山際大志郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山際 大志郎
やまぎわ だいしろう
Daishirō Yamagiwa 20211004.jpg
内閣広報室より公表された肖像写真
生年月日 (1968-09-12) 1968年9月12日(54歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都小金井市
出身校 山口大学農学部獣医学科
東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程(獣医学専攻)
前職 獣医師
所属政党 自由民主党山崎派甘利G麻生派
称号 博士(獣医学)
(東京大学・1999年)
公式サイト やまぎわ大志郎 山際だいしろう 衆議院議員|自民党神奈川県第18区

内閣 第1次岸田内閣
第2次岸田内閣
第2次岸田改造内閣
在任期間 2021年10月4日 - 2022年10月24日

選挙区比例南関東ブロック→)
神奈川18区
当選回数 6回
在任期間 2003年11月9日 - 2009年7月21日
2012年12月19日[1] - 現職
テンプレートを表示

山際 大志郎(やまぎわ だいしろう、1968年昭和43年〉9月12日 - )は、日本政治家獣医師自由民主党所属の衆議院議員(6期)、自由民主党新型コロナウイルス等感染症対策本部長。

スタートアップ担当大臣第2次岸田内閣第2次岸田改造内閣)、経済再生担当大臣新しい資本主義担当大臣新型コロナ対策・健康危機管理担当大臣全世代型社会保障改革担当大臣・内閣府特命担当大臣経済財政政策)(第1次岸田内閣・第2次岸田内閣・第2次岸田改造内閣)、経済産業副大臣第2次安倍改造内閣第3次安倍内閣)、内閣府大臣政務官第2次安倍内閣)、衆議院内閣委員長自由民主党政務調査会会長代理、同副幹事長を歴任した[2][3]

来歴

東京都小金井市出身[4]。現住所は神奈川県川崎市宮前区鷺沼1丁目[5]神奈川県立湘南高等学校卒業。2浪後、山口大学農学部獣医学科に入学。東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程に進学し、1999年に獣医学の博士号を取得[6]。2000年、川崎市麻生区王禅寺西に動物病院を開業[4][7]

2002年3月31日実施の横浜市長選挙に立候補するため、衆議院議員中田宏が議員辞職。中田の辞職に伴い同年10月27日に神奈川8区補欠選挙が行われることになったが、自由民主党は、2000年の衆院選で擁立した元通産官僚の江田憲司ではなく、山際を公認した。江田は無所属で立候補し、初当選を果たした。山際は次点で落選するが、この年の選挙から統一教会(現・世界平和統一家庭連合)関係者の武者宗悦の支援を受ける。武者はのちに教団関連団体の国際勝共連合神奈川県本部の代表、ならびに世界平和連合神奈川県連合会の事務局長などの要職を務めた[8][9][10]

2003年第43回衆議院議員総選挙では神奈川18区に国替えして立候補。統一教会信者や世界平和連合関係者の支援を受けた[11]。選挙区では民主党樋高剛に敗れたが、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活し、初当選した。当選後、山崎派(当時)に入会した[要出典]

2005年第44回衆議院議員総選挙では、神奈川18区で民主党の樋高に比例復活を許さず、再選。

2009年第45回衆議院議員総選挙では、神奈川18区で樋高に敗れ、比例復活もならず落選した。

2011年6月、所属する山崎派の幹部である甘利明が立ち上げたさいこう日本に、落選中の元職ながら参加した[要出典]

2012年第46回衆議院議員総選挙では、神奈川18区で日本未来の党から出馬した樋高や、鹿児島5区から国替えしてきた民主党の網屋信介を破り、国政に復帰。選挙後に発足した第2次安倍内閣では内閣府大臣政務官に任命された(2013年9月30日退任)。また、石原伸晃の山崎派継承に伴い、石原派には参加せず離脱した[12]2014年9月3日第2次安倍改造内閣経済産業副大臣に任命(2015年10月9日退任)。

2014年の第47回衆議院議員総選挙で4選。2016年、衆議院経済産業委員会筆頭理事に就任。同8月、自由民主党副幹事長に就任。

2017年2月、甘利明と、甘利側近の他の神奈川県を地盤とする議員3人らと共に麻生派に入会した[13]

2017年の第48回衆議院議員総選挙で5選。同11月、衆議院内閣委員長に就任。2018年、自民党選挙対策委員会事務局長に就任。

2018年6月、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案を巡り、衆院内閣委員会での13日採決を職権で決めた。このため、立憲民主党など野党6党派は、山際の解任決議案を衆議院に提出した[14]

2019年、衆議院予算委員会理事、自民党政務調査会会長代理に就任。

2021年10月4日、経済再生担当大臣、新しい資本主義担当大臣[15]、内閣府特命担当大臣(経済財政政策)に就任。

2021年10月31日、第49回衆議院議員総選挙で6選[16]

