梶原茂嘉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

梶原 茂嘉(かじわら しげよし、1900年明治33年)2月8日[1] - 1978年昭和53年)10月9日[2])は、日本の農商務官僚政治家参議院議員

経歴[編集]

兵庫県で裁判所勤務・梶原甚三郎の長男として生まれる[1][3]大阪府立北野中学校第一高等学校を卒業[1][4]1922年11月、高等試験行政科試験に合格[1][4]1923年3月、東京帝国大学法学部法律学科(独法)を卒業[1][4]。同年4月、農商務省に入省し嘱託となる[1][4]

以後、農商務属・食料局業務課配属、農務局米穀課配属、農林属、産業組合事務官、専任農林事務官、産業組合事務官兼農林事務官、水産講習所教授兼農林事務官、農林事務官、京城米穀事務所長、農林書記官、経済更生部産業組合課長、山林局監理課長、米穀局米政課長、農務局農政課長、大臣官房文書課長、兼大臣官房調査課長、商工省繊維局長、企画院第四部長、農商省物価局長、馬政局長官などを歴任し、1945年4月、農商省農政局長に就任し[1][2]、同年8月に退官した[1]。その後、農地開発公団理事長、食糧配給公団総裁、全国食糧事業協同組合連合会会長、日本食糧協会会長などを務めた[1][2][5]

1953年4月の第3回参議院議員通常選挙全国区から出馬して当選[2]。その後、第5回第7回通常選挙でも当選し参議院議員を連続三期務めた[2][5]

著書[編集]

  • 梶原茂嘉追悼録刊行会編『風物投影 : 梶原さんを偲んで』梶原茂嘉追悼録刊行会、1980年。
共著
  • 政治教育協会編『行政実務講座 6』政治教育協会、1938年。
  • 『蚕糸業の新使命と大東亜共栄圏の繊維事情』日本中央蚕糸会、1942年。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』74頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』280頁。
  3. ^ 『日本官界名鑑 昭和十七年版』5版、カ15頁。
  4. ^ a b c d 『日本官僚制総合事典1868-2000』第2版、235頁。
  5. ^ a b 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』155頁。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典1868-2000』第2版、東京大学出版会、2007年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。ISBN 9784816918056
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 戦前期官僚制研究会編『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』東京大学出版会、1981年。
  • 日本官界情報社編『日本官界名鑑 昭和十七年版』5版、日本官界情報社、1942年。