小川平二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小川 平二
おがわ へいじ
Heiji Ogawa 1981.jpg
生年月日 1910年1月14日
出生地 大日本帝国の旗 大日本帝国長野県
没年月日 (1993-07-16) 1993年7月16日(83歳没)
出身校 東京帝国大学経済学部
前職 三菱商事従業員
東亜研究所研究員
所属政党民主自由党→)
自由党→)
自由民主党
称号 勲一等旭日大綬章
親族 小川平吉(父)

日本の旗 第103代 文部大臣
内閣 鈴木善幸改造内閣
在任期間 1981年11月30日 - 1982年11月27日

内閣 福田赳夫内閣
在任期間 1976年12月24日 - 1977年11月28日

日本の旗 第28代 労働大臣
内閣 第2次佐藤第1次改造内閣
在任期間 1967年11月25日 - 1968年11月30日

選挙区 旧長野3区
当選回数 12回
在任期間 1949年1月24日 - 1955年1月24日
1958年5月23日 - 1983年11月28日
テンプレートを表示

小川 平二(おがわ へいじ、1910年1月14日 - 1993年7月16日)は、日本政治家労働大臣自治大臣文部大臣等を歴任した。

鉄道大臣、司法大臣等を歴任した小川平吉の二男として、東京都に生まれる[1]衆議院議員後楽園スタヂアム副社長等を務めた小川一平は兄、日中国交回復後に初代中国大使(1973-77年)を務めた外交官小川平四郎は弟、宮澤喜一元首相および衆議院議員、外交官(駐チリ大使など)小川元は、それぞれ甥である。

来歴・人物[編集]

東京府立五中旧制佐賀高等学校1933年東京帝国大学経済学部を卒業後、三菱商事入社[2]企画院の外郭団体「東亜研究所」を経て、1949年第24回衆議院議員総選挙旧長野3区から立候補し当選、以後当選12回(当選同期に池田勇人佐藤栄作前尾繁三郎橋本龍伍麻生太賀吉小渕光平福永健司塚原俊郎木村俊夫藤枝泉介稲葉修河本敏夫森山欽司床次徳二有田喜一など)。

第4次吉田内閣の経済審議政務次官を経て[2]保守合同後は池田派に所属し、第1次池田内閣内閣官房副長官(政務担当)[2]1967年第2次佐藤内閣第1次改造内閣労働大臣として初入閣を果たす。以後1976年福田赳夫内閣自治大臣国家公安委員会委員長北海道開発庁長官、1981年鈴木善幸内閣改造内閣文部大臣を歴任。1983年政界を引退。

出版社ぎょうせいの社長、会長も務めた。1983年勲一等旭日大綬章受章。1993年7月16日、83歳にて死去。

エピソード[編集]

旧制佐賀高等学校在学中は青地晨(後の評論家)らとともに左翼運動に関与し、一年間の停学処分を受けたことがある。国粋主義者として知られた父・平吉は激怒し「アカは家の敷居をまたがせぬ」として、1年間小川を親類に預け謹慎させたという。

文相時代の1982年歴史教科書問題が起き、中韓との外交関係を重視する首相官邸外務省サイドと、修正要求に応じることによる教科書検定制度の形骸化を危惧する文部省事務方との間で対応に苦慮しながら調整に務め、宮澤喜一内閣官房長官の談話で一応の事態収拾をみた。

自民党きっての中小企業問題のエキスパートとして知られ、長らく党政務調査会中小企業調査会の会長を務めた。

系譜[編集]

小川家[編集]

長野県諏訪郡富士見町東京都

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 早川隆 『日本の上流社会と閨閥』、鈴木・小川・宮沢家 門閥ゼロからのスタート(153-157頁) 角川書店 1983年
  • 佐藤朝泰 『豪閥 地方豪族のネットワーク』、政・官・財を横断する超エリート大閨閥の源流(442-457頁) 立風書房 2001年
  • 中村勝実 『信州の大臣たち』 311-322頁
議会
先代
足立篤郎
日本の旗 衆議院大蔵委員長
1961年 - 1962年
次代
臼井荘一
公職
先代
田中龍夫
日本の旗 文部大臣
第103代:1981年 - 1982年
次代
瀬戸山三男
先代
天野公義
日本の旗 自治大臣
第24代:1976年 - 1977年
次代
加藤武徳
先代
天野公義
日本の旗 国家公安委員会委員長
第34代:1976年 - 1977年
次代
加藤武徳
先代
天野公義
日本の旗 北海道開発庁長官
第39代:1976年 - 1977年
次代
加藤武徳
先代
早川崇
日本の旗 労働大臣
第28代:1967年 - 1968年
次代
原健三郎
先代
松本俊一
日本の旗 内閣官房副長官(政務担当)
1960年
次代
保岡武久
党職
先代
植木庚子郎
自由民主党税制調査会長
1974年 - 1976年
次代
金子一平