細川内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
細川内閣
The Hosokawa Cabinet.jpg
皇居での認証式を終えたのち官邸で恒例の記念撮影。官邸中庭の芝生の上でワイングラスを片手に懇談の後おもむろに生け垣の前に並んで撮影に臨むという従前とは異なるスタイルで行われた。
内閣総理大臣 第79代 細川護熙
成立年月日 1993年(平成5年)8月9日
終了年月日 1994年(平成6年)4月28日
与党・支持基盤 非自民・非共産8党派連立政権
日本新党日本社会党新生党公明党民社党新党さきがけ社会民主連合民主改革連合
施行した選挙 なし
衆議院解散 なし
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

細川内閣(ほそかわないかく)は、衆議院議員、元熊本県知事細川護熙が第79代内閣総理大臣に任命され、1993年(平成5年)8月9日から1994年(平成6年)4月28日まで続いた日本の内閣である。 非自民・非共産8党派の連立政権であるこの内閣の発足により、1955年(昭和30年)の結党以来38年間政権を維持し続けた自由民主党は初めて下野することになった。

在職期間[編集]

内閣の動き[編集]

発足[編集]

1993年(平成5年)7月18日に実施された第40回衆議院議員総選挙において、自民党の獲得議席数は選挙前の勢力をほぼ維持したものの、選挙前の党分裂の影響で単独過半数には達しなかった。自民党を離党した羽田派が結成した新生党、同じく武村正義らのグループが結成した新党さきがけ、前熊本県知事の細川護煕が前年に結成した日本新党の3新党は計100議席余りを獲得。新党ブームのあおりを受けた日本社会党は70議席と、土井ブームで得た議席数を半減させた。

新生党が速やかに社会党・公明党民社党社会民主連合民主改革連合の各党派と連立政権を樹立することで合意する一方、日本新党とさきがけは統一会派を結成し、自民・非自民双方と政治改革の実現を条件とする連立交渉に入った。これは、自民党が過半数を割り込んだため、細川率いる日本新党と新党さきがけが新政権樹立のキャスティングボードを握ることとなったことによる。日本新党とさきがけが「自民党政権」か「非自民政権」のどちらにつくか注目される中、さきがけの田中秀征は、「思想信条の違う政党の連立政権は臨時・緊急の事態にしか通用しない、経済対策など懸案事項を遅らせている政治改革を早期に処理する「特命政権」として、院内会派「さきがけ日本新党」が「政治改革政権の提唱による”この指とまれ”」という第三の選択肢を打ち出す。7月23日に細川が提唱文を読み上げると、各党の対応が明確になり、新生党代表幹事・小沢一郎の動きとは別に、連立政権樹立の理論的構築を行った[1]。この提唱に、江田五月は、「よかった、これで野合と言われるに済む。」と感想を言ったという[2]。双方とも条件の受け入れを表明したが、「細川首相」を提示した非自民側が結局取り込みに成功し、細川を首班とする新政権の発足が決まった。連立与党内における日本新党の議席数は、社会党、新生党、公明党に次ぐ第四勢力である。しかも、細川は参議院議員を2期、熊本県知事を2期、その後日本新党を結成して再び参議院議員を1年間務めていたものの、衆議院議員は初当選だった。これは、理念や政策、政治手法についての考えがバラバラな8党・会派をまとめていくためには、細川の政界再編・新党運動の先駆者としての立場、そして旧熊本藩主家である侯爵細川家の出自とかつて首相を努めた公爵近衛文麿の孫という毛並みの良さに支えられた国民的人気などを考慮した新生党代表幹事小沢一郎の判断の結果である[注釈 1]

閣僚には、新党さきがけの武村正義代表(内閣官房長官)、新生党の羽田孜党首(外務大臣副総理)、社会党の山花貞夫委員長(政治改革担当大臣)、公明党の石田幸四郎委員長(総務庁長官)、民社党の大内啓伍委員長(厚生大臣)、社民連の江田五月代表(科学技術庁長官)と連立与党各党首が顔を揃えた。ただし山花は総選挙敗北の責任を取って9月に社会党委員長を辞任し、替わって委員長に就いた村山富市は入閣しなかったため、政権と社会党執行部との間に距離感が生じることとなった。

また連立与党側の運営は各党書記長・代表幹事らの「与党代表者会議」によって行われたが、特に新生党代表幹事小沢一郎と公明党書記長市川雄一の「一・一ライン」が中心となった。

9月はじめの朝日新聞世論調査では、内閣支持率は空前の71%に達した。

小沢最側近の平野貞夫によると「(新党さきがけの)武村は官房長官就任したその日から(党籍離脱、無所属を余儀なくされたとはいえ)最大野党・自民党の最高実力者の竹下登と反小沢で内通し倒閣(自社さ連立政権)を企てていた」とのこと[要出典]

