第37回衆議院議員総選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第37回衆議院議員総選挙
日本
1980年 ←
1983年(昭和58年)12月18日
→ 1986年

内閣 第1次中曽根内閣
解散日 1983年(昭和58年)11月28日
解散名 田中判決解散
公示日 1983年(昭和58年)12月3日
改選数 511
選挙制度 中選挙区制[注釈 1]
有権者 満20歳以上の日本国民
有権者数 84,252,608
Japanese General election, 1983 ja.svg
選挙後の党派別議席数

投票率 67.94%(減少 6.63%)
  第1党 第2党 第3党
  Yasuhiro Nakasone cropped 1 Yasuhiro Nakasone 19821127.jpg Replace this image JA.svg Replace this image JA.svg
党首 中曽根康弘 石橋政嗣 竹入義勝
政党 自由民主党 日本社会党 公明党
党首就任 1982年11月 1983年9月 1967年2月
党首選挙区 群馬3区 長崎2区 東京10区
前回選挙 284 107 33
選挙前議席 286 101 33
獲得議席 250 112 58
議席増減 減少 36 増加 11 増加 25
得票数 25,982,785 11,065,083 5,745,751
得票率 45.76% 19.49% 10.12%
得票率増減 減少 2.12% 増加 0.18% 増加 1.09%

  第4党 第5党 第6党
  Replace this image JA.svg Kenji Miyamoto.jpg Replace this image JA.svg
党首 佐々木良作 宮本顕治 田川誠一
政党 民社党 日本共産党 新自由クラブ
党首就任 1971年4月 1958年8月 1980年2月
党首選挙区 兵庫5区 不出馬
(参議院議員)
神奈川2区
前回選挙 32 29 12
選挙前議席 30 29 10
獲得議席 38 26 8
議席増減 増加 8 減少 3 減少 2
得票数 4,129,908 5,302,485 1,341,584
得票率 7.27% 9.34% 2.36%
得票率増減 増加 0.67% 減少 0.49% 減少 0.63%

  第7党
  Replace this image JA.svg
党首 田英夫
政党 社会民主連合
党首就任 1978年3月
党首の地盤 不出馬
(参議院議員)
前回選挙 3
選挙前議席 3
獲得議席 3
議席増減 増減なし
得票数 381,045
得票率 0.67%
得票率増減 減少 0.01%

選挙前内閣総理大臣

中曽根康弘
自由民主党

選出内閣総理大臣

中曽根康弘
自由民主党

第37回衆議院議員総選挙(だい37かいしゅうぎいんぎいんそうせんきょ)は、1983年昭和58年)12月18日日本で行われた国会衆議院議員総選挙である。

概説[編集]

中曽根康弘首相を支える田中角栄元首相が、一審においてロッキード事件への関与が認定され実刑判決が下った後の政局を打開するための衆議院解散田中判決解散)を受けた選挙であったことから、「ロッキード選挙」と呼ばれた。総獲得議席では与党自民党が大きく退潮する一方、この選挙でみそぎを期した田中は新潟3区(定数5)で2-5位当選者の得票数総計を上回る大量得票で当選した。

自民党は公認候補のみでは単独過半数に届かない敗北であった。保守系無所属の追加公認で自民党は過半数を確保し得たものの常任委員会での多数派確保を目指すことで、中曽根首相は新自由クラブとの連立政権樹立を発表。第2次中曽根内閣1986年7月まで)が発足し、55年体制の下で唯一の連立政権となった。

選挙データ[編集]

内閣[編集]

解散日[編集]

解散名[編集]

公示日[編集]

投票日[編集]

  • 1983年(昭和58年)12月18日

改選数[編集]

  • 511

選挙制度[編集]

投票方法
秘密投票、単記投票、1票制
選挙権
満20歳以上の日本国民
被選挙権
満25歳以上の日本国民
有権者数
84,252,608(男性:40,804,170 女性:43,448,438)

