西村康稔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
西村 康稔
にしむら やすとし
Yasutoshi Nishimura cropped 2 Urmas Paet and Yasutoshi Nishimura 20140131.jpg
生年月日 (1962-10-15) 1962年10月15日(54歳)
出生地 日本の旗 兵庫県明石市
出身校 東京大学法学部
メリーランド大学大学院
前職 国家公務員通商産業省
所属政党 無所属→)
グループ改革→)
自由民主党細田派→無派閥→細田派)
称号 修士(メリーランド大学・1992年
親族 吹田愰岳父
公式サイト 西村やすとし オフィシャルサイト

選挙区 兵庫9区
当選回数 5回
在任期間 2003年11月10日 - 現職
テンプレートを表示

西村 康稔(にしむら やすとし、1962年10月15日 - )は、日本の元通産官僚政治家自由民主党所属の衆議院議員(5期)、自由民主党総裁特別補佐、筆頭副幹事長[1]

過去に、衆議院内閣委員長内閣府副大臣第2次安倍改造内閣第3次安倍内閣)、外務大臣政務官福田康夫改造内閣麻生内閣)等を歴任。

自治大臣国家公安委員会委員長を務めた元衆議院議員吹田愰岳父

来歴[編集]

兵庫県明石市生まれ。実家は時計店で、父親はサラリーマン神戸大学附属明石中学校灘高等学校東京大学法学部卒業。1985年通商産業省入省。経済企画庁への出向や、石川県商工課長を経て、アメリカ合衆国メリーランド大学大学院で国際政治経済を専攻し[2]1992年5月修士号を取得した[2]1999年、通商産業省環境立地局調査官を最後に退官[2]。退官後は、原健三郎衆議院議長の秘書を務める[要出典]

2000年第42回衆議院議員総選挙に、引退する原の地盤を引き継ぎ無所属兵庫9区から出馬したが、自由民主党公認の宮本一三に敗れ、落選した。2003年第43回衆議院議員総選挙に再び無所属で兵庫9区から出馬し、前回敗れた宮本を下して初当選。無所属の新人議員5人で院内会派グループ改革」を結成後、自民党に入党し、森派(当時)に入会。2005年第44回衆議院議員総選挙では、新党日本公認の宮本、民主党公認の畠中光成を破り再選。2006年、自民党内閣部会産業・地域再生小部会長に就任。2008年8月、福田康夫改造内閣外務大臣政務官に任命され、麻生内閣まで務める。2009年第45回衆議院議員総選挙では自民党に逆風が吹く中、国民新党公認の宮本を兵庫9区で6万票超で破り、3選。兵庫県の12の小選挙区の当選者のうち、西村が唯一の自民党公認候補であり、総選挙後は自民党兵庫県連会長に就任。同年9月、自由民主党総裁選挙町村派の一部議員から推される形で出馬(総裁選出馬に際し、町村派を退会した)したが、谷垣禎一に敗れた[要出典]

2012年12月の第46回衆議院議員総選挙では、民主党の浜本宏日本維新の会の谷俊二らを下して4選。選挙後に発足した第2次安倍内閣において内閣府副大臣に任命された[要出典]2013年2月、2009年に退会した町村派に約3年半ぶりに再入会[要出典]

2014年9月3日第2次安倍改造内閣で内閣府副大臣に再任。2014年12月の第47回衆議院議員総選挙で5選。

2016年1月4日衆議院内閣委員長に就任[3]

2016年8月、自民党総裁特別補佐に就任[4]。併せて、筆頭副幹事長、選対副委員長に就任[5]

政策・主張[編集]

人物[編集]

  • 日中国会議員書画展へ書画を提供している。[9]

政治資金関連[編集]

  • 2012年7月、所得報告書に誤りがあり、訂正を行った[10]
  • 2014年に、西村の資金管理団体「総合政策研究会」が、会員制の「六本木ヒルズクラブ」(東京都港区)に、2007年3月に、入会費約124万円と預託金50万円を支払って会員になり、その後は毎年、年会費約19万円を支出していることが報じられた[11]。「会員権は私的にも使え、政治資金の使途に必要な公明、公正さを確保できず不明朗だ。個人で購入し、政治活動に使った場合のみ費用を政治資金でまかなうべきだ」との識者のコメントを朝日新聞報道している[11]
  • 2016年に「統合型リゾート施設(IR)」整備推進法案(カジノ解禁法案)を議員立法で法案提出した際、大阪府内のスロットマシン製造会社から2013年度からの3年間で計111万円の献金を受けていることが報じられた[12]

著書[編集]

  • 単著
    • 「生き残る企業・都市: ビッグバンを乗り越える7つのルール」同文書院 1999年1月 ISBN 4810380521
    • 「リスクを取る人・取らない人: しがらみを断ち切る勇気がこの国を救う」PHP研究所 2002年10月 ISBN 4569624731
    • 「新(ネオ)・ハイブリット国家日本の活路: 3つの空洞化を越えて」スターツ出版 2010年4月 ISBN 9784883811168
    • 「繁栄か衰退か: 岐路に立つ日本」プレジデント社 2012年12月 ISBN 9784833420310
    • 「命を守る防災・危機管理: その瞬間、生死を分けるもの」プレジデント社 2014年12月 ISBN 9784833421164
    • 「大丈夫か?マイナンバー: 使いこなせばこれだけ便利、こんなに変わる!」ワニブックス 2015年12月 ISBN 9784847065699
    • 「第4次産業革命 : ロボット、AIであなたの生活、仕事はこう変わる」ワニブックス 2016年9月 ISBN 9784847065774
  • 共著
    • 小林温と出版)「国家の生命線 〜戦略的資源・エネルギー外交の確立に向けて〜」PHP研究所 ISBN 4569657206

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 自民、筆頭副幹事長に西村氏
  2. ^ a b c 「略歴」『内閣府副大臣 - 内閣府内閣府
  3. ^ 衆院予算委員長に竹下氏 自公が内定
  4. ^ 自民、幹事長代行に下村氏
  5. ^ 自民党筆頭副幹事長に就任、第2次補正予算案を閣議決定
  6. ^ a b c d “2012衆院選 兵庫9区 西村康稔”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A28009002002 2014年4月27日閲覧。 
  7. ^ a b c 活動報告
  8. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  9. ^ [1]NPO法人日中国会議員書画展実行委員会
  10. ^ 日本経済新聞2012年7月4日
  11. ^ a b 朝日新聞、2014年11月26日
  12. ^ 「カジノ法案提案の維新・小沢氏 パチンコ大手から130万円」東京新聞、2016年12月14日 朝刊
  13. ^ a b c d e 成澤宗雄、「日本会議と神社本庁」、金曜日、2016年
  14. ^ 「安倍政権中枢に カジノ議連メンバーずらり」、しんぶん赤旗 2014年9月9日
  15. ^ 協会概要 - JeSPA 2015年4月1日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
井上信治
日本の旗 衆議院内閣委員長
2016年
次代:
秋元司
公職
先代:
石田勝之
後藤斎
吉田泉
末松義規
中塚一宏
日本の旗 内閣府副大臣
伊達忠一寺田稔と共同

2012年 - 2015年
次代:
高鳥修一
松本文明
福岡資麿
先代:
宇野治
小池正勝
中山泰秀
日本の旗 外務大臣政務官
御法川信英柴山昌彦と共同

2008年 - 2009年
次代:
西村智奈美
吉良州司