箕浦勝人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
箕浦勝人

箕浦 勝人(みのうら かつんど、嘉永7年2月15日1854年3月13日) - 昭和4年(1929年8月30日)は日本新聞記者実業家政治家。旧姓は実相寺。

経歴[編集]

豊後国臼杵生まれ。慶應義塾出身で福澤諭吉の弟子。郵便報知新聞社に入社し、新聞記者の後、社長となる。立憲改進党に参加。明治23年(1890年)の第1回衆議院議員総選挙で当選。大正4年(1915年)から大正5年(1916年)まで第2次大隈内閣逓信大臣を務める。

栄典[編集]

著書[編集]

  • 箕浦勝人、藤田茂吉国会論』 報知社支店、1879年8月 - 福澤諭吉が執筆した原稿を、箕浦勝人と藤田茂吉とが表現を変えて『郵便報知新聞』の社説として発表したもの。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1187号「叙任及辞令」1916年7月15日。

外部リンク[編集]


公職
先代:
武富時敏
日本の旗 逓信大臣
第23代:1915 - 1916
次代:
田健治郎