同日実施の選挙等[編集]

国民投票
最高裁判所裁判官国民審査

選挙活動[編集]

党派別立候補者数[編集]

党派 候補者数 男性 女性 公示前
自由民主党 339 286
日本社会党 144 101
公明党 59 33
民社党 54 30
日本共産党 129 29
新自由クラブ 17 10
社会民主連合 4 3
諸派 18 0
無所属 84 6
848 498
出典:『朝日選挙大観』

選挙結果[編集]

党派別獲得議席[編集]

e • d  日本の旗 第37回衆議院議員総選挙 1983年(昭和58年)12月18日施行
党派 獲得
議席
増減 得票数 得票率 公示前
与党計 250 減少036 25,982,785 45.76% 286
自由民主党 250 減少036 25,982,785 45.76% 286
野党・無所属計 261 増加049 30,796,916 54.24% 212
日本社会党 112 増加011 11,065,083 19.49% 101
公明党 58 増加025 5,745,751 10.12% 33
民社党 38 増加008 4,129,908 7.27% 30
日本共産党 26 減少003 5,302,485 9.34% 29
新自由クラブ 8 減少002 1,341,584 2.36% 10
社会民主連合 3 増減なし 381,045 0.67% 3
諸派 0 増減なし 62,324 0.11% 0
無所属 16 増加010 2,768,736 4.88% 6
欠員 0 減少013 - - 13
総計 511 増減なし 56,779,701 100.0% 511
有効投票数(有効率) - - 56,779,701 99.19% -
無効票・白票数(無効率) - - 461,128 0.81% -
投票者数(投票率) - - 57,240,829 67.94% -
棄権者数(棄権率) - - 27,011,779 32.06% -
有権者数 - - 84,252,608 100.0% -
出典:総務省統計局 戦後主要政党の変遷と国会内勢力の推移
投票率:67.94%(前回比:減少 6.63%)
【男性:67.56%(前回比:減少 6.16%) 女性:68.30%(前回比:減少 7.06%)】

党派別女性獲得議席[編集]

党派 候補者 当選者 当選率 議席率
28 8 28.57% 1.57%
出典:『朝日選挙大観』

政党[編集]

自由民主党:250議席
総裁中曽根康弘
幹事長    :二階堂進
総務会長   :細田吉蔵
政務調査会長 :田中六助
国会対策委員長小此木彦三郎
参議院議員会長木村睦男
0
派閥別所属議員数

木曜クラブ田中角栄派)   :63議席
宏池会鈴木善幸派)     :50議席
政策科学研究所(中曽根康弘派):42議席
清和会福田赳夫派)     :40議席
新政策研究会河本敏夫派)  :28議席
自由革新同友会石原慎太郎派):07議席
無派閥            :31議席

日本社会党:112議席
委員長石橋政嗣
副委員長   :小柳勇 土井たか子
        馬場昇 武藤山治
書記長    :田邊誠
政策審議会長 :武藤山治
国会対策委員長:山口鶴男
参議院議員会長藤田進
公明党:58議席
委員長竹入義勝
副委員長   :浅井美幸 多田省吾
        二宮文造
書記長    :矢野絢也
政策審議会長 :正木良明
国会対策委員長:大久保直彦
参議院議員団長鈴木一弘
民社党:38議席
委員長:佐々木良作
副委員長   :小平忠 中村正雄
書記長    :塚本三郎
政策審議会長 :大内啓伍
国会対策委員長:永末英一
参議院議員会長:三治重信
常任顧問   :春日一幸
日本共産党:26議席
議長 :野坂参三
委員長不破哲三
副委員長    :市川正一 戎谷春松
         瀬長亀次郎 西沢富夫
         村上弘
書記局長    :金子満広
政策委員会責任者:村上弘
国会対策委員長 :松本善明
参議院議員団長 :上田耕一郎
新自由クラブ:8議席
代表:田川誠一
幹事長     :山口敏夫
政策委員会責任者:小林正巳
国会対策委員長 :田島衛
社会民主連合:3議席
代表:田英夫
副代表     :江田五月 大柴滋夫
書記長     :楢崎弥之助
政策委員会責任者:安東仁兵衛
国会対策委員長 :阿部昭吾

