第34回衆議院議員総選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 日本の旗 第34回衆議院議員総選挙 国会議事堂
内閣 三木内閣
任期満了日 1976年12月9日
投票日 1976年12月5日
改選数 511人
選挙制度 中選挙区制
議席内訳 Japanese General election, 1976 ja.svg
選挙後の党派別議席数
 < 19721979 > 
衆議院議員総選挙
テンプレートを表示

第34回衆議院議員総選挙(だい34かいしゅうぎいんぎいんそうせんきょ)は、1976年(昭和51年)12月5日に行われた衆議院総選挙

概説[編集]

戦後初の衆議院議員の任期4年満了に伴う総選挙で、現在に至るまで唯一の任期満了に伴う総選挙でもある。また、各新聞ではロッキード選挙という呼び方が広く使われた。

前回の第33回衆院選は、1972年田中内閣によって行われた。その後田中角栄首相は金脈問題の政局化を受けて1974年12月に退陣し、1975年からはロッキード事件への田中関与の疑いが表面化した。田中を継いだ三木武夫首相はロッキード事件追及への積極姿勢を示し、田中派のみならずそのライバル福田派も含めた自民党内の大多数から反発を受けた(三木おろし)。

1976年7月27日の田中逮捕の前後には法務大臣の稲葉修(主流派である中曽根派)が軽口を叩いて積極姿勢を見せたため、三木に加えて稲葉に対する田中派の感情的反発も生じた。三木は衆議院解散・総選挙を経ることによる党内指導力回復を画策したが、その意図を封じるため党内は解散阻止の声に満ち、遂に三木は首相が持つ衆議院解散権を封じられたまま衆議院の任期満了を迎えた。

なお、田中内閣は1974年に衆議院での小選挙区比例代表並立制導入を含む公職選挙法改正案(定数520、小選挙区310+都道府県比例代表210)を提出したが、以前に小選挙区制法案を提出した鳩山一郎と同様、自派に有利な選挙区割りを行いカクマンダーという批判を浴びて断念した。その結果、この総選挙も従来通り中選挙区制で行われた。また、大都市部での有権者増加に伴い、定数是正が行われ、総数は491から511へと20議席増加した。

選挙データ[編集]

内閣[編集]

任期満了日[編集]

選挙名[編集]

  • ロッキード選挙

投票日[編集]

  • 1976年(昭和51年)12月5日

改選数[編集]

  • 511

選挙制度[編集]

選挙結果[編集]

投票率[編集]

  • 73.45%(無効票を除いた実質的投票率72.65%)
  • 当日有権者数:77,926,585名

党派別獲得議席[編集]

党派 得票 得票率 議席
候補 議席 議席率
自民党 23,653,626 41.78 320 249 48.7
日本社会党 11,713,008 20.69 162 123 24.1
公明党 6,177,300 10.91 84 55 10.8
民社党 3,554,075 6.28 51 29 5.7
日本共産党 5,878,192 10.38 128 17 3.3
新自由クラブ 2,363,984 4.18 25 17 3.3
諸派 45,113 0.08 17 0 0.0
無所属 3,227,463 5.70 112 21 4.1
合計 56,612,761 100.0 899 511 100.0
自民党派閥別議席数
派閥名 議席数
八日会(福田赳夫派) 53
七日会(田中角栄派) 43
宏池会大平正芳派) 39
新政同志会(中曽根康弘派) 39
政策懇談会(三木武夫派) 32
交友クラブ(椎名悦三郎派) 11
巽会(水田三喜男派) 11
一新会(船田中派) 8
水曜会(石井光次郎派) 4
無派閥 9
得票数/率と議席数は、石川真澄著『戦後政治史 新版』(岩波新書)より

党役職[編集]

自由民主党[編集]

日本社会党[編集]

公明党[編集]

民社党[編集]

日本共産党[編集]

新自由クラブ[編集]

議員[編集]

この選挙で当選[編集]

