石田博英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
石田 博英
いしだ ひろひで
Hirohide Ishida.jpg
生年月日 1914年12月12日
出生地 日本の旗 日本 秋田県山本郡二ツ井町(現能代市
没年月日 1993年10月14日(満78歳没)
出身校 早稲田大学政治経済学部卒業
前職 中外商業新報(現日本経済新聞)記者
所属政党 日本自由党→)
民主自由党→)
自由党→)
分党派自由党→)
(自由党→)
日本民主党→)
自由民主党
称号 正三位
勲一等旭日大綬章
衆議院永年在職議員

選挙区 旧秋田1区
当選回数 14回
在任期間 1947年4月25日 - 1983年11月28日

日本の旗 第39代 労働大臣
内閣 福田赳夫内閣
在任期間 1976年12月14日 - 1977年11月28日

日本の旗 第47代 運輸大臣
内閣 三木改造内閣
在任期間 1976年9月15日 - 1976年12月14日

日本の旗 第22-23代 労働大臣
内閣 第3次池田改造内閣
第1次佐藤内閣
在任期間 1964年7月18日 - 1965年6月3日

日本の旗 第17-18代 労働大臣
内閣 第1次池田内閣
第2次池田内閣
在任期間 1960年7月19日 - 1961年7月18日

その他の職歴
日本の旗 第14代 労働大臣
1957年7月10日 - 1958年6月12日
日本の旗 第16-17代 内閣官房長官
1956年12月23日 - 1957年7月10日
テンプレートを表示

石田 博英(いしだ ひろひで、1914年(大正3年)12月12日 - 1993年(平成5年)10月14日)は、日本政治家位階正三位勲章勲一等旭日大綬章あだ名は「バクエイ」(博英の音読み)。

衆議院議員(14期)、労働大臣(第141718222339代)、運輸大臣第47代)、内閣官房長官(第1617代)、衆議院議院運営委員長(第6代)、二日会会長等を歴任した。

来歴[編集]

秋田県山本郡二ツ井町(現能代市)で生まれ、大館市で育つ[1]。祖父は花岡鉱山を開発した鉱山師。父は大阪造幣局冶金技師だったが、第二次世界大戦後に栄養失調のため死去した。早稲田大学政治経済学部に入学。在学中、恩師であり後には政治経済学部長を務める吉村正に連れられて、三木武夫の選挙応援に関わり、三木の知遇を得る。三木の選挙戦では、選挙民に嘲笑されてはならないと父親のフロックコート山高帽を借りて、三木を自転車に載せて街頭演説を行っていた。この他、学生消費組合に関連して早稲田警察署に連行されたり、早大の正門前で喫茶店を経営し利益を上げたりしていた。

1939年、早稲田大学を卒業し、中外商業新報(現日本経済新聞)に入社。政治部に配属され、上海支局長や政治部次長を務める。1947年第23回衆議院議員総選挙日本自由党公認で旧秋田1区から出馬し、初当選した(当選同期に田中角栄鈴木善幸中曽根康弘増田甲子七中山マサ松野頼三荒木万寿夫原田憲園田直櫻内義雄根本龍太郎中村寅太らがいる)。当選後、隠退蔵物資事件等を取り扱う衆議院不当財産取引調査特別委員会の理事に就任し、片山芦田両内閣追及の先頭に立った[2]。また中外商業新報の編集局長であった小汀利得の紹介で、石橋湛山に私淑する。1947年に石橋が公職追放されてから、政治家の多くがGHQの顔色を窺って石橋から距離を置くようになったが、石田は石橋の公職追放後も「石橋側近」を公言してはばからなかった。

1952年衆議院議院運営委員長に就任。破壊活動防止法をはじめ、約70本にものぼる法案が審議される、難しい国会運営を取り仕切った。そのため、吉田茂首相のワンマン体制にも影響力を及ぼせる存在になった。同年7月1日に開かれた自由党両院議員総会で、総裁の吉田茂が増田甲子七幹事長の任期切れに合わせて、後任に1期生議員である福永健司の起用を目論んだが、この議員総会の席上で石田や倉石忠雄ら「青年将校」と称された若手議員が造反し、議員総会は流会の憂き目を見た。吉田は怒りのあまり、総会議長であった大屋晋三葉巻に点火したマッチを投げ捨てる有様であった。こうしていわゆる「自由党反乱事件」を主導した石田は、自由党内でも一目置かれるようになった。後に自由党を離党して鳩山一郎日本民主党に入る。