議員[編集]

当選者[編集]

 自民党   社会党   公明党   民社党   共産党   社民連   新自由クラブ   無所属 

北海道 1区 竹村泰子 町村信孝 斎藤実 小林恒人 箕輪登 2区 村上茂利 安井吉典 五十嵐広三 上草義輝
3区 佐藤孝行 奥野一雄 阿部文男 4区 小平忠 池端清一 岡田春夫 渡辺省一 高橋辰夫
5区 中川昭一 島田琢郎 岡田利春 鈴木宗男 新村源雄
青森県 1区 大島理森 津島雄二 関晴正 田名部匡省 2区 田沢吉郎 津川武一 竹内黎一
岩手県 1区 鈴木善幸 工藤巌 小川仁一 玉沢徳一郎 2区 菅原喜重郎 志賀節 椎名素夫 小沢一郎
宮城県 1区 愛知和男 三塚博 武田一夫 伊藤宗一郎 戸田菊雄 2区 内海英男 長谷川峻 日野市朗 菊池福治郎
秋田県 1区 野呂田芳成 佐藤敬治 中川利三郎 佐々木義武 2区 川俣健二郎 村岡兼造 細谷昭雄 笹山登生
山形県 1区 鹿野道彦 渡辺三郎 近藤鉄雄 榎本和平 2区 加藤紘一 近岡理一郎 佐藤誼 阿部昭吾
福島県 1区 亀岡高夫 天野光晴 佐藤徳雄 石原健太郎 2区 渡部恒三 伊東正義 渡部行雄 渋谷直蔵 滝沢幸助
3区 斎藤邦吉 田中直紀 上坂昇
茨城県 1区 葉梨信行 天野等 塚田延充 額賀福志郎 2区 梶山静六 城地豊司 塚原俊平
3区 中村喜四郎 丹羽雄哉 二見伸明 赤城宗徳 竹内猛
栃木県 1区 渡辺美智雄 船田元 森山欽司 広瀬秀吉 稲葉誠一 2区 武藤山治 稲村利幸 神田厚 水谷弘 藤尾正行
群馬県 1区 尾身幸次 田邊誠 熊川次男 2区 中島源太郎 小川省吾 長谷川四郎
3区 福田赳夫 中曽根康弘 山口鶴男 小渕恵三
埼玉県 1区 小川新一郎 浜田卓二郎 松永光 2区 山口敏夫 小宮山重四郎 宮地正介
3区 加藤卓二 田並胤明 糸山英太郎 4区 山田英介 三ツ林弥太郎 青木正久
5区 福永健司 沢田広 和田一仁
千葉県 1区 鳥居一雄 臼井日出男 柴田睦夫 上野建一 2区 水野清 山村新治郎 小川国彦 林大幹
3区 浜田幸一 石橋一弥 森美秀 吉浦忠治 中村正三郎 4区 新村勝雄 森田景一 友納武人
神奈川県 1区 小此木彦三郎 伊藤茂 伏木和雄 三浦隆 2区 田川誠一 市川雄一 小泉純一郎 岩垂寿喜男 小川泰
3区 橋本文彦 加藤万吉 甘利明 4区 大出俊 佐藤一郎 田中慶秋 草野威
5区 河村勝 河野洋平 富塚三夫
山梨県 全県 金丸信 鈴木強 田中克彦 田辺国男 堀内光雄
東京都 1区 与謝野馨 大塚雄司 木内良明 2区 石原慎太郎 鈴切康雄 大内啓伍 上田哲 岡崎万寿秀
3区 小杉隆 山本政弘 小坂徳三郎 池田克也 4区 粕谷茂 金子みつ 松本善明 大久保直彦 藤原哲太郎
5区 中村靖 長田武士 高沢寅男 6区 有島重武 柿澤弘治 不破哲三 伊藤昌弘
7区 菅直人 大野潔 工藤晃 小沢潔 8区 鳩山邦夫 中川嘉美 深谷隆司
9区 中村巌 浜野剛 中島武敏 10区 竹入義勝 鯨岡兵輔 島村宜伸 渋沢利久 佐藤祐弘
