木村武雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木村 武雄
きむら たけお
生年月日 (1902-08-30) 1902年8月30日
出生地 山形県
没年月日 (1983-11-26) 1983年11月26日(81歳没)
出身校 明治大学
所属政党 中立倶楽部
東方会
護国同志会
日本自由党
自由党
自由民主党
称号 勲一等旭日大綬章正三位[1]
テンプレートを表示

木村 武雄(きむら たけお、1902年8月30日 - 1983年11月26日)は日本政治家である。衆議院議員選挙に12回当選した。ニックネームは木村元帥放言居士

来歴・人物[編集]

山形県議会議員を務めた木村忠三の次男として、山形県米沢市に生まれる。

1926年明治大学政治経済学部卒業[2]。米沢市議、山形県議を経て1936年第20回衆議院議員総選挙に当時最年少の32歳で初当選[3]。当初中立倶楽部に所属していたが、その後中野正剛率いる東方会に入党。さらに、石原莞爾率いる東亜連盟に属して東條政権にたてつき、1942年翼賛選挙では非推薦で当選[3]

武雄の名を一躍有名にしたのが1943年3月6日翼賛政治会代議士会における一騒動であった。木村は戦時刑事特別法中改正法律案委員会の理事として同改正案に反対の立場をとり代議士会でも真崎勝次小山亮らとともに同委員会の浜野徹太郎委員長による事実と異なる報告に異議を唱えたが、翼政会総務で主流派の津雲国利が「そういうことはこの俺が許さん」と大手を広げて言ったので反主流派の中谷武世が「俺が許さんとは何を生意気な、津雲をやっつけろ」と叫びそれに応じて木村は津雲に飛び掛っていった。木村はこのことにより武闘派政治家としてその名が知られることになった。その後大日本政治会の結成には参加せず護国同志会に参加。

戦後日本自由党の結党に参加したが公職追放

1952年第25回衆議院議員総選挙にて山形1区から返り咲き当選を果たし、政界復帰。保守合同後は佐藤栄作派→田中角栄派に所属。西村英一とともに佐藤、田中両元首相に意見できる数少ない人物であった。1967年第2次佐藤内閣第1次改造内閣の行政管理庁長官兼北海道開発庁長官、1972年第1次田中角榮内閣の建設相兼国家公安委員長[1]

1979年第35回衆議院議員総選挙で落選したが、1980年第36回衆議院議員総選挙で返り咲く。

1983年11月26日、糖尿病肺炎で死去。81歳没[2]

元帥」のニックネームで親しまれたが、上記のとおり軍歴はなく武雄の独特の風格から名付けられたものである。田中がロッキード事件で逮捕されると、「外国の金じゃないか、何が悪い」「指揮権を発動すべきところだった」と発言。ほかに「善幸(鈴木善幸)も、二階堂(二階堂進)も小物」とのたまうなど人の意表をつく言動が目立った[3]

親族[編集]

兄の木村東介美術商。東京・湯島天神下に羽黒洞を創立した。

次男の木村莞爾は、武雄が尊敬する石原から名付けられ、山形県議会議員を歴任した[4]。また莞爾の長男で孫に当たる木村忠三も山形県議を務める。

著書[編集]

  • 『ふるさとの歴史と人物を語る―上杉謙信 直江兼続 雲井竜雄』土屋書店、1968年。
  • 『政界独言』土屋書店、1968年。
  • 『世界の三人を語る : ド・ゴール 毛沢東 スハルト』土屋書店、1968年。
  • 『ナポレオン レーニン 石原莞爾 : 近世史上の三大革命家』講談社、1971年。
  • 『ヒトラー スターリン チャーチル : 世界争覇戦をやった三人の政治家』講談社、1971年。
  • 『ドゴール・毛沢東・河本大作 : 世界の根性三人男』講談社、1972年。
  • 『米沢そんぴんの詩―自伝』形象社、1978年。

ほか。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『新版山形県大百科事典』p.148
  2. ^ a b 『朝日新聞』夕刊 1983年11月26日
  3. ^ a b c 「新人国記82 山形県5 そんぴんの風土」『朝日新聞』夕刊 1982年10月27日
  4. ^ “傷痕は消えない 満州と山形 第3部・開拓のルーツを訪ねて/11 石原莞爾の墓所 「民族協和」夢想に終わる /山形”. 毎日新聞. (2018年12月1日). https://mainichi.jp/articles/20181201/ddl/k06/040/036000c 2019年8月4日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 山形放送株式会社新版山形県大百科事典発行本部事務局編 『新版山形県大百科事典』 山形放送、1993年。


公職
先代:
西村英一
日本の旗 建設大臣
第33代:1972年
次代:
金丸信
先代:
二階堂進
日本の旗 北海道開発庁長官
第29代:1967年 - 1968年
次代:
野田武夫
先代:
松平勇雄
日本の旗 行政管理庁長官
第31代:1967年 - 1968年
次代:
荒木万寿夫
先代:
中村寅太
日本の旗 国家公安委員会委員長
第28代:1972年
次代:
江崎真澄