遠藤登

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

遠藤 登(えんどう のぼる、1929年4月27日 - 2011年9月14日)は、日本政治家。元日本社会党衆議院議員(2期)。元山形県天童市長(3期)。

来歴[編集]

山形県天童市出身。1950年山形県立天童高等学校卒。天童市議(4期)、山形県議(4期)を経て、1990年の総選挙旧山形1区から立候補して初当選。2期務めた。その間に橋本龍太郎内閣通商産業省政務次官を務めた。1996年の総選挙に出馬せず引退。

1997年、山形県天童市長選挙に出馬し、当選。市長選では3選を果たしたが、3期目の任期途中の2008年12月25日、健康上の理由により辞職した[1]

2011年9月14日、肺炎のため山形市の病院で死去。82歳没[2]

政策[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 天童のニュース(平成20年11月・第2週) - 天童市の観光ガイド
  2. ^ 時事ドットコム:遠藤登氏死去(前山形県天童市長、元社会党衆院議員)
  3. ^ 第136回国会 法務委員会 請願1433号

参考文献[編集]


先代:
鈴木雅廣
Flag of Tendo Yamagata.JPG 山形県天童市長
1997年 - 2008年
次代:
山本信治