近藤鉄雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
近藤 鉄雄
こんどう てつお
生年月日 (1929-08-11) 1929年8月11日
出生地 山形県南陽市
没年月日 (2010-03-04) 2010年3月4日(80歳没)
死没地 東京都
出身校 一橋大学経済学部
カリフォルニア大学バークレー校
前職 大蔵省課長補佐
所属政党 自由民主党
称号 勲一等旭日大綬章
ドイツ連邦共和国功労勲章大功労十字星付大賞
親族 義父:野原正勝(元労働大臣)
子:近藤洋介(衆議院議員)

日本の旗 第56代 労働大臣
内閣 宮沢内閣
在任期間 1991年 - 1992年

内閣 第3次中曽根内閣
在任期間 1986年 - 1987年

選挙区 旧山形1区
当選回数 9回
在任期間 1972年 - 1996年
テンプレートを表示

近藤 鉄雄(こんどう てつお、1929年8月11日2010年3月4日)は、日本政治家自由民主党衆議院議員三木派・河本派に所属した。愛称は「コンテツ」。

経歴[編集]

母の実家のあった山形県南陽市で生まれ、米沢市で育った。父は海軍軍人海軍兵学校高等商船学校を経て1953年一橋大学経済学部を卒業後、大蔵省に入省(現財務省、昭和28年旧制入省組)。入省同期に、津島雄二安倍基雄吉野良彦、松尾直良(元関税局長)、河合一郎(元名証理事長)など。1954年フルブライト留学生としてカリフォルニア大学バークレー校に留学。後にカリフォルニア大学バークレー校日本同窓会会長及び名誉会長を務めた。

経済企画庁経済研究所研究員、国際通貨基金日本代表理事補、大蔵省大臣官房調査課課長補佐等を歴任した後に退官し、1969年総選挙に自民党公認で旧山形1区から出馬するが、落選。その後、1972年9月の衆院補選[注 1]で初当選し、以後通算9期務める。出身地の山形県南部(南陽市や米沢市など)にはベテランの木村武雄などが地盤としていたため、家族と共に大票田の山形市に居を構えた[注 2]

所属派閥の三木派がハト派色の強かった中で、近藤自身はタカ派であり、自民党保守派の政策集団・青嵐会に三木派からただ一人メンバーとして参加した。また、口が悪かった点も中川一郎浜田幸一ら他の青嵐会メンバーと共通している。山崎拓は、青嵐会の強硬論についていけずに脱会を宣言した後、中川の命を受けた近藤に数日間にわたる執拗な説得を受けたという。

その一方で反金権の政治姿勢をとった点など所属派閥の領袖で師匠・三木武夫に通じている面もある[注 3]

小派閥とはいえ河本派の幹部として、経済企画庁長官や労働大臣を歴任した。

小選挙区が導入されると、居住していた山形1区山形市)には新進党で有力だった鹿野道彦が強力な地盤を築いていたため、郷里の山形2区米沢市)で立候補。米沢市を地盤としてきた遠藤武彦と公認を争うことになり、閣僚経験のあるベテラン議員であり以前の選挙ではいつも遠藤を下風に立たせていたことから近藤が公認を得る。しかし、家族を山形市に住まわせ縁遠くなっていたことも一因として地元住民の好感を得られず、1996年総選挙では遠藤に敗れてしまう[注 4]。引退を決意し、長男・洋介を後継者に指名[注 5]

政界引退後1997年に新時代戦略研究所を設立し代表取締役に就任。

1987年ドイツ連邦共和国功労勲章大功労十字星付大賞、2000年勲一等旭日大綬章

2010年3月4日すい臓がんのため、入院中の東京都内の病院で死去した。80歳没[1]

エピソード[編集]

家族・親族[編集]

義父は第3次佐藤内閣労働大臣を務めた野原正勝[注 7]、長男は民進党(旧民主党)衆議院議員の近藤洋介[注 8]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 華山親義堀田政孝の死去に伴い実施
  2. ^ 旧山形1区は県庁所在地の山形市と南部の中心地米沢市を併せた選挙区だった
  3. ^ 1976年ロッキード事件田中角栄が逮捕されたとき、自民党の有志代議士会で「国民は田中逮捕でよかったと思っている。これからは三木体制でいくべきだ」と発言。事件が表沙汰になる前、派閥は違うが田中がよく面倒を見ていた近藤の発言に憤慨した田中派橋本龍太郎に殴られかけた。
  4. ^ 遠藤は新進党・民主党推薦で出馬、後に自民党に移籍し2000年の総選挙以来、自民党の公認候補として選挙戦を戦っている
  5. ^ 2000年の総選挙では民主党推薦の無所属で出馬し落選、2003年の総選挙からは民主党公認で出馬し、比例復活で当選している
  6. ^ ちなみに、この時近藤の息子・洋介は高橋知事を支援している
  7. ^ 妻が野原の二女・宏子。
  8. ^ 大蔵官僚時代の米国派遣時に妻も伴ったため、ワシントンD.C.生まれである。

出典[編集]

  1. ^ 近藤鉄雄氏が死去 宮沢内閣で労相”. 共同通信 (2010年3月4日). 2010年3月26日閲覧。