鴨田宗一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鴨田 宗一(かもだ そういち、1906年9月17日 - 1979年2月8日)は、日本の政治家実業家衆議院議員(7期)、熊谷市長(3期)。従三位勲一等。熊谷市名誉市民。1953年3月熊谷商工信用組合を設立し、初代理事長に就任。その後、自由民主党より国政へ進出し、商工部会長、中小企業調査会長、政調審議委員、副幹事長、池田内閣建設省政務次官佐藤内閣経済企画庁政務次官、衆議院大蔵委員長などを歴任。専門は中小企業問題、経済企画。地元、熊谷駅への新幹線開通を実現した。衆議院議員の鴨田利太郎は息子。

経歴[編集]

参考文献[編集]

議会
先代:
上村千一郎
日本の旗 衆議院法務委員長
1978年
次代:
佐藤文生
先代:
金子一平
日本の旗 衆議院大蔵委員長
1972年 - 1973年
次代:
安倍晋太郎
先代:
八田貞義
日本の旗 衆議院商工委員長
1971年 - 1972年
次代:
藏内修治