (2016年5月27日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016052700055&g=pol 2016年6月4日閲覧。 
  60. ^ “義援金差し押さえ禁止法、参院本会議で成立 熊本地震”. 朝日新聞デジタル. (2016年5月27日). http://www.asahi.com/articles/ASJ5W2S5LJ5WULFA005.html 2016年6月4日閲覧。 
  61. ^ “酒類の安売り規制強化、厳しい罰則 改正酒税法など成立”. 朝日新聞デジタル. (2016年5月28日). http://www.asahi.com/articles/ASJ5W55CBJ5WULFA01N.html 2016年6月4日閲覧。 
  62. ^ “改正酒税法が成立 価格競争妨げのリスクも 適正な値引きと不当な安売りの線引きは? 制度設計にも課題”. 産経ニュース. (2016年5月28日). http://www.sankei.com/politics/news/160527/plt1605270081-n1.html 2016年6月4日閲覧。 
  63. ^ “改正児童福祉法:成立 虐待児の里親養育推進”. 毎日新聞. (2016年5月27日). http://mainichi.jp/articles/20160527/dde/007/010/042000c 2016年6月4日閲覧。 
  64. ^ “虐待対応、児相体制強化へ 改正法成立”. 産経ニュース. (2016年5月27日). http://www.sankei.com/life/news/160527/lif1605270019-n1.html 2016年6月4日閲覧。 
  65. ^ “安倍内閣不信任決議案、衆院本会議で否決”. 朝日新聞デジタル. (2016年5月31日). http://www.asahi.com/articles/ASJ504GMQJ50ULFA013.html 2016年6月13日閲覧。 
  66. ^ “安倍内閣不信任決議案を否決”. 産経ニュース. (2016年5月31日). http://www.sankei.com/politics/news/160531/plt1605310048-n1.html 2016年6月13日閲覧。 
  67. ^ “国外犯罪被害弔慰金支給法:成立 海外犯罪遺族ら支援 死亡被害者200万円”. 毎日新聞. (2016年6月1日). http://mainichi.jp/articles/20160601/dde/001/010/066000c 2016年12月24日閲覧。 
  68. ^ “国外犯罪被害者救済で法成立 弔慰金の条件厳しく”. 日本経済新聞. (2016年6月25日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG21H51_U6A620C1CR0000/ 2016年12月24日閲覧。 
  69. ^ “女性の再婚禁止:100日に 期間短縮、改正民法成立”. 毎日新聞. (2016年6月1日). http://mainichi.jp/articles/20160601/k00/00e/010/219000c 2016年6月13日閲覧。 
  70. ^ “女性の再婚禁止期間100日 改正民法が成立”. 産経ニュース. (2016年6月1日). http://www.sankei.com/affairs/news/160601/afr1606010032-n1.html 2016年6月13日閲覧。 
  71. ^ 衆議院の役員等一覧 衆議院
  72. ^ 参議院役員等一覧 参議院

関連項目[編集]

外部リンク[編集]