グループ改革

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

グループ改革(―かいかく)は、かつて存在した自民系無所属の衆議院議員による院内会派

概要[編集]

2003年第43回衆議院議員総選挙で当選した自民系無所属の新人議員である御法川信英川上義博武田良太坂本哲志西村康稔の5人によって、2003年11月17日に結成され、代表には川上が就任。同年末、国会議員5人という要件を持って政党化し、政党交付金を受け取る構想が存在したが、世論の強い反発が予想されたため断念した。

2004年1月6日に西村が単独で自民党に入党し、その後、残りの議員の自民党入党も認められる運びとなって、同年6月4日、グループ改革は解散し、4人は自民会派入りした。その後、御法川、川上、武田の3人は正式に自民党入党を果たしたが、坂本のみは選挙区事情のもつれから、正式な自民党入党は先送りとなった。

関連項目[編集]