塩見俊二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

塩見 俊二(しおみ しゅんじ、1907年(明治40年)5月17日 - 1980年(昭和55年)11月22日)は、日本の政治家参議院議員(通算当選4回)。自治大臣厚生大臣を歴任。土佐市名誉市民

経歴[編集]

高知県戸波村浅井で熊吉、良の二男に生まれる。県立城東中学校 (現在の追手前高校)、旧制高知高等学校東京帝国大学法学部卒業。

1931年台湾総督府入庁、財務局金融課長、同主計課長などを歴任。終戦に伴い1946年に帰国。戦後は東京財務局直税部長、熊本・広島・大阪国税局長を歴任。1955年に退官。1956年第4回参議院議員通常選挙、全国区に自民党から立候補し当選。1962年第6回参議院議員通常選挙、高知地方区から立候補し当選、以後連続3期。合計4期24年参議院議員を務めた。

自民党にて経理局長、参議院国会対策委員長、参議院幹事長などを歴任。池田、大平派に所属していた。第2次佐藤内閣第2次改造内閣自治大臣に就任。第1次田中角栄内閣厚生大臣に就任。厚生大臣時、大規模年金保養基地構想を打ち出し、各地にグリーンピアが建設された。

飾り気のない人柄とともに無類の酒好きで知られ、73歳で没す。墓は土佐市浅井。

備考[編集]

初代土佐市市長の塩見俊雄は実兄。

関連項目[編集]

議会
先代:
西郷吉之助
日本の旗 参議院予算委員長
1968年 - 1970年
次代:
堀本宜実
公職
先代:
斎藤昇
日本の旗 厚生大臣
第50代:1972年
次代:
斎藤邦吉
先代:
永山忠則
日本の旗 自治大臣
1966年
次代:
藤枝泉介
先代:
永山忠則
日本の旗 国家公安委員会委員長
1966年
次代:
藤枝泉介