井出正一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
井出正一
いで しょういち
生年月日 (1939-06-20) 1939年6月20日(78歳)
出生地 長野県南佐久郡臼田町(現佐久市
出身校 慶應義塾大学経済学部
現職 橘倉酒造代表取締役会長
独立総合研究所取締役(研究顧問)
所属政党 自由民主党→)
新党さきがけ→)
無所属
称号 経済学士
親族 父・井出一太郎(元内閣官房長官
甥・井出庸生衆議院議員

日本の旗 第78代 厚生大臣
内閣 村山内閣
在任期間 1994年6月30日 - 1995年8月8日

選挙区 旧長野2区
当選回数 3回
在任期間 1986年7月8日 - 1996年9月27日
テンプレートを表示

井出 正一(いで しょういち、1939年6月20日 ‐ )は、日本実業家政治家橘倉酒造代表取締役会長。

衆議院議員(3期)、厚生大臣第78代[1]新党さきがけ代表(第2代)を歴任。

父は内閣官房長官農林大臣郵政大臣を務めた元衆議院議員井出一太郎。作家の井出孫六は叔父。衆議院議員井出庸生は甥。

概要[編集]

長野県南佐久郡臼田町(現佐久市)生まれ。長野県野沢北高等学校慶應義塾大学経済学部卒業。大学卒業後は、政治家である父・井出一太郎に代わって家業の酒造業の経営に携わる。

1986年、父・一太郎の引退に伴い、父の支持者から要請を受け、第38回衆議院議員総選挙自由民主党公認で旧長野2区から出馬し、初当選した(当選同期に斉藤斗志二三原朝彦村井仁逢沢一郎金子一義杉浦正健中山成彬谷津義男新井将敬石破茂笹川堯武部勤村上誠一郎らがいる)。当選後は父・一太郎が所属していた三木派の流れをくむ河本派に入会。

1993年、自民党を離党し、新党さきがけの結党に参加した。日本新党・新党さきがけの合同会派「さきがけ日本新党」では政策幹事を務め、両党が与党に加わっていた細川内閣を支える。1994年自社さ連立政権村山内閣厚生大臣に任命され、衆院当選3回ながら初入閣した。1995年村山改造内閣発足により厚生大臣を退任。

1996年、新党さきがけの一員であった鳩山由紀夫の主導により、さきがけの鳩山や菅直人、及び社会民主党を離党した議員らが民主党を結党。新党さきがけ代表の武村正義日本社会党委員長村山富市は、社会・さきがけ両党の合流による新党結成を模索していたが、新進党から結党に参加した鳩山邦夫が武村や村山の排除を鳩山由紀夫に進言し、鳩山は武村や村山らが提唱する、社会・さきがけの合流による新党結成を拒否。社会・さきがけ合流による新党結成の失敗、及びさきがけの分裂の責任を取り武村が党代表を辞任したため、井出が後任の党代表に就任する。しかし、直後に実施された第41回衆議院議員総選挙では、長野3区から新党さきがけ公認で出馬するも、新進党前職の羽田孜元首相に敗れ、比例復活も出来ず与党党首ながら落選した。その後、新党さきがけ代表を辞任[2]。井出の辞任後、代表は空席のまま、参議院議員堂本暁子が実質的に党を代表していた。落選後も、さきがけが推進する「緑のPKO」活動等に尽力し、1998年第18回参議院議員通常選挙では新党さきがけから比例区で出馬したものの落選。獲得議席ゼロに終わったさきがけは解党[3]し、井出も政界を引退した。引退後は橘倉酒造代表取締役会長、独立総合研究所取締役(研究顧問)を務める。

人物[編集]

著書[編集]

  • 『終の棲家:さきがけ』三省堂、1999年7月、ISBN 4385321116

脚注[編集]

  1. ^ 村山内閣
  2. ^ 法的には、武村が代表に復帰するまでの期間は、井出が代表であり続けた。
  3. ^ 法的には2004年まで存続したが、事実上解党と扱われた。この間、2002年みどりの会議と改称している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
大内啓伍
日本の旗 厚生大臣
第78代:1994年 - 1995年
次代:
森井忠良
党職
先代:
武村正義
新党さきがけ代表
第2代:1996年
次代:
武村正義