2022年8月5日、内閣総理大臣岸田文雄は、内閣改造(第2次岸田改造内閣)の人事方針を政権幹部に伝え[17]世界平和統一家庭連合(旧:統一教会)との関係を点検、公表するよう全閣僚に指示した。接点を認めた防衛大臣岸信夫ら7人は閣外に去った。岸田は8月9日に山際の経済再生担当大臣留任を決定し[18]、8月10日、第2次岸田改造内閣が発足した。同日午後、山際は記者会見し、教団との関わりを認めた[19]

同年10月24日、後述の統一教会との関係が相次いで問題化したことから、岸田へ大臣の辞表を提出し、岸田はこれを受理した。事実上の大臣更迭となる(後任は後藤茂之[20]。その4日後の同月28日、自民党の新型コロナウイルス等感染症対策本部長に就任した。更迭直後の要職抜擢に対し、野党のみならず党内からも疑問の声が上がるが、党幹事長の茂木敏充は11月7日の記者会見で「適材適所」と述べた。山際が所属する麻生派関係者は「派閥に相談が来ていたらこんなことにならなかった」と語った[21][22]。11月8日、コロナ対策本部を管轄する政務調査会の萩生田光一会長は、自身の判断で、山際を本部長に就任させたことを明かした[23]

政策・主張

憲法

  • 憲法改正について、2021年のアンケートで「賛成」と回答[24]
  • 憲法9条への自衛隊の明記について、2021年のアンケートで「賛成」と回答[25]
  • 改正すべき項目として「自衛隊の保持を明記する」「家族の尊重や家族間の相互扶助に関する条項を新設する」「教育の充実に向けた環境整備を行う旨を明記する」「憲法改正の発議要件を各院の過半数にする」「緊急事態に関する条項を新設する」と主張[24]
  • 憲法を改正し緊急事態条項を設けることについて、2021年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[26]

外交・安全保障

  • 「他国からの攻撃が予想される場合には敵基地攻撃もためらうべきではない」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「賛成」と回答[24]
  • 北朝鮮に対しては対話よりも圧力を優先すべきだ」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[24]
  • 普天間基地辺野古移設について、2021年のアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[24]

ジェンダー

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2021年のアンケートで「反対」と回答[24]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2021年のアンケートで「反対」と回答[24]
  • LGBTなど性的少数者をめぐる理解増進法案を早期に成立させるべきか」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[24]
  • クオータ制の導入について、2021年のアンケートで回答しなかった[25]

その他

  • 原子力発電への依存度について今後どうするべきか」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「現状を維持すべき」と回答[25]
  • 原発推進[27]
  • 新型コロナウイルス対策として、消費税率の一時的な引き下げは、2021年のアンケートで「必要でない」と回答[25]
  • 森友学園を巡る公文書改竄問題で、財務省が開示を拒んでいた「赤木ファイル」が2021年6月22日、大阪地裁の命令によって公開された[28]。国の対応をどう考えるかとの問いに対し、2021年の毎日新聞社のアンケートで回答しなかった[26]
  • 皇族の女性が天皇になることについて、2021年の毎日新聞社のアンケートで「反対」と回答[26]

