奥村又十郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

奥村 又十郎(おくむら またじゅうろう、1911年明治44年)4月3日[1] - 1976年昭和51年)11月22日[2])は、日本の水産業関係者、政治家衆議院議員。旧名・又一郎[2]

経歴[編集]

福井県出身[1][2]1930年福井県立敦賀商業学校を卒業[1][2]北西郷村会議員を務める[1][2]

1946年4月、第22回衆議院議員総選挙で福井県選挙区から出馬して当選[2]1947年4月の23回総選挙では福井県全県区から日本社会党所属で出馬したが落選[3]1949年1月の24回総選挙では民主党から出馬して当選[4]。以後、25回27回第28回総選挙で当選し、衆議院議員を通算五期務めた[2]。この間、衆議院大蔵委員長、第2次岸内閣大蔵政務次官などを歴任[2]

その他、福井県定置網漁業協同組合長、福井県遺族連合会長、福井県漁港協会長、若狭菊酒造取締役などを務めた[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』138頁。
  2. ^ a b c d e f g h i 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』155頁。
  3. ^ 『第二十三回衆議院議員総選挙一覧』235頁。
  4. ^ 『第24回衆議院議員総選挙一覧』353頁。

参考文献[編集]

  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。ISBN 9784816918056
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 衆議院事務局編『第二十三回衆議院議員総選挙一覧』衆議院事務局、1948年。
  • 衆議院事務局編『第24回衆議院議員総選挙一覧』衆議院事務局、1949年。