高橋辰夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 辰夫(たかはし たつお、1928年11月23日 - 2001年10月11日)は、日本政治家

衆議院議員(5期)、北海道議会議員(4期)を務めた。参議院議員橋本聖子は義妹。

来歴・人物[編集]

北海道伊達市生まれ。1953年中央大学経済学部卒業。篠田弘作の秘書を経て、1963年北海道議会議員に初当選。その後4期務めた。

1974年第10回参議院議員通常選挙北海道選挙区から保守無所属青嵐会新人として出馬したが、落選。1979年第35回衆議院議員総選挙自由民主党公認・自由革新同友会新人として旧北海道4区から出馬し、初当選(当選同期に佐藤信二保利耕輔畑英次郎麻生太郎小里貞利岸田文武白川勝彦丹羽雄哉亀井静香吹田あきら宮下創平亀井善之船田元など)。以降、当選5回。中川一郎の死後は石原慎太郎平沼赳夫らと共に福田派に合流。厚生省北海道開発庁政務次官を務めた。

1990年第39回衆議院議員総選挙で落選したが、1993年第40回衆議院議員総選挙で返り咲き。1995年第17回参議院議員通常選挙では、義妹の橋本聖子自民党幹事長森喜朗の誘いで比例区から出馬し当選。1996年第41回衆議院議員総選挙では北海道9区から出馬したが、民主党鳩山由紀夫に惨敗し比例復活もならず落選した(岩倉博文地盤継承)。

2001年10月11日死去。享年72。