政治改革[編集]

当時の世論は、自民党長期政権の下での政官業の癒着構造、カネがかかり政権交代が行われない選挙システム、政治腐敗等に対する不満が高まっていた。自民党もまた数年来、カネがかからず政権交代を容易にする選挙制度改革や政治資金規制強化などのいわゆる政治改革に取り組んでいた。しかし党内は守旧派と後の新生党・新党さきがけ・自由改革連合などにつながる改革派に分かれて激しく対立し、結局これを実現できなかった宮澤前内閣内閣不信任決議を突きつけられ、新生党・さきがけの離党、衆議院における過半数割れによって下野することとなった。

本来理念や政策が異なる連立与党各党は、世論の最大の政治的関心事で自民党政権が成し遂げられなかった政治改革の実現という日本新党・さきがけの条件を受け入れ、これを一致点として政権を発足させたため、細川内閣はこれを唯一最大のテーマに掲げて年内の法案成立を目指した。細川は政治改革が年内に実現できなければ政治責任をとると明言した。

選挙制度改革について、連立政権側は、小選挙区・比例代表(全国単一)各250・2票制(小選挙区・比例各1票)の小選挙区比例代表並立制を主張。これに対して自民党は、小選挙区300・比例代表(都道府県単位)177・1票制を主張した。社会党の中には本音では現行制度の存続を望む議員も少なくなく、連立交渉の条件を呑んだはずの自民党もまた同様であり、審議拒否を繰り返した。小選挙区274・比例代表(全国単一)226とする譲歩案を自民党が拒否したため、与党は10月18日に元の案を衆議院で通過させた。参議院での実質審議は11月24日にようやく始まったが、参議院は自民党と社会党の勢力が大きく、年内可決の目処は立たなかった。

また12月2日、防衛庁長官の中西啓介が「半世紀前にできた憲法に、後生大事にしがみつくのはまずい」と述べたことが憲法改正発言と批判され辞任し、後任に同じく新生党の愛知和男が就任した。

連立与党各党は年明けの1994年(平成6年)1月4日にそれぞれ議員総会を開いて政治改革実現の決意を固めた。5日からの参議院政治改革特別委員会は自民党の欠席戦術にもかかわらず連立与党の結束は固く、自民党も成立を前提とした修正論議に傾き始めた。1月21日、社会党からの造反があり参議院で法案が否決されるが、細川は自民党の改革推進派議員にも呼びかけて決起集会を開き、あらためて政治改革関連法案成立の機運を盛り上げた。自民党総裁河野洋平も細川とのトップ会談に応じ、急転直下、小選挙区300・比例代表(全国11ブロック)200・2票制、企業団体献金は1団体50万円までとする妥協が成立。両者は1月29日の午前1時、共同記者会見を行った。この合意に基づく改正公職選挙法や改正政治資金規正法政党助成法などの政治改革四法は3月4日に成立、5年以上の年月を経てようやく政治改革は実現した。

結果的に見れば、この政治改革の実現が、細川政権のほとんど唯一の実績となったが、ここで導入された小選挙区制や政党助成金制度は、後の政治のあり方を大きく変えていくことになる。

国民福祉税構想[編集]

高い支持率を背景に、細川は引き続き行政改革規制改革地方分権景気対策等の懸案に取り組んでいく姿勢を見せた。

12月、コメ輸入合意の決定を受け、社会党出身の村沢牧が反対を表明して農林水産政務次官を辞任。

細川は就任当初から税制改革にも意欲を示していた。また、9月に始まった日米間の経済問題を協議する日米包括協議でアメリカ内需拡大とそのための所得税減税を日本に求めており、11月の日米首脳会談で細川は所得税減税を翌年実施する考えをビル・クリントン大統領に対して示した。このとき、次期首脳会談を翌年2月11日に開き、それまでに日米包括協議の合意を図ることも決められ、日本側は所得税減税分を埋める財源確保の必要に迫られることになった。

赤字国債を発行しないことが細川政権の公約の柱の一つだったこともあって新生党の小沢代表幹事と大蔵省は財源を赤字国債に頼らず消費税の増税に求めることにしたが、社会党は消費税増税に絶対反対の姿勢だった。同時期、細川内閣が至上命令に掲げる政治改革の実現は難航しており、そのため例年であれば12月に終わる予算編成を年明けまで続けるという異例の方針を取ることになった。政治改革は年が明けた1月29日にようやく細川・河野合意にこぎつけるが、日米首脳会議までの時間はわずかとなっていた。2月1日には社会党出身の大蔵政務次官である中村正男が体調不良により辞任。後任に早川勝が就任した。

