鹿野彦吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鹿野 彦吉(かの ひこきち、1904年明治37年)12月11日 - 1978年昭和53年)2月18日)は、日本政治家実業家

民主党衆議院議員農林水産大臣などを務めた鹿野道彦の父。

経歴[編集]

山形県出身[1]1931年(昭和6年)、京都帝国大学法学部法律学科を卒業[1]1949年(昭和24年)衆院議員に初当選[1]。以来通算5期務めた[1]自由党総務、自民党国会対策副委員長、衆院公職選挙法改正に関する調査特別委員長等を務めた[1]

また、関西ペイント常務、日東精密時計会長、経済企画政務次官、国土開発審議会委員等も務めた[1]

1978年(昭和53年)2月18日死去。享年73。

著書[編集]

「日本経済自立の根本策」「所得倍増の具体策」がある[1]

関連[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『政治家人名事典』(1990年、編集・発行 - 日外アソシエーツ株式会社)148頁。