渡部正郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
渡部 正郎
わたなべ まさろう
生年月日 (1919-06-17) 1919年6月17日
出生地 山形県米沢市
没年月日 (1997-04-14) 1997年4月14日(77歳没)
死没地 東京都文京区
出身校 東京帝国大学法学部
前職 内閣調査室長
所属政党 自由民主党
称号 勲二等旭日中綬章

日本の旗 衆議院議員
選挙区 旧山形1区
当選回数 1回
在任期間 1979年 - 1980年
テンプレートを表示

渡部 正郎(わたなべ まさろう、1919年6月17日 - 1997年4月14日)は、日本内務官僚政治家自由民主党衆議院議員(1期)、弁護士1989年勲二等旭日中綬章受賞。

来歴・人物[編集]

山形県米沢市出身。1945年東京帝国大学法学部を卒業。同年内務省に入り、警察大学校教授、在イタリア大使館一等書記官警察庁交通局長、群馬、愛知各県警本部長などを歴任[1]

1974年内閣広報室長に就き、田中、三木、福田の各内閣においては内閣調査室長を務めた[1]。『週刊文春』の連載記事「日本共産党の金脈」にみられる通り、大手の出版社を通じて、日本共産党のイメージダウンをはかる世論工作を行った[2]1977年に退官。

1979年第35回衆議院議員総選挙山形県第1区から無所属(民社党推薦)で立候補して当選。自民党史に残る「四十日抗争」の際は、同じ無所属の田中角栄橋本登美三郎らとともに大平正芳に一票を投じた[3]。その後、自民党に入党し田中派に所属。1980年第36回衆議院議員総選挙には党公認で山形1区から立候補するが落選した[1]

落選後、司法修習を受け、弁護士資格を取得。1984年ロッキード事件丸紅ルートの控訴審田中角栄の弁護人を務め[1]特許事務所を開いた。

1997年4月14日心不全のため東京都文京区の病院で死去。77歳没[4]

著書[編集]

  • 『若いイタリア その希望と苦悩』河出書房新社、1965年。
  • 『官界・深層からの証言』行政問題研究所、1980年。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「田中側新弁護人に渡部氏 ロ事件控訴審」『読売新聞』1984年3月9日
  2. ^ 吉原公一郎『謀略列島 内閣調査室の実像』151頁
  3. ^ 四十日抗争
  4. ^ 『朝日新聞』1997年4月15日

参考文献[編集]

  • 吉原公一郎『謀略列島 内閣調査室の実像』新日本出版社、1978年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。