大竹太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大竹 太郎(おおたけ たろう、1905年明治38年)9月29日[1] - 1987年昭和62年)12月16日)は、日本政治家自由民主党衆議院議員(4期)。弁護士

経歴[編集]

新潟県中頸城郡頸城村(現・上越市)出身[1]1930年(昭和5年)東京帝国大学独法科卒[1][2]。弁護士となり[2]、陸軍主計大尉を経て[2]、新潟県議となる[2]1963年(昭和38年)の第30回衆議院議員総選挙で旧新潟4区から自由民主党公認で立候補して初当選する。第3次佐藤内閣法務政務次官、衆議院法務委員長を歴任する。1976年(昭和51年)の第34回衆議院議員総選挙で落選し[1]、政界を引退した。1987年(昭和62年)死去。

この他、頸城自動車、頸城運送倉庫、くびき生コンなどの社長を務めた[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『新訂 政治家人名事典 明治〜昭和』113頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』130頁。

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年11月。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ2003年(平成15年)。