第26回衆議院議員総選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 日本の旗 第26回衆議院議員総選挙 国会議事堂
投票日 1953年4月19日
内閣 第4次吉田内閣
解散日 1953年3月14日
解散名 バカヤロー解散
改選数 466人
選挙制度 中選挙区制
議席内訳 Japanese General election, 1953 ja.svg
選挙後の党派別勢力図
 < 19521955 > 
衆議院議員総選挙
テンプレートを表示
選挙結果を報じる新聞、世界通信

第26回衆議院議員総選挙(だい26かいしゅうぎいんぎいんそうせんきょ)は、1953年昭和28年)4月19日に投票された衆議院議員総選挙である。俗称はバカヤロー解散

概説[編集]

1953年1月に再開された第15国会では、吉田内閣は、野党攻勢と自由党内部の鳩山一郎派(自由党党内民主化同盟、通称、鳩山民同)の反抗にさらされた。おりしも2月28日衆議院予算委員会で吉田茂首相は、右派社会党西村栄一衆議院議員の質問に対して答弁中、「バカヤロー」と暴言を吐いた。この失言は、野党及び鳩山民同にとって絶好の好餌となり、右派社会党は吉田首相に対する前代未聞の懲罰動議を提出した。3月2日懲罰動議は上程され、自由党から鳩山民同27名、広川弘禅農林大臣派30名が欠席し、賛成191票、反対162票で懲罰動議は可決された。

しかし吉田は、政権最大の危機に対して、日本国憲法第68条に基づき、広川農相を罷免した。これにより吉田は最大限の首相権限を振るい政権維持を目論んだが、広川派の鳩山派合流により、吉田陣営と野党など反吉田陣営の対立の先鋭化、そして、多数派がいずれかが不明瞭になり、各委員会の審議はストップし、昭和28年度予算案を筆頭に130件余りの法案が審議停止状態に陥った。

3月13日野党は吉田内閣不信任案を提出し、翌3月14日不信任案は衆議院本会議に上程された。同日、鳩山、三木武吉河野一郎石橋湛山ら鳩山派22名は自由党を脱党(鳩山自由党、または分派自由党)し、不信任に賛成投票をした。投票結果は賛成229票、反対218票で11票差で内閣不信任案は可決された。

吉田首相は、政治指南役の松野鶴平の助言を容れて、衆議院を解散した(バカヤロー解散を参照)。

選挙データ[編集]

内閣[編集]

解散日[編集]

  • 1953年(昭和28年)3月14日

解散名[編集]

  • バカヤロー解散

投票日[編集]

  • 1953年(昭和28年)4月19日

改選数[編集]

  • 466

選挙制度[編集]

選挙結果[編集]

投票率[編集]

  • 投票率:74.22%
  • 実質的投票率:73.48%(無効票・白票を除いた投票率)

党派別獲得議席[編集]

党派 得票数 得票率 候補 当選
自由党 13,476,428 38.95% 316 199
鳩山自由党(分派自由党) 3,054,688 8.38% 102 35
改進党 6,186,232 17.88% 169 76
左派社会党 4,516,715 13.05% 108 72
右派社会党 4,677,833 13.52% 117 66
労働者農民党 358,773 1.04% 12 5
日本共産党 655,990 1.90% 85 1
諸派 152,050 0.44% 13 1
無所属 1,523,736 4.40% 105 11
合計 34,602,445 100.00% 1,027 466
棄権・無効 12,487,722

出:石川真澄『戦後政治史 新版』岩波新書、<データ>「国会議員選挙の結果」。諸派は日本人民党

与党・自由党は過半数を大きく割り込む202議席(選挙直後に入党した保守系無所属を含む)となった。一方の鳩山自由党も結党時より2議席減の35議席に留まった。また、改進党も89議席から77議席と4分の1近く減らす結果となった。このように保守陣営が振るわなかったのに対し、革新勢力は軒並み好調だった。左派社会党が前回の56から72議席へ、右派社会党も6議席増となった。そして労農党は1議席増、前回0議席だった共産党も1名が当選し、衆議院での議席を回復することができた。

各党役員[編集]

なお、この選挙では、第1回衆議院議員総選挙以来、連続25期63年にわたって衆議院の議席を守り続けてきた尾崎行雄(無所属)が落選した。このため、選挙後に衆議院は尾崎を「衆議院名誉議員」とする決議を行った。

議員[編集]

この選挙で当選[編集]