1956年自由民主党総裁選挙では、石橋湛山陣営の選挙参謀を務める。石橋、石井光次郎岸信介の3人が立候補した総裁選挙では熾烈な派閥抗争や金権選挙が繰り広げられ、後の自民党総裁選のパターンを形成する悪名高いものであったが、石田は金をばら撒く代わりに、ポストの空手形を乱発した。1回目の投票では岸信介223票、石橋151票、石井光次郎137票でいずれも過半数を制するに至らず、大会規約により1位の岸、2位の石橋による決選投票が行われた。石田は、舞台裏で石橋、石井の「2・3位連合」を工作し、決選投票では7票差で石橋が岸を下して自民党総裁に選出された。石橋総裁の誕生に大きく貢献した石田は石橋内閣において、史上最年少で内閣官房長官に任命され、初入閣する。総裁選で石橋を支持した池田勇人大蔵大臣に、三木武夫は自民党幹事長に起用されたが、石橋の病気によりわずか2ヶ月で内閣は退陣した。石橋の退陣により発足した第1次岸内閣でも引き続き官房長官を務め、第1次岸改造内閣では労働大臣に横滑りする。労働組合に対しては厳しい姿勢で臨み、頻発する炭鉱ストを違法ストに認定して抑え込んだ。

第2次岸内閣発足に伴い一旦労相を退任するが、第1次池田内閣三井三池争議の収拾のため、再び労相に任命される。皇居での認証式を終えた石田は、モーニングを着たまま九州の三井三池炭鉱に飛び、事態の収拾に奔走。中央労働委員会の仲裁裁定完全実施の慣行や、ILO87号条約批准問題に取り組み、戦後の労働行政の発展に大きく寄与した。

1963年、雑誌『中央公論』に論文「保守政治のビジョン」を発表。前年に社会党書記長江田三郎が発表した「江田ビジョン」を意識したもので、社会の変容(都市化や産業構造の変化)による6年後の政権交代(自民党の野党転落、日本社会党政権の誕生)を予期し、それに警鐘を鳴らす内容であった。自民党議員が社会党への政権交代を予期する内容であったため話題を集めたが、自民党が石田の論文に危機感を抱いて組織を引き締め、かつ社会党は党内の路線対立から「江田ビジョン」を事実上葬り去ってしまったため、石田の懸念は杞憂に終わった。しかしながら1960年代から1970年代においては都市部においては、社会党や日本共産党、これらの党を支持する労働組合の支持をバックにした首長が全国各地で当選し、革新自治体の増加が見られた。

1964年第3次池田改造内閣において三度目の労相に任命される。ILO87号条約の批准に向けて政府も本腰を入れ、衆参両院にILO特別委員会を設置して関連法案の検討を実施し、国内法は5月14日に成立、翌6月14日に日本はILO87号条約の批准に至った[3]。労相は第1次佐藤内閣まで務めた。

石橋の退陣後、しばらくして石橋派が解消したため以後は長らく無派閥であったが、この間も旧石橋派のメンバーの中核的存在であったため、1969年第32回衆議院議員総選挙を機に旧石橋派の宇都宮徳馬地崎宇三郎や石田の秘書出身である山口敏夫、さらに島村一郎伊藤宗一郎らを加えて石田派を旗揚げしたが、勢力拡大は進まずわずか2年で解散し1971年三木派に合流する。しかし1974年の参院選徳島県選挙区が分裂選挙となった際に、自派の久次米健太郎ではなく党公認だった後藤田正晴を支援したことから派内から反発を受け三木派を離脱。無派閥となり一時は河野洋平らから総裁選出馬を打診されてたものの、これを固辞し逆に河野自身の出馬を唆して河野らが新自由クラブを結成する切っ掛けを作った。

1976年に自民党内から三木おろしの嵐が吹き荒れる中、反三木の閣僚らを更迭して発足した三木改造内閣運輸大臣に任命され就任、一時は派内から追われることとなった三木首相を支える立場となる。三木の退陣を受けて発足した福田赳夫内閣では4度目の労相を務める。1983年第37回衆議院議員総選挙に出馬せず政界を引退し、旧秋田1区の地盤は参議院議員から鞍替えした野呂田芳成が引き継いだ。引退後、大館市名誉市民の称号が贈られた[1]

