塩谷一夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

塩谷 一夫(しおのや かずお、1920年1月2日 - 1989年12月28日)は日本政治家、元自由民主党衆議院議員剣道五段。静岡県袋井市出身。袋井町長、中遠鉄道社長、袋井合同運送取締役を務めた塩谷桑平古田庄太郎二女きくの子。

来歴・人物[編集]

1941年早稲田大学政経学部卒業。1967年静岡県教育委員会企画調整部長を経て、第31回衆議院議員総選挙に中選挙区時代の旧静岡3区から立候補し初当選(通算7回当選。当選同期に山下元利増岡博之加藤六月塩川正十郎河野洋平中尾栄一藤波孝生武藤嘉文坂本三十次山口敏夫水野清など)。ロッキード事件判決で自民党に逆風が吹いた1983年第37回衆議院議員総選挙で落選したが、1986年第38回衆議院議員総選挙で復帰した。1989年12月28日死去。享年69。衆院外務委員長・地方行政委員長を歴任したが、閣僚になることは1度もなかった。

当初は党内の派閥三木派だったが、四十日抗争の際に離脱し無派閥に。その後安倍派に加入。

自民党が1987年度予算の委員会採決を強行採決した直後から、売上税撤回を求める署名運動の代表世話人に。晩年の1989年8月の自民党総裁選では亀井静香平沼赳夫の要請で石原慎太郎(後の東京都知事)の推薦人名簿に名を連ねた。死去後の1990年第39回衆議院議員総選挙では遺児塩谷立が地盤継承し初当選。

第二次世界大戦の際には中国戦線で戦闘に参加し、九死に一生を得た。その際、敵である中国人の子供に助けられたが、その子の名前の読みである「りゅう」を、後年生まれた長男の名にした。この長男が塩谷立である[1]

脚注[編集]


議会
先代:
松野幸泰
日本の旗 衆議院地方行政委員長
1979年 - 1980年
次代:
左藤恵
先代:
永田亮一
日本の旗 衆議院外務委員長
1978年 - 1979年
次代:
中尾栄一