11区 石川要三 伊藤公介 斉藤節 山花貞夫
新潟県 1区 小沢辰男 近藤元次 関山信之 2区 渡辺紘三 佐藤隆 稲葉修 松沢俊昭
3区 田中角栄 村山達雄 渡辺秀央 小林進 桜井新 4区 高鳥修 白川勝彦 木島喜兵衛
富山県 1区 安田修三 住栄作 野上徹 2区 綿貫民輔 木間章 片岡清一
石川県 1区 森喜朗 奥田敬和 嶋崎譲 2区 瓦力 坂本三十次 稲村左近四郎
福井県 全県 福田一 平泉渉 辻一彦 横手文雄
長野県 1区 田中秀征 若林正俊 清水勇 2区 羽田孜 中村茂 井出一太郎
3区 宮下創平 中島衛 串原義直 林百郎 4区 塩島大 唐沢俊二郎 小沢貞孝
岐阜県 1区 武藤嘉文 伏屋修治 松野幸泰 渡辺嘉蔵 簑輪幸代 2区 渡辺栄一 山下八洲夫 金子一平 古屋亨
静岡県 1区 松前仰 戸塚進也 原田昇左右 大石千八 藪仲義彦 2区 斉藤滋与史 勝間田清一 渡辺朗 栗原祐幸 木部佳昭
3区 熊谷弘 元信尭 足立篤郎 安倍基雄
愛知県 1区 春日一幸 柴田弘 田中美智子 横山利秋 2区 丹羽兵助 草川昭三 網岡雄 青山丘
3区 海部俊樹 江崎真澄 佐藤観樹 4区 伊藤英成 浦野烋興 稲垣実男 中野四郎
5区 村田敬次郎 上村千一郎 近藤豊 6区 塚本三郎 石田幸四郎 横江金夫 水平豊彦
三重県 1区 伊藤忠治 坂口力 山本幸雄 中井洽 北川正恭 2区 田村元 藤波孝生 角屋堅次郎 野呂昭彦
滋賀県 全県 宇野宗佑 山下元利 野口幸一 瀬崎博義 西田八郎
京都府 1区 伊吹文明 竹内勝彦 永末英一 梅田勝 奥田幹生 2区 野中広務 谷垣禎一 西中清 玉置一弥 山中末治
大阪府 1区 小谷輝二 正森成二 湯川宏 2区 浅井美幸 東中光雄 中山正暉 中村正雄 左近正男
3区 近江巳記夫 中野寛成 原田憲 井上一成 4区 塩川正十郎 矢野絢也 経塚幸夫 上田卓三
5区 正木良明 藤田スミ 西村章三 和田貞夫 6区 矢追秀彦 中馬弘毅 左藤恵
7区 中村正男 春田重昭 北川石松
兵庫県 1区 渡部一郎 永江一仁 河上民雄 砂田重民 浦井洋 2区 岡本富夫 原健三郎 土井たか子 堀昌雄 藤木洋子
3区 永井孝信 塩田晋 駒谷明 4区 河本敏夫 後藤茂 新井彬之 戸井田三郎
5区 佐々木良作 西山敬次郎 谷洋一
奈良県 全県 森本晃司 吉田之久 奥野誠亮 鍵田忠三郎 辻第一
和歌山県 1区 中西啓介 野間友一 坂井弘一 2区 玉置和郎 二階俊博 東力
鳥取県 全県 島田安夫 武部文 平林鴻三 相澤英之
島根県 全県 竹下登 櫻内義雄 中林佳子 吉原米治 細田吉蔵
岡山県 1区 江田五月 日笠勝之 大村襄治 矢山有作 平沼赳夫 2区 加藤六月 橋本龍太郎 貝沼次郎 水田稔 藤井勝志
広島県 1区 福岡康夫 大原亨 岸田文武 2区 増岡博之 森井忠良 池田行彦 中川秀直
3区 宮澤喜一 佐藤守良 岡田正勝 古川雅司 亀井静香
山口県 1区 安倍晋太郎 林義郎 田中龍夫 浜西鉄雄 2区 小沢克介 吉井光照 吹田愰 佐藤信二 高村正彦