 自民党   社会党   公明党   民社党   共産党   新自由クラブ   無所属 

北海道 1区 横路孝弘 地崎宇三郎 斎藤実 島本虎三 箕輪登 2区 川田正則 芳賀貢 安井吉典 村上茂利
3区 阿部文男 塚田庄平 田中正巳 4区 小平忠 岡田春夫 篠田弘作 池端清一 野村光雄
5区 岡田利春 中川一郎 本名武 島田琢郎 美濃政市
青森県 1区 古寺宏 熊谷義雄 津島雄二 竹中修一 2区 田沢吉郎 竹内黎一 津川武一
岩手県 1区 鈴木善幸 中村直 玉澤徳一郎 小川仁一 2区 小沢一郎 志賀節 北山愛郎 椎名悦三郎
宮城県 1区 愛知和男 西宮弘 武田一夫 三塚博 伊藤宗一郎 2区 日野市朗 菊池福治郎 長谷川峻 内海英男
秋田県 1区 佐々木義武 石田博英 佐藤敬治 川口大助 2区 栗林三郎 川俣健二郎 笹山茂太郎 根本龍太郎
山形県 1区 渡辺三郎 近藤鉄雄 木村武雄 鹿野道彦 2区 松沢雄蔵 加藤紘一 阿部昭吾 安宅常彦
福島県 1区 亀岡高夫 八百板正 天野光晴 安田純治 2区 伊東正義 渡部行雄 渋谷直蔵 渡部恒三 湊徹郎
3区 斎藤邦吉 上坂昇 菅波茂
茨城県 1区 葉梨信行 久保三郎 橋本登美三郎 中山利生 2区 塚原俊平 安島友義 石野久男
3区 中村喜四郎 二見伸明 丹羽喬四郎 登坂重次郎 竹内猛
栃木県 1区 渡辺美智雄 森山欽司 船田中 稲葉誠一 広瀬秀吉 2区 武藤山治 藤尾正行 神田厚 和田一郎 稲村利幸
群馬県 1区 田辺誠 久保田円次 羽生田進 2区 中島源太郎 小川省吾 長谷川四郎
3区 福田赳夫 小渕恵三 山口鶴男 中曽根康弘
埼玉県 1区 松永光 小川新一郎 只松祐治 2区 山口敏夫 小宮山重四郎 宮地正介
3区 荒船清十郎 高田富之 鴨田宗一 4区 青木正久 板川正吾 野中英二
5区 大成正雄 沢田広 福永健司
千葉県 1区 鳥居一雄 始関伊平 木原実 柴田睦夫 2区 井上裕 宇野亨 林大幹 小川国彦
3区 水田三喜男 石橋一弥 吉浦忠治 浜田幸一 森美秀 4区 友納武人 新村勝雄 染谷誠
神奈川県 1区 工藤晃 伊藤茂 小此木彦三郎 伏木和雄 2区 田川誠一 曽祢益 市川雄一 小泉純一郎 岩垂寿喜男
3区 甘利正 戸沢政方 加藤万吉 4区 川合武 大出俊 草野威 高橋高望
5区 河野洋平 河村勝 平林剛
山梨県 全県 鈴木強 中尾栄一 金丸信 堀内光雄 内田常雄
東京都 1区 麻生良方 与謝野馨 大塚雄司 2区 石原慎太郎 鈴切康雄 大内啓伍 宇都宮徳馬 大柴滋夫
3区 越智通雄 小坂徳三郎 山本政弘 池田克也 4区 粕谷茂 金子みつ 和田耕作 松本善明 大久保直彦
5区 中村靖 長田武士 高沢寅男 6区 有島重武 山口シヅエ 不破哲三 佐野進
7区 福田篤泰 長谷川正三 大野潔 工藤晃 8区 鳩山邦夫 山田久就 中川嘉美
9区 依田実 松本忠助 浜野清吾 10区 竹入義勝 渋沢利久 鯨岡兵輔 小林政子 島村宜伸
11区 伊藤公介 山花貞夫 石川要三 長谷雄幸久
新潟県 1区 小沢辰男 山本悌二郎 米田東吾 2区 佐藤隆 松沢俊昭 渡辺紘三 稲葉修
3区 田中角栄 小林進 三宅正一 渡辺秀央 村山達雄 4区 木島喜兵衛 塚田徹 高鳥修
富山県 1区 住栄作 玉生孝久 古川喜一 2区 綿貫民輔 片岡清一 佐野憲治
石川県 1区 森喜朗 奥田敬和 島崎譲 2区 坂本三十次 瓦力 稲村佐近四郎
福井県 全県 福田一 平泉渉 坪川信三 田畑政一郎
長野県 1区 倉石忠雄 小坂善太郎 清水勇 2区 中村茂 井出一太郎 羽田孜
3区 向山一人 中島衛 小川平二 原茂 4区 下平正一 増田甲子七 唐沢俊二郎
岐阜県 1区 伏屋修治 武藤嘉文 松野幸泰 大野明 野田卯一 2区 渡辺栄一 楯兼次郎 金子一平 古屋亨