人物

統一教会との関係

  • 2006年5月、統一教会の関連団体の天宙平和連合(UPF)が集団結婚を兼ねた「祖国郷土還元日本大会」を国内12か所で開催[29]。そのうち5月23日に行われた横浜大会に祝電を送った[30]
  • 2009年の衆院選で落選した山際は6人ほどいた地元の秘書を解雇し、後援会も事実上の解散となった。このとき私設秘書として新たに入所した男性が統一教会との窓口役を担うことになった。この私設秘書を介して、警視庁公安部の捜査対象にあった信者が山際の選挙スタッフとして入った。当該信者は、のちに統一教会の総務局長となる澤田拓也の運転手を務めていた人物であった[31]
  • 2013年3月25日、山際が代表を務める資金管理団体「21世紀の政治経済を考える会」は、平和大使協議会に会費1万円を支払った[36][37]
  • 2016年7月28日から31日にかけて、ネパールカトマンズで天宙平和連合主催の国際指導者会議が開催。山際は同会議に山本朋広とともに参加した。司会を務めたネパールの国会議員のエク・ナス・ダカルは「歓迎の拍手を!」と山際を紹介し、山際はスピーチをした。会議に参加したタイの元政権幹部は「渡航費についてはよく覚えていないが、食費と宿泊費は主催者側が払った」と証言している[38][39]
  • 2017年10月15日、統一教会は大規模な信者集会「Peace Loving Festival KANAGAWA」を幕張メッセで開催[40]韓鶴子総裁が参加した同集会に来賓として出席した[30]
  • 2018年7月1日、統一教会は「日本宣教60周年記念2018神日本家庭連合希望前進決意2万名大会祝勝会」を京王プラザホテルで開催。韓鶴子総裁が参加した同大会に出席し、「真のお父様のメッセージをお聴きしたとき、言葉を超えた真実を感じた」と祝辞を述べた[41][42][43][44]
  • 2018年10月、統一教会の関連団体である平和大使協議会は「アフリカビジョンセミナー」を神奈川県立かながわ労働プラザで開催。山際は山本朋広と共に同セミナーに来賓として出席した[37][45]
  • 2019年10月5日、天宙平和連合は国際会議「ジャパンサミット&リーダーシップカンファレンス」を名古屋キャッスルホテルで開催[46][47]。山際は会議にあわせて名古屋市を訪れ、韓鶴子総裁と会い、韓鶴子、梶栗正義、徳野英治らと集合写真を撮った[48][49]
  • 2019年10月14日、統一教会の関連団体である南北米福地開発協会は「レダ開拓20周年記念式典」を京王プラザホテルで開催。日本統一教会会長の徳野英治が祝辞を述べた同式典の懇親会で、山際は来賓挨拶をした[50]
  • 2022年8月2日、山際は閣議後会見で記者団から、平和大使協議会に会費1万円を支払ったことについて事実関係を問われた際、「個人の政治活動にかかわる話なので、この場でのお答えは差し控えたい」と答えた。また、教団から選挙活動の支援を受けたかとの質問に対しても「事務所の方に尋ねていただければ」と繰り返し、説明することを拒んだ[51]。同年8月9日、内閣総理大臣岸田文雄が、翌日に行われる内閣改造について山際の経済再生担当大臣留任を決定すると[18]、山際は10日の記者会見で一転して、会費1万円の支出と教団関連イベントへの参加があったことを認めた。また、再任の内定前に岸田に説明していなかったことも明らかにした[19]。15日、会見で「当然今回の案件について、首相は認識していると私は理解している」と発言。説明をしなくとも岸田に自身と統一教会の関係は伝わっているとの考えを示した[52]
  • 2022年8月25日、教団との関係をめぐり「率直に反省し、今後は一切関係を持たないよう慎重に行動する」と会見で述べた[53]。また、2016年にネパールに渡航したことについて説明。「明確に覚えていないが、報道を見る限り出席したと考えるのが自然だと思う」と述べた[54]。9月13日、閣議後の会見で、旅費を教団側が負担した可能性を報じた一部報道について問われると「確認するための記録が何も残っていないので、確認ができない」と述べたうえで、報道内容を否定した[55]
  • 2022年9月6日、閣議後の会見で、自身の秘書が教団信者ではないかと週刊誌で報じられたことをめぐり、「確認できないのは調査をした上で、確認ができないと申し上げているので、同じことを調査しても確認できないという結果しか出ないんじゃないでしょうか」と答え、統一教会との関係についてこれ以上調査しない意向を示した[56]
  • 2022年7月から8月にかけて、共同通信社は、全国会議員712人を対象に、統一教会との関わりを尋ねるアンケートを実施。8月31日に各議員の回答の全文を公表した。「旧統一教会またはその友好・関連団体等から選挙活動への支援、協力を受けたことはあるか」との問いに対し、山際は「分からない、答えられない」と回答した[57][58]。9月14日、男性信者が長年、山際を支援してきたことが、東京新聞の報道により明らかとなった。男性信者は2003年の衆院選時に関連団体「世界平和連合」の仲間とともに動員され、街頭演説の現場では、山際の秘書の指示を仰ぎ、自民党員と一緒にビラ配りをした。その後も「世界平和連合」から衆院選のたびに協力するよう指示があり、2021年10月の衆院選の際は山際の出陣式と2回の街頭演説に顔を出し、ビラを配った。山際が「今後は一切関係を持たない」と明言したことについて記者から問われると、「心外だ。私たちの理想はまだ実現していないので、山際氏への支援は続けたい」と答えた[11]
  • 2022年10月3日、閣議後会見で、2018年7月に統一教会が主催したイベントで、韓鶴子と会っていたことを認めた。「マスコミから指摘されて写真を見て、会ったことがある記憶と合致した」「代表の方(韓鶴子)にどこかでお会いした記憶があったが、事務所に記録は残っていないため確認できなかった」と述べた[59]
  • 2022年10月17日から衆議院予算委員会が開かれ、山際に対する立憲民主党などの野党の追及も始まった。同月18日、後藤祐一から「後出しはこれ以上ないということでいいですね」と念を押されると、山際は「これから何か新しい事実が様々なことで出てくる可能性がある」と発言した[60]。同月19日の参議院予算委員会で小西洋之から質問を受けると、ネパールの記憶はなく、ナイジェリアで文鮮明と韓鶴子に会った記憶もないと答弁した[61]