 吉田自由党   鳩山自由党   改進党   社会党左派   社会党右派   労働者農民党   日本共産党   日本人民党   無所属 

北海道 1区 苫米地英俊 横路節雄 正木清 椎熊三郎 町村金五 2区 芳賀貢 松浦周太郎 武田信之助 玉置信一
3区 田中元 川村善八郎 館俊三 4区 小平忠 岡田春夫 篠田弘作 山中日露史 南条徳男
5区 本名武 森三樹二 永井勝次郎 伊藤郷一 松田鉄蔵
青森県 1区 夏堀源三郎 山崎岩男 三浦一雄 淡谷悠蔵 2区 楠美省吾 木村文男 三和精一
岩手県 1区 田子一民 鈴木善幸 中居英太郎 柴田義男 2区 北山愛郎 高田弥市 志賀健次郎 小沢佐重喜
宮城県 1区 只野直三郎 竹谷源太郎 庄司一郎 本間俊一 佐々木更三 2区 小山倉之助 日野吉夫 長谷川峻 内海安吉
秋田県 1区 石山権作 石田博英 細野三千雄 須磨弥吉郎 2区 川俣清音 根本竜太郎 飯塚定輔 斎藤憲三
山形県 1区 西村力弥 木村武雄 牧野寛索 黒金泰美 2区 加藤精三 上林与市郎 池田正之輔 松岡俊三
福島県 1区 八百板正 粟山博 加藤宗平 佐藤善一郎 2区 山下春江 鈴木義男 助川良平 菅家喜六 川原田稼吉
3区 高木松吉 松井政吉 関内正一
茨城県 1区 葉梨新五郎 橋本登美三郎 加藤高蔵 内田信也 2区 塚原俊郎 山崎猛 大高康
3区 原彪 丹羽喬四郎 佐藤洋之助 赤城宗徳 風見章
栃木県 1区 尾関義一 黒沢幸一 船田中 高瀬伝 戸叶里子 2区 佐藤親弘 山田長司 小平久雄 山口好一 栗田英男
群馬県 1区 藤枝泉介 金子与重郎 五十嵐吉蔵 2区 笹本一雄 松井豊吉 長谷川四郎
3区 中曽根康弘 小峯柳多 武藤運十郎 福田赳夫
埼玉県 1区 福永健司 井堀繁雄 川島金次 松永東 2区 平岡忠次郎 松山義雄 山口六郎次
3区 杉村沖治郎 荒船清十郎 松崎朝治 4区 青木正 佐瀬昌三 山本勝市
千葉県 1区 吉川兼光 始関伊平 川島正次郎 臼井荘一 2区 山村新治郎 小川豊明 竹尾弌 寺島隆太郎
3区 水田三喜男 千葉三郎 森清 小高熹郎 中村庸一郎
神奈川県 1区 飛鳥田一雄 三浦寅之助 門司亮 中助松 2区 山本正一 小泉純也 志村茂治 土井直作
3区 片山哲 安藤覚 河野一郎 岡崎勝男 小金義照
山梨県 全県 古屋貞雄 古屋菊男 小林信一 平野力三 鈴木正文
東京都 1区 鳩山一郎 浅沼稲次郎 安藤正純 原彪 2区 加藤勘十 菊池義郎 宇都宮徳馬
3区 鈴木茂三郎 安井大吉 三輪寿壮 4区 菊川忠雄 花村四郎 帆足計
5区 鈴木仙八 神近市子 河野密 中村梅吉 6区 熊本虎三 山口シヅエ 島村一郎 島上善五郎 天野公義
7区 中村高一 並木芳雄 山花秀雄 福田篤泰 津雲国利
新潟県 1区 有田八郎 桜井奎夫 北昤吉 2区 稲葉修 渡辺良夫 井伊誠一 佐藤芳男
3区 田中角栄 小林進 稲村順三 亘四郎 三宅正一 4区 田中彰治 塚田十一郎 猪俣浩三
富山県 1区 佐伯宗義 鍛治良作 三鍋義三 2区 土倉宗明 松村謙三 内藤友明
石川県 1区 岡良一 辻政信 坂田英一 2区 喜多壮一郎 益谷秀次 南好雄
福井県 全県 斎木重一 福田一 植木庚子郎 坪川信三
長野県 1区 中沢茂一 小坂善太郎 倉石忠雄 2区 松平忠久 井出一太郎 羽田武嗣郎
3区 吉川久衛 原茂 小川平二 今村忠助 4区 萩元たけ子 降旗徳弥 増田甲子七
岐阜県 1区 大野伴睦 山本幸一 大橋忠一 柳原三郎 野田卯一 2区 平野三郎 楯兼次郎 岡村利右衛門 加藤鐐造
静岡県 1区 下川儀太郎 佐藤虎次郎 西村直己 戸塚九一郎 塩原時三郎 2区 勝間田清一 久保田豊 石橋湛山 遠藤三郎 山田弥一
3区 長谷川保 足立篤郎 竹山祐太郎 中村幸八
愛知県 1区 赤松勇 加藤鐐五郎 田嶋好文 春日一幸 辻寛一 2区 早稲田柳右衛門 加藤清二 神戸真 久野忠治
3区 佐藤観次郎 河野金昇 鈴木幹雄 4区 小笠原三九郎 伊藤好道 小林錡 中野四郎
5区 八木一郎 穂積七郎 福井勇
三重県 1区 木村俊夫 川崎秀二 田中久雄 山手満男 中井徳次郎 2区 中村清 橋本清吉 浜地文平 田中幾三郎
滋賀県 全県 堤ツルヨ 矢尾喜三郎 今井耕 森幸太郎 堤康次郎