2月2日晩の政府与党首脳会議で社会党や武村官房長官は消費税増税に強硬に反対するが、細川は3日午前1時に会見を開いて国民福祉税構想を発表した。3年後に消費税を廃止して福祉目的の7%の国民福祉税を導入するというものだった。しかし、この構想は厚生大臣や官房長官にも知らせていないもので、政権内外の反発を呼んだ。4日の連立与党代表者会議で撤回が合意された。日米首脳会談は決裂し、結局3兆円余の赤字国債発行を盛り込む平成6年度予算案が2月15日に編成された。

退陣[編集]

連立の一致点であった政治改革が曲がりなりにも実現したこともあり、政権は国民福祉税構想の頓挫以降急速に求心力を失っていく。

1月31日は政治改革四法の成立に伴い、さきがけの田中秀征が内閣総理大臣特別補佐を辞任。早期からあった「一・一ライン」とさきがけ代表の武村官房長官との対立も、政権運営の手法や政治改革の方法などに加え税制改革をめぐって深刻化。武村は悪化が明らかになってきた景気へのてこ入れを優先し政治改革法案は継続審議にすべきと主張する自民党に同調し、幹部とも頻繁に接触していたため、更迭案が浮上した。総務政務次官を務めていた小池百合子は、北朝鮮有事に際し、アメリカ側から北朝鮮に宥和的な社会党や武村の存在を問題視されたのも、更迭案が生じた一因だと後に述懐している[3]。細川は、小沢の内閣改造断行や武村更迭の進言を受け、政治改革法案の成立を一区切りとして改造内閣を発足させる意向だったが、社会党が政権離脱をちらつかせるため3月2日に断念。

また、自民党は細川の佐川急便グループからの借入金処理問題を前年10月以来徹底的に追及し続けていた[4]。自民党が予算審議拒否を行なったため政権は立ち往生状態に陥り、4月8日に細川が辞意を表明。細川内閣は4月25日の閣議総辞職親任式が同月28日午前8時55分となったため、それまで職務執行内閣として存続)し、1年に満たない短命政権で終わった。

与党[編集]

日本社会党公明党新生党日本新党民社党新党さきがけ社会民主連合民主改革連合である。(民主改革連合は当時、参議院院内会派。)

政党等 勢力 衆議院 参議院 国務大臣 官房副長官 政務次官 その他
日本社会党 141 70 71 6 0 7
公明党 75 51 24 4 0 5
新生党 63 55 8 5 0 6
日本新党 39 35 4 1 0 1
民社党 24 15 9 1 0 2
新党さきがけ 13 13 0 1 1 0 内閣総理大臣特別補佐
民主改革連合 11 0 11 0 0 1
社会民主連合 4 4 0 1 0 0
非国会議員(官僚除く) - - - 2 0 0
370 243 127 21 1 22

内閣の顔ぶれ・人事[編集]

国務大臣[編集]

職名 氏名 所属 担当・備考等
内閣総理大臣 細川護熙 Morihiro Hosokawa 199308.jpg 衆議院
日本新党
初入閣
日本新党代表
副総理
外務大臣
羽田孜 Tsutomu Hata 199404.jpg 衆議院
新生党
内閣総理大臣臨時代理
新生党党首
法務大臣 三ヶ月章 Replace this image JA.svg 非議員 初入閣
大蔵大臣 藤井裕久 Hirohisa Fujii.jpg 衆議院
新生党
初入閣
文部大臣 赤松良子 Replace this image JA.svg 非国会議員 国立国会図書館連絡調整委員会委員
初入閣
厚生大臣 大内啓伍 Replace this image JA.svg 衆議院
民社党
年金問題担当
初入閣
民社党委員長
農林水産大臣 畑英次郎 Replace this image JA.svg 衆議院
新生党
初入閣
通商産業大臣 熊谷弘 Replace this image JA.svg 衆議院
新生党
初入閣
運輸大臣 伊藤茂 Replace this image JA.svg 衆議院
日本社会党
新東京国際空港担当
初入閣
郵政大臣 神崎武法 Replace this image JA.svg 衆議院
公明党
初入閣
労働大臣 坂口力 Chikara Sakaguchi 200012.jpg 衆議院
公明党
初入閣
建設大臣 五十嵐広三 Replace this image JA.svg 衆議院
日本社会党
初入閣
自治大臣
国家公安委員会委員長
佐藤観樹 Replace this image JA.svg 衆議院
日本社会党
初入閣
内閣官房長官 武村正義 Replace this image JA.svg 衆議院
新党さきがけ
初入閣
新党さきがけ代表
総務庁長官 石田幸四郎 Replace this image JA.svg 衆議院
公明党
初入閣
公明党委員長
北海道開発庁長官
沖縄開発庁長官
国土庁長官
上原康助 Replace this image JA.svg 衆議院
日本社会党
初入閣
防衛庁長官 中西啓介 Replace this image JA.svg 衆議院
新生党
初入閣
1993年12月2日辞任
愛知和男 Replace this image JA.svg 衆議院
新生党
1993年12月2日就任
経済企画庁長官 久保田真苗 Replace this image JA.svg 参議院
日本社会党
総合交通対策担当
初入閣
科学技術庁長官 江田五月 Satsuki Eda cropped.jpg 衆議院
社会民主連合
原子力委員会委員長
初入閣
社会民主連合代表
環境庁長官 広中和歌子 Replace this image JA.svg 参議院
公明党
地球環境問題担当
初入閣
国務大臣 山花貞夫 Replace this image JA.svg 衆議院
日本社会党
政治改革担当
初入閣
日本社会党委員長