「野党の人から来る話はわれわれ政府は何一つ聞かない」発言

2022年7月3日、青森県八戸市で選挙演説した際、「野党の人から来る話はわれわれ政府は何一つ聞かない。本当に生活を良くしたいと思うなら、自民党、与党の政治家を議員にしなくてはいけない」と述べた[62][63]

この発言に対し野党は一斉に批判し、立憲民主党逢坂誠二代表代行はツイッターで「山際氏は民主主義を理解していない。与党の声しか聞かないとはどう喝による独裁政治だ。発言を撤回すべきだ」と非難した[62][63]国民民主党玉木雄一郎代表は「だから経済も成長しないし給料も上がらない。ずいぶん傲慢になった」と批判[62][63]共産党小池晃書記局長も「断じて許されない暴言。野党の声は無視するのが岸田政権か。一体どこが『聞く耳を持つ』か」と糾弾した[62]

翌日4日の朝には、内閣官房長官松野博一から発言を慎重に行うよう注意を受けた。内閣官房副長官木原誠二は4日の記者会見で「政府は国民の声を丁寧に聞き、国民の生活をしっかり守っていくことを基本としている。与野党問わず耳を傾け、野党を無視するようなことはしない」と釈明した[64]。その後、5日の閣議後の会見で、山際は「地域の候補者がしっかりその地域の方々からご意見を賜りながら、国政に反映させていただきたいと、強調する文脈の中で、誤解を招くような発言になった」と釈明したが、撤回はしなかった[65]

発言から3ヵ月が経った10月6日の参議院本会議にて、田名部匡代からの代表質問に対し、「趣旨が明確に伝わらず、野党議員の皆さん方に不快な思いをさせる表現となったことはおわび申し上げる」と陳謝したが、発言の撤回はしなかった[66]。翌10月7日の舟山康江からの質問に対し、山際は「撤回の上、改めておわび申し上げる。今後、発言については慎重を期し、丁寧に発信していく」と答弁し、発言を撤回した一方、閣僚辞任は否定した[67]

その他

  • 甘利明を「政治の師」と仰ぐ[27]
  • 2017年7月、三原朝彦議員とオマーンを訪問し、齊藤貢特命全権大使らとスナイディ商工相と意見交換を行ったのち、住友商事幹部らとアル・グブラIWP事業の視察などを行った[68]
  • 2019年8月、TICAD7でレソト王国やコモロ連合国などの首脳と会談した[69]
  • 2020年3月、日本・太平洋島嶼国友好議員連盟として、太平洋島嶼国への新型コロナウイルス対策に関して財務省に申入れた。
  • 2020年5月、知的財産戦略調査会として内閣官房長官菅義偉情報通信技術担当大臣竹本直一に提言申入れを行った[70]
  • 2020年4月16日から2021年7月31日にかけて、「Yamagiwadaishiro」と名乗るウィキペディア利用者が山際のウィキペディアの記事を合計16回加筆修正を行った[71][72]。同利用者は『BSフジLIVE プライムニュース』(BSフジ)に山際が出演した際の23回分のテーマをすべて羅列するなど編集内容に一定の傾向がみられ、ガイドラインに抵触するおそれがあることから、ほかのウィキペディア利用者から注意が促された。光文社の情報サイト「Smart FLASH」の記者が山際の事務所に事実関係を確認したところ、「事務所スタッフがウィキペディアの情報を最新のものに更新したいと考え、スタッフ自身の判断で、事務所を代表して議員の名前をアカウント名として編集した」との回答がなされた。事務所の回答は2022年8月20日、「Smart FLASH」にて公表された。当該行為に対し、ある報道機関の政治部記者は「自分をよく見せるためには、何をしてもいいと考えているとしか思えない」と批判した[71][72]

不祥事

選挙余剰金2962万円の使途不明

2009年から直近の2017年までの4回の衆院選で、選挙費用として余ったお金(余剰金)計約2962万円の全額が使途不明になっている[73]

選挙運動費用収支報告書(要旨)によると、山際は2009年選挙の際、420万5177円の資金を余らせた。ところが、自らが代表を務める政治団体「自由民主党神奈川県第十八選挙区支部」などにはこの余剰金が戻された記載がなく、約420万円の使途はわからない状態になっている[73]

同様に2012年選挙では451万9034円、2014年選挙では308万8837円、2017年選挙では1781万5294円の選挙費用をそれぞれ余らせ、いずれも全額の行方がわかっていない[73]

政治資金規正法違反疑惑

2020年12月23日、山際が代表を務める資金管理団体「21世紀の政治経済を考える会」は、憲政記念館で政治資金パーティーを開催。1740万円の収入を得た[74]。同パーティーを巡り、収支報告書に虚偽記載があったとして、同区民ら156人が2022年6月8日、政治資金規正法違反の疑いで、山際らを横浜地検に告発した[75]

