林田悠紀夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
林田悠紀夫
はやしだ ゆきお
生年月日 1915年11月26日
出生地 京都府舞鶴市
没年月日 (2007-11-11) 2007年11月11日(満91歳没)
出身校 東京帝国大学(現・東京大学
前職 農林省官僚
神社本庁理事
所属政党 (自由民主党→)
(無所属→)
自由民主党
称号 正三位
勲一等旭日大綬章
参議院永年在職議員

日本の旗 第46代 法務大臣
内閣 竹下内閣
在任期間 1987年11月6日 - 1988年12月27日

Flag of Kyoto Prefecture.svg 公選第9-10代 京都府知事
当選回数 2回
在任期間 1978年4月16日 - 1986年4月15日

選挙区 京都府選挙区
当選回数 2回
在任期間 1986年7月8日 - 1998年7月25日

選挙区 京都府選挙区
当選回数 3回
在任期間 1965年7月5日 - 1978年3月25日
テンプレートを表示

林田 悠紀夫(はやしだ ゆきお、1915年大正4年)11月26日 - 2007年平成19年)11月11日)は、日本の政治家自由民主党参議院議員京都府知事を務めた。綾部市名誉市民。正三位勲一等旭日大綬章

来歴・人物[編集]

京都府舞鶴市出身。東京帝国大学(現東京大学)法学部卒業後の1939年農林省に入省。同年5月5日海軍主計短期現役第2期生として海軍経理学校入校、9月5日卒業。1944年2月、第三一航空隊主計長としてマニラジョグジャカルタで勤務。1945年4月、ボルネオ海軍民政部経済課長を命ぜられパンジェルマシンに転属。7月1日連合軍バリクパパン上陸によりジャングル地帯で戦闘に当たった(ボルネオの戦い)。敗戦後1年間の捕虜生活を送り復員。

帰国後、農林大臣官房長、園芸局長などを歴任した後、1965年、参院選に京都地方区から出馬し初当選。当選3回を数え初入閣間近といわれた1978年、京都府知事蜷川虎三の引退表明に伴い、自由民主党新自由クラブ推薦で京都府知事選に出馬・当選した。副知事には、野中広務荒巻禎一を抜擢した。

1986年まで2期8年務めた後、同年の参院選に京都地方区から当選。再び参議院議員を務め、1998年に2期12年で引退するまで、竹下内閣法務大臣などを歴任した。また、神社本庁理事、全国神社総代会副会長などを務めた。

2007年11月11日、心不全のため東京都世田谷区内の病院で死去。91歳没[1]

長男は京都府議会議員で前議長の林田洋(上京区選出)。

脚注[編集]

  1. ^ “林田悠紀夫氏死去 元自民党参院議員、元京都府知事”. 共同通信社. 47NEWS. (2007年11月11日). http://www.47news.jp/CN/200711/CN2007111101000426.html 2012年11月21日閲覧。