加藤鐐五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
加藤 鐐五郎
かとう りょうごろう
Ryogoro Kato 01.jpg
無任所大臣時代(1954年頃)の肖像写真
生年月日 (1883-03-11) 1883年3月11日
出生地 日本の旗 日本 愛知県瀬戸市
没年月日 (1970-12-20) 1970年12月20日(87歳没)
出身校 愛知県立医学専門学校
所属政党 所属政党の節を参照
称号 勲一等旭日大綬章

日本の旗 第48代 衆議院議長
在任期間 1958年12月13日 - 1960年2月1日
天皇 昭和天皇

日本の旗 第4代 法務大臣
在任期間 1954年4月22日 - 1954年6月19日
テンプレートを表示

加藤 鐐五郎(かとう りょうごろう、1883年3月11日 - 1970年12月20日)は、日本政党政治家衆議院議長(第48代)、法務大臣第4代)。

人物[編集]

愛知県瀬戸市出身。政界入りする前は医学博士号を持つ医師であり、戦前の帝国議会時代より衆議院議員選挙に通算12回当選した。

造船疑獄に対する指揮権発動で法務大臣を辞任した犬養健の後任法相となり、さらに警職法改正をめぐる国会審議混乱の責任を取って衆議院議長を辞任した星島二郎の後任議長に就任したことから、医師出身の政治家という自らの経歴とあわせ「後始末の専門のヤブ医者」を自称したことで知られている[1]。造船疑獄に絡んで就任した法務大臣時代には国会閉会直前の6月9日に「(強制捜査を任意捜査への切り替えを求める)法相指示は国会閉会とともに自然消滅する」と佐藤藤佐検事総長に通知した。

戦後の新制歯科大の魁となる愛知学院大学歯学部新設を当時の愛知県の歯科医師会(後援会会長)と共に推し進め、歯学部設立後は顧問兼名誉教授として答辞を読んだ。

名古屋大学総長の加藤延夫は孫の婿に当たる。

略歴[編集]

1932年頃に撮影された加藤

所属政党[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『現代日本 朝日人物事典』、464頁。
  2. ^ a b 『愛知百科事典』、229頁。
  3. ^ 訃報欄 加藤鐐五郎氏(元衆院議長、法務大臣)『朝日新聞』1970年(昭和45年)12月21日朝刊 12版 3面

参考文献[編集]

公職
先代
犬養健
日本の旗 法務大臣
第4代:1954年
次代
小原直
先代
大野木秀次郎
日本の旗 国務大臣
1954年
次代
石井光次郎
議会
先代
星島二郎
日本の旗 衆議院議長
第48代:1958年 - 1960年
次代
清瀬一郎
先代
島上善五郎
日本の旗 衆議院公職選挙法改正に関する調査特別委員長 次代
小沢佐重喜