告発状によれば、山際側は、496席に対して870枚の券を販売し、席数を超えた不参加分は「寄付」に当たるにもかかわらず、パーティー収入として記載したとしている[75]。山際の事務所は「法令に従い適正に処理し、収支を報告している」とコメントした[75]

保有株式の記載漏れ

  • 2022年9月16日、会見で、前年に発表した資産公開資料に「有限会社オルカ」3千株と「21世紀株式会社」160株を記載していなかったとして訂正したと発表した。追加記載したのはいずれも非上場企業。一般の国会議員とは異なり、閣僚には非上場企業も含む保有株式の記載が求められるため、問題とされた[76]
  • 2022年10月4日、前年に発表した大臣就任時の資産公開資料に、横浜市で動物病院を運営する「有限会社くじら」の株式30株を記載していなかったことが判明した[77]。同社は2002年1月に設立。山際の知人の獣医師が代表取締役、山際は取締役に名を連ねた。2012年12月26日、山際は第2次安倍政権で内閣府政務官に就任すると、翌27日に同取締役を辞任した[7]

過去の主な役職

自民党の主な役職

  • 中小企業小規模事業者政策調査会副会長
  • 競争政策調査会副会長
  • 知的財産戦略調査会幹事長
  • 国際協力調査会幹事長
  • 総合エネルギー戦略調査会事務局長
  • デジタル社会推進本部座長代理
  • 捕鯨対策特別委員会副委員長
  • 新国際秩序創造戦略本部幹事長
  • 人工知能未来社会経済戦略本部幹事長
  • 2050年カーボンニュートラル実現推進本部副本部長
  • 川崎市支部連合会会長

所属団体・議員連盟

選挙

当落 選挙 執行日 年齢 選挙区 政党 得票数 得票率 定数 得票順位
/候補者数
政党内比例順位
/政党当選者数
第42回衆議院議員補欠選挙 2002年10月27日 34 神奈川8区 自由民主党 2万9267票 23.38% 1 2/5 /
比当 第43回衆議院議員総選挙 2003年11月9日 35 比例南関東
神奈川18区
自由民主党 5万8001票 33.95% 1 2/7 8/8
第44回衆議院議員総選挙 2005年9月11日 37 神奈川18区 自由民主党 11万1787票 53.74% 1 1/3 /
第45回衆議院議員総選挙 2009年8月30日 40 神奈川18区 自由民主党 8万2221票 36.41% 1 2/5 /
第46回衆議院議員総選挙 2012年12月16日 44 神奈川18区 自由民主党 8万2333票 40.92% 1 1/5 /
第47回衆議院議員総選挙 2014年12月14日 46 神奈川18区 自由民主党 8万6869票 39.95% 1 1/5 /
第48回衆議院議員総選挙 2017年10月22日 49 神奈川18区 自由民主党 11万1285票 51.14% 1 1/3 /
第49回衆議院議員総選挙 2021年10月31日 53 神奈川18区 自由民主党 12万365票 47.70% 1 1/3 /

著書

  • 『闘え!くじら人』成山堂書店、2008年12月。ISBN 978-4425981816 
  • 『人工知能と産業・社会』経済産業調査会、2015年9月。ISBN 978-4806529620 
  • 『実は、こんなことしています! 経済産業副大臣』 株式会社タウンニュース社、2016年5月。ISBN 978-4-9908973-0-7
  • 『INNOVATION ECOSYSTEM ニッポンは甦る!』講談社、2018年9月。ISBN 978-4-06-513135-0