政務次官[編集]

職名 氏名 所属 備考等
法務政務次官 佐々木秀典 Replace this image JA.svg 衆議院
日本社会党
外務政務次官 東祥三 Shozo Azuma 199910.jpg 衆議院
公明党
大蔵政務次官 北側一雄 Kazuo Kitagawa 北側一雄 (USCG photo JARVIS JAPAN DEPLOYMENT).jpg 衆議院
公明党
中村正男 Replace this image JA.svg 衆議院
日本社会党
1994年2月1日辞任
早川勝 Replace this image JA.svg 衆議院
日本社会党
1994年2月1日就任
文部政務次官 安倍基雄 Replace this image JA.svg 衆議院
民社党
厚生政務次官 岡島正之 Replace this image JA.svg 衆議院
新生党
農林水産政務次官 木村守男 Replace this image JA.svg 衆議院
新生党
村沢牧 Replace this image JA.svg 参議院
日本社会党
1993年12月17日辞任
吉田達男 Replace this image JA.svg 参議院
日本社会党
1993年12月17日就任
通商産業政務次官 遠藤乙彦 Replace this image JA.svg 衆議院
公明党
和田貞夫 Replace this image JA.svg 参議院
日本社会党
運輸政務次官 二階俊博 Nikai Toshihiro 1-1.jpg 衆議院
新生党
郵政政務次官 松前仰 Replace this image JA.svg 衆議院
日本社会党
労働政務次官 永井孝信 Replace this image JA.svg 衆議院
日本社会党
建設政務次官 伊藤英成 Replace this image JA.svg 衆議院
民社党
自治政務次官 冬柴鐵三 Tetsuzo Fuyushiba 200609.jpg 衆議院
公明党
総務政務次官 小池百合子 Yuriko Koike, Aug. 17, 2007.jpg 衆議院
日本新党
北海道開発政務次官 菅野久光 Replace this image JA.svg 参議院
日本社会党
防衛政務次官 山口那津男 Natsuo Yamaguchi Medium.jpg 衆議院
公明党
経済企画政務次官 古賀一成 Replace this image JA.svg 衆議院
(無所属→)
新生党
1994年4月11日入党
科学技術政務次官 乾晴美 Replace this image JA.svg 参議院
民主改革連合
環境政務次官 山元勉 Replace this image JA.svg 衆議院
日本社会党
沖縄開発政務次官 田村秀昭 Replace this image JA.svg 参議院
新生党
国土政務次官 増田敏男 Replace this image JA.svg 衆議院
新生党

その他の人事[編集]

職名 氏名 所属 備考等
内閣総理大臣特別補佐 田中秀征 Replace this image JA.svg 衆議院
新党さきがけ
1994年1月31日辞任
内閣官房副長官
(政務)
鳩山由紀夫 Hatoyama Yukio 1-3.jpg 衆議院
新党さきがけ
内閣官房副長官
(事務)
石原信雄 Replace this image JA.svg
内閣法制局長官 大出峻郎 Replace this image JA.svg

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 元首相の孫が首相となったのは内閣制度創設後、細川が最初である。その後は2006年(平成18年)に第90代首相に就任した安倍晋三は第56・57代首相の岸信介の孫、2008年(平成20年)に第92代首相に就任した麻生太郎は第45代・48–51代首相の吉田茂の孫、2009年(平成21年)に第93代首相に就任した鳩山由紀夫は第52–54代首相の鳩山一郎の孫と、計4例ある。また2007年(平成19年)に第91代首相に就任した福田康夫は第67代首相の福田赳夫の子である。

出典[編集]

  1. ^ 田中秀征「判断力と決断力」第4章 細川内閣を生んだ決断P104
  2. ^ 田中秀征「判断力と決断力」第4章 細川内閣を生んだ決断P107
  3. ^ 細川首相退陣の引き金は「北朝鮮有事」だった (正論2002年7月号)
  4. ^ 細川元首相の動向注目、小泉氏と連携で「勝機」

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]