静岡県 1区 永原稔 大石千八 原田昇左右 佐野嘉吉 藪仲義彦 2区 渡辺朗 栗原祐幸 斉藤滋与史 渡辺芳男 小島静馬
3区 塩谷一夫 竹本孫一 足立篤郎 斉藤正男
愛知県 1区 春日一幸 丹羽久章 横山利秋 田中美智子 2区 草川昭三 青山丘 加藤清二 久野忠治
3区 海部俊樹 佐藤観樹 江崎真澄 4区 中野四郎 渡辺武三 太田一夫 浦野幸男
5区 上村千一郎 村田敬次郎 岡田哲児 6区 塚本三郎 石田幸四郎 安藤巌 水平豊彦
三重県 1区 坂口力 川崎秀二 木村俊夫 田口一男 中井洽 2区 田村元 野呂恭一 藤波孝生 角屋堅次郎
滋賀県 全県 宇野宗佑 野口幸一 山下元利 西田八郎 瀬崎博義
京都府 1区 田中伊三次 加地和 竹内勝彦 藤原ひろ子 永末英一 2区 寺前巌 西中清 前尾繁三郎 山田芳治 玉置一徳
大阪府 1区 沖本泰幸 湯川宏 正森成二 2区 浅井美幸 東中光雄 中山正暉 中村正雄 前田治一郎
3区 井上一成 原田憲 近江巳記夫 中野寛成 4区 矢野絢也 三谷秀治 塩川正十郎 上田卓三
5区 木野晴夫 西村章三 正木良明 荒木宏 6区 中馬弘毅 左藤恵 北側義一
7区 北川石松 春田重昭 馬場猪太郎
兵庫県 1区 砂田重民 渡部一郎 河上民雄 浦井洋 石井一 2区 永田亮一 刀祢館正也 岡本富夫 土井たか子 原健三郎
3区 小林正巳 飯田忠雄 渡海元三郎 4区 河本敏夫 新井彬之 戸井田三郎 後藤茂
5区 佐々木良作 谷洋一 伊賀定盛
奈良県 全県 奥野誠亮 吉田之久 川本敏美 林孝矩 服部安司
和歌山県 1区 中西啓介 坊秀男 坂井弘一 2区 早川崇 正示啓次郎 大島弘
鳥取県 全県 古井喜実 相沢英之 武部文 野坂浩賢
島根県 全県 竹下登 桜内義雄 吉原米治 細田吉蔵 栂野泰二
岡山県 1区 逢沢英雄 山田太郎 矢山有作 柴田健治 大村襄治 2区 加藤六月 貝沼次郎 藤井勝志 水田稔 橋本龍太郎
広島県 1区 灘尾弘吉 大原亨 萩原幸雄 2区 中川秀直 池田行彦 森井忠良 増岡博之
3区 宮沢喜一 古川雅司 内海清 佐藤守良 福岡義登
山口県 1区 安倍晋太郎 林義郎 田中龍夫 枝村要作 2区 宮井泰良 岸信介 山田耻目 受田新吉 高村坂彦
徳島県 全県 三木武夫 後藤田正晴 森下元晴 広沢直樹 井上普方
香川県 1区 木村武千代 成田知巳 藤本孝雄 2区 大平正芳 加藤常太郎 久保等
愛媛県 1区 塩崎潤 湯山勇 関谷勝嗣 2区 越智伊平 森清 藤田高敏
3区 毛利松平 西田司 今井勇
高知県 全県 平石磨作太郎 谷川寛三 山原健二郎 大西正男 井上泉
福岡県 1区 田中昭二 辻英雄 楢崎弥之助 山崎拓 森田欽二 2区 宮田早苗 大橋敏雄 松本七郎 三原朝雄 多賀谷真稔
3区 山崎平八郎 細谷治嘉 権藤恒夫 楢橋進 稲富稜人 4区 蔵内修治 中西績介 鍛冶清 田中六助
佐賀県 全県 保利茂 山下徳夫 三池信 大坪健一郎 愛野興一郎
長崎県 1区 西岡武夫 小宮武喜 倉成正 中村重光 谷口是巨 2区 石橋政嗣 中村弘海 金子岩三 白浜仁吉
熊本県 1区 藤田義光 松野頼三 野田毅 坂本恭一 瀬野栄次郎 2区 福島譲二 坂田道太 馬場昇 園田直 福永一臣
大分県 1区 村山富市 村上勇 広瀬正雄 羽田野忠文 2区 阿部未喜男 西村英一 佐藤文生
宮崎県 1区 米沢隆 大原一三 江藤隆美 2区 堀之内久男 瀬戸山三男 児玉末男
鹿児島県 1区 宮崎茂一 新盛辰雄 川崎寛治 山崎武三郎 2区 中馬辰猪 村山喜一 有馬元治
3区 二階堂進 山中貞則 橋口隆 奄美 保岡興治
沖縄県 全県 瀬長亀次郎 玉城栄一 上原康助 西銘順治 国場幸昌