テレビ出演

ほか

脚注

  1. ^ 平成24年(2012年)12月19日神奈川県選挙管理委員会告示第119号(衆議院小選挙区選出議員選挙において当選人と決定した者の住所及び氏名並びに当該当選人に係る候補者届出政党の名称)
  2. ^ 山際大志郎 経済再生担当 新しい資本主義担当 新型コロナ対策・健康危機管理担当 全世代型社会保障改革担当 内閣府特命担当大臣(経済財政政策)”. 内閣総理大臣官邸. 2022年8月24日閲覧。
  3. ^ “国会議員情報 山際 大志郎(やまぎわ だいしろう)”. 時事ドットコム (時事通信社). https://www.jiji.com/sp/giin?d=0bbf84827680eba2ed3f9e9c71ef855a&c=syu 2022年8月24日閲覧。 
  4. ^ a b 「山際大臣」はなぜ地位にしがみついた? 背景に「学歴へのこだわり」……口癖は「強くなきゃ駄目だ」”. デイリー新潮 (2022年10月26日). 2022年10月26日閲覧。
  5. ^ 自由民主党神奈川県支部連合会 政治資金収支報告書(令和2年分定期公表) (PDF)”. 神奈川県選挙管理委員会 (2021年11月25日). 2022年9月21日閲覧。
  6. ^ 衆議院議員 やまぎわ大志郎|プロフィール”. www.yamagiwa-daishiro.jp. 2020年4月16日閲覧。
  7. ^ a b 山際大志郎大臣に再び大臣規範違反が発覚 ペット関連企業株を報告せず”. 文春オンライン (2022年10月4日). 2022年10月5日閲覧。
  8. ^ a b 山際氏支援者に旧統一教会関係者 追及に「記憶ない」連発”. 神奈川新聞 (2022年10月19日). 2022年10月25日閲覧。
  9. ^ a b 政治資金収支報告書 国際勝共連合神奈川県本部(令和2年分 定期公表)”. 神奈川県選挙管理委員会 (2021年11月25日). 2022年10月25日閲覧。
  10. ^ a b 山際大臣とベッタリの信者、教会大幹部の運転手だった! 元秘書も告発「資料破棄は200%ウソ」(3/5ページ)”. デイリー新潮 (2022年10月12日). 2022年10月25日閲覧。
  11. ^ a b 市川千晴 (2022年9月14日). “旧統一教会が自民・山際氏を選挙で支援 点検では名前なかったが…川崎の男性信者「初当選時から手伝い」と証言”. 東京新聞. 2022年9月14日閲覧。
  12. ^ 山際大志郎 (2012年12月20日). “12月20日(木)山崎派”. まっしぐら.com. 2022年10月26日閲覧。
  13. ^ “麻生派に甘利氏ら5人「久しぶりスタート台に」”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). (2017年2月9日). オリジナルの2017年2月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170209134326/http://sp.yomiuri.co.jp/politics/20170209-OYT1T50130.html 2022年10月26日閲覧。 
  14. ^ 内閣委員長の解任案を提出 カジノ法案巡り野党”. 日本経済新聞 (2018年6月12日). 2022年7月3日閲覧。
  15. ^ 時評社 大型座談会「DX活用やグリーン成長を通じたサステナブルな社会の実現に向けて」『時評』2022.3月号”. 2022年3月1日閲覧。
  16. ^ 衆議院選挙2021 神奈川(横浜・川崎など)開票速報・選挙結果”. 衆議院選挙2021特設サイト. NHK. 2021年11月1日閲覧。
  17. ^ 源馬のぞみ (2022年8月12日). “クローズアップ:第2次岸田改造内閣 こだわりの「萩生田政調会長」 安倍派の「防波堤」期待”. 毎日新聞. 2022年9月2日閲覧。
  18. ^ a b 内閣改造 経済再生相に山際大志郎氏留任”. NHK (2022年8月9日). 2022年8月11日閲覧。
  19. ^ a b 中村紬葵 (2022年8月10日). “山際経済再生相、旧統一教会との関係認める 再任前に首相に説明せず”. 毎日新聞. 2022年8月11日閲覧。
  20. ^ “山際経済再生相 岸田首相に辞表提出し辞任 事実上の更迭か”. NHK. (2022年10月24日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221024/k10013868821000.html 2022年10月26日閲覧。 
  21. ^ 閣僚辞任直後の山際氏起用、自民党内からも非常識だと疑問の声…内閣支持率続落の要因との見方も”. 読売新聞 (2022年11月8日). 2022年11月8日閲覧。
  22. ^ “山際大志郎前経済再生担当相、自民コロナ対策本部長就任に疑問の声噴出 小沢一郎氏や音喜多駿氏らも意見”. スポーツ報知. (2022年11月2日). https://hochi.news/articles/20221102-OHT1T51150.html?page=1 2022年11月3日閲覧。 
  23. ^ 森岡航平 (2022年11月8日). “山際氏の自民コロナ対策本部長、萩生田氏が判断「特別なことでない」”. 朝日新聞. 2022年11月8日閲覧。
  24. ^ a b c d e f g h 山際大志郎”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  25. ^ a b c d 神奈川18区”. NHK 衆議院選挙2021 候補者アンケート. 2021年10月21日閲覧。