徳島県 全県 後藤田正晴 遠藤和良 三木武夫 森下元晴 井上普方
香川県 1区 福家俊一 前川旦 藤本孝雄 2区 森田一 月原茂皓 加藤常太郎
愛媛県 1区 塩崎潤 関谷勝嗣 湯山勇 2区 越智伊平 藤田高敏 森清
3区 西田司 今井勇 田中恒利
高知県 全県 平石磨作太郎 山原健二郎 井上泉 大西正男 山岡謙蔵
福岡県 1区 神崎武法 河野正 山崎拓 太田誠一 辻英雄 2区 多賀谷真稔 大橋敏雄 三原朝雄 宮田早苗 小沢和秋
3区 細谷治嘉 権藤恒夫 古賀誠 山崎平八郎 稲富稜人 4区 田中六助 中西績介 自見庄三郎 三浦久
佐賀県 全県 八木昇 保利耕輔 愛野興一郎 山下徳夫 三池信
長崎県 1区 中村重光 宮崎角治 小淵正義 倉成正 久間章生 2区 石橋政嗣 金子原二郎 白浜仁吉 松田九郎
熊本県 1区 沼川洋一 野田毅 松野頼三 北口博 森中守義 2区 馬場昇 園田直 福島譲二 坂田道太 東家嘉幸
大分県 1区 村山富市 畑英次郎 木下敬之助 衛藤征士郎 2区 阿部未喜男 田原隆 佐藤文生
宮崎県 1区 松浦利尚 江藤隆美 米沢隆 2区 児玉末男 小山長規 堀之内久男
鹿児島県 1区 川崎寛治 山崎武三郎 宮崎茂一 長野祐也 2区 小里貞利 村山喜一 有馬元治
3区 二階堂進 山中貞則 上西和郎 奄美 保岡興治
沖縄県 全県 瀬長亀次郎 國場幸昌 上原康助 仲村正治 玉城栄一

初当選[編集]

計84名
※:参議院議員経験者
自由民主党
23名

 

 


日本社会党
21名

 

 


公明党
14名

 

 

 

 


民社党
9名

 

 

 

 

 


日本共産党
4名
新自由クラブ
1名
社会民主連合
1名
無所属
11名

 

 

 


返り咲き・復帰[編集]

計45名
自由民主党
8名

 

 

 

 

 


日本社会党
11名

 

 

 

 


公明党
16名

 

 

 


民社党
3名
日本共産党
6名

 

 

 

 

 


無所属
1名

引退・不出馬[編集]

計37名
自由民主党
13名

 

 

 

 


日本社会党
13名

 

 

 

 


公明党
4名
民社党
2名
日本共産党
3名
新自由クラブ
1名
無所属
1名

落選[編集]

計80名
自由民主党
54名

 


日本社会党
9名

 

 

 

 

 


公明党
1名
民社党
3名
日本共産党
10名

 

 

 

 

 


新自由クラブ
2名
社会民主連合
1名

選挙後[編集]

国会[編集]

政党[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 一部(奄美群島選挙区)は改選数1の小選挙区制であった。

出典[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]