補欠当選[編集]

この選挙で初当選[編集]

※初当選者のうち、参議院議員経験者には「※」の表示がある。

自由民主党
日本社会党
公明党
民社党
日本共産党
新自由クラブ
無所属

この選挙で返り咲き[編集]

自由民主党
日本社会党
公明党
民社党
無所属

この選挙で引退[編集]

自由民主党
日本社会党
公明党
民社党

この選挙で落選[編集]

自由民主党
日本社会党
公明党
民社党
日本共産党
無所属

影響[編集]

自民党は反三木派の力が強く、党内が事実上分裂した選挙戦になった。結果、政治腐敗への批判を受けた自民党は敗北し、1955年の結党以来初めて、公認候補の当選者数が衆議院での過半数を割った。実際には保守系無所属議員の追加公認で過半数を確保したが、選挙敗北の責任を取って辞任した三木を継いだ福田赳夫内閣は、1940年代以来の「与野党伯仲国会」の運営を迫られる事になった。

野党では社会党の議席が増加したが、定数増とロッキード事件の追い風を考えると党内に勝利感はなく、全野党共闘路線を志向する成田委員長と社公民路線の江田副委員長の間での党内対立が激化した。この選挙で江田は落選し、その後社会党を離党して社会市民連合への道を歩んだ。

言論出版妨害事件の影響を受けた前回総選挙で党史上初の大敗を喫した公明党は躍進し、1955年以降では自民・社会両党以外で初めて、予算案の組み替え動議を単独で提出できる51議席を突破した。民社党も前回総選挙の敗北からほぼ回復した。

共産党は逆に敗北し、議席数は前々回並みの水準に戻された。共産党は前回総選挙での躍進で自らが主張する民主連合政権の到来が近づいたと評価したが、社会党に対する共闘拡大の呼びかけはかえって反発を呼び、自共対決への警戒感で保守層の反共意識が目覚めた事、前回はブームに乗って取り込めた反自民の浮動票が新自由クラブに流れた事等が大きく響いた。他の理由として、日本共産党スパイ査問事件が、この年に発行された「日本共産党の研究」や国会などで取り上げられたことが挙げられる。

この総選挙での勝者は新自由クラブだった。1976年6月に河野らが自民党の政治腐敗体質を批判して離党・結成したこの党は、総選挙前には衆議院議員が5人だったが、清新な保守党のイメージが有権者に強く支持され、改選議席数の3倍を超える当選者を出した。特に首都圏では圧勝で、河野や田川がいる神奈川県では全5選挙区で公認候補が当選した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 佐藤令 (2005年12月). “戦後の補欠選挙 (PDF)”. 国立国会図書館. 2016年5月26日閲覧。

外部リンク[編集]