京都府 1区 水谷長三郎 田中伊三次 中川源一郎 加賀田進 中村三之丞 2区 田中好 芦田均 前尾繁三郎 柳田秀一 大石ヨシエ
大阪府 1区 有田二郎 岡野清豪 野原覚 大矢省三 2区 中山マサ 西尾末広 押谷富三 川上貫一
3区 浅香忠雄 井上良二 松原喜之次 原田憲 4区 杉山元治郎 田中万逸 久保田鶴松 松永仏骨
5区 西村栄一 小西寅松 松田竹千代
兵庫県 1区 河上丈太郎 中井一夫 首藤新八 2区 山口丈太郎 永田亮一 山下栄二 原健三郎 富田健治
3区 吉田賢一 岡田五郎 小林絹治 4区 堀川恭平 大上司 大西正道 河本敏夫
5区 佐々木盛雄 有田喜一 小島徹三
奈良県 全県 八木一男 仲川房次郎 前田正男 伊瀬幸太郎 秋山利恭
和歌山県 1区 山口喜久一郎 田中織之進 坊秀男 2区 世耕弘一 田渕光一 辻原弘市
鳥取県 全県 足鹿覚 赤沢正道 徳安実蔵 古井喜実
島根県 全県 高橋円三郎 櫻内義雄 中村英男 大橋武夫 中崎敏
岡山県 1区 小枝一雄 和田博雄 黒田寿男 逢沢寛 大村清一 2区 中原健次 山崎始男 橋本龍伍 犬養健 星島二郎
広島県 1区 岸田正記 佐竹新市 灘尾弘吉 2区 池田勇人 中川俊思 宮原幸三郎 前田栄之助
3区 高津正道 高橋等 船越弘 岡本忠雄 高橋禎一
山口県 1区 田中龍夫 細迫兼光 吉武恵市 今澄勇 2区 佐藤栄作 受田新吉 岸信介 青柳一郎 石村英雄
徳島県 全県 三木武夫 阿部五郎 小笠公韶 岡田勢一 生田宏一
香川県 1区 三木武吉 成田知巳 大西禎夫 2区 加藤常太郎 福田繁芳 大平正芳
愛媛県 1区 中村時雄 関谷勝利 武知勇記 2区 安平鹿一 越智茂 村瀬宣親
3区 井谷正吉 山本友一 高橋英吉
高知県 全県 吉田茂 林譲治 佐竹晴記 長野長広 浜田幸雄
福岡県 1区 緒方竹虎 中島茂喜 福田昌子 熊谷憲一 長正路 2区 麻生太賀吉 青野武一 多賀谷真稔 岡部得三 伊藤卯四郎
3区 稲富稜人 荒木万寿夫 石井光次郎 田中稔男 山崎巌 4区 林信雄 池田禎治 平井義一 滝井義高
佐賀県 全県 井手以誠 保利茂 三池信 舘林三喜男 江藤夏雄
長崎県 1区 木原津与志 本多市郎 馬場元治 田口長治郎 中嶋太郎 2区 西村久之 辻文雄 綱島正興 白浜仁吉
熊本県 1区 松野頼三 藤田義光 大麻唯男 大久保武雄 松前重義 2区 吉田安 園田直 吉田重延 上塚司 坂田道太
大分県 1区 金光庸夫 広瀬正雄 村上勇 木下郁 2区 重光葵 福田喜東 西村英一
宮崎県 1区 甲斐政治 片島港 相川勝六 2区 伊東岩男 持永義夫 瀬戸山三男
鹿児島県 1区 赤路友蔵 池田清 迫水久常 床次徳二 2区 富吉栄二 池田清志 尾崎末吉
3区 永田良吉 山中貞則 岩川与助

※いずれの候補者も法定得票に達しなかったため当選者なし。
再選挙 (1954年(昭和29年)4月30日執行)

鹿児島県 奄美 保岡武久


この選挙で初当選[編集]

※初当選者のうち、参議院議員経験者には「※」、貴族院議員経験者には「△」の表示がある。

自由党[編集]
改進党[編集]
日本社会党(右派)[編集]
日本社会党(左派)[編集]
自由党(鳩山)[編集]
労働者農民党[編集]
無所属[編集]

この選挙で返り咲き[編集]

自由党[編集]
改進党[編集]
日本社会党(右派)[編集]
日本社会党(左派)[編集]
自由党(鳩山)[編集]
労働者農民党[編集]
日本共産党[編集]
無所属[編集]

この選挙で引退・不出馬[編集]

自由党[編集]
改進党[編集]
日本社会党(右派)[編集]

この選挙で落選[編集]

自由党[編集]
改進党[編集]
日本社会党(右派)[編集]
日本社会党(左派)[編集]
自由党(鳩山)[編集]
労働者農民党[編集]
無所属[編集]

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 佐藤令 (2005年12月). “戦後の補欠選挙 (PDF)”. 国立国会図書館. 2016年5月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]