  26. ^ a b c 自民 神奈川18区 山際大志郎”. 第49回衆院選. 毎日新聞社. 2022年6月7日閲覧。
  27. ^ a b 山際太志郎経済再生担当相 元獣医で甘利前幹事長の「一番弟子」は原発推進の急先鋒|岸田内閣の大臣を“丸裸”にする”. 日刊ゲンダイDIGITAL. 2022年7月3日閲覧。
  28. ^ 原田晋也、皆川剛 (2021年6月23日). “森友問題「赤木ファイル」黒塗りでも読み解けたこと、残った謎 安倍昭恵氏の削除は初日に指示”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/112153 2021年9月21日閲覧。 
  29. ^ 統一協会・集団結婚に祝電 小坂文科相・中川政調会長も 安倍官房長官、広島大会にも送付”. しんぶん赤旗 (2006年6月25日). 2022年8月12日閲覧。
  30. ^ a b 藤倉善郎 (2021年10月27日). “やや日刊カルト新聞: 【衆院選2021】総力特集・カルト候補ぜんぶ載せ!”. やや日刊カルト新聞. 2022年8月9日閲覧。
  31. ^ 山際大臣とベッタリの信者、教会大幹部の運転手だった! 元秘書も告発「資料破棄は200%ウソ」”. デイリー新潮 (2022年10月12日). 2022年10月25日閲覧。
  32. ^ 旧統一教会問題巡り山際経済再生相「辞任の考えない」”. 神奈川新聞 (2022年9月30日). 2022年10月19日閲覧。
  33. ^ ANNnews (2022年9月21日). “会合で祝辞か…山際大臣 今度は教会トップと(2022年9月20日)”. YouTube. 2022年10月19日閲覧。
  34. ^ 全国フォーラム会長 ご挨拶”. アジアと日本の平和と安全を守る全国フォーラム. 2021年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月17日閲覧。
  35. ^ 鈴木エイト (2011年12月3日). “[カルトと政治]統一協会系政治団体の全国集会に参加した2人の現役国会議員”. やや日刊カルト新聞. 2022年10月17日閲覧。
  36. ^ 政治資金収支報告書 (平成25年分 定期公表) (PDF)”. 政治資金センター. 神奈川選挙管理委員会. 2022年8月4日閲覧。
  37. ^ a b 岸田改造内閣、入閣の6人が旧統一教会側と「接点」”. 朝日新聞 (2022年8月10日). 2022年8月11日閲覧。
  38. ^ 山際大臣がネパールで教団イベントに出席か 事務所側「資料がなく確認できない」“マザームーン”発言の山本議員の姿も”. TBS NEWS DIG. TBSテレビ (2022年8月23日). 2022年8月31日閲覧。
  39. ^ International Leadership Conference 2016”. The Washington Times. 2022年8月16日閲覧。
  40. ^ HJ Peace Loving Festival 神奈川 2017年10月15日千葉・幕張メッセ国際展示場”. 世界文化体育大典. 2022年8月11日閲覧。
  41. ^ ANNnews (2022年9月20日). “また後出しジャンケン? 山際氏が旧統一教会イベント「出席を確認」(2022年9月20日)”. YouTube. 2022年9月21日閲覧。
  42. ^ 【旧統一教会】山際大臣 教団会合で「真のお父様」挨拶か…会見後“写真カット””. テレビ朝日 (2022年9月21日). 2022年10月5日閲覧。
  43. ^ 山際大臣 旧統一教会 新たなイベント出席認める”. TBS NEWS DIG. TBSテレビ (2022年9月20日). 2022年9月21日閲覧。
  44. ^ 鈴木エイト Twitter 2022年9月20日 午後1:09” (2022年9月20日). 2022年9月21日閲覧。
  45. ^ 鈴木エイト (2021年10月20日). “山際大志郎経済再生相の選挙運動員に統一教会関係者?事務所スタッフも派遣か?”. やや日刊カルト新聞. 2022年8月2日閲覧。
  46. ^ 【独自】統一教会・名古屋4万人イベントの内部写真《来日した韓鶴子総裁と、礼賛した有名政治家たち》(現代ビジネス編集部) @gendai_biz” (日本語). 現代ビジネス (2022年7月14日). 2022年7月18日閲覧。
  47. ^ HJ PeaceTV (2019年10月12日). “HJグローバルニュース (2019年 10月 12日)”. YouTube. 2022年10月21日閲覧。
  48. ^ 山際大臣、19年にも教団総裁と面会 写真で確認も「覚えていない」”. 朝日新聞 (2022年10月21日). 2022年10月21日閲覧。
  49. ^ 読売テレビ情報ライブ ミヤネ屋』2022年10月21日放送。
  50. ^ レダ開拓20周年記念式典”. 大脇準一郎提言のページ. 2022年8月11日閲覧。
  51. ^ 山際担当相 旧統一教会との関係問われ「事務所に尋ねて」”. 神奈川新聞 (2022年8月2日). 2022年8月11日閲覧。
  52. ^ 旧統一教会と自身の関係「首相は認識」=山際再生相”. ロイター (2022年8月15日). 2022年8月16日閲覧。
  53. ^ 山際氏「反省し、関係持たない」 旧統一教会、関連イベント参加”. 時事ドットコムニュース (2022年8月25日). 2022年9月14日閲覧。
  54. ^ 山際経済再生相、旧統一教会と「今後は一切関係持たない」ネパールで行事出席の一部報道にも言及”. 日刊スポーツ (2022年8月25日). 2022年8月26日閲覧。
