高鳥修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高鳥 修
たかとり おさむ
生年月日 (1929-06-03) 1929年6月3日
出生地 日本の旗新潟県西頸城郡能生町
(現糸魚川市
没年月日 (2019-10-20) 2019年10月20日(90歳没)
出身校 東京大学法学部
所属政党 自由民主党
称号 正三位
勲一等旭日大綬章
子女 高鳥修一
親族 祖父・高鳥順作

内閣 宮澤改造内閣
在任期間 1993年6月21日 - 1993年8月8日

内閣 竹下内閣
在任期間 1987年11月6日 - 1988年12月26日

選挙区新潟4区
当選回数 11回
在任期間 1969年12月 - 2003年10月10日
テンプレートを表示

高鳥 修(たかとり おさむ、1929年昭和4年)6月3日 - 2019年令和元年)10月20日)は、日本の元政治家自由民主党衆議院議員竹下内閣総務庁長官宮沢改造内閣経済企画庁長官を歴任する。派閥は佐藤栄作田中角栄竹下登小渕恵三橋本龍太郎派に所属した。

来歴・人物[編集]

1929年(昭和4年)6月3日新潟県西頸城郡能生町(現在の糸魚川市)に生まれる。7歳のとき両親と死別し、以後祖父で衆議院議員、貴族院議員を務めた高鳥順作に育てられる。旧制新潟高等学校を経て1953年(昭和28年)東京大学法学部を卒業する。1954年(昭和29年)25歳で地元、能生町長に当選する(全国最年少)。町長時代に同郷の田中角栄とのつながりが生まれる。1958年(昭和33年)新潟県議会議員選挙に立候補し当選する。

1967年(昭和42年)第31回衆議院議員総選挙田中彰治の後継者として旧新潟4区から立候補する。このときは4万4770票を獲得するも次点で落選した。浪人となった高鳥は田中角栄の秘書として田中事務所に勤務する。1969年(昭和44年)第32回衆議院議員総選挙に立候補し6万2442票を獲得し2位当選する。以後当選回数11回(当選同期に小沢一郎羽田孜梶山静六奥田敬和林義郎渡部恒三綿貫民輔塩崎潤森喜朗村田敬次郎松永光江藤隆美中山正暉浜田幸一など)。以降、大蔵政務次官、法務委員長、地方行政委員長などを歴任し、1987年(昭和62年)竹下内閣の総務庁長官として初入閣[1]

1992年平成4年)衆議院予算委員長。1993年(平成5年)、船田元の辞任により宮澤改造内閣の経済企画庁長官に就任する。1998年(平成10年)自民党総裁選では当選同期の梶山静六推薦人名簿に名を連ねたが平成研究会残留。1999年(平成11年)勲一等旭日大綬章を受章する。2000年(平成12年)第42回衆議院議員総選挙では比例代表北陸信越ブロックに転じた。11回の当選を重ねたベテラン議員であったが、田中角栄に近かったことが災いし、ポストには恵まれなかった。

2001年(平成13年)の自民党総裁選では領袖の橋本元首相に「最大派閥だから自分たちの候補を出そう。橋本さん、あんたが出るべきだ。野中(広務)さんだと派が分裂する」と総裁選への立候補を進言したが、橋本は小泉純一郎に大差で敗れ去り、以降青木幹雄久間章生など親小泉の議員が派内で発言力を増すようになった。

2003年(平成15年)第43回衆議院議員総選挙を機に引退した[2]。息子の高鳥修一新潟県第6区より立候補した。

2019年(令和元年)10月20日、病気のため新潟県上越市の病院で死去[2]。90歳没。死没日をもって正三位に叙される[3]

略歴[編集]

  • 1954年(昭和29年)- 1958年(昭和33年) 新潟県能生町長
  • 1958年(昭和33年)- 1967年(昭和42年) 新潟県議会議員
  • 1959年(昭和34年) 新潟県森連会長
  • 1969年(昭和44年) 衆議院議員
  • 1974年(昭和49年) 総理府総務副長官(政務担当)
  • 1987年(昭和62年)- 1988年(昭和63年)総務庁長官
  • 1992年(平成4年) 衆議院予算委員長
  • 1993年(平成5年) 経済企画庁長官
  • 1993年(平成5年) 日本治水治山協会会長
  • 2002年(平成14年) 党衆議院議員総会長
  • 2002年(平成14年) 党行財政調査会長

所属していた議員連盟等[編集]

家族・親族[編集]

高鳥家(新潟県糸魚川市
1868年5月明治元年4月)生[4] - 1958年昭和33年)2月
  • 祖母・セン(新潟、笠原牛九郎長女)[4]
1867年慶応3年)生[4] - 没
1894年明治27年)1月[4] - 没
  • 母・ナル(新潟、田邊増五郎六女)[4]
1898年(明治31年)2月[4] - 没
  • 息子・修一(政治家)
1960年(昭和35年)9月生 -

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第74代竹下内閣”. 首相官邸. 2017年11月17日閲覧。
  2. ^ a b “高鳥修氏死去=元経済企画庁長官、自民党衆院議員の高鳥修一氏の父”. 時事通信社. (2019年10月20日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019102000270&g=obt 2019年10月22日閲覧。 
  3. ^ 『官報』第136号9頁 令和元年11月21日号
  4. ^ a b c d e f g 『人事興信録. 第11版(昭和12年) 』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 高鳥修一 近現代・系図ワールド~高鳥順作・修 2019年10月26日閲覧。
議会
先代:
山村新治郎
日本の旗 衆議院予算委員長
1992年 - 1993年
次代:
粕谷茂
先代:
大石千八
日本の旗 衆議院地方行政委員長
1984年 - 1986年
次代:
福島譲二
先代:
木村武千代
日本の旗 衆議院法務委員長
1980年 - 1981年
次代:
羽田野忠文
公職
先代:
船田元
日本の旗 経済企画庁長官
第47代:1993年
次代:
久保田真苗
先代:
山下徳夫
日本の旗 総務庁長官
第5代:1987年 - 1988年
次代:
金丸三郎