1993年10月14日に死去。78歳没。

人物[編集]

KGBとの関わり[編集]

ソ連国家保安委員会(KGB)の在日職員で、1982年にアメリカに亡命したスタニスラフ・レフチェンコの証言では、石田が「フーバー」というコードネームを持つKGBのエージェント(スパイ)であったと指摘した(レフチェンコ事件[4][5]。しかし、日本の警察とCIAによりレフチェンコ事件の調査が行われていた1983年に突如石田が政界を引退したことで、石田に対する捜査は終結し、機密情報の漏えいは無かった事とされた。

レフチェンコ証言の信憑性は高く、産経新聞社も1983年5月24日付朝刊で「レフチェンコ証言は全体として信憑性が高い」と報じた。また同年5月25日衆議院法務委員会で、当時警察庁警備局長の山田英雄玉澤徳一郎の質問に以下のように答えている[6]

警察といたしましては、レフチェンコ証言の内容につきまして犯罪の存否を確認いたしますために、彼が政治工作担当のKGB機関員として直接運営しておった十一名の者につきまして、必要と判断しましたそのうちの数名の人から事情を聴取するなど所要の調査を行ったわけでございます。また、公務員が絡むとされておるケースも二、三ございました。これはレフチェンコ氏が直接取り扱わなかったものでありましても、事柄の性質上、同様に必要な調査を行ったわけでございます。その結果、いずれも捜査の端緒は得られず、立件には至らないという結論に達したわけでございます。  こうしたことは捜査上の課題でございますが、それとは別に、レフチェンコ証言の信憑性について触れますと、同証言において述べられた政治工作活動はいろいろあるわけでございますが、これと、警察はレフチェンコ氏在日中も彼はKGB政治工作担当機関員の容疑ありということで視察しておりましたが、そうしたレフチェンコ視察の結果あるいは他のKGB機関容疑者の視察結果と照合するとき、また裏づけ調査のプロセスで判明したことの結果、そういうものの照合の結果多くの点で一致するところがありますので、その信憑性については全体として高いと判断いたしております。以上が、一昨日調査結果ということで発表いたしました内容でございます。

さらに、同じく元KGB職員で、レフチェンコの亡命の10年後の1992年にイギリスに亡命したワシリー・ミトロヒンが持ち出した資料「ミトロヒン文書」でも同様の指摘があった。その上に、冷戦終結とソビエト連邦の崩壊を受けて1995年にその存在が明らかになった「ヴェノナ」にも石田の名前があると言われ、石田がKGBのエージェントであったことは事実として扱われている。

著書[編集]

  • 『忘れられた子供たち』新紀元社、1942年
  • 『勝負の孤独』東京書房、1958年
  • 『石田労政―想い出と記録』労務行政研究所、1959年
  • 『近代の労働観』経営者科学協会、1964年
  • 『変貌する労働情勢』経営者科学協会、1965年
  • 『私の自画像』実業之日本社、1965年
  • 『石橋政権・七十一日』行政問題研究所出版局、1985年

演じた俳優[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 石田博英”. 大館市. 2014年2月13日閲覧。
  2. ^ 日本ニュース戦後編第127号
  3. ^ ILO87号条約批准闘争 電機連合のあゆみ 電機連合HP内
  4. ^ Godson, Roy (2000). Dirty Tricks or Trump Cards. Transaction Publishers. p. 145. ISBN 9780765806994. 
  5. ^ 中西輝政「中国の対日工作を予言していた米国「防諜官」の驚愕証言に学べ」、『正論』、産経新聞社、2006年4月。
  6. ^ 第98回衆議院法務委員会(10号)議事録

関連項目[編集]


議会
先代:
小澤佐重喜
日本の旗 衆議院議院運営委員長
第6代:1951年 - 1952年
次代:
福永健司
公職
先代:
浦野幸男
大橋武夫
松野頼三
松浦周太郎
日本の旗 労働大臣
第39代:1976年 - 1977年
第22・23代:1964年 - 1965年
第17・18代:1960年 - 1961年
第14代:1957年 - 1958年
次代:
藤井勝志
小平久雄
福永健司
倉石忠雄
先代:
木村睦男
日本の旗 運輸大臣
第47代:1976年
次代:
田村元
先代:
根本龍太郎
日本の旗 内閣官房長官
第16・17代:1956年 - 1957年
次代:
愛知揆一