  55. ^ 三木崇 (2022年9月13日). “ネパール渡航で山際氏 「教団による旅費負担」報道を否定”. 神奈川新聞. 2022年9月14日閲覧。
  56. ^ 山際経済再生相“統一教会”との関係これ以上調査しない意向”. 日テレNEWS (2022年9月6日). 2022年9月7日閲覧。
  57. ^ 旧統一教会との接点、全国会議員712人に聞いてみた【全回答の一覧付き】FAXで回答”. 共同通信 (2022年8月31日). 2022年8月31日閲覧。
  58. ^ 全国会議員712人アンケート 旧統一教会と政治の関係”. 共同通信 (2022年8月31日). 2022年8月31日閲覧。
  59. ^ 山際経済再生相、旧統一教会トップと対面認める「写真見て記憶合致」”. 朝日新聞 (2022年10月3日). 2022年10月5日閲覧。
  60. ^ 旧統一教会めぐる山際氏、地元の受け止めは 不信感、ポスター撤去も”. 朝日新聞 (2022年10月20日). 2022年10月20日閲覧。
  61. ^ 一夜で一転…総理「民法の不法行為も入り得る」旧統一教会への『解散命令請求』解説”. khb東日本放送 (2022年10月19日). 2022年10月19日閲覧。
  62. ^ a b c d 山際担当相、「野党の話は聞かず」 発言に反発相次ぐ:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2022年7月3日閲覧。
  63. ^ a b c 「野党の話は聞かず」 山際経財相が街頭演説で発言” (日本語). 日本経済新聞 (2022年7月3日). 2022年7月3日閲覧。
  64. ^ 山際氏発言、火消し急ぐ 「野党の話聞かない」、緩み警戒―岸田政権【22参院選】:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2022年10月22日閲覧。
  65. ^ 山際大臣「誤解を招いた」も撤回はせず 「野党の話聞かない」発言で:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル (2022年7月5日). 2022年10月22日閲覧。
  66. ^ 山際担当相「野党の話を聞かない」発言を謝罪 参院本会議で” (日本語). 毎日新聞. 2022年10月22日閲覧。
  67. ^ 山際経済再生相、「聞かない」発言を撤回 閣僚辞任は否定:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル (2022年10月7日). 2022年10月22日閲覧。
  68. ^ 「大使館の活動(2017年7月~9月) 」外務省
  69. ^ TICAD7での会談”. 2020年5月28日閲覧。
  70. ^ 自民党知的財産戦略調査会申入れ”. 2020年5月28日閲覧。
  71. ^ a b 旧統一教会と “ズブズブ” の山際大臣にウィキペディア「セルフ編集」疑惑…政策やテレビ出演を大量加筆”. Smart FLASH. 光文社 (2022年8月20日). 2022年10月5日閲覧。
  72. ^ a b 山際経済担当相 大臣規範違反も発覚 統一教会“密接交際”、ウィキペディアセルフ改ざん16回…それでもやめない「辞任ドミノ」の防波堤”. Smart FLASH. 光文社 (2022年10月4日). 2022年10月5日閲覧。
  73. ^ a b c Press, Frontline (2021年10月18日). “選挙「余剰金」の使途不明、山際・牧島の両閣僚も さらに野党にも | Frontline Press” (日本語). Frontline Press. 2022年7月3日閲覧。
  74. ^ 政治資金収支報告書 21世紀の政治経済を考える会(令和2年分 定期公表) (PDF)”. 総務省 (2021年11月26日). 2021年11月29日閲覧。
  75. ^ a b c 山際経済再生相を刑事告発「パーティー収支に虚偽」 政治資金規正法疑いで川崎市民ら:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2022年7月3日閲覧。
  76. ^ 山際大志郎経済再生相、保有株式の公開で記載漏れ 必要ないと誤認”. 朝日新聞 (2022年9月16日). 2022年10月5日閲覧。
  77. ^ 【速報】山際経済再生担当大臣 資産の公表で保有株式の記載漏れ”. TBS NEWS DIG. TBSテレビ (2022年10月4日). 2022年10月5日閲覧。
  78. ^ a b 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  79. ^ 安倍政権中枢に カジノ議連メンバーずらり/賭博合法化につきすすむ しんぶん赤旗 2014年9月9日
[脚注の使い方]

関連項目

外部リンク

公職
先代
西村康稔
日本の旗 特命担当大臣経済財政政策
第26・27代:2021年 - 2022年
次代
後藤茂之
先代
松島みどり
赤羽一嘉
日本の旗 経済産業副大臣
高木陽介と共同

2014年 - 2015年
次代
鈴木淳司
高木陽介
先代
郡和子
金子恵美
稲見哲男
岸本周平
大野元裕
本多平直
高山智司
日本の旗 内閣府大臣政務官
平将明
亀岡偉民
島尻安伊子
北村茂男
秋野公造
佐藤正久と共同

2012年 - 2013年
次代
小泉進次郎
亀岡偉民
福岡資麿
伊藤忠彦
松本文明
磯﨑仁彦
浮島智子
議会
先代
秋元司
日本の旗 衆議院内閣委員長
2017年 - 2018年